プロテインバーのおすすめ10選!低糖質やグルテンフリーも

プロテインバーのおすすめ10選!低糖質やグルテンフリーも

プロテインバーはバータイプの栄養補助食品で、手軽にたんぱく質やビタミンなどの栄養素を摂取することができます。味や種類が豊富なので、ほしい栄養素や好みに合わせて選ぶことができます。太るのが気になる方は、低脂質タイプや腹持ちの良いグラノーラタイプを選ぶと良いでしょう。今回はプロテインバーの種類や選び方、食べるタイミング、低糖質な「ベイクドビター」、たんぱく質が豊富な「マイプロテインバー」やアサヒの「一本満足」など、おすすめの商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

プロテインバーの魅力

プロテインバーの魅力

出典:Amazon.co.jp

プロテインバーはたんぱく質を効率的に摂取することができる栄養補助食品です。たんぱく質は体をつくる大切な要素で、免疫力の維持やホルモン機能の調節にも役立ちます。プロテインバーは、パウダータイプのプロテインに比べてつくる手間や専用の容器が必要ないので、いつでもどこでも手軽に摂取することができます。たんぱく質以外にもビタミンやミネラルなどの栄養素がふんだんに含まれているため、筋トレのときだけでなく普段のおやつ代わりとしても適しています。

プロテインバーの選び方

たんぱく質の種類で選ぶ

筋肉のエネルギー源のホエイプロテイン

牛乳に含まれる動物性たんぱく質の一種で、乳清たんぱく質とも呼ばれています。筋肉のエネルギー源となるアミノ酸が豊富で栄養素が高く、吸収されるスピードも早いため、筋肉や体を大きくしたい場合などに適しています。

腹持ちの良いカゼインプロテイン

ホエイプロテインと同じく牛乳に含まれる動物性たんぱく質の一種で、乳固成分の主成分でもあります。固まりやすいため消化吸収されにくいという特徴があり、満足感を持続させてくれます。

植物性でヘルシーなソイプロテイン

大豆を原材料とする、植物性たんぱく質の一種です。大豆たんぱくには中性脂肪を下げる効果があると言われていて、消化吸収にも時間がかかるため、体重を増やさずに体を引き締めたい方に適しています。

タイプで選ぶ

手軽に食べられるウエハースタイプ

手軽に食べられるウエハースタイプ

出典:Amazon.co.jp

ウエハースタイプはサクサクと軽い食感で、お菓子感覚で食べることができます。バニラ味やチョコ味のほか、コクのあるナッツやオーツ麦入りのものもあり、種類が豊富です。固いプロテインバーが苦手な方はウエハースタイプを選ぶと良いでしょう。

食べ応えのあるグラノーラタイプ

食べ応えのあるグラノーラタイプ

出典:Amazon.co.jp

ザクザクと食べられるグラノーラタイプは、オーツ麦やレーズン、ベリー類など様々な素材が入っていて食物繊維をたっぷり摂ることができます。素材のほどよい甘さと、ナッツやフルーツの豊かな香りと食感で食べ応え充分です。時間がない日の朝食としても便利です。

食べやすい一口サイズタイプ

食べやすい一口サイズタイプ

出典:Amazon.co.jp

バータイプを食べるときに人目が気になる場合や、少量を小分けして食べたい場合は一口サイズのものがおすすめです。キューブ状やボール状、折って食べられるタイプなどの食べやすい形で、小腹が空いたときにちょうど良いサイズ感です。バッグに入れて常備しておけば、食事の時間が取れないときにもつまむことができます。

好みの味で選ぶ

チョコレートなどの甘い味

チョコレートなどの甘い味

出典:Amazon.co.jp

チョコレート味やピーナッツ味、ココナッツ味など様々な味があります。特にチョコレートはホワイトチョコやビターチョコ、周りにチョコがコーティングされたタイプや、フレークやパフが練り込まれたザクザクタイプなど、種類が豊富です。レーズンやクランベリー、ヨーグルトなどで酸味を加えているものもあります。

食事にもなるささみバー

食事にもなるささみバー

出典:Amazon.co.jp

常温保存ができて、生肉のように調理する必要もないので手軽に食べることができます。ソーセージタイプとささみの形を残したものがあるので、食べやすさに合わせて選ぶと良いでしょう。タンドリーチキン味やブラックペッパー味、レモン味など味付きのものもあり、サラダに乗せたりパンに挟んで食べたりすることもできます。甘いものが苦手な方やいつも食べている味に飽きてきた方におすすめです。

成分にこだわって選ぶ

たんぱく質含有量をチェック

1日のたんぱく質摂取量は日常的に運動をしていない人で体重1kgあたり1g、エクササイズや筋トレをしている人なら2g程度が必要だと言われています。プロテインバーのたんぱく質含有量は1本あたり10〜30gと様々ですが、より効率的にたんぱく質を摂取したい場合や筋トレをした日は、たんぱく質含有量の多いタイプを選ぶと良いでしょう。反対に、日常の栄養補給として摂取する場合は含有量10g程度のものを選び、ビタミンなどの他の栄養素も取り入れると効果的です。

甘みを抑えた低糖質タイプ

プロテインバーには糖分が多く含まれているものもあり、お菓子の代わりに食べることもあります。糖質が気になる方は、低糖質タイプや糖質カットタイプを選ぶと良いでしょう。甘さを抑えたビターチョコレート味や、血糖値が急上昇しにくいオートミールを主成分としたもの、糖の吸収を抑えるイヌリンが含まれたものなど様々な種類があるので、好みに合うものを選ぶと良いでしょう。

ヘルシーな低脂質タイプ

たんぱく質を肉や魚から摂ろうとすると、場合によっては脂質を摂取しすぎてしまうことがあります。プロテインバーは低脂質タイプもあるので、たんぱく質量に対して脂質の摂取を抑えることができます。ただ、脂質が少ない分製品によっては食感がパサパサとしているものもあるので、食べ比べて好みに合うものを探してみると良いでしょう。

原材料が気になる方はオーガニックタイプをチェック

安全性が気になる方には、オーガニックタイプのプロテインバーがおすすめです。原材料に、有機栽培でつくられた全粒オーツ麦や玄米、大豆、植物油などの自然素材のみが使われています。味はチョコレート味やピーナッツバター味、ココナッツ味など様々な種類が出ています。

グルテンを含まないプロテインバーもチェック

グルテンを含まないプロテインバーもチェック

出典:Amazon.co.jp

グルテンは小麦や大麦などのたんぱく質からつくられる成分です。グルテンを含まない料理や、グルテンを摂取しない食生活のことをグルテンフリーと言い、小麦アレルギーの予防や免疫力の向上、肌トラブルの改善などに効果があると言われています。栄養補助食であるプロテインバーにもグルテンフリーのタイプがあり、フルーツやナッツが主原料となっています。しかし、アレルギーの方向けにはつくられていない場合もあるので確認が必要です。

動物性の成分を含まないヴィーガン向けも

動物性の成分を含まないヴィーガン向けも

出典:Amazon.co.jp

ヴィーガンとは、動物性の食べ物や成分を排除した生活を送っている人のことで「完全菜食主義者」とも呼ばれています。ヴィーガン食はたんぱく質が不足しがちになるため、プロテインバーは大事な栄養補給となります。ヴィーガン向けのプロテインバーは、植物由来のたんぱく質であるえんどう豆や米、メープルシロップなどが原料となっています。乳成分が含まれていないので、乳糖不耐症の方も安心して食べることができます。

プロテインバーを食べるタイミング

プロテインバーを食べるタイミング

運動後に食べる

通常、運動後45分以内にプロテインを摂取すると、栄養素を効率良く吸収することができると言われています。筋肉量を維持したい方や筋力を上げたい方は、体が消耗している運動後に吸収が早いホエイプロテインを含むプロテインバーを食べると良いでしょう。また、ハードな運動をした後は2〜3日続けてプロテインを摂取するとより効果的です。

就寝前に食べる

筋肉の成長や修復を補助するには就寝前の摂取が効果的です。寝る直前だと胃に負担がかかってしまうので、遅くても寝る1時間前に摂取すると良いでしょう。寝ている間にゆっくりと消化されるカゼインプロテインやソイプロテインが主成分のタイプや、低糖質のタイプを選ぶと良いでしょう。

朝食に食べる

起きてすぐは体に栄養素が吸収されやすい状態のため、豊富なたんぱく質を摂取すると栄養をしっかり補給することができます。平日の朝など時間がない場合にも手軽に食べられて便利です。プロテインバーはたんぱく質が主な栄養素なため、サラダやフルーツとあわせて食べるととより良いでしょう。

プロテインバーのおすすめ10選

森永製菓inバー プロテインナッツ
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

1本あたり10gのプロテインが摂取できる、ウエハースタイプのプロテインバーです。ウエハースにナッツの香ばしさと甘みが感じられるクリームを挟み込んでおり、1本でも満足感が得られます。プロテインには、ソイプロテインとホエイプロテインを使用しています。食事代わりや小腹が減ったとき、スポーツ時の栄養補給などにおすすめです。

1本あたり10gのプロテインが摂取できる、ウエハースタイプのプロテインバーです。ウエハースにナッツの香ばしさと甘みが感じられるクリームを挟み込んでおり、1本でも満足感が得られます。プロテインには、ソイプロテインとホエイプロテインを使用しています。食事代わりや小腹が減ったとき、スポーツ時の栄養補給などにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

原材料にグラノーラが使われている、シリアルバータイプのプロテインバーです。ザクザクとした食感と、甘酸っぱいドライフルーツのアクセントが特徴です。1本あたり、たんぱく質10gが配合されています。トレーニングやエクササイズ中、運動後のチャージ、空腹を満たしたいとき、間食、朝食代わりなど、様々なシーンで活用できます。

原材料にグラノーラが使われている、シリアルバータイプのプロテインバーです。ザクザクとした食感と、甘酸っぱいドライフルーツのアクセントが特徴です。1本あたり、たんぱく質10gが配合されています。トレーニングやエクササイズ中、運動後のチャージ、空腹を満たしたいとき、間食、朝食代わりなど、様々なシーンで活用できます。

出典:Amazon.co.jp

ベイクドチョコバータイプのプロテインバーです。1本あたり、たんぱく質15gが含まれています。たんぱく質の原料は、ソイ、カゼイン、ホエイなどです。焼きチョコタイプなので、手で溶けにくいのがメリットです。外はサクサク、中はホロホロとした食感で、甘さをひかえた、ほろ苦いビターテイストです。

ベイクドチョコバータイプのプロテインバーです。1本あたり、たんぱく質15gが含まれています。たんぱく質の原料は、ソイ、カゼイン、ホエイなどです。焼きチョコタイプなので、手で溶けにくいのがメリットです。外はサクサク、中はホロホロとした食感で、甘さをひかえた、ほろ苦いビターテイストです。

出典:Amazon.co.jp

ココア味のグラノーラタイプのプロテインバーです。ココアパウダーが0.2%使用されています。ドライバナナのアクセントが楽しめるのが特徴です。1本あたりに含まれる脂質は0.8gと低脂肪です。また、たんぱく質10gのほか、炭水化物、ナイアシン、ビタミンB群、葉酸なども摂取できます。

ココア味のグラノーラタイプのプロテインバーです。ココアパウダーが0.2%使用されています。ドライバナナのアクセントが楽しめるのが特徴です。1本あたりに含まれる脂質は0.8gと低脂肪です。また、たんぱく質10gのほか、炭水化物、ナイアシン、ビタミンB群、葉酸なども摂取できます。

出典:Amazon.co.jp

ホエイおよびソイたんぱくが使用されているプロテインバーです。1本あたり、たんぱく質15gが含まれています。加えて、ビタミン5種、必須アミノ酸9種なども同時に摂取できるのが特徴です。アンチ・ドーピング認証である「InformedChoice(インフォームドチョイス)」を取得しており、アスリートの方も安心して使用できます。

ホエイおよびソイたんぱくが使用されているプロテインバーです。1本あたり、たんぱく質15gが含まれています。加えて、ビタミン5種、必須アミノ酸9種なども同時に摂取できるのが特徴です。アンチ・ドーピング認証である「InformedChoice(インフォームドチョイス)」を取得しており、アスリートの方も安心して使用できます。

出典:Amazon.co.jp

プロテインを手軽に効率良く摂取できるプロテインバーです。チョコレートファッジブラウニー風味で食事代わりとしてはもちろん、おやつとしても食べられます。1本あたり20gのタンパク質と、22種類の必須栄養素の15%が摂取できます。おいしく手軽に栄養を摂取したい方におすすめです。

プロテインを手軽に効率良く摂取できるプロテインバーです。チョコレートファッジブラウニー風味で食事代わりとしてはもちろん、おやつとしても食べられます。1本あたり20gのタンパク質と、22種類の必須栄養素の15%が摂取できます。おいしく手軽に栄養を摂取したい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

1日に必要なたんぱく質の3分の1量に相当する、20gを摂取できるプロテインバーです。原材料に乳たんぱくやコラーゲンペプチドなどが使われています。糖質や脂質がおさえられていながら、本格的なチョコレートのフレーバーが楽しめるのが特徴です。理想の腹直筋を表す「シックスパック」をイメージするフォルムで、カットしながら食べられます。

1日に必要なたんぱく質の3分の1量に相当する、20gを摂取できるプロテインバーです。原材料に乳たんぱくやコラーゲンペプチドなどが使われています。糖質や脂質がおさえられていながら、本格的なチョコレートのフレーバーが楽しめるのが特徴です。理想の腹直筋を表す「シックスパック」をイメージするフォルムで、カットしながら食べられます。

出典:Amazon.co.jp

原材料に鶏のささみが使われているソーセージタイプのプロテインバーです。ブラックペッパーのフレーバーで、スパイシーな味わいが特徴です。1パッケージあたり、たんぱく質22gおよびコラーゲン4,000mgが含まれています。保存料、着色料、発色剤などの添加物は使われておらず、安心して食べられます。常温で保存できるのも魅力です。

原材料に鶏のささみが使われているソーセージタイプのプロテインバーです。ブラックペッパーのフレーバーで、スパイシーな味わいが特徴です。1パッケージあたり、たんぱく質22gおよびコラーゲン4,000mgが含まれています。保存料、着色料、発色剤などの添加物は使われておらず、安心して食べられます。常温で保存できるのも魅力です。

出典:Amazon.co.jp

チョコレートブラウニーとチョコチップクッキータイプがセットになったプロテインバーです。1パッケージあたり、たんぱく質21g、炭水化物4g、糖分1g、食物繊維15gが配合されています。人口調味料が使われていないため、安心して食べられるのが魅力です。手軽にたんぱく質を摂取したい方に適しています。

チョコレートブラウニーとチョコチップクッキータイプがセットになったプロテインバーです。1パッケージあたり、たんぱく質21g、炭水化物4g、糖分1g、食物繊維15gが配合されています。人口調味料が使われていないため、安心して食べられるのが魅力です。手軽にたんぱく質を摂取したい方に適しています。

出典:Amazon.co.jp

アメリカ原産のプロテインバーです。1パッケージあたり、たんぱく質11gが含まれています。アレルギーの原因物質の1つであるグルテンは含まれていません。小麦アレルギーの方、グルテンフリーダイエットを意識している方などのほか、ヴィーガン志向の方にもおすすめです。フレーバーはモカチョコレートです。

アメリカ原産のプロテインバーです。1パッケージあたり、たんぱく質11gが含まれています。アレルギーの原因物質の1つであるグルテンは含まれていません。小麦アレルギーの方、グルテンフリーダイエットを意識している方などのほか、ヴィーガン志向の方にもおすすめです。フレーバーはモカチョコレートです。

プロテインバーのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事