【2022年版】車高調のおすすめ13選!全長調整式やネジ式も

【2022年版】車高調のおすすめ13選!全長調整式やネジ式も

車高調(車高調整式サスペンション)は、車の車高を変えられるアイテムです。車種や走行シーンに合わせて、車高をベストな状態に調整して、乗り心地や走行性能の向上につなげることができます。車高の調整方式は、全長調整式とネジ式の2種類があり、ダンパーの種類やアッパーマウントの素材も豊富です。中には、フロントとリアの減衰力が調整できるタイプもあります。今回は、車高調の選び方と、テイン、ブリッツ、ラルグス、クスコ、ビルシュタインなどのメーカーのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

車高調とは

車高調とは

出典:Amazon.co.jp

車高調(車高調整式サスペンション)とは、車の車高を調整するための装置です。純正のサスペンションと入れ替えて、車体に取り付けることで、車高を好みの高さに調整できるので、車高をローダウンして、スポーティーな乗り心地にしたり、車体をスタイリッシュに見せたりできます。純正のサスペンションより硬いバネが使われているため、車高を調整しても車体が安定しやすく、走行性能が上がるのもメリットです。取り付けることで、街乗り、スポーツ走行、サーキットなど、自分の走行スタイルに合わせて、好みの乗り心地が楽しめます。

車高調の選び方

対応車種や年式に合うタイプを選ぶ

車高調は、色々なメーカーが発売しています。商品によって、対応している車種が異なるため、自分が乗っている車に取り付けられるか、対応表で事前に確認しておきましょう。また、街乗りやサーキットでの走行など、目的別のたくさんのモデルも販売されています。自分が車高調を使う目的に合った商品を選ぶことで、快適に走行できます。

調整方法で選ぶ

安定した乗り心地を保ちたい方には「全長調整式」

安定した乗り心地を保ちたい方には「全長調整式」

出典:Amazon.co.jp

全長調整式(フルタップ式)の車高調は、下側にあるロウブラケットを上下に動かし、車高を調整するタイプです。車高を調整しても、ストロークの有効量が変わらないので、どんな車高に設定したときでも衝撃をしっかり吸収し、乗り心地が変わらないのがメリットです。内部の構造が複雑なため、他の方式よりも価格帯は高めですが、車体を大幅に低く設定したい方や、車高を調整しても安定した乗り心地を保ちたい方におすすめです。

コストを抑えたい方には「ネジ式」

コストを抑えたい方には「ネジ式」

出典:Amazon.co.jp

ネジ式の車高調は、スプリング下部のネジ式のロアシート(受け皿)の位置を上下に動かし、ストローク量を増減することで車高を調整するタイプです。シンプルな構造なので、本体が軽量で、比較的低価格帯で手に入るのがメリットです。車に装着したまま調整も簡単にできるので、時間とコストをかけずに車高を調整したい方におすすめです。ただし、車高を下げすぎると足回りが固くなり、底つきが生じたり、乗り心地が悪くなったりします。

ダンパーの種類で選ぶ

減衰力を細かく設定できる「単筒式」

減衰力を細かく設定できる「単筒式」

出典:Amazon.co.jp

単筒式のダンパーは、シェルケースがシリンダーの役割を果たすので、一つの筒で機能します。ピストンの直径が構造上大きくなるため、内部にオイルをたっぷり確保でき、放熱性が高いのが特徴です。圧力を受けとめる面積が広く、スプリングが衝撃を吸収する減衰力の細かい設定ができるので、スポーツモデルの車に多く採用されています。

柔らかい乗り心地を実現できる「複筒式」

柔らかい乗り心地を実現できる「複筒式」

出典:Amazon.co.jp

複筒式のダンパーは、シェルケースの中に、シリンダーが入っているタイプです。内部のオイルとガスが混ざる、エアレーションが生じやすいですが、ストロークが多く確保できます。ストロークがスムーズなので、路面が荒れていても凹凸をしっかりとらえ、高速、低速問わずに安定した走行を実現します。ガス圧の設定が低めにでき、走行時の突き上げ感を低減した、柔らかな乗り心地が実現できるのも特徴です。ワゴンやミニバンの車高調に多く採用されている方式です。

アッパーマウントの素材で選ぶ

アッパーマウントとは、車体と車高調の接合部分で、振動や衝撃を吸収する重要な役割を果たします。金属製のピロ式は、サスペンションがダイレクトに感じられます。乗り心地がかたく、ステアリング操作の応答性やコーナリング性能も優れているので、走りを重視したスポーツ系の車におすすめです。ゴム式は、柔らかな乗り心地が特徴で、走行時の異音も発生しづらいので、純正サスペンションにも採用されています。

減衰力調整付きは好みの乗り心地に変えられる

減衰力調整付きは好みの乗り心地に変えられる

出典:Amazon.co.jp

減衰力とは、サスペンションの伸縮を抑制する力です。減衰力調整機能のついた車高調は、走行シーンや好みに合わせて乗り心地が変えられます。減衰力が高くなるほど、車の乗り心地はスポーツカーのようにかたくなり、低くなるほど柔らかくなります。街乗りが多くて、乗り心地を重視したい方や、低温や雨で路面が滑りやすい日の走行には、減衰力は低めの調整がおすすめです。減衰力が高すぎて、高速道路でスピードを出す時はねやすい場合は、減衰力を弱めることで走行が安定します。

車高調のメーカー別の特徴

「ブリッツ」は対応する車種の種類が多い

ブリッツの「DAMPER ZZ-Rシリーズ」は、バリエーションが豊富で、対応する車種の種類が多く、走りに合わせてカスタマイズできるのが特徴です。スタンダードモデルの「DAMPER ZZ-R」は、全長調整式で、減衰力が32段階に調整できるので、乗用車からスポーツカーまで、幅広い車種に向いています。より低い車高が低く設定できる「BB」、減衰力が最大で96段階に設定できる「SpecDSC」などのモデルもあります。

「テイン」は快適な乗り心地に調整できる

「テイン」は快適な乗り心地に調整できる

出典:Amazon.co.jp

テインの車高調は、純正のサスペンションよりも快適な走行性を目指して開発されています。車高調を自動で調整する、様々なオプション機能が充実しているのが特徴です。減衰力を走行中に自動で調整できる機能や、前輪のショックアブソーバーの自動調整機能や、加速時自動調整機能などを搭載しているモデルを多数販売しています。走行シーンに合わせて、快適な乗り心地を調整したい方に向いています。

「タナベ」はミリ単位で車高を調整できる

「タナベ」はミリ単位で車高を調整できる

出典:Amazon.co.jp

タナベの車高調は、ミリ単位で車高が調整できるので、より快適な乗り心地が得られます。ダンパーの長さが短く設計されており、底つきが防止できるのも特徴です。低価格帯で手軽に取り入れられるエントリーモデルから、全長調整式、減衰力調整機能搭載、ピロ式アッパーマウント搭載などの、高性能モデルまで種類が豊富なので、自分の車種や用途にあわせて選べます。

「クスコ」は優れた安全性と耐久性が魅力

「クスコ」は優れた安全性と耐久性が魅力

出典:Amazon.co.jp

クスコの車高調は、開発から製造にいたるまで、全ての工程を国内の自社工場で一貫して行っており、商品の品質と安全性が高いのが特徴です。シェルケースのネジ部分にメッキ2層構造を採用しており、耐久性が高いのでサビの発生を防いで長く使用できます。全長調整ケースやスプリングにも、独自開発の耐久性の極めて高いパーツを採用しています。ASEA基準認定の、安全性の高い商品だけを販売しており、アフターサービスも充実しているので、安全性を重視して選びたい方におすすめです。

「HKS」は目的に合わせて様々な種類から選べる

「HKS」は目的に合わせて様々な種類から選べる

出典:Amazon.co.jp

HKSの車高調は、スポーティーな走り、安定した走りなど、目的に合わせてたくさんの種類の中から選べます。純正のショックアブソーバーに取り付けして車高が調整できるアイテムも販売しています。アルファードやエスティマ、セレナなどのミニバンユーザーに多く選ばれている「ハイパーマックス SスタイルL」は、価格帯は高めですが、走行路面に合わせてダンパーが動くので、純正よりも柔らかい乗り心地が得られます。スポーツモデルの「マックスIV GT」は、独自技術によって過度な減衰力をカットし、走行性を飛躍的に向上できます。

【全長調整式】車高調のおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

幅広い走行に対応できる32段階の減衰力調整機能

全長調整式の、車高調整式サスペンションです。32段階の減衰力調整機能を搭載しており、細やかな車高調整ができるので、スポーツ走行から街乗りまで、幅広い走行に適しています。アッパーマウント、ブラケットの一部などにアルミ素材を採用しており、強度と軽量化を両立している商品です。大口径の単筒式ダンパーを採用しており、減衰力が素早く機能するので、快適な乗り心地が得られます。

幅広い走行に対応できる32段階の減衰力調整機能

全長調整式の、車高調整式サスペンションです。32段階の減衰力調整機能を搭載しており、細やかな車高調整ができるので、スポーツ走行から街乗りまで、幅広い走行に適しています。アッパーマウント、ブラケットの一部などにアルミ素材を採用しており、強度と軽量化を両立している商品です。大口径の単筒式ダンパーを採用しており、減衰力が素早く機能するので、快適な乗り心地が得られます。

出典:Amazon.co.jp

しなやかな乗り心地を実現できる全長調整式

車高を調整しても、乗り心地が変わりづらい、全長調整式の車高調整式サスペンションです。単筒式構造のダンパーを採用しており、走行開始時の減衰力が立ち遅れが生じづらく、柔らかくてしなやかな乗り心地を実現します。前後の減衰力が32段階に調整でき、スポーツ、街乗りなど走行シーンに合わせてベストな状態で走れます。乗り心地を重視したい方におすすめです。

しなやかな乗り心地を実現できる全長調整式

車高を調整しても、乗り心地が変わりづらい、全長調整式の車高調整式サスペンションです。単筒式構造のダンパーを採用しており、走行開始時の減衰力が立ち遅れが生じづらく、柔らかくてしなやかな乗り心地を実現します。前後の減衰力が32段階に調整でき、スポーツ、街乗りなど走行シーンに合わせてベストな状態で走れます。乗り心地を重視したい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

ASEA基準を満たした車高調整式サスペンション

車高を変えても乗り心地が変わらない、全長調整式の車高調整式サスペンションです。リアの減衰力が、走行シーンに合わせて、ダイヤルで14段階に調整できます。対応車種に合わせた専用設計になっており、全席で快適な乗り心地が得られます。複筒式のダンパーを採用しており、ストロークが確保しやすいので、なめらかに走行できます。安全な自動車パーツを認定するASEA基準を満たした、安全性の高い商品です。

ASEA基準を満たした車高調整式サスペンション

車高を変えても乗り心地が変わらない、全長調整式の車高調整式サスペンションです。リアの減衰力が、走行シーンに合わせて、ダイヤルで14段階に調整できます。対応車種に合わせた専用設計になっており、全席で快適な乗り心地が得られます。複筒式のダンパーを採用しており、ストロークが確保しやすいので、なめらかに走行できます。安全な自動車パーツを認定するASEA基準を満たした、安全性の高い商品です。

出典:Amazon.co.jp

乗り心地を変えずに車の高さを調整できる

全長調整式の、車高調整式サスペンションです。車高を調整しても乗り心地が変わらないのが特徴です。減衰力の調整機能は非搭載ですが、減衰力の調整幅は、車種ごとの専用設計になっています。そのため、減衰力調整の手間をかけずに、快適な走行感が得られます。街乗りから、スポーツ走行、サーキットまで幅広い走りに対応できる汎用性の高い商品です。

乗り心地を変えずに車の高さを調整できる

全長調整式の、車高調整式サスペンションです。車高を調整しても乗り心地が変わらないのが特徴です。減衰力の調整機能は非搭載ですが、減衰力の調整幅は、車種ごとの専用設計になっています。そのため、減衰力調整の手間をかけずに、快適な走行感が得られます。街乗りから、スポーツ走行、サーキットまで幅広い走りに対応できる汎用性の高い商品です。

出典:Amazon.co.jp

走行が安定する単筒式のダンパーを採用

全長調整式の車高調整式サスペンション(ストリート用ダンパー)です。あらゆる路面での走行を前提にして、車種別に開発されており、どんなシーンでも乗り心地の安定性と快適性が得られます。30段階の減衰力調整機能も搭載しています。単筒式のダンパーを採用しており、車高を低く設定したときも走行が安定します。表面の特殊コーティングが、サビの固定を防ぐので、耐久性にも優れています。

走行が安定する単筒式のダンパーを採用

全長調整式の車高調整式サスペンション(ストリート用ダンパー)です。あらゆる路面での走行を前提にして、車種別に開発されており、どんなシーンでも乗り心地の安定性と快適性が得られます。30段階の減衰力調整機能も搭載しています。単筒式のダンパーを採用しており、車高を低く設定したときも走行が安定します。表面の特殊コーティングが、サビの固定を防ぐので、耐久性にも優れています。

出典:Amazon.co.jp

優れた静音性の強化ゴム素材のアッパーマウント

走行シーンに合わせて、自分好みの足回りに調整できる、全長調整式の車高調整式サスペンションです。快適な乗り心地をサポートする単筒式ダンパーを採用しており、車高を低く設定した時にも走行が安定します。アッパーマウントに、静音性に優れた強化ゴム素材を採用しており、街中でも異音を気にすることなく、快適に走行できます。乗り心地を重視したい、ダウンユーザーにおすすめです。

優れた静音性の強化ゴム素材のアッパーマウント

走行シーンに合わせて、自分好みの足回りに調整できる、全長調整式の車高調整式サスペンションです。快適な乗り心地をサポートする単筒式ダンパーを採用しており、車高を低く設定した時にも走行が安定します。アッパーマウントに、静音性に優れた強化ゴム素材を採用しており、街中でも異音を気にすることなく、快適に走行できます。乗り心地を重視したい、ダウンユーザーにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

シーンに合わせて細かく車高を調整できる

日本製の、全長式車高調整式サスペンションです。車高を調整しても、ストロークの量が変わらないので、ローダウンしても乗り心地が変わりません。ストロークが多く確保できる、複筒式ダンパー採用なので、濡れた路面や荒れた路面でも、スムーズな走行ができます。16段階の減衰力調整機能も搭載しており、街中や高速道路、サーキットなど、シーンに合わせてベストな状態に調整ができます。

シーンに合わせて細かく車高を調整できる

日本製の、全長式車高調整式サスペンションです。車高を調整しても、ストロークの量が変わらないので、ローダウンしても乗り心地が変わりません。ストロークが多く確保できる、複筒式ダンパー採用なので、濡れた路面や荒れた路面でも、スムーズな走行ができます。16段階の減衰力調整機能も搭載しており、街中や高速道路、サーキットなど、シーンに合わせてベストな状態に調整ができます。

出典:Amazon.co.jp

スポーツ走行時に車体のふわつきや跳ねを防げる

どんな車高の高さでも乗り心地が変わらない、全長調整式の車高調整式サスペンションです。標準モデルのSpecSは、標準高~ローダウンまで幅広い車高の高さに対応できます。静音性の高い、ゴム式のアッパーマウント搭載で、街乗りでも音を気にせず安定した走行ができます。単筒式のダンパーを採用しており、ストロークに対する反応が早いので、スポーツ走行時の車体のふわつきや跳ねが防げます。

スポーツ走行時に車体のふわつきや跳ねを防げる

どんな車高の高さでも乗り心地が変わらない、全長調整式の車高調整式サスペンションです。標準モデルのSpecSは、標準高~ローダウンまで幅広い車高の高さに対応できます。静音性の高い、ゴム式のアッパーマウント搭載で、街乗りでも音を気にせず安定した走行ができます。単筒式のダンパーを採用しており、ストロークに対する反応が早いので、スポーツ走行時の車体のふわつきや跳ねが防げます。

【ネジ式】車高調のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

初心者の方でも使いやすいシンプルな構造

ネジ式の車高調整式サスペンションです。ロアスプリングシートを上下し、車高を調整する方式です。減衰力固定式で、調整機能は非搭載ですが、構造がシンプルなので、初心者にも扱いやすいタイプです。ストロークが確保しやすい、複筒式ダンパーを採用しており、反発力を抑えた柔らかい乗り心地が得られます。

初心者の方でも使いやすいシンプルな構造

ネジ式の車高調整式サスペンションです。ロアスプリングシートを上下し、車高を調整する方式です。減衰力固定式で、調整機能は非搭載ですが、構造がシンプルなので、初心者にも扱いやすいタイプです。ストロークが確保しやすい、複筒式ダンパーを採用しており、反発力を抑えた柔らかい乗り心地が得られます。

出典:Amazon.co.jp

低速時の変化に反応して走行中の違和感を低減できる

ネジ調整式の、車高調整式サスペンションです。リールバルブに与圧をかけない、独自のノンプリロードバルブを採用しており、低速時のわずかな変化にもすぐに反応して、走行中のゴツゴツとした違和感を低減します。スプリングの直径に変化をつけ、低速・高速それぞれのスピード下での安定した走行感を実現しています。装着する車種に合わせた専用設計なので、自分の車にとってベストな状態で走行できます。

低速時の変化に反応して走行中の違和感を低減できる

ネジ調整式の、車高調整式サスペンションです。リールバルブに与圧をかけない、独自のノンプリロードバルブを採用しており、低速時のわずかな変化にもすぐに反応して、走行中のゴツゴツとした違和感を低減します。スプリングの直径に変化をつけ、低速・高速それぞれのスピード下での安定した走行感を実現しています。装着する車種に合わせた専用設計なので、自分の車にとってベストな状態で走行できます。

出典:Amazon.co.jp

ダイヤル操作で簡単に減衰力を調整できる

快適な乗り心地と、静粛性にこだわった、国産の車高調整式サスペンションです。リア減衰力の14段階調整機能搭載で、ダイヤル操作で簡単に減衰力の調整が可能です。やわらかい乗り心地が得られる複筒式ダンパー搭載モデルです。ダンパーの直径が大きくて、オイルが十分確保できるので、減衰力がスムーズに作用し、なめらかな乗り心地が体感できます。

ダイヤル操作で簡単に減衰力を調整できる

快適な乗り心地と、静粛性にこだわった、国産の車高調整式サスペンションです。リア減衰力の14段階調整機能搭載で、ダイヤル操作で簡単に減衰力の調整が可能です。やわらかい乗り心地が得られる複筒式ダンパー搭載モデルです。ダンパーの直径が大きくて、オイルが十分確保できるので、減衰力がスムーズに作用し、なめらかな乗り心地が体感できます。

出典:Amazon.co.jp

デュアルフローバルブで快適な走行をサポートできる

ネジ式の車高調整式サスペンションです。受注後に車種別の専用部品を組み込む、完全組み立て式の商品なので、幅広い車種に対応可能です。20段階の減衰力調整機能搭載で、どんな走行シーンや環境下でも、快適な乗り心地が得られます。デュアルフローバルブが、高速域で減衰力が出過ぎる状況を回避し、なめらかな走行をサポートできます。自分の車にぴったりあった車高調がほしい方におすすめです。

デュアルフローバルブで快適な走行をサポートできる

ネジ式の車高調整式サスペンションです。受注後に車種別の専用部品を組み込む、完全組み立て式の商品なので、幅広い車種に対応可能です。20段階の減衰力調整機能搭載で、どんな走行シーンや環境下でも、快適な乗り心地が得られます。デュアルフローバルブが、高速域で減衰力が出過ぎる状況を回避し、なめらかな走行をサポートできます。自分の車にぴったりあった車高調がほしい方におすすめです。

約30~50mmの範囲で車高をローダウンできる

ネジ式車高調整機能搭載の、車高調整式サスペンションです。前後約30~50mmの範囲で車高がローダウンができます。高圧単筒ガス式のダンパー搭載で、高速域でも適切な減衰力が働くので、ふわつき感の少ない、安定した走行ができます。ドイツの技術検査機関TVの安全基準をクリアした、確かな品質の商品です。表面には、耐久性を向上する3層のコーティング処理もほどこされています。

約30~50mmの範囲で車高をローダウンできる

ネジ式車高調整機能搭載の、車高調整式サスペンションです。前後約30~50mmの範囲で車高がローダウンができます。高圧単筒ガス式のダンパー搭載で、高速域でも適切な減衰力が働くので、ふわつき感の少ない、安定した走行ができます。ドイツの技術検査機関TVの安全基準をクリアした、確かな品質の商品です。表面には、耐久性を向上する3層のコーティング処理もほどこされています。

車高調の取り付け方

1. 車体をジャッキアップしてタイヤを外す

車高調の取り付け作業を行うために、ジャッキを使って車体を持ち上げ、タイヤを外します。

2. スタビリンクとブレーキホースを外す

スタビリンクとブレーキホースを外し、本体の上下を固定しているボトル・ナットを取り外していきます。

3. 車高調を取り付けてアライメント調整をする

車高調を取り付け、ボトル類を元のように締め直し、アライメント調整をして作業完了です。ボルトの締め直しは、トルクレンチを使用して規定の通りしっかりと締め直してください。整備の知識や経験が乏しい場合は、自力でやろうとせずに、整備資格を持ったメカニックにお願いしましょう。

車高調のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事