電動自転車のおすすめ3選!通勤や通学にも【2020年版】

電動自転車のおすすめ3選!通勤や通学にも【2020年版】

買い物や通勤通学にも便利な自転車ですが、距離が長かったり、坂道が多い場所だと疲れてしまう方も多いのではないでしょうか。そんなときに活躍してくれるのが「電動自転車」です。高齢者の方にも乗りやすいものや、街乗りに向いたおしゃれなモデルや、子ども乗せタイプなどがあります。バッテリーを充電するだけで使え、電気代も安い場合が多いです。今回はフル電動自転車と電動アシスト自転車の違いや、電動自転車の選び方、人気メーカーである「ヤマハ」「パナソニック」「ブリヂストン」などのおすすめ商品をご紹介します。

電動自転車で運転の疲れを減らしたい

電動自転車で運転の疲れを減らしたい

モーターを搭載して走行する自転車です。モーターなしの普通の自転車に比べて軽い力で走行することができ、坂道も楽に登れます。モーターが搭載されている分、高価で車体が重いことも特徴です。バッテリーの充電にかかる電気代は1回につき10円程度であることが多いです。バッテリーは消耗品なので、数年ごとに買い換える必要があります。

電動自転車の種類

一般的な「電動アシスト自転車」

国内の大手メーカーを中心に販売されている電動自転車の多くは、電動アシスト自転車に分類されます。アシストは時速24キロまで、ペダルを回さないと走ることができないということが特徴です。電動アシスト自転車は時速24キロまでのアシストが可能なので、スポーツバイクのような使い方をせずに、一般的に使う用途としては充分といえます。

走行時に免許が必要な「フル電動自転車」

ペダルを回さなくても、アクセル機能を使って電動走行が可能な自転車をフル電動自転車といいます。自分の力を使わずに進むことができるので、原動機付自転車、すなわちスクーターなどと同じくくりになります。そのため、公道を走るときは免許やヘルメットなども必要で、スクーターや二輪自動車のような扱いになります。自走、アシスト走行、フル電動走行の3つのパターンの切り替えができることが多いですが、車体自体がフル電動自転車に分類されるので、購入時には気をつけてください。

電動自転車の選び方

タイプで選ぶ

普段乗りには「シティサイクルタイプ」

普段乗りには「シティサイクルタイプ」

出典:Amazon.co.jp

買い物や通勤通学に便利なタイプです。比較的重心が高く、タイヤも大きめのサイズを採用している場合が多いです。荷物を入れることを前提に、カゴやライトなどの付属品も充実しています。電動アシスト自転車では人気のある売れ筋ラインです。

長距離も走れる「スポーツタイプ」

長距離も走れる「スポーツタイプ」

出典:Amazon.co.jp

クロスバイクやロードバイクは快適に長距離を走る性能に長けています。スポーツタイプの電動アシスト自転車は、重量は軽めでタイヤも細いのが特徴です。モーターの力を利用して、より遠くを目指すこともできますね。

子どもと一緒なら「子ども乗せタイプ」

子どもと一緒なら「子ども乗せタイプ」

出典:Amazon.co.jp

チャイルドシートはあとから取り付けることもできますが、子どもを乗せる用途で使う人は、はじめからチャイルドシートが装着されているタイプを選ぶと便利です。バランスをとりやすいようにタイヤが小さく、重心が低めに設定されているのと、比較的身長が低い人でも足が地面に着くように設計されています。子どもを乗せる場合は、子ども用のヘルメットも忘れずに購入しましょう。

バッテリー容量の大きさで選ぶ

現在はリチウムイオン電池が主流で、容量も数年前から比べると格段にアップしています。とはいえ、充放電をくりかえすとバッテリー容量も徐々に減ってくるので、できれば容量の多いタイプを選びたいですね。バッテリーの容量は、10Ahから容量の多いものは20Ahくらいまであります。自転車はまだまだ乗れるのにバッテリーが劣化してきたときは、バッテリーのみの交換もできます。

充電時間が短いといつでも乗れる

充電時間が短いといつでも乗れる

充電にかかる時間が長いと、乗りたいときに充電が終わっていない可能性があります。急速充電器がついていると、約2倍も充電時間が削減できるものもあります。

タイヤのサイズは身長に合わせる

タイヤのサイズは身長に合わせる

タイヤのサイズは20インチ〜26インチが主流です。シティサイクルやスポーツタイプは、走破性のよい大きめのタイヤが使われています。同じ商品でも、タイヤサイズが複数あるモデルも登場しているので、乗る人の身長に合わせて選びましょう。子どもを乗せる場合や小柄な人が乗る場合は、操作性がよく重心が低めで安定感がある小さめのタイヤがおすすめです。

車体重量をチェック

通常の自転車に比べると、バッテリーの搭載分や性能上で、どうしても重たくなってしまいます。電動自転車は走っている間は軽快ですが、止まったときの駐車や方向転換は重たい分だけ大変になります。さらにチャイルドシート付きだと、子どもを乗せた分の10数キロの重さも加わってくるので、安全に取り回しができるかどうか確認してから購入しましょう。

シフト切り替えの有無を確認

ペダルの回転をサポートしてくれる機能はありますが、やはり急な坂道などではシフトの切り替えがあると便利です。内装ギアなら、走行中の切り替えもスムーズです。坂が多い場所にお住まいの人は、切り替え付きを選ぶとより快適に乗ることができます。

電動自転車の主なメーカー

YAMAHA(ヤマハ)

YAMAHA(ヤマハ)

出典:Amazon.co.jp

楽器やバイクなどで有名な起業です。1993年に世界ではじめて、普通の自転車として、電動アシスト自転車PASが誕生。ユニットの開発力の強みを活かし、日本の電動アシスト自転車のパイオニア的な企業です。近年では、PASシリーズに加えて、スポーツタイプの電動アシスト自転車にも力を入れています。

Bridgestone(ブリヂストン)

Bridgestone(ブリヂストン)

出典:Amazon.co.jp

自転車の老舗ブランドのブリヂストン。歴史のあるフレームはもちろん、2015年ごろからユニットも自社製を採用しはじめています。ベーシックなモデルはもちろんのこと、雑誌VERYとのコラボし、スタイリッシュなデザインの「HYDEEシリーズ」も人気。豊富なシリーズからお気に入りを見つけることができます。

Panasonic(パナソニック)

Panasonic(パナソニック)

出典:Amazon.co.jp

家電メーカーのイメージが強いパナソニックですが、自転車も50年以上歴史がある老舗ブランドです。自転車メーカーと電気メーカーとして、フレームからユニットまですべての部品を自社供給できる強みがあります。電動アシスト自転車事業では、大手育児用品ブランドのコンビと業務提携し、子育て世代への新しい価値の提供を目指しています。

電動自転車のおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値112,860円(税込)

この商品の特徴

大きくて見やすい液晶スイッチや、乗りやすい低床フレーム、なめらかなこぎ出しやすさなど、初心者にもうれしい機能が満載です。取っ手付きのリアキャリアと軽い力でも立てられるスタンドもうれしいですね。身長や用途に合わせて選べる20型、24型、26型の3サイズ展開です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

大きくて見やすい液晶スイッチや、乗りやすい低床フレーム、なめらかなこぎ出しやすさなど、初心者にもうれしい機能が満載です。取っ手付きのリアキャリアと軽い力でも立てられるスタンドもうれしいですね。身長や用途に合わせて選べる20型、24型、26型の3サイズ展開です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

学生の為の両輪駆動の電動アシスト付き自転車です。1回の充電での走行距離の目安はエコモードなら77km、オートモードなら57km、パワーモードでも41kmと十分な機能をもっています。自宅と学校が遠い、部活で帰りは疲労してしまうといった学生さんにおすすめです。適応身長は148cm以上、タイヤサイズは27インチ、変速段数は内装5段、重さは26.7kgです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

学生の為の両輪駆動の電動アシスト付き自転車です。1回の充電での走行距離の目安はエコモードなら77km、オートモードなら57km、パワーモードでも41kmと十分な機能をもっています。自宅と学校が遠い、部活で帰りは疲労してしまうといった学生さんにおすすめです。適応身長は148cm以上、タイヤサイズは27インチ、変速段数は内装5段、重さは26.7kgです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

走行中にペダルを止める、左ブレーキをかけると、前輪モーターが発電して、自動でバッテリーを充電してくれる電動アシスト付き自転車です。この「走りながら自動充電」で、バッテリー残量が最大28%回復します。充電器の使用回数が減ることで、バッテリーが長持ちします。「ベルトドライブ」でチェーンと違って錆びず、外れる心配もないのでメンテナンスも楽になり、快適な走りが長続きします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

走行中にペダルを止める、左ブレーキをかけると、前輪モーターが発電して、自動でバッテリーを充電してくれる電動アシスト付き自転車です。この「走りながら自動充電」で、バッテリー残量が最大28%回復します。充電器の使用回数が減ることで、バッテリーが長持ちします。「ベルトドライブ」でチェーンと違って錆びず、外れる心配もないのでメンテナンスも楽になり、快適な走りが長続きします。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

軽量な折りたたみ自転車も見てみよう!

車体の重量が軽いと、運転時の疲れがもっと減らせるかもしれません。収納や持ち運びがしやすい折りたたみ自転車も、チェックしてみてください。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー