防犯砂利のおすすめ10選!不審者の侵入防止に効果的な敷き方も

防犯砂利のおすすめ10選!不審者の侵入防止に効果的な敷き方も

防犯砂利は自宅の庭や家の周辺の防犯に役立ちます。通常の砂利よりも大きい防犯砂利は、人が通ることで大きい音がするため、空き巣や泥棒の侵入を抑止する効果が期待できます。素材の種類も様々なので、白色などの防犯砂利を使用して防犯と一緒に庭の模様替えも楽しむことができます。アイリスオーヤマなどのメーカーから激安価格で購入することもできます。今回は、防犯砂利の選び方や、必要な量や敷き方、おすすめ商品などを紹介します。

自宅周りの景観をこわさずに防犯対策したい!

自宅周りの景観をこわさずに防犯対策したい!

出典:Amazon.co.jp

防犯対策として効果的な防犯砂利は、自宅周りの景観をこわすことなく敷き詰めることができます。空き巣対策として防犯砂利を敷く場合、人の目があまりつかない場所などに使用しますが、家のつくりによっては人の目がつく玄関の周りなどにも使用する場合があります。そのため、色々な種類や色の防犯砂利を使用してきれいな庭を作ってみてください。

防犯砂利を使うメリット

庭に人が来たことがわかる

庭に人が来たことがわかる

出典:Amazon.co.jp

防犯砂利は、踏みしめることで独特な音がします。そのため、音で庭に人が入ったことがわかります。音がしやすいと不審者は庭に侵入しにくく感じるため、侵入自体を抑止することもできます。

雑草の繁殖を防ぐ 

防犯砂利を使うことで雑草の繁殖を防ぐことが可能です。毎年草だらけだった庭も防犯砂利をしっかりと敷き詰めることで生えにくくなります。苦労していた草むしりも必要なくなるため、雑草対策のためにも敷く前に雑草を除草してから綺麗に防犯砂利を敷いておきましょう。

靴が汚れなくなる 

雨が降ると必ず地面の土で汚れていた靴が、防犯砂利を敷くことで土が見えなくなるため汚れなくなります。そのため庭は隙間をつくらないようにきれいに防犯砂利を敷いておきましょう。水たまりや水跳ね防止にもなるので子どもがいる家庭におすすめです。

手軽に庭の模様替えができる 

色々な形のものや色がある防犯砂利は、庭に敷いていくだけで模様替えを手軽に楽しむことができます。敷き方や量を守るだけで自分の好きな庭をつくることができるので、砂利の大きさを大小で変えたりおしゃれな石を敷いたりと工夫しながら家の雰囲気を変えてみてはいかがでしょうか。余った防犯砂利は鉢植えなどに入れてもおしゃれになるのでおすすめです。

防犯砂利の選び方 

素材を選ぶ 

軽くてリーズナブルなガラス製 

軽くてリーズナブルなガラス製 

出典:Amazon.co.jp

防犯砂利の素材の中で最もリーズナブルなガラス製は、ガラスを高音で溶解して発砲処理をして作られており石同士がぶつかることで70db~75db以上の高周波を発するため防犯効果に優れています。見た目は普通の石のようになっていますが、石の中は空気がたくさん含んでいることで重さが軽くなっているため女性でも扱いやすい素材です。大雨が降った日は重さが軽いことで雨に流されやすく、何度も踏まれると割れてしまうため定期的なメンテナンスをする必要があります。

保水性が高い天然石・溶岩・瓦

保水性が高い天然石・溶岩・瓦

出典:Amazon.co.jp

ガラス製よりも削れにくいため長く使用できる天然岩、溶岩、瓦で作られた素材です。しっかりとした素材のため風や雨に強く、おしゃれなデザインのものが豊富にそろっているので庭の模様替えに適しています。少々値段が張りますがガラス製に比べると定期的に砂利を交換する必要がないため、長期的にみると安くすむ可能性があります。種類によっては重くなっているものもあるので、女性は1人での取り扱いに注意が必要です。

歩くときの音の大きさ 

歩くときの音の大きさ 

出典:Amazon.co.jp

防犯砂利として最も大切なのは音です。防犯砂利は軽く踏むだけで70db~75dbの音を発するため、自宅の中や近所に聞こえる大きさになります。防犯を目的とした砂利なので販売されている商品のほとんどが歩くことで音が鳴りますが、購入する際は必ず確認することが大切です。音の大きさではガラス製のものが優れているので、防犯砂利を選ぶ際は「防犯」の表記や素材をチェックしてください。

重さで選ぶ

 防犯砂利を選ぶ際は重さも大切です。ガラス製のような軽い防犯砂利は、女性1人でも敷き詰めることができるため扱いやすいですが、大雨や風で流れてしまう可能性があります。反対に天然岩、溶岩、瓦素材の重い防犯砂利の場合は、大雨や風は重さで安定しているため問題はないですが、重さで敷き詰める作業が大変になってしまいます。それぞれメリットデメリットがあるため重さで選ぶ際は自分に合った重さを選ぶようにしましょう。

自宅の雰囲気にあっているか

自宅の雰囲気にあっているか

出典:Amazon.co.jp

自宅の雰囲気に合っている砂利を使うことで、違和感がない素敵な空間をつくることができます。防犯対策として使用する防犯砂利は人目がつく場所に敷き詰める場合もあるため、家の雰囲気と合っていない場所をつくることで泥棒や空き巣も違和感を感じてしまう可能性があります。防犯対策としても自宅に合っている空間をつくることが大切です。自宅に合っている防犯砂利を選ぶ際は、防犯対策として選ぶのではなく、ガーデニングとして庭の雰囲気が良くなるものを選びましょう。

色で選ぶ

色で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

様々な形や色のバリエーションがある防犯砂利は、家の外壁と色や雰囲気を合わせることで統一感のある場所をつくることができます。庭だけ色が浮いてしまうと違和感がある庭になってしまうので、色で選ぶ際は家の外壁の色と調節して敷き詰めることがポイントです。

防犯砂利を敷くときのポイント 

除草して防草シートを敷く

除草して防草シートを敷く

出典:Amazon.co.jp

防犯対策として防犯砂利を敷きますが、防犯砂利の間に雑草が生えていると音が鈍くなり聞こえづらくなる可能性があります。防犯砂利をそのまま敷くことで雑草はいつもより育たなくなりますが、防犯対策をしっかりとおこなうためには必ず除草しておいてから、雑草が生えてこないように隙間なく防草シートを敷くようにしましょう。

防犯砂利の高さは地面から3〜5cm

浅く敷いた防犯砂利の上を大人が通ると上に敷き詰められていた砂利が崩れて横に移動してしまい、きれいに敷いた防草シートがずれてしまいます。防草シートがずれることで雑草がずれた場所から生えてきてしまうため防犯対策として効果が低くなります。そのため、必ず防犯砂利は地面から3~5cmの高さまで敷くようにしましょう。普段よく人が通る場所は砂利が移動することで減ってきてしまうので、少し高めに敷いておくことをおすすめします。

1㎡あたり60〜80kgが目安 

庭に敷く砂利の量は大体1平米あたり60~80kgが必要量です。おおよその量を知るためには、敷きたい場所の面積を確認する必要があります。計算方法としては縦×横=平米数になり、面積がわかったら砂利の必要量の計算をすることで、大体の量を把握することが可能です。防犯砂利のような大きい砂利を敷く場合は厚さにも気をつけなくてはならないので、深めに敷いて地面が見えないように注意しましょう。

人が通らないところに敷く 

空き巣対策としても役に立つ防犯砂利ですが、人の通りが良い場所に防犯砂利を敷いてしまうと、人が歩くたびに大きい音が響いてしまいます。夜の場合は周りの迷惑になってしまうので、普段人が通らない家の裏や狭い道などに防犯砂利を敷くようにしましょう。逆に、人通りの少ないところは侵入者が狙いやすいとも考えられるので、しっかり敷いておくと効果的かもしれませんね。

ガラス製のおすすめ防犯砂利5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値933円(税込)
2.84(90件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,980円(税込)
4.10(7件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値3,800円(税込)
5.00(2件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,429円(税込)
-(0件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,650円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

天然石・溶岩・瓦製のおすすめ防犯砂利5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,990円(税込)
4.60(4件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,230円(税込)
4.50(2件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,980円(税込)
5.00(2件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,380円(税込)
4.00(1件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,980円(税込)
3.60(4件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー