水枕のおすすめ10選!ジェルタイプやベビー用サイズも

水枕のおすすめ10選!ジェルタイプやベビー用サイズも

水枕は、袋状の枕に水と氷を入れることで、ひんやりとした冷たさが感じられるアイテムです。風邪による発熱や、打ち身、捻挫などの怪我、暑くて寝苦しい夜の睡眠サポートにも役立ちます。素材はゴムやシリコンがあり、耐久性が高いので繰り返し使用できます。また保冷剤のように、冷凍庫でジェルを凍らせて使用するタイプもあります。今回は水枕の選び方と、ダンロップや白元アースの「アイスノン」などのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

水枕の選び方

使い方で選ぶ

凍らせても硬くならないジェルタイプ

凍らせても硬くならないジェルタイプ

出典:Amazon.co.jp

ジェルタイプの水枕は、保冷剤のように冷凍庫で冷やして繰り返し使用できるタイプです。凍結タイプ、不凍結タイプ、凍結と不凍結ジェルの二重構造タイプがあります。不凍ジェルを使用した商品は凍らせても硬くならずゴツゴツしないので、心地良く使用できます。商品によって冷凍時間が異なり、頻繁に使う方は短時間で冷凍できる商品がおすすめです。

氷や水の量を調節できる氷水タイプ

氷や水の量を調節できる氷水タイプ

出典:Amazon.co.jp

氷水タイプの水枕は、袋状の枕に氷と水を入れて使用します。中に入れる水や氷の量が調節できるので、好みの枕の高さや温度にできます。また、氷さえあればいつでも使えるので、本体を冷凍庫で冷やしておく必要もありません。冷凍庫の空きスペースが少ない方にもおすすめです。

素材をチェック

素材をチェック

出典:Amazon.co.jp

水枕の素材は、天然ゴム製や、やわらかく頭にフィットするシリコン製、ポリウレタン製などがあります。ゴム製は肉厚で丈夫なので、1つの商品を長く使い続けることができます。シリコン製は柔軟性があり使用感が良く、ゴム独特の嫌なニオイやアレルギーがないので安心して使用できます。好みに合わせて選びましょう。

幅が30cm以上あれば寝返りしてもずれにくい

幅が30cm以上あれば寝返りしてもずれにくい

出典:Amazon.co.jp

水枕は、寝返りをうっても枕の冷えた部分から頭がずれない幅を選びましょう。30cm程度の幅があれば、寝返りしても枕から頭が外れずにいられます。寝相が悪く寝返りが大きい方は、幅が40〜50cm程度ある大きめの水枕がおすすめです。

子ども用のサイズもチェック

子ども用のサイズもチェック

出典:Amazon.co.jp

水枕には、小さな子どもや赤ちゃん用のコンパクトサイズもあります。肩が冷えないように設計された商品や、赤ちゃんの頭を傷つけないよう留め具を使用していない商品などもあります。急な発熱や怪我に対応するために、子ども用の水枕を準備しておくことをおすすめします。

水枕のおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

2分割で頭の形にフィットする、幅広タイプの冷却ジェル枕です。冷やしても凍らないソフトマット層と、2分割することで曲がってフィットする凍結層、冷気を逃さない断熱シートの3層構造でつくられています。冷凍庫で8時間以上冷やすと約10時間冷たさが持続するので、夏の睡眠時にもおすすめです。

この商品の特徴

2分割で頭の形にフィットする、幅広タイプの冷却ジェル枕です。冷やしても凍らないソフトマット層と、2分割することで曲がってフィットする凍結層、冷気を逃さない断熱シートの3層構造でつくられています。冷凍庫で8時間以上冷やすと約10時間冷たさが持続するので、夏の睡眠時にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

本体に天然ゴムを使用した、昔ながらの水枕です。中に氷と水を入れて、締め金具で口を閉じて使用します。内容量がある程度調節できるので、枕の高さや温度を好みに合わることができます。本体は肉厚設計で耐久性に優れています。

この商品の特徴

本体に天然ゴムを使用した、昔ながらの水枕です。中に氷と水を入れて、締め金具で口を閉じて使用します。内容量がある程度調節できるので、枕の高さや温度を好みに合わることができます。本体は肉厚設計で耐久性に優れています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

やわらかな質感の、シリコン製の水枕です。ホワイトカラーで見た目にも明るく、おしゃれな印象を与えます。適正水量は1.5~2Lの間で調節可能なので、好みに合わせて枕の高さが変えられます。シリコン製なので、ゴムによるアレルギーがある方や、ゴム独特のニオイが気になる方にもおすすめです。

この商品の特徴

やわらかな質感の、シリコン製の水枕です。ホワイトカラーで見た目にも明るく、おしゃれな印象を与えます。適正水量は1.5~2Lの間で調節可能なので、好みに合わせて枕の高さが変えられます。シリコン製なので、ゴムによるアレルギーがある方や、ゴム独特のニオイが気になる方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

冷たさが10時間持続する冷却ジェル枕です。冷凍庫に入れても凍らずにやわらかさを保つ不凍結ジェルと、保冷力の持続時間が長い凍結ジェルの2重構造です。底面には冷気を逃しにくい断熱シートを採用しているので、冷たさが長時間持続します。急な発熱や、夏の寝苦しい夜にもおすすめです。

この商品の特徴

冷たさが10時間持続する冷却ジェル枕です。冷凍庫に入れても凍らずにやわらかさを保つ不凍結ジェルと、保冷力の持続時間が長い凍結ジェルの2重構造です。底面には冷気を逃しにくい断熱シートを採用しているので、冷たさが長時間持続します。急な発熱や、夏の寝苦しい夜にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ラウンド型でやわらかタイプの冷却ジェル枕です。肩から首のラインに沿う形状なのでフィット感が良く、違和感なく使用できます。凍らせても枕が硬くならないので、ゴツゴツとした感じもありません。

この商品の特徴

ラウンド型でやわらかタイプの冷却ジェル枕です。肩から首のラインに沿う形状なのでフィット感が良く、違和感なく使用できます。凍らせても枕が硬くならないので、ゴツゴツとした感じもありません。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

頭が安定しやすい天然ゴム製の水枕です。中央部をゴム柱で結合することで、水の流れを制御しています。中央にくぼみができるので、頭が安定させて使用できます。水と氷の量を調節することで好みの温度に設定できるため、冷やしすぎる心配もありません。中身を入れ替えることで、長時間冷たさがキープできます。

この商品の特徴

頭が安定しやすい天然ゴム製の水枕です。中央部をゴム柱で結合することで、水の流れを制御しています。中央にくぼみができるので、頭が安定させて使用できます。水と氷の量を調節することで好みの温度に設定できるため、冷やしすぎる心配もありません。中身を入れ替えることで、長時間冷たさがキープできます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

水と氷を入れることで、すぐに使えるウレタン製の水枕です。冷凍庫で凍らせずに使用でき、氷の量で温度調節も可能です。使わないときは折りたたんでコンパクトに収納できます。水枕のゴム特有のニオイが苦手な方にもおすすめです。

この商品の特徴

水と氷を入れることで、すぐに使えるウレタン製の水枕です。冷凍庫で凍らせずに使用でき、氷の量で温度調節も可能です。使わないときは折りたたんでコンパクトに収納できます。水枕のゴム特有のニオイが苦手な方にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ジェルタイプの冷却ソフト枕です。通気性に優れたメッシュカバーが付いているので、使用時にタオルを巻く必要はありません。結露もつきにくいので、寝具を濡らさず使用できます。カバーは洗濯機での丸洗いが可能です。

この商品の特徴

ジェルタイプの冷却ソフト枕です。通気性に優れたメッシュカバーが付いているので、使用時にタオルを巻く必要はありません。結露もつきにくいので、寝具を濡らさず使用できます。カバーは洗濯機での丸洗いが可能です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

凍らせても硬くならないクラッシュゼリーアイス枕です。ゼリー状のゲルが、頭にやわらかくフィットします。柔軟性があり、捻挫や怪我の患部などの頭以外の部位にも使いやすいです。

この商品の特徴

凍らせても硬くならないクラッシュゼリーアイス枕です。ゼリー状のゲルが、頭にやわらかくフィットします。柔軟性があり、捻挫や怪我の患部などの頭以外の部位にも使いやすいです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

0歳から使用できる、赤ちゃん用の水枕です。肩に当たる部分に空気の層が設けられているので、肩を冷やさずに頭だけを効率良く冷やします。吸水口はホック留め式で、留め金がないので赤ちゃんのデリケートな肌を傷つけにくいです。頭を置く部分に大きな氷が入らない設計なので、ゴツゴツせず頭の位置が安定します。

この商品の特徴

0歳から使用できる、赤ちゃん用の水枕です。肩に当たる部分に空気の層が設けられているので、肩を冷やさずに頭だけを効率良く冷やします。吸水口はホック留め式で、留め金がないので赤ちゃんのデリケートな肌を傷つけにくいです。頭を置く部分に大きな氷が入らない設計なので、ゴツゴツせず頭の位置が安定します。

冷却シートもチェック

冷却シートの選び方やおすすめ商品を紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

水枕のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー