ドッペルギャンガーのおすすめ自転車8選!折りたたみ・ロードバイク

クロスバイクやミニベロ、折りたたみ自転車などの車種が揃うのがDOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)の自転車です。軽さやデザインの評価が高いのが特徴です。タイヤのインチ数やハンドル、フレームの形状を比較しながら選ぶことができます。店舗や通販で購入することができ、カスタマイズして自分好みの自転車をつくることもできます。今回は、ドッペルギャンガーの自転車の選び方とおすすめ商品をご紹介します。 

ドッペルギャンガーの自転車の特徴

検討しやすい価格設定

ドッペルギャンガーの自転車は、安定感のある性能に対してリーズナブルな価格設定になっています。手頃でありながら、乗り心地や性能、デザインはこだわり抜かれているのが、ドッペルギャンガーの魅力のひとつです。万が一気に入らない部分があっても、パーツを交換することができます。自己責任にはなるものの、こだわりの自転車を作り上げることができます。

抜群の軽さ

ドッペルギャンガーの自転車のフレームには、軽量なアルミ素材が使われていることが多いです。そのため軽量で衝撃を吸収してくれるというメリットがあり、リーズナブルな価格にもつながっています。ただ軽いだけではなく安定感があり、フレームやタイヤサイズのバリエーションが充実しているので、見た目の良さも兼ね備えているのがポイントです。

安全基準も満たしている

たとえ価格が控えめであっても、安全性がしっかりしていなければ意味がありません。ドッペルギャンガーの自転車は安全基準を満たしています。ただし、初期状態はもちろんパーツを交換した場合のどちらであっても定期的にメンテナンスを行うようにしましょう。

ドッペルギャンガーの自転車の種類

安心の走行性「クロスバイク」

出典:DOPPELGANGER

ドッペルギャンガーのクロスバイクは、走行性の高さはもちろん遊び心のあるデザインに定評があります。ハンドルがストレートタイプなので誰にでも乗りやすく、街乗りや毎日の通勤・通学、サイクリングなどにおすすめです。ドッペルギャンガーのクロスバイクは、インパクトのあるカラーリングやクールでスタイリッシュなデザインなどが揃っています。

軽さにこだわるなら「ミニベロ」

出典:Amazon

ミニベロは、非常に軽くてシンプルなデザインが特徴です。細身のパイプとコンパクトな設計により小回りがきき、軽快な乗り心地です。ちょっとした移動や街乗りなどに適しています。乗らないときはコンパクトに置いておきたい方にもおすすめです。 

個性的なデザイン「BMX」

出典:DOPPELGANGER

競技用自転車であるBMXもドッペルギャンガーでは普段使い仕様になっています。パーツも街乗りができるような構成になっており、ジュニア用もリリースされています。ジャンプなどのトリックはできませんが、BMXの見た目が好きという方の普段の移動手段におすすめです。

携帯性に優れた「折りたたみ自転車」

出典:DOPPELGANGER

ドッペルギャンガーの折りたたみ自転車は携帯性に特化し、安定感も備えているのが特徴です。通勤・通学、買い物などはもちろん、キャンプなどでも気軽に使うことができます。折りたたみ自転車の良さは、どこにでも持ち運べる手軽さにあります。公園やレジャーなど、自転車があると便利だな、と感じるシーンで活躍してくれます。使用しないときには、コンパクトに収納しておくことができます。

ドッペルギャンガーの自転車の主なモデル

折りたたみ自転車の定番「ブラックマックスシリーズ」

ブラックマックスシリーズは、折りたたみ自転車の代表的なモデルです。軽くて扱いやすく、また坂道も問題なく登れます。パラレルツインフレームやロングホイールベースを採用し、余計な装飾がないシンプルなつくりになっています。折りたたむと片手でも持ち運びやすく、車にも積み込みやすいでしょう。好みのカラーを選べるベーシックな商品が豊富です。

半分に折りたためる「バックフリッパーシリーズ」

バックフリッパーシリーズは、折りたたみ自転車に見えないダイヤモンドフレームですが、ボルトをレリーズすることにより半分に折りたためるようになっています。スマートでスタイリッシュなデザインと、安定感のある乗り心地が魅力です。ぱっと見で折りたたみ自転車に見えないものが好みという方におすすめです。

デザイン性の高い「リベロシリーズ」

リベロシリーズは、ロードバイクの中でも個性的なカラーリングやスタイリッシュなデザインが魅力です。アルミフレームを使用しているので、軽くて安定感のある走りができます。変速機能も充実しており、街乗りはもちろん不安定な道も楽に乗ることができるでしょう。

ドッペルギャンガーの自転車の選び方

シーンに合わせて種類を決める

出典:DOPPELGANGER

自転車に乗るシーンは、「たまに近所を走る」「毎日の出勤・通学」「街乗り」「趣味のサイクリング」というように少しだけ乗りたい方がいる一方で、本格的に乗りたい方もいます。折りたたみの必要性やタフさ、荷物入れの有無など、自分にとって必要な機能を思い浮かべると、ぴったりの一台が見つかるはずです。

目的に合う大きさを選ぶ

出典:DOPPELGANGER

自転車を選ぶうえで車体の大きさは重要なポイントです。気になる自転車のタイヤのインチ数やフレームサイズの大きさを確認しましょう。タイヤのサイズは小さいものだと14インチで、折りたたんだときも非常にコンパクトです。小回りがきく扱いやすいものから、安定感と存在感のあるものまで、選択肢が充実しています。走行するシーンや駐輪する状況などを考慮して選んでください。

荷物を積めるかを確認

ドッペルギャンガーの自転車は、荷物入れ付きの自転車もスタイリッシュです。ROADYACHTシリーズは、フレーム部分に荷物を入れられるように設計されています。バッグや買い物袋を入れられ、防犯対策に効果がある位置という点にも注目したいところです。それでも容量が足りない場合やほかのモデルが良い場合は、別売りの前かごをつけることもできます。また、荷物入れは付いていないものの、ドリンクがセットできるボトルゲージがついたものもあります。必要に応じて選んでください。

変速機能もチェックしよう

変速機能は、坂道での走行や加速をしたいときなどに活躍してくれます。ドッペルギャンガーの自転車についている変速機能の有無や変速数は、モデルによって異なります。6段~8段変速はもちろん、14段階変速や21段変速を搭載したものなど様々です。走行する場面をイメージして選んでください。

ハンドルの形状も様々

出典:DOPPELGANGER

ハンドルの形状には「ストレート(フラット)」「セミドロップ」「ドロップ」「ブルホーン」などがあります。ラインナップを見てみると、ストレートハンドルやブルホーンハンドルが採用されていることが多いです。前傾姿勢になるので競技用のイメージが強いドロップハンドルは、長距離ライドに適しています。手が小さい方は、ブレーキレバーが握りやすいブルホーンハンドルもおすすめです。

ブレーキの種類も重要

ブレーキの種類にはベーシックな制動力の「Vブレーキ」や制動力の強い「ディスクブレーキ」、制動力が控えめな「キャリパーブレーキ」などがあります。商品数としてはVブレーキを搭載したものが多く、スムーズな操作ができるのが特徴です。注意したいのは、スピードが出ている状態で制動力が高いブレーキで急に止まると危険だという点です。「スピード感のある走りをしたい」「あまりスピードは出さない」など、どのように乗りたいのかに応じてブレーキの種類を選んでください。

ドッペルギャンガーのおすすめクロスバイク

ドッペルギャンガーのおすすめミニベロ3選

最安値25,240円(税込)

4.33(3件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

ドッペルギャンガーのおすすめBMX

ドッペルギャンガーのおすすめ折りたたみ自転車3選

ロードバイクならこちらもチェック

ドッペルギャンガーのロードバイクは、現在キッズ用のものしか販売されていません。ロードバイクをお探しの方には、他のメーカーやブランドのロードバイクがおすすめです。下記の記事では、ロードバイクの選び方やおすすめ商品、メンテナンス方法などもご紹介しています。ぜひ併せてチェックしてみてください。

まとめ

ドッペルギャンガーの自転車は、各モデルごとに機能やデザインが追求されており、目的に合わせて選ぶことができます。お気に入りの一台をぜひ見つけてください。

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

おすすめ記事