クッキングマットのおすすめ9選!オーブン対応の製菓用も

クッキングマットのおすすめ9選!オーブン対応の製菓用も

パン作りやクッキー作りなど粉物を調理するときに作業台がすぐ汚れてしまう、という方には「クッキングマット」(ベーキングマット、シリコンマット、製菓マット)がおすすめです。調理が簡単になるのはもちろん、シリコン素材で丸洗いできたり、オーブンにも対応しているものが多く、使い勝手が良いことが特徴です。今回はクッキングマットの選び方や、おすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

クッキングマットとは

クッキングマットとは

出典:Amazon.co.jp

クッキングマットとは、料理をする際、作業台の上に敷くマットのことです。そのままマットの上でパンやうどん、ピザなどの生地をこねることができます。作業台の上に敷くので台が汚れず、調理を進める上でも衛生的です。また、そのまま耐熱温度が高いタイプはそのままオーブンに入れて使うこともできます。調理した後はマットを丸ごと洗えばいいので、後片付けも手間をかけず、簡単にすることができます。

クッキングマットの選び方

作業台に合わせたサイズを選ぶ

準備したクッキングマットが作業台のサイズに合わず、はみ出したり小さかったり、またはオーブンの天板のサイズに合わなくてうまく入らない、ということになってしまうと大変です。せっかくのクッキングマットをスムーズに調理に活かせるよう、クッキングマットを広げる場所についてしっかりサイズを確認しておくことが大切です。また、クッキングマットによっては、調理の際適したサイズにカットすることができるタイプもありますので、自分が使いやすいよう、カスタマイズすることも可能です。

くっつきにくい・ずれない素材を選ぶ

クッキングマットの上では直に生地をこねることができますが、くっつきにくい方が調理がスムーズに進みます。素材がシリコンであったり、シリコン加工がされているクッキングマットは、より生地がくっつきにくくこねやすいようになっています。生地がくっつきにくければ、使う打ち粉も少なくて済むので経済的です。また、クッキングマット自体も作業台に吸着し、ずれにくいものの方が調理がスムーズに行えます。

オーブンを使うなら耐熱温度に注目

オーブンを使うなら耐熱温度に注目

耐熱温度が高いタイプのものは、敷いているクッキングマットをそのままオーブンや電子レンジに入れて使うことができます。パンやピザなど、調理工程にオーブンの使用を挟むようなものを頻繁に作る方は、耐熱温度の高いクッキングマットを購入するのがおすすめです。

目盛り付きかどうかを確認

生地をこねた後にのばすときは、大きさを気にしなければならないこともあり、少し大変です。そんなときは目盛り入りのクッキングマットが便利です。様々な大きさの直径サイズのガイドや、四辺にスケールが付いているもの、方眼状のラインが走っているものなど、目盛り付きにも様々なタイプがあります。

粉が見えやすい色付きをチェック

パンやうどんなど、こねる生地には白っぽいものが多くありますが、クッキングマットが同系色の場合は、調理の際に少し生地が見えづらいかもしれません。生地と違う色合いのクッキングマットであれば、より調理がしやすいということもあります。ビビッドな配色のアイテムも多くあるので、インテリアの一巻としてはもちろん、調理のしやすさに注目して明るめのカラーのアイテムを選ぶのもおすすめです。

お手入れのしやすさで選ぶ

クッキングマットはいろんな調理に対応でき、使い道も幅広い便利なアイテムです。長持ちさせるためにも、使った後はよく洗って衛生的に保管しておきましょう。シリコン製やシリコン加工がされているものは、汚れがつきにくいため、洗うときも簡単で、手軽にお手入れができます。台所のシンクで簡単に洗えるサイズかどうかも考慮しつつ、自分にとってお手入れのしやすいものを選びましょう。

収納が簡単な柔らかい素材もチェック

収納が簡単な柔らかい素材もチェック

出典:Amazon.co.jp

クッキングマットは作業台に広くしいて使えるのが便利なアイテムです。したがって、クッキングマット自体も少しサイズが大きい場合があります。シリコンなどのやわらかい素材であれば、使用後はくるくるとコンパクトにまとめて収納でき、台所周りもすっきり片付きます。台所のスペースが限られていて、収納場所を確保するのが大変、という方は小さくしまっておけるタイプを探してみてください。

クッキングマットのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

シリコン製のクッキングマットです。平らでつるつるの作業台にセットすればピタッと吸着して、マットがずれにくいので使いやすいです。表面はマット加工がされており、生地をこねているときもくっつきにくいため、スムーズに調理を進めることができます。様々なサイズの円型ガイドや、四辺にスケールもついており、いちいち生地の大きさを測る必要がありません。丸洗いして繰り返し使うことができるのでコストパフォーマンスもよく、また畳んで収納できる点も嬉しいですね。使い勝手抜群の商品です。

この商品の特徴

シリコン製のクッキングマットです。平らでつるつるの作業台にセットすればピタッと吸着して、マットがずれにくいので使いやすいです。表面はマット加工がされており、生地をこねているときもくっつきにくいため、スムーズに調理を進めることができます。様々なサイズの円型ガイドや、四辺にスケールもついており、いちいち生地の大きさを測る必要がありません。丸洗いして繰り返し使うことができるのでコストパフォーマンスもよく、また畳んで収納できる点も嬉しいですね。使い勝手抜群の商品です。

シアイシリコンマット
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

シアイシリコンマット

価格情報がありません

この商品の特徴

生地がくっつきにく、作業台でもずれにくい、調理のしやすいシリコン製マットです。L・M・Sサイズの3枚セットなので、シーンによってマットの大きさを選んで使えるのも嬉しいポイントです。−40度から250度までの温度変化に対応することができ、オーブンや電子レンジに入れて使うこともできます。丸洗いできるので、お手入れも簡単です。丸めてコンパクトに収納することもでき、使わないときにも場所をあまりとりません。

この商品の特徴

生地がくっつきにく、作業台でもずれにくい、調理のしやすいシリコン製マットです。L・M・Sサイズの3枚セットなので、シーンによってマットの大きさを選んで使えるのも嬉しいポイントです。−40度から250度までの温度変化に対応することができ、オーブンや電子レンジに入れて使うこともできます。丸洗いできるので、お手入れも簡単です。丸めてコンパクトに収納することもでき、使わないときにも場所をあまりとりません。

YBWNベーキングマット
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

YBWNベーキングマット

価格情報がありません

お菓子作りに欠かせないめん棒もチェック

クッキーやパンの生地を延ばす際に必要なめん棒について、素材ごとの特徴や人気商品を紹介しているので、興味のある方はチェックしてみてください。

クッキングマットおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー