マフィン型のおすすめ3選&選び方【プレゼントに使える紙タイプも】

マフィン型のおすすめ3選&選び方【プレゼントに使える紙タイプも】

手作りおやつや、お友達へのプレゼントとしても人気のマフィンをつくるには「マフィン型」が必要です。使い方が簡単なシリコンタイプや、100均などでも購入できる価格が安い紙製、9個や12個など一気に作れるトレータイプなど、様々な種類があります。また、マフィンだけでなく、キッシュやチーズケーキ、パンなどをつくることもできます。今回はマフィン型の選び方や代用品、おすすめ商品をご紹介します。

マフィン型とは

マフィン型とは

出典:Amazon.co.jp

マフィン型とは、マフィンを作る際に生地を流し込み、焼くためのアイテムです。マフィンの大きさ、作りたい個数や、型自体の素材などによっていろいろな種類があります。また、繰り返し使えるタイプのもののほかに、1回きりの使い捨てタイプなどもあり、自分にとって使いやすいものを選ぶことができます。

マフィン型を選ぶポイント

使いやすい素材を選ぶ

シリコン

シリコン

出典:Amazon.co.jp

やわらかさが特徴のシリコン素材は、折り曲げたり、簡単に形状を変えられるため、マフィンが取り出しやすくて便利です。ゴム製ながら高熱に耐えられるので、オーブンに使用する分には全く問題ありません。金属製と違い錆びることがないので、お手入れのしやすさも人気の1つです。

紙

出典:Amazon.co.jp

紙製のマフィン型は手軽に使えることが特徴です。紙カップがそのままケースになるので、食べる直前までマフィンを外す必要がありません。食べた後は捨てるればよいため、洗ったりお手入れをする必要もありません。また、プレゼントにするときも、おしゃれなデザインのものを選べば十分そのままラッピングの一部として活かすことができます。

アルミ

アルミ製のカップは紙製と同じく使い捨てのタイプです。デザインが豊富な紙製に比べるとバリエーションは少なめですが、紙製より生地離れがよく、マフィンからすっきりはがすことができます。また、食べ終わった後には捨てられるので、お手入れをする必要がない点も便利です。

ステンレス

ステンレス製のマフィン型は、繰り返し使えて錆びにくく、お手入れも簡単です。100均などでリーズナブルに購入できるところも嬉しいポイントですね。ただし、熱伝導率が低い素材であるため、焼き加減には十分気を付ける必要があります。

ブリキ

ブリキは昔からマフィン型として活用されてきた素材です。水分などでさびやすいので、お手入れには少し気を使わなければいけませんが、熱伝導率の良さは抜群です。上手な使い方をすればまるでお店のようなマフィンが作れる、お菓子作り上級者におすすめの素材です。

フッ素加工がしてあるかどうか

お鍋などによくほどこされているフッ素加工ですが、マフィン型にもこの加工がされているタイプがあります。焼いた後の生地が離れやすく、取り出すときに便利なのが特徴です。また、汚れがこびりつきにくいため、お手入れがしやすいという利点もあります。

つくりたいマフィンのサイズを考える

作りたいマフィンのサイズによっても、マフィン型にはいろいろな種類があります。大きめなもの、小ぶりなもの、海外チックなアメリカンサイズのものなど、作ろうとしているマフィンをイメージしながらよく検討してみてください。なお、いざ焼こうという段階でオーブンに入らない!というトラブルを避けるために、自宅にあるオーブンのサイズとも相談しながら選んでくださいね。

たくさん作るならトレータイプがおすすめ

たくさん作るならトレータイプがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

マフィン型には一つひとつ個別に作るタイプのものと、一気に複数個を作れるタイプのものがあります。アルミカップや紙製のものはそれぞれ個別になっているタイプ、シリコン製などはトレー状の中にマフィン型の穴が開いていて、トレー1つで何個も焼けるタイプもあります。6個や9個タイプ、多いものでは12個一気に作れるタイプもありますので、一度にたくさん作る方にはトレータイプがおすすめです。

お手入れのしやすさもポイント

お菓子を作った後に少し面倒なのは、使った道具のお手入れです。シリコン製やフッ素加工がされたものは汚れが付きにくいため、洗うときやお手入れも比較的簡単に済みます。また、紙製の型やアルミ製の型を使えば、お手入れすることなくそのまま捨てることができるので便利です。せっかく買ったマフィン型も、お手入れの仕方が自分に合わないためにずっと使わないまま…ということにならないよう、お菓子作りの後までイメージして選んでください。

マフィン型を使ったレシピ

キッシュ

キッシュ

マフィン型を使って、軽食にもピッタリなキッシュを作ることもできます。ぺーコンやトマト、ほうれん草やかぼちゃなど、お好みの具材とキッシュの生地を混ぜてオーブンで焼くだけです。簡単にコロンと見た目にも可愛いキッシュが出来上がります。キッシュを作る際はタルト型などが使われますが、マフィン型を使えば切り分ける必要がないので便利です。

チーズケーキ

チーズケーキ

マフィン型でチーズケーキを作るのもおすすめです。分量のクリームチーズと卵、レモン汁、砂糖、牛乳とヨーグルトを混ぜ合わせ、マフィン型にビスケットをしいてオーブンで焼いたら完成です。切り分けする必要がなくてとってもお手軽です。プレゼントにも素敵ですね。

パン

パンを焼く時もマフィン型を使えばとっても便利です。パン作りでの悩みの1つに型崩れしてしまうことがありますが、パン生地をマフィン型に入れて焼くことで解決できます。

マフィン型の代用方法

マフィン型がすぐ手元にないけれど、どうしてもマフィンが作りたいという時は代用できるものを使う方法があります。例えば紙コップはカップと形が似ているので代用品として使えます。飲んだ後の牛乳パックを洗って使えば、ちょっとおもしろい四角いマフィンになります。また、お弁当用のカップも形状が似ているため、十分代用として使うことができます。

マフィン型のおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値982円(税込)

この商品の特徴

素朴な風合いがナチュラルなこちらの商品は、紙製のマフィン型です。もちろんオーブンへの使用もOKです。見た目がかわいいので、作ったマフィンをプレゼントをする時には、このままマフィン型を活かしたラッピングをしても素敵ですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

素朴な風合いがナチュラルなこちらの商品は、紙製のマフィン型です。もちろんオーブンへの使用もOKです。見た目がかわいいので、作ったマフィンをプレゼントをする時には、このままマフィン型を活かしたラッピングをしても素敵ですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値434円(税込)

この商品の特徴

ビビッドレッドがキュートなシリコン製のマフィン型です。型の底がバラの形になっており、とってもかわいくておしゃれなマフィンが作れてしまいます。シリコン製なので生地離れがよく、お手入れも簡単です。いつものマフィンがグッと華やかになりますよね。パーティー用や、プレゼント用にマフィンを作る際、ぜひおすすめしたい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ビビッドレッドがキュートなシリコン製のマフィン型です。型の底がバラの形になっており、とってもかわいくておしゃれなマフィンが作れてしまいます。シリコン製なので生地離れがよく、お手入れも簡単です。いつものマフィンがグッと華やかになりますよね。パーティー用や、プレゼント用にマフィンを作る際、ぜひおすすめしたい商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,460円(税込)

この商品の特徴

12個一気に作れる便利なトレータイプのマフィン型です。出来上がりのマフィンサイズは少し小ぶりなので、プチサイズのお菓子を作りたい方にもおすすめです。ブリキ製なので他の素材よりも少しお手入れの必要はありますが、その分抜群の熱伝導率でとってもおいしく焼き上がります。使っていくごとに使い心地がよくなる商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

12個一気に作れる便利なトレータイプのマフィン型です。出来上がりのマフィンサイズは少し小ぶりなので、プチサイズのお菓子を作りたい方にもおすすめです。ブリキ製なので他の素材よりも少しお手入れの必要はありますが、その分抜群の熱伝導率でとってもおいしく焼き上がります。使っていくごとに使い心地がよくなる商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー