海外製プロテインのおすすめ6選!低カロリーのソイプロテインも

海外製プロテインのおすすめ6選!低カロリーのソイプロテインも

プロテインは、たんぱく質を効率良く摂取するためのフィットネスサプリメントです。ホエイ、カゼインなど種類が様々あり、フレーバーもストロべリー味や、バニラ味、クッキーアンドクリーム味など、女性にも飲みやすい商品も多いです。水や牛乳などの飲み物に溶かして飲むの粉末タイプが多いですが、固形やゼリーといったタイプもあります。今回は海外製プロテインの選び方と、マイプロテイン、コンバット、ゴールドスタンダードや、大容量タイプなどのおすすめを紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

※本記事は、選び方で記載した効果・効能が記事内の商品にあることを保証するものではありません。ご購入の際には、各商品に記載の商品説明を必ずご確認ください。

海外製プロテインの種類

たんぱく質をすばやく吸収するホエイプロテイン

たんぱく質をすばやく吸収するホエイプロテイン

出典:Amazon.co.jp

ホエイプロテインは牛乳を原料につくられた商品です。さっぱりとした味わいで、飲みやすいのが特徴です。トレーニングの前後はもちろん、運動中に摂取するのもおすすめです。トレーニング中のエネルギー補給にも役立ちます。

体内にゆっくり吸収されるカゼインプロテイン

体内にゆっくり吸収されるカゼインプロテイン

出典:Amazon.co.jp

カゼインプロテインもホエイプロテインと同様に、牛乳が原料のプロテインです。ただし、脂肪分と乳清(ホエイ)は除去されています。ホエイプロテインは体内へすばやくたんぱく質が吸収されますが、カゼインプロテインはゆっくり時間をかけて吸収されるのが特徴です。寝る前などに飲用して、日々の健康維持に役立てることができます。消化が遅い分、腹持ちが良いメリットもあります。

大豆が原料で低カロリーなソイプロテイン

大豆が原料で低カロリーなソイプロテイン

出典:Amazon.co.jp

ソイプロテインは文字通り、大豆が原料のプロテインです。カゼインプロテインと同様に、たんぱく質がゆっくりと体内に吸収されるため、就寝前の飲用をおすすめします。また、植物由来のプロテインであるため、カロリーが低いメリットもあります。加えて腹持ちが良いので、ダイエットを意識している方にもおすすめです。

海外製プロテインの選び方

たんぱく質含有量で選ぶ

プロテインはメーカーや商品により、含まれるたんぱく質の量が異なります。一般的に、1食あたりのプロテイン含有量は、国内産よりも海外製の方が多く、25~30gなどの商品もあります。

フレーバーで選ぶ

プロテインの多くは、バニラ、チョコレート、ストロベリー、バナナといったフレーバーの数種類ですが、海外製の場合、50種類以上をラインナップしたブランドもあり、バラエティ豊かな味が楽しめます。クッキーアンドクリーム、ピーナッツバター、チョコレートブラウニーなど、国産プロテインではあまり見かけないフレーバーもあり、飽きずに飲めるでしょう。ただし、海外製プロテインは基本的に甘味の強い商品が多いので、最初から大容量タイプにせず、少量から試すことをおすすめします。

海外製プロテインのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

必須アミノ酸の「BCAA」および「EAA」が同時に摂取できるアメリカ製のホエイプロテインです。効率のよい筋力トレーニングに役立てることができます。

種類
ホエイ
形状
粉末
内容量
2027g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

必須アミノ酸の「BCAA」および「EAA」が同時に摂取できるアメリカ製のホエイプロテインです。効率のよい筋力トレーニングに役立てることができます。

種類
ホエイ
形状
粉末
内容量
2027g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

厳しい検査をクリアし、高い品質基準を誇るイギリス製のホエイプロテインです。牛乳から精製した天然由来のたんぱく質を摂取できます。限定のミルクティーのほか、ブルーベリー、シナモンロール、コーヒーカラメル、ティラミスなど50種類以上のフレーバーがあります。必須アミノ酸のBCAA、グルタミン酸なども一緒に摂取できます。

種類
ホエイ
形状
粉末
内容量
1000g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

厳しい検査をクリアし、高い品質基準を誇るイギリス製のホエイプロテインです。牛乳から精製した天然由来のたんぱく質を摂取できます。限定のミルクティーのほか、ブルーベリー、シナモンロール、コーヒーカラメル、ティラミスなど50種類以上のフレーバーがあります。必須アミノ酸のBCAA、グルタミン酸なども一緒に摂取できます。

種類
ホエイ
形状
粉末
内容量
1000g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

種類
カゼイン
形状
粉末
内容量
1800g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

種類
カゼイン
形状
粉末
内容量
1800g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

脂質や炭水化物を抑えたパウダータイプ

パウダータイプのソイプロテインです。遺伝子組み替え大豆は使われていません。タンパク質の含有率が90%以上と、少ない量で効率良く摂取できます。砂糖不使用で、脂質や炭水化物も抑えられているため、ローカーボな食事を好む方にもおすすめです。

種類
ソイ
形状
粉末
内容量
1000g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

脂質や炭水化物を抑えたパウダータイプ

パウダータイプのソイプロテインです。遺伝子組み替え大豆は使われていません。タンパク質の含有率が90%以上と、少ない量で効率良く摂取できます。砂糖不使用で、脂質や炭水化物も抑えられているため、ローカーボな食事を好む方にもおすすめです。

種類
ソイ
形状
粉末
内容量
1000g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

人工着色料やグルテンなどが含まれていない、アメリカ製のホエイプロテインです。1食あたり25gのプロテインを摂取できます。低脂肪で体に吸収されやすく、トレーニング中のパフォーマンスのサポートや、トレーニング後の筋肉ケアなどに役立ちます。クッキーアンドクリーム以外のフレーバーもあるので、好みの味を見つけやすいです。

種類
ホエイ
形状
粉末
内容量
メーカー記載なし

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

人工着色料やグルテンなどが含まれていない、アメリカ製のホエイプロテインです。1食あたり25gのプロテインを摂取できます。低脂肪で体に吸収されやすく、トレーニング中のパフォーマンスのサポートや、トレーニング後の筋肉ケアなどに役立ちます。クッキーアンドクリーム以外のフレーバーもあるので、好みの味を見つけやすいです。

種類
ホエイ
形状
粉末
内容量
メーカー記載なし

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

高タンパク低脂肪のホエイプロテイン

チョコレートミルク風味の、飲みやすいホエイプロテインです。タンパク質含有量が多く、吸収スピードも速いため、トレーニング後の補給におすすめです。低脂肪、低炭水化物に調整してされており、人工染料や充填剤、グルテンといった成分は使わずつくられています。大容量サイズで、長期的にトレーニングを続ける方にも向いています。

種類
ホエイ
形状
粉末
内容量
2200g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

高タンパク低脂肪のホエイプロテイン

チョコレートミルク風味の、飲みやすいホエイプロテインです。タンパク質含有量が多く、吸収スピードも速いため、トレーニング後の補給におすすめです。低脂肪、低炭水化物に調整してされており、人工染料や充填剤、グルテンといった成分は使わずつくられています。大容量サイズで、長期的にトレーニングを続ける方にも向いています。

種類
ホエイ
形状
粉末
内容量
2200g

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

手軽にたんぱく質を摂取できるプロテインバーもチェック

粉末のプロテイン場合は一旦水に溶くなどして手間を必要としますが、固形タイプのプロテインバーならすぐに摂取することができます。たんぱく質の摂取タイミングを逃すことなく、場所を選ばず食べられるプロテインバーの選び方や、おすすめ商品を紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

海外製プロテインのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事