ライトスタンドのおすすめ5選&選び方【ライティング撮影の相棒】

ライトスタンドのおすすめ5選&選び方【ライティング撮影の相棒】

ライトスタンドは、撮影時に、人や物など被写体を明るく照らすライトを取り付けるためのアイテムです。ストロボなどで被写体を明るく照らすこともできますが、ライトスタンドを使えば自分の好きな角度に調整することができます。写真だけではなく、動画の撮影などにもよく使用されます。今回はライトスタンドの選び方をご紹介します。おすすめ商品では、コンパクトで持ち運びやすいタイプや、軽量でおしゃれな商品もご紹介しています。

ライトの当て方で写真がよりきれいに

ライトの当て方で写真がよりきれいに

プロの写真や、モデルの写真を見ていると、光の当て方や写りがきれいで、どのように撮っているのか疑問に思ったことがある方もいらっしゃるでしょう。プロのような写真を撮りたいときや、インスタグラムに投稿する写真にこだわりたいときに大事になってくるのが、ライトの当て方です。

ライトスタンドを使えば、ライトの高さを調整することができ、よりきれいな写りの写真を撮ることができます。ライトスタンドは、スタンドの長さを変えることでライトの高さを調整し、被写体に合るものが多いです。プロがスタジオ撮影で使うものなので、高価な商品というイメージがありますが、中には2,000円程度で購入できる商品もあります。プロではなくても、自作の動画や写真撮影に使う方もいます。

ライトにさらにこだわるならこんなアイテムも

光の当てかたや、ライトの角度などにこだわるなら、ストロボや撮影用アンブレラ、ソフトボックスなどを使うとライティングの応用が利きます。以下の記事では、ライトにこだわるためのおすすめアイテムをご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

ライトスタンドを使うメリット

三脚の雲台を取り替えて、ライトスタンドに代用することもできますが、三脚は高さを変える際、それぞれの脚の長さを変える必要があるため、素早く調整するのには向いていません。また、開いた脚がかさばって使いづらかったり、高さや角度調整の可動域が広くないものもあります。対してライトスタンドは、狭いスペースでもしっかりと意図した位置にライトを固定することができ、アンブレラやソフトボックスなどの周辺機器との互換性にも優れています。

ライトスタンドの選び方

ライトスタンドにはいくつかの種類があります。他にも高さなど購入前に確認したいポイントがあります。選び方のポイントをご紹介します。

高さの調整方法に種類がある

ライトスタンドは、高さを調整できるものがほとんどです。エアクッション式、バネ式、手動式について解説します。

エアクッション式

エアクッション式

出典:Amazon.co.jp

エアクッション式とは、ストロボをつけたままの状態で、ライトスタンドの高さを調整するためのネジを緩めたときに、ストロボの重みでライトスタンドが一気に下がってしまわないように工夫されているタイプです。屋内外で使いやすいといわれています。ライトスタンドからエアが抜けて壊れてしまう可能性があります。

バネ式

バネ式

出典:Amazon.co.jp

バネ式は、エアクッションと比べるとネジを緩めたときに一気に下がりますが、下にバネがついているためライトスタンドの脚に強い負荷がかかる心配が少ないです。手早く動かしたいけど、最後までおりてしまわないライトスタンドが欲しい方におすすめです。

手動式

手動式は、エアクッションやバネのようなクッション機能がありません。ネジを緩めると一気に下りるため、ライトスタンドの脚に負担がかかる可能性や、衝撃でストロボが破損する危険性があるので注意して操作する必要があります。購入したら、操作方法や手順をしっかりと確認して使用しましょう。手動式は構造がシンプルなので、他のタイプと比較して壊れにくいと言われています。

高さも重要なポイント

ライトスタンドの高さも確認したいポイントです。高さの調整ができるものがほとんどですが、調整できる高さがどのくらいなのかを確認しましょう。人物を撮影する場合は、基本的には頭より上の高さからライトを当てます。モデルの身長より高いとこまで高くできるようにする商品が必要です。テーブルにものを置いて撮影する場合は、テーブルの高さより少し上のところまで下げられるものが良いでしょう。

耐荷重もチェック

ストロボの重さに耐えられるかどうかを判断するために、耐荷重も確認しましょう。モノブロックストロボは1kg弱のもの、3kg程度のものなど商品によって重さが違います。使いたいと思っているストロボの重量も確認してください。

適度な重さがあるといい

屋外撮影などで、ライトの位置を移動する場合は、持ち運びやすい軽さのものが便利です。軽ければ軽い方がいいかというと、そうではありません。軽すぎるとストロボの重さで上ばかりが重くなって不安定になり、風などで倒れやすくなります。ライトがしっかりと安定する重さと、持ち運びのしやすさを十分に考慮して選ぶ必要があります。

設置するスペースに合ったものを

スタンドライトは細長いイメージがありますが、三脚部分は意外と広い面積を必要とします。置く予定の場所が広くない、屋外で周りの迷惑にならないようにしたい、など心配がある方は、よく検討して選びましょう。

持ち運びしやすい商品もある

持ち運びしやすい商品もある

出典:Amazon.co.jp

コンパクトに折りたためるのスタンドライトもあります。屋内外でとにかく手軽に使いたい、ストロボも軽いものを使用するという方は、折りたたみ式や軽量タイプのスタンドライトも検討してみてはいかがでしょうか。

ライトスタンドのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,100円(税込)

この商品の特徴

ライトスタンドを使ってみたいけど、カメラ本体やストロボなど他のアイテムにも予算を使いたい、購入しやすい価格のライトスタンドを探している、という方におすすめの商品です。190cmの高さまで伸ばすことができるので、人物撮影をするときにも便利です。アルミ製で重量は907gです。折りたたみが可能なので持ち運びやすいのも嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ライトスタンドを使ってみたいけど、カメラ本体やストロボなど他のアイテムにも予算を使いたい、購入しやすい価格のライトスタンドを探している、という方におすすめの商品です。190cmの高さまで伸ばすことができるので、人物撮影をするときにも便利です。アルミ製で重量は907gです。折りたたみが可能なので持ち運びやすいのも嬉しいポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値9,110円(税込)
3.62(17件)

この商品の特徴

三脚などの撮影機材の有名メーカーマンフロットのライトスタンドです。最大耐荷重は1.5kgです。スタンド脚の1本は、屋内だけでなく屋外でも使いやすいのが嬉しいポイントです。伸ばせば195cmの高さになります。格納時は高さ49cmと比較的コンパクトになります。イタリア生まれのマンフロットはデザインも人気が高いです。アルミ製で軽くて頑丈です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

三脚などの撮影機材の有名メーカーマンフロットのライトスタンドです。最大耐荷重は1.5kgです。スタンド脚の1本は、屋内だけでなく屋外でも使いやすいのが嬉しいポイントです。伸ばせば195cmの高さになります。格納時は高さ49cmと比較的コンパクトになります。イタリア生まれのマンフロットはデザインも人気が高いです。アルミ製で軽くて頑丈です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値34,510円(税込)
5.00(7件)

この商品の特徴

ライトスタンドには、やっぱり安定感を求めたいという方におすすめなのがこの商品です。口コミでも安定感があるという声が多くあります。アベンジャーは、写真業界や映画業界のニーズに応えて生まれたブランドです。全身高が175cmで、色はブラック、表面はクローム処理されています。設置面積は直径95cm必要です。大切なストロボをつけるために購入している方もいます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ライトスタンドには、やっぱり安定感を求めたいという方におすすめなのがこの商品です。口コミでも安定感があるという声が多くあります。アベンジャーは、写真業界や映画業界のニーズに応えて生まれたブランドです。全身高が175cmで、色はブラック、表面はクローム処理されています。設置面積は直径95cm必要です。大切なストロボをつけるために購入している方もいます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値6,115円(税込)
4.10(22件)

この商品の特徴

エアクッションタイプのライトスタンドです。強度に定評があります。一番長く伸ばすと260cmまでの高さになります。収納時は71cmです。スタンドの重さは1.6kgで、耐荷重は3kgとされていますが、伸長する長さによって変わります。伸ばせば伸ばすほど先端部が不安定になるため強度は弱まります。エアクッションがしっかり効いていると評判です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

エアクッションタイプのライトスタンドです。強度に定評があります。一番長く伸ばすと260cmまでの高さになります。収納時は71cmです。スタンドの重さは1.6kgで、耐荷重は3kgとされていますが、伸長する長さによって変わります。伸ばせば伸ばすほど先端部が不安定になるため強度は弱まります。エアクッションがしっかり効いていると評判です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,573円(税込)
4.20(11件)

この商品の特徴

Amazonベーシックという、Amazonがグローバルに企画や開発を行なっているプライベートブランドの商品です。85cmから204cmまでの間で高さを調整できます。標準的な照明、ストロボフラッシュ照明、背景などを固定することができます。ケース付きなので持ち運びやすいのが嬉しいポイントです。最大荷重は3kgです。アルミニウム製でおしゃれなブラック仕上げです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

Amazonベーシックという、Amazonがグローバルに企画や開発を行なっているプライベートブランドの商品です。85cmから204cmまでの間で高さを調整できます。標準的な照明、ストロボフラッシュ照明、背景などを固定することができます。ケース付きなので持ち運びやすいのが嬉しいポイントです。最大荷重は3kgです。アルミニウム製でおしゃれなブラック仕上げです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー