すり鉢のおすすめ4選!ゴマやスパイス・離乳食用にも

すり鉢のおすすめ4選!ゴマやスパイス・離乳食用にも

食卓に並べる薬味や、季節の食材をすりつぶすのに必要なのが「すり鉢」です。渋い和食器のイメージがあるかもしれませんが、おしゃれな商品も販売されています。ゴマやトロロをするだけではなく、離乳食をつくる際にも便利です。今回は、すり鉢の選び方やおすすめ商品だけでなく、使い方や洗い方、離乳食レシピまで詳しくご紹介します。Amazonや楽天で人気のすり鉢や、口コミで人気のローラータイプもありますので、ぜひ参考にしてみてください。

すり鉢の種類と特徴

 標準型

 標準型

出典:Amazon.co.jp

一般的なすり鉢です。「すり鉢状」そのものの形をしていて、すりおろしたものがすり鉢の底にたまります。すりおろしたものを取り出しやすいので合理的です。傾斜を使って効率良くすりおろすことができます。

どんぶり型

どんぶり型

出典:Amazon.co.jp

すりおろす方法は一般的なすり鉢と同じですが、どんぶり型のすり鉢だとそのまま食卓に出しやすいというメリットがあります。デザインが他の食器と馴染みやすいものが多いので違和感がありません。

民芸型

民芸型

出典:Amazon.co.jp

飲食店などでよく見かける民芸型は、注ぎ口が特徴です。すり鉢から直接注ぐことができるので、すりおろしたものだけでなく、出汁やつゆなどを作ってそのまま食卓に出せます。様々なサイズ展開があるので、使う人数によってちょうどいい大きさを選びやすいです。

すり鉢の選び方

サイズ

すり鉢を選ぶときに、まず重要なのはサイズです。他の食器のように、中に入れるものの大きさだけを考えるのではなく、すりおろす過程で使いやすいというのも大事なポイントです。すりおろす際、かき混ぜる幅が必要なので、少し大きめの方が良いでしょう。特に、出汁やつゆも入れたい場合は、すりおろすときに中身が外に飛び出ない程度の大きさが必要です。

4号(直径12㎝)

すり鉢の中ではいちばん小さなサイズです。薬味などに使いたい場合や、そのまま小鉢として使いたい場合に適しています。

4.5号(直径14㎝)

お鍋の取り皿にごまを入れて、そのまますりつぶしながら使いたい場合に適しています。または、離乳食を作る場合にもちょうど良い大きさです。

6号(直径18㎝)

一般的なすり鉢の大きさです。ソースや汁物入れ、すりつぶしなど様々な用途に使えます。すり鉢を初めて購入する際には、この大きさがおすすめです。

8号(直径25㎝)

大人数分をすりつぶしたい場合や、山芋でとろろを作る場合などに適しています。大きさも深さもあるので、簡単な汁物などにも使いやすいです。

目の粗さ

目の粗さ

すり鉢を選ぶ際には「目の粗さ」も大切です。すり鉢は基本的に「ごま」をすりやすいように作られています。すりつぶしたいものがごまに比べて大きなものであれば、目は少し粗いものが良いでしょう。反対に、きめ細かくすりつぶしたいのであれば、目が細かいすり鉢がおすすめです。

滑り止め

すり鉢を使う際には、力を入れなければいけない場合も多いため、滑り止めがついていると安心です。ゴムなど滑り止め素材が付いているものや、陶器でも底に滑らない工夫がされているものなどがあります。もし滑り止めが付いていないすり鉢であれば、下に濡れたふきんなどを敷いておくと安心です。

すり鉢の使い方

すり鉢は、すりつぶしたいものを中にいれて、「すりこぎ」という棒ですりつぶして使います。

すりこぎの持ち方

すりこぎの上の方を利き手で握って、上端にもう片方の手の平を当てて添えるのが、すりこぎの基本的な持ち方です。利き手の手首を回すようにしてすりこぎを回し、上端に添えた手ですりこぎの動きがずれないようにコントロールします。

回す方向

多くのすり鉢は、右利きの人が多いため「右回し」を前提に作られていて、すり鉢の目が右回しで使ったときに効率良くすりつぶせるようになっています。ただし、左回しで使ったとしてもすりおろせないわけではありません。

すり鉢の洗い方

すり鉢は、目に細かいカスが入り込んだりして洗うのが少し面倒臭いです。しかし、ポイントを押さえれば、簡単にお手入れをすることができます。

STEP1:水を張る

使い終わったすり鉢には、すぐに水やぬるま湯を張っておきましょう。こうすることで目に入り込んだ汚れが浮き出てきやすくなります。水を張っておかないと、目の中で汚れが固まりやすく、こびりついてしまいます。

STEP2:たわしや歯ブラシなどブラシ状のもので洗う

水を張って汚れが浮き出やすくなったら、たわしや歯ブラシで目に沿って汚れをかき出します。水を張った後であれば、あまり力を入れなくても簡単に汚れを落とすことができます。汚れがひどくない場合は、食器用スポンジでも十分に汚れを落とすことができます。

すり鉢の代用品

すり鉢は持っていないけれど、すりつぶしたものを使いたい場合、普段使っている調理器具をすり鉢の代用品として使うという豆知識をご紹介できず。

おろし金

おろし金

出典:Amazon.co.jp

大根おろしなどに使う「おろし金」で代用します。すりたいものが小さいと危険ですが、手で握れる大きさであれば安全にすりおろすことができます。おろし金はプラスチック製の方がすりおろしやすいです。

フードプロセッサー・ミキサー

フードプロセッサー・ミキサー

出典:Amazon.co.jp

すり鉢よりも目が粗くなってしまいますが、自宅にあるフードプロセッサーやミキサーでも、すりつぶすことができます。きめ細やかにすりつぶしたい場合は、フードプロセッサーなどでいったん潰したものを、茶こしでこし取ると細かくできます。

すり鉢を使ったレシピ

すり鉢を、ごまや山芋をすること以外にも活用させることができます。今回は、すり鉢を使って作れる簡単なレシピをご紹介します。

そうめんのつゆ

そうめんのつゆ

暑い季節になると、食卓に登場するのがそうめんです。すり鉢があれば、カルシウムたっぷりのおいしい「そうめんつゆ」を手作りすることができます。

STEP1:「いりこ」をする

頭とはらわたを取った「いりこ」を軽く煎り、すり鉢ですります。細かくなるまでしっかりすりつぶします。

STEP2:お湯と調味料を入れる

すり鉢にお湯と醤油、みりん、砂糖などを適量入れます。すり鉢の目に入っているいりこを全部混ぜるようにして、ゆっくりすりこぎを回しましょう。しっかりと混ぜたら完成です。

そのままでも冷やしてもOK

そうめんつゆは、温かいままでも冷蔵庫で冷やして使っても美味しいです。いりこの栄養をまるごと取れますし、添加物も入っていないので、お子さんも安心して食べられます。

すり鉢で離乳食づくり

すり鉢で離乳食づくり

離乳食も、すり鉢で簡単に作ることができます。今回は、タンパク質豊富な豆腐を使ったレシピをご紹介します。

STEP1:すり鉢を消毒する

小さなお子さんは免疫力が弱いので、まずはすり鉢を清潔にします。熱湯をすり鉢に入れて中の細菌を洗い流し、清潔なふきんで水気を取ります。

STEP2:豆腐をすりつぶす

さっと水洗いした豆腐を細かくすりつぶします。目の細かいすり鉢を使うと、豆腐をとろとろにすることができます。

STEP3:野菜を混ぜる

あらかじめゆでておいた野菜を、小さく刻んですり鉢の豆腐に入れます。よく混ぜることでさらに細かくでき、豆腐と馴染んで食べやすくもなります。お皿に移せば完成です。

その他のレシピ

すり鉢の便利な使い方を紹介されているブログがあるので、よかったら参考にしてみてください。

すり鉢のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

スタンダードなすり鉢をお探しの方におすすめの、一般的な形の商品です。すりこぎとセットになっているので、この商品を買うだけですぐに使うことができます。底にはシリコンの滑り止めがついています。目は手作業でていねいに作られているので、へたりづらいです。

この商品の特徴

スタンダードなすり鉢をお探しの方におすすめの、一般的な形の商品です。すりこぎとセットになっているので、この商品を買うだけですぐに使うことができます。底にはシリコンの滑り止めがついています。目は手作業でていねいに作られているので、へたりづらいです。

 

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

小さな手の平サイズのすり鉢です。離乳食を作る方や一人暮らしの方におすすめです。小さくても目がしっかりとしているので、少し大きめなものもしっかりとすりつぶすことができます。すりこぎ棒の先端が最大幅4cmと太めの作りになっているので短時間ですり潰せます。

この商品の特徴

小さな手の平サイズのすり鉢です。離乳食を作る方や一人暮らしの方におすすめです。小さくても目がしっかりとしているので、少し大きめなものもしっかりとすりつぶすことができます。すりこぎ棒の先端が最大幅4cmと太めの作りになっているので短時間ですり潰せます。

 

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

すり鉢は和食器なので渋いデザインのものが多いですが、このすり鉢はシンプルでデザイン性が高いので、洋風の雰囲気にも馴染みやすいです。磁器製なので、食材の色や臭いが移りにくいのが特徴です。すり鉢の底にシリコーンが付いているので、すりこぎ棒ですっているときの音や振動を吸収してくれます。

この商品の特徴

すり鉢は和食器なので渋いデザインのものが多いですが、このすり鉢はシンプルでデザイン性が高いので、洋風の雰囲気にも馴染みやすいです。磁器製なので、食材の色や臭いが移りにくいのが特徴です。すり鉢の底にシリコーンが付いているので、すりこぎ棒ですっているときの音や振動を吸収してくれます。

 

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

手の平サイズで、少し変わった形のすり鉢です。すりこぎではなく付属の木製ローラーですりつぶします。ハーブ用のすり鉢ですが、ごまなどの小さいものもすりつぶすこともできます。少量の離乳食など、ちょっとした小さいものに使いやすいです。インテリアとしてもおしゃれです。

この商品の特徴

手の平サイズで、少し変わった形のすり鉢です。すりこぎではなく付属の木製ローラーですりつぶします。ハーブ用のすり鉢ですが、ごまなどの小さいものもすりつぶすこともできます。少量の離乳食など、ちょっとした小さいものに使いやすいです。インテリアとしてもおしゃれです。

すりこぎ棒も一緒にチェック!

本格的な山椒の木のすりこぎ棒や、手入れがしやすい陶器製のすりこぎ棒など、おしゃれなものがたくさんありますので一緒に見てみてください。

すり鉢のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー