ガステーブルの選び方&おすすめ3選【自分でも取り付けられる!】

ガステーブルの選び方&おすすめ3選【自分でも取り付けられる!】

キッチンでの火を使う調理になくてはならないのが「ガステーブル」です。ビルトインタイプに比べて価格が安く、取り付けも簡単で人気です。しかし、サイズや都市ガス・プロパンガスなどの種類など、ポイントを押さえておかないと「どれを買えばいいか分からない…」と悩んでしまうことも。今回はガステーブルの選び方や設置方法をご紹介します。おすすめ商品ではパロマ、リンナイなど有名メーカーのものをご紹介しています。

ガステーブルとは

ガステーブルとは

出典:Amazon.co.jp

複数のガス口があるガスコンロのことを、ガステーブルと言います。ガス口だけでなく魚焼き器もついていることが多く、一台で様々な食材が調理可能です。「据え置きガスコンロ」と呼ばれることもあります。IH(電磁調理)タイプのコンロと比べて価格が安く、火力調整がしやすいというメリットがあります。

ガステーブルを選ぶポイント

使用するガスの種類を確認する

使用するガスの種類を確認する

ガスの種類には都市ガスとプロパンガスの二つの仕様がありますが、正しいガスを選ぶのはとても大切です。都市ガス仕様の製品なのにプロパンガスに接続した、などのミスは故障や爆発事故の原因になります。

分かりやすい見分け方として「プロパンガスボンベに接続するのがプロパンガス仕様、そうでないのが都市ガス仕様」と覚えましょう。都市部ではほとんど都市ガスを使用しています。ガスホースの色はプロパンガスがオレンジ色、都市ガスが薄いピンク色です。

コンロの口数・サイズをチェック

コンロの口数は調理のスピードに影響します。大半の家庭用ガステーブルはコンロ数が二口となっていますので、まずは二口のものから検討しましょう。二口もいらないと感じれば一口のものを、もっと必要と感じれば三口のものを選びましょう。設置するスペースがサイズより小さいと入らないので、幅×奥行×高さのサイズも重要な要素です。念のためメジャーで設置スペースの寸法も確認しましょう。

表面の材質を選ぶ

表面の材質には主にガラス、フッ素コート、ホーローの3種類があります。ガラスは熱に強いですが、強い衝撃には弱いです。フッ素コートは油をはじきますが、さびる可能性があります。ホーローは安価な一方、フッ素コートと同じくサビには弱いという特徴があります。の用環境に適した材質を選びましょう。

強火力バーナーは壁側にこないようにする

通常、ガステーブルは左右どちらかのバーナーが火力の強い強火力バーナーになっています。商品コードを確認すれば簡単に識別が可能です。商品コードにLがついているものは左が強火力バーナー、商品コードにRが付いているものは右が強火力バーナーとなっています。この場合、キッチンの壁側に強火力バーナーが来ないように調整しましょう。壁側に強火力バーナーがあると、火事の危険があります。

グリルは片面焼きか、両面焼きか

グリルは片面焼きか、両面焼きか

ガステーブルに備え付けられていることの多い魚焼き用のグリルですが、上からのみ火が出る片面焼きと、上と下両方で火が出る両面焼きがあります。片面焼のガステーブルは安価ですが、片面が焼きあがるたびに魚をひっくり返す必要があります。両面焼きのガステーブルは高価ですが、ひっくり返すことなく魚が焼きあがります。予算に余裕があれば両面焼きを選ぶことをおすすめします。

グリルをよく使うなら水無しがおすすめ

グリルを積極的に使用するなら、使用時に水を張る必要があるかないかも確かめましょう。水を張る必要があるタイプは、安価ですが、調理に手間がかかり掃除も面倒です。水を張る必要がないタイプは、調理も手入れも簡単です。

汁受け皿にはメリットもデメリットもある

五徳に汁受け皿が付いていない場合、こぼれた汁を受け止めることができません。汁受け皿が付いている場合、こぼれた汁を受け止めることはできますが、掃除が必要なパーツが増えるという欠点もあります。スープなど汁の出る料理を頻繁に作る方は汁受け皿付き、そうでない方は汁受け皿なしの製品を選びましょう。

ガステーブルは自分で設置できる?

ガステーブルは、自分で簡単に設置できます。本体とガス栓をガスホースでつなぎ、本体に電池を入れればすぐにでも使えるようになります。逆にビルトインタイプの場合は、自分で設置することはおすすめできません。ガス管に対する専門知識の講習を受け、道具をそろえる必要があるからです。ガステーブルの場合は自分で、ビルトインタイプの場合は業者に頼んで設置しましょう。

以下のサイトではガステーブルの設置方法が詳しく紹介されています。自分で取り付けたいという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

ガステーブルのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値18,833円(税込)

この商品の特徴

スタンダードなガステーブルを使いたい、という方におすすめです。魚焼きグリルが水無しでも使用可能で、引き出しをスムーズに開けられる設計になっています。本体はガラス質のコーティングが施されており、汚れが落ちやすく傷つきにくい設計になっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スタンダードなガステーブルを使いたい、という方におすすめです。魚焼きグリルが水無しでも使用可能で、引き出しをスムーズに開けられる設計になっています。本体はガラス質のコーティングが施されており、汚れが落ちやすく傷つきにくい設計になっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値23,222円(税込)

この商品の特徴

安全性に優れたガステーブルをお探しの方はにおすすめです。焦げ付きを抑える機能、揚げ物温度を自動調節する機能など。安全装置が充実しています。コンロの消し忘れ時間消化時間の短縮まで行えます。本体はホーロートップで熱や傷に強くなっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

安全性に優れたガステーブルをお探しの方はにおすすめです。焦げ付きを抑える機能、揚げ物温度を自動調節する機能など。安全装置が充実しています。コンロの消し忘れ時間消化時間の短縮まで行えます。本体はホーロートップで熱や傷に強くなっています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値27,614円(税込)

この商品の特徴

290℃の高温調理が可能ですが、てんぷらなどのときには250℃に達すると、自動で火力を制御して火が上がるのを防ぎます。早切れを防止したり、消し忘れを感知したりと、シチュエーションに合わせて火の調節をしてくれるので、安心して使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

290℃の高温調理が可能ですが、てんぷらなどのときには250℃に達すると、自動で火力を制御して火が上がるのを防ぎます。早切れを防止したり、消し忘れを感知したりと、シチュエーションに合わせて火の調節をしてくれるので、安心して使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー