ドア周り防犯用品の選び方&おすすめ4選【空き巣対策】

ドア周り防犯用品の選び方&おすすめ4選【空き巣対策】

安心して日々の生活を送るために、防犯対策は大切です。平成29年度に、住宅に対する侵入窃盗事件は約37,000件起こっています。この数字は、1日に平均約101件という計算になります。空き巣や居抜きなどの住宅への侵入窃盗は、ドアや窓からの侵入が多いです。今回は、ドア周りの防犯について解説します。便利な防犯グッズを使用して家の防犯力を高めましょう。賃貸マンションや賃貸アパートでも使用できるアイテムもご紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

侵入方法別の対策

まずは、ドア周りから侵入する方法とその対策方法をご紹介します。一口に空き巣や居抜きと言っても様々な手口があり、侵入方法によって対策も異なります。

サムターン回し

サムターン回し

「サムターン回し」とは、ドアスコープ部分を壊して工具を差し込んだり、ドアについている郵便受けから手を入れるなどして、ドアの内鍵を開けて室内に侵入する手口のことです。

回すだけで開くタイプの内鍵の場合は、押し込んでから回さないと開かないタイプの内鍵に交換すると良いと言われています。しかし、賃貸では自分の判断で交換できない場合が多いです。その場合は、内鍵の周りを覆うことでサムターン回しのストッパーになる、防止具を付けることをおすすめします。

ピッキング

ピッキング

外から鍵穴に針金のような細い工具を差し込んで、解錠する手口のことです。他の手法に比べるとドアや鍵に形跡が残りにくいため、空き巣に入られたことにすぐには気がつかずに数日後に貴重品が無くなっていることに気付くケースもあります。

ピッキング対策の方法は様々ですが、可能であればピッキングされにくい鍵を使用することが有効です。ディンプルキーやロータリーシリンダーという種類の鍵は、ピッキングを防止できる可能性が高いと言われています。

賃貸の場合は、鍵の交換は管理会社や大家さんへの確認が必要です。鍵の交換が難しい場合は、工事不要の補助錠を取り付けるという方法があります。

バールなどを使ったこじ開け

バールなどを使ったこじ開け

ドアのかんぬき部分の隙間からバールを差し込んで、ドアを無理やり工具でこじ開けて侵入する手法です。無理やり鍵を壊す手荒な方法なので、こじ開けをされたら住人もすぐに気づきます。対策としては、バールなどの工具をガードするガードプレートの取り付けがあります。

徹底すべき基本的な対策

ドアから侵入する手口と対策についていくつかご紹介しましたが、まずは全ての手口に共通する基本的な対策が大切です。また、女性の一人暮らしの場合はドアスコープからの覗き対策も行いたいところです。空き巣に盗まれた金品や大切なものは戻ってこないことが多いですので、ぜひ基本的な対策から徹底しましょう。

短時間の外出でも絶対に施錠する

まず、ドアの鍵は必ず施錠しましょう。ゴミ出しやコンビニに行くときなど、数分間家を空ける間に住宅に侵入された例もあります。手慣れた人が空き巣を行うと、犯行に必要な時間は10分程度あれば十分と言われています。玄関や勝手口の無施錠、玄関のポストや植木鉢に鍵を置くという行為は大変危険です。

そして、在宅時には必ずチェーンもかけるようにしましょう。玄関に予定のない来客があってもすぐにドアを開け放たず、チェーンをした状態で相手を確認してからドアを開けることをおすすめします。

防犯対策が外から目立つようにする

実際に空き巣に入られそうになったときの対策だけでなく、まずは侵入しようとする人にとって「入りづらい」「この家は避けよう」と思われる家にしましょう。そのためには家の外見にもこだわることが大切です。防犯カメラや人感センサーライトを取り付け、防犯意識が高い家であることが一目見てわかるようにすると良いでしょう。ライトの光やアラームの音など、侵入する側が嫌うものを設置するように心がけましょう。

ドアスコープ

ドアスコープ

出典:Amazon.co.jp

主に女性の一人暮らしの場合は、窃盗目的以外でもストーカーや覗きなどの犯罪の危険があります。たとえば、ドアについているドアスコープからでも、外から室内の様子が確認できてしまうことがあります。覗き見防止のドアスコープカバーが販売されているので、付けていない場合はぜひ取り付けるようにしてください。両面テープで貼り付けられるタイプが簡単で便利です。

ドアスコープカバーと広角レンズがセットになった商品も人気で、室内から外を確認するときに、見える範囲が広くなります。設置していれば、通常のドアスコープから見えない位置に隠れている不審者を見つけることができることもあります。

ドア周り防犯用品の人気メーカー

ノムラテック

建築金物やDIY製品などを販売している会社です。サムターン回し防止具やドアスコープ覗き見防止具など、工事をしなくても気軽に取りれやすい防犯グッズが人気です。

パナソニック

有名電機メーカーパナソニックは、ドアホンなど防犯に役立つ商品も販売しています。録画機能や、夜間でも来客が確認しやすいLEDライト付きドアホンなど、便利な機能付き商品が人気です。

ドア周り防犯用品のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

内鍵を覆うように取り付ける、サムターン回し防止具です。ポリカーボネート製で重さは約25gと軽量です。付属の粘着テープを使って取り付けます。サムターンがドアの淵に近いと防止具が取り付けられないので内鍵の場所を確認してから購入してください。

内鍵を覆うように取り付ける、サムターン回し防止具です。ポリカーボネート製で重さは約25gと軽量です。付属の粘着テープを使って取り付けます。サムターンがドアの淵に近いと防止具が取り付けられないので内鍵の場所を確認してから購入してください。

出典:Amazon.co.jp

パナソニックの録画機能付きドアホンです。留守中に来客があった場合、帰宅後に動画を確認することができます。カメラ付きのドアホンはインターホンを鳴らすと録画されるため、カメラなしのドアホンと比較すると不審者から敬遠される傾向にあるでしょう。LEDライトが点灯するので夜の来客も確認しやすいです。

パナソニックの録画機能付きドアホンです。留守中に来客があった場合、帰宅後に動画を確認することができます。カメラ付きのドアホンはインターホンを鳴らすと録画されるため、カメラなしのドアホンと比較すると不審者から敬遠される傾向にあるでしょう。LEDライトが点灯するので夜の来客も確認しやすいです。

出典:Amazon.co.jp

取り替えてつけるドアスコープです。普段はドアスコープカバーを閉じておき、室内から外を確認したいときは外しながら、広角レンズで広い範囲を確認することができます。取り付けは簡単ですが、外からは取り外せない作りになっているので安心です。取り付けが簡単という口コミが多数寄せられています。

取り替えてつけるドアスコープです。普段はドアスコープカバーを閉じておき、室内から外を確認したいときは外しながら、広角レンズで広い範囲を確認することができます。取り付けは簡単ですが、外からは取り外せない作りになっているので安心です。取り付けが簡単という口コミが多数寄せられています。

出典:Amazon.co.jp

人感センサー付きのライトです。人の動きに反応して、回転光が光ります。電源ボタンが付いているので不要な時は電源を切っておくことができます。アラーム機能が付いていて、音のみ、光のみ、音と光の両方という3つのモードから選択することができます。

人感センサー付きのライトです。人の動きに反応して、回転光が光ります。電源ボタンが付いているので不要な時は電源を切っておくことができます。アラーム機能が付いていて、音のみ、光のみ、音と光の両方という3つのモードから選択することができます。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー