【2021年版】マウンテンバイクのおすすめ11選!街乗り向けも

【2021年版】マウンテンバイクのおすすめ11選!街乗り向けも

マウンテンバイクは、山道や未舗装のオフロードなどをスムーズに走行できる自転車です。路面からの衝撃を吸収するサスペンション搭載のタイプは段差にも強いので、街乗りや通勤・通学用にもおすすめです。サスペンションは、初心者向けの前だけについた「ハードテイル」と、前後についた「フルサスペンション(フルサス)」の2種類があり、それぞれ衝撃吸収力が異なります。タイヤの種類やフレームの素材、ブレーキのタイプ、26インチや29インチといったホイールのサイズによっても走行性が変化します。なかには、子ども向けの小型タイプ、泥除けつき、折りたたみ式、おしゃれでかっこいいデザインの商品もあります。今回は、マウンテンバイクの選び方とメーカー別の特徴、おすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

マウンテンバイクとは

マウンテンバイクとは

出典:Amazon.co.jp

マウンテンバイク(MTB)とは、傾斜のきつい山道、ぬかるんだ道なども、安定して走行できる自転車です。本体に搭載されているサスペンションが、走行中の凹凸による衝撃を吸収する構造になっています。路面の状態が悪い道でも快適に走行できるため、手やお尻が痛くなりにくいのがメリットです。凹凸の激しい未舗装のオフロード、山道などを走行する「トレルライド」や、趣味のサイクリング、本格的な自転車レースなど、様々な用途で楽しめる自転車です。

マウンテンバイクの種類

初心者でも扱いやすい「ハードテイル」

初心者でも扱いやすい「ハードテイル」

出典:Amazon.co.jp

ハードテイルのマウンテンバイクは、フロントにのみサスペンションを搭載しています。リアにサスペンションがないためパーツが少なく、フレームが強固で故障しにくいのが特徴です。また、本体が軽量なので、山道を登るときや、長距離のトレルライドの際に疲れにくいのもメリットです。構造がシンプルなため、フルサスペンションよりも低価格帯で手に入り、初心者の入門用にもおすすめです。街中の段差にもしっかり対応できるので、通勤通学用や、街乗り用にも適しています。

山道でもコントロールしやすい「フルサスペンション」

山道でもコントロールしやすい「フルサスペンション」

出典:Amazon.co.jp

フルサスペンション(フルサス)のマウンテンバイクは、本体の前後にサスペンションを搭載しており、ハードテイルよりパーツが多いため、本体の重量は重めです。前後のサスペンションでしっかりと衝撃を吸収するため、凹凸の激しい道や、段差を通るときもタイヤが地面から離れにくく、車体をコントロールしやすいのがメリットです。ただし、内部の構造が複雑なので、価格帯は高めです。可動パーツが多く、メンテナンスにも手間がかかるため、車体の扱いに慣れた上級者におすすめです。

マウンテンバイクの選び方

フレームの素材で選ぶ

軽量でサビにも強いアルミフレーム

軽量でサビにも強いアルミフレーム

出典:www.giant.co.jp

アルミフレームのマウンテンバイクは、軽量で耐久性が高いのが特徴です。マウンテンバイクのフレームには、アルミニウムに他の金属を混ぜ、強度を高めたアルミ合金が主に使われています。強度と、柔軟性、乗り心地のバランスが良く、カーボンフレームよりも、コストを抑えて製造できるため、初心者から中級者向けの多くのモデルに採用されています。

耐久性が高いクロモリフレーム

耐久性が高いクロモリフレーム

出典:Amazon.co.jp

クロモリフレームのマウンテンバイクは、重量は重めですが、耐久性が極めて高く、アルミやカーボンフレームよりも寿命が長いのがメリットです。クロモリ素材とは、鉄にクロムとモリブデン素材を混ぜた、極めて強度が高い素材で、他の素材ではフレームが破損してしまうような強い衝撃にも耐えられます。ただし、雨に当たったあとにそのまま放置していると、腐食やサビが生じやすいため、保管場所には注意が必要です。

快適な乗り心地のカーボンフレーム

快適な乗り心地のカーボンフレーム

出典:Amazon.co.jp

カーボンフレームのマウンテンバイクは、アルミフレームよりも価格帯が高めですが、軽量で柔軟性に優れており、衝撃吸収性が高くて乗り心地が良いのがメリットです。走行時の快適性や速さを追求したい上級者の方、長距離の走行が多い方などにおすすめです。乗り心地が良い反面、衝撃に弱いのが欠点で、強い衝撃や転倒によってフレームが破損するだけでなく、折れてしまうリスクもあります。マウンテンバイクの走行に慣れた、中・上級者の方におすすめです。

ホイールサイズで選ぶ

マウンテンバイクのホイールは、26インチ、27.5インチ、29インチの3種類が定番です。ホイールは、数字が大きいものほど径が大きくなり、凸凹面が楽に乗り越えられ、速いスピードで安定した走行ができます。一方で、急な動きへの対応が難しく、細かいコーナーアクションなどは苦手です。ホイールのサイズごとの特徴と、自分の身長にあわせたサイズを選びましょう。

  特徴 おすすめの使用シーン 推奨身長(目安)
26インチ 小回りが利き、細かいアクションが可能 街乗り・ダートジャンプ 150~160cm
27.5インチ 軽快に操作ができる トレルライド・ファンライド 160~170cm
29インチ 安定感と速さが両立できる 競技用 170cm以上

タイヤのタイプで選ぶ

衝撃を吸収しやすいブロックタイヤ

衝撃を吸収しやすいブロックタイヤ

出典:Amazon.co.jp

ブロックタイヤのマウンテンバイクは、タイヤの表面にブロック型の凹凸が施されています。表面の凹凸が路面に密着するため、未舗装のオフロードや、岩場、ぬかるんだ道などを走行するときも、コントロール性に優れているのがメリットです。一方で、オフロードでの走行を想定した設計なので、舗装面での走行はスピードが出にくく、表面が劣化しやすいです。

速度が出やすいセンターリッジタイヤ

速度が出やすいセンターリッジタイヤ

出典:Amazon.co.jp

センターリッジタイヤのマウンテンバイクは、ブロックタイヤよりグリップ力は低めですが、舗装面でもスピードが出やすいのがメリットです。オフロードと舗装面の両方で、バランス良く安定した走行ができるので、街乗りから山道の走行まで幅広く対応できます。タイヤにスピードが乗りやすいので、長距離の走行用にもおすすめです。ただし、ぬかるんだ路面や、コーナー走行には適していないため、本格的なトレイル以外での使用が適しています。

軽やかな乗り心地のセミスリックタイヤ

セミスリックタイヤのマウンテンバイクは、両サイドがブロックタイヤ、中央がスリックタイヤのような形状になっており、両方のタイヤの良さを取り入れた走行が可能です。舗装路面では、軽いペダリングで安定した走行ができ、スリックタイヤが適していない砂利道や濡れた路面など、悪路でも走りやすいのがメリットです。ただし、衝撃吸収力がブロックタイヤより劣るため、岩場やぬかるんだ道では、転倒してしまう可能性もあります。舗装路面での使用がメインの方におすすめです。

長距離走行でも疲れにくいスリックタイヤ

長距離走行でも疲れにくいスリックタイヤ

出典:Amazon.co.jp

スリックタイヤのマウンテンバイクは、ペダリングが軽いので、長距離走行時に疲れにくいのがメリットです。直進走行の安定性が高いため、通勤や通学、街乗りなど、舗装道路の走行がメインの方にもおすすめです。舗装道路での走行を想定した設計のため、オフロードや砂利道、濡れた路面、ぬかるんだ道などの走行用には不向きです。また、タイヤに空気を入れ過ぎると、地面からの衝撃を受けやすくなり、段差で滑りやすくなるため注意が必要です。

ブレーキのタイプで選ぶ

制動力の高いディスクブレーキ

制動力の高いディスクブレーキ

出典:Amazon.co.jp

ディスクブレーキのマウンテンバイクは、泥や雪の影響を受けにくく、悪天候の日や、路面の悪い道を走行するときでも、高い制動力が発揮できるため、ブレーキがかけやすいのがメリットです。油圧式と機械式の2種類があり、いずれも高い制動力があります。油圧式はオイルの力でブレーキの制御力を伝えるので、軽い力でブレーキがかかります。機械式は、ワイヤーで制動力を伝えるため、ワイヤーを交換するだけで、簡単にメンテナンスできるのがメリットです。

メンテナンスが簡単なVブレーキ

メンテナンスが簡単なVブレーキ

出典:Amazon.co.jp

Vブレーキのマウンテンバイクは、少ない力で高い制動力が得られるのが特徴で、タイヤとブレーキの間隔が広いため、太めのタイヤにも取り付けやすいことから、マウンテンバイクに多く採用されています。ディスクブレーキよりも雪や泥に弱く、ブレーキのゴムが消耗しやすいのが欠点ですが、構造がシンプルでメンテナンスが楽なので、初心者にも扱いやすいブレーキです。

用途にあわせて選ぶ

街乗り用にはハードテイルタイプがおすすめ

街乗り用にはハードテイルタイプがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

街乗り用のマウンテンバイクは、街中の段差にも十分対応できる、ハードテイルタイプがおすすめです。フルサスペンションタイプよりも低価格帯で展開されており、手軽に取り入れやすいです。街乗り中は、曲がり角の走行が多いため、小回りが利きやすい27.5インチ以下のホイールがおすすめです。また、歩道用の自転車は、道路交通法によって幅が60cm以下に制限されているため、ハンドルの長さも事前に確認しておきましょう。

トレイル用にはフルサスペンションタイプがおすすめ

トレイル用のマウンテンバイクには、激しい凹凸道の衝撃に強い、フルサスペンションタイプがおすすめです。ハンドルの長さは、凸凹道でも車体がコントロールしやすい幅広タイプがおすすめです。幅広のハンドルは、スピードが出た状態でも車体のバランスがとりやすく、自転車の操作がしやすいのがメリットです。難易度が高い本格的なトレイルコースの走行時に、自転車を抑えこみながら、安定した操作ができるのも特徴です。

マウンテンバイクのメーカー別の特徴

「ジャイアント(GIANT)」はラインナップが豊富

ジャイアントのマウンテンバイクは、街乗り向けのエントリーモデルから、トレイル競技向けの本格モデル、子ども用、電動アシスト機能付き、超軽量で高い剛性のカーボンフレームなどラインナップが豊富です。高性能な車体を、低価格帯で展開しており、世界のマウンテンバイク市場で高いシェアを誇っています。

「トレック(TREK)」はアフターサポートも充実

トレックのマウンテンバイクは、アメリカが定める高い安全基準をクリアするだけでなく、厳しい自社テストも行っており、安全性の高さに定評があります。街乗り向けのエントリーモデルから、レース用の入門モデル、超高速レース向けの上級モデルまで、全ての車体が丈夫で耐久性が高く、アフタサポートも充実しています。長く愛用できるマウンテンバイクがほしい方におすすめです。

「ジーティー(GT)」は本格的なモデルも揃っている

ジーティーのマウンテンバイクは、趣味で山道や悪路を楽しみたい方向けの「トレイル」や、ダウンヒル、エンデューロなどの競技に特化した「ダウンヒル」「エンデューロ」、クロスカントリーなど本格的なレース仕様の「クロスカントリー」など、ライディングの用途にあわせたモデルが豊富に展開されています。一部のモデルはプロからスポーツまで、5段階のグレードがあり、街乗りや本格的なクロスカントリーなどの用途や、乗る人のレベルにあわせて選べます。

「ビアンキ(Bianchi)」は個性的なカラーが魅力

ビアンキのマウンテンバイクは、美しい空色カラー「チェレステ」を使ったモデルを多く展開しており、性能だけでなく見た目にもこだわりたい方におすすめです。入門者向けのKUMA(クマ)シリーズは、Vブレーキ採用の街乗りモデル、ワンランク上のディスクブレーキモデル、レースにも耐えられる油圧式ディスクブレーキ採用モデル、10段変速付きのスポーツ仕様、小回りが利きやすい26インチモデルなど、幅広いモデルの展開があり、用途にあったものが探せます。

【ハードテイル】マウンテンバイクのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

山道での衝撃を吸収できるサスペンションを搭載

軽量で耐久性の高いアルミフレームを採用した、マウンテンバイクです。大口径の29インチで、スピードが乗りやすく、走行時の安定感もあります。フロントにサスペンション搭載で、凸凹道や山道の走行時に、衝撃を吸収して安定した走行ができます。街乗りなど平地での走行時は、サスペンションをロックして、車体の沈み込みを抑えることもできます。厚みのある流線型のスポーツサドル採用で、お尻が痛くなりにくいのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

山道での衝撃を吸収できるサスペンションを搭載

軽量で耐久性の高いアルミフレームを採用した、マウンテンバイクです。大口径の29インチで、スピードが乗りやすく、走行時の安定感もあります。フロントにサスペンション搭載で、凸凹道や山道の走行時に、衝撃を吸収して安定した走行ができます。街乗りなど平地での走行時は、サスペンションをロックして、車体の沈み込みを抑えることもできます。厚みのある流線型のスポーツサドル採用で、お尻が痛くなりにくいのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

小回りがききやすく街中での走行におすすめ

小回りが利きやすい、26インチのマウンテンバイクです。グリップ力の高いブロックタイヤ、雨や雪の日でもブレーキが利きやすいディスクブレーキを採用し、どんな天候の日でも快適に走行できます。フロントにサスペンション付属で、街中での段差や溝もスムーズに走行できます。街乗りや、通勤・通学用におすすめです。坂道の登り降りや、未舗装のオフロード、平地など路面にあわせて24段階の変速切り替えが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

小回りがききやすく街中での走行におすすめ

小回りが利きやすい、26インチのマウンテンバイクです。グリップ力の高いブロックタイヤ、雨や雪の日でもブレーキが利きやすいディスクブレーキを採用し、どんな天候の日でも快適に走行できます。フロントにサスペンション付属で、街中での段差や溝もスムーズに走行できます。街乗りや、通勤・通学用におすすめです。坂道の登り降りや、未舗装のオフロード、平地など路面にあわせて24段階の変速切り替えが可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

制動力の高いブレーキで悪天候での走行をサポートする

前後にディスクブレーキを採用した、ブレーキが利きやすいマウンテンバイクです。ブレーキの制動力が高く、泥や雨で濡れた路面でも、強力にブレーキが作動するため、悪天候や悪路下での安全走行をサポートします。グリップ力が高いブロックタイヤを採用し、フロントには、衝撃を吸収するサスペンションを付属することで、段差でもタイヤが離れにくく、安定した走行を実現しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

制動力の高いブレーキで悪天候での走行をサポートする

前後にディスクブレーキを採用した、ブレーキが利きやすいマウンテンバイクです。ブレーキの制動力が高く、泥や雨で濡れた路面でも、強力にブレーキが作動するため、悪天候や悪路下での安全走行をサポートします。グリップ力が高いブロックタイヤを採用し、フロントには、衝撃を吸収するサスペンションを付属することで、段差でもタイヤが離れにくく、安定した走行を実現しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

道の状況にあわせて調整できる21段階の変速機能搭載

アルミフレームを採用した、軽量で丈夫なマウンテンバイクです。フロントにサスペンションが入っており、凸凹道や、雨で濡れた路面など、様々な路面で快適な走行ができます。前後には、制動力が高いディスクブレーキを採用しており、雨や雪の日でもブレーキがしっかり作動します。21段階の変速機能搭載で、登り坂や下り坂、じゃり道、平地など、状況に合わせてペダルの重さが調整できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

道の状況にあわせて調整できる21段階の変速機能搭載

アルミフレームを採用した、軽量で丈夫なマウンテンバイクです。フロントにサスペンションが入っており、凸凹道や、雨で濡れた路面など、様々な路面で快適な走行ができます。前後には、制動力が高いディスクブレーキを採用しており、雨や雪の日でもブレーキがしっかり作動します。21段階の変速機能搭載で、登り坂や下り坂、じゃり道、平地など、状況に合わせてペダルの重さが調整できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

ハンドルやペダルにも軽量なアルミ素材を採用

アルミ製の強度の高いフレームを採用した、軽くて乗りやすいマウンテンバイクです。小学校高学年くらいから大人まで、幅広い年代の方におすすめです。フレームだけでなく、ハンドルやペダルにも軽量なアルミ素材を採用しています。前後に制動力が高いディスクブレーキを採用しており、雨の日でも軽い力でしっかりブレーキがかかります。サドルの調整が、力を入れずシートピンで簡単にできるので、年配の方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ハンドルやペダルにも軽量なアルミ素材を採用

アルミ製の強度の高いフレームを採用した、軽くて乗りやすいマウンテンバイクです。小学校高学年くらいから大人まで、幅広い年代の方におすすめです。フレームだけでなく、ハンドルやペダルにも軽量なアルミ素材を採用しています。前後に制動力が高いディスクブレーキを採用しており、雨の日でも軽い力でしっかりブレーキがかかります。サドルの調整が、力を入れずシートピンで簡単にできるので、年配の方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【フルサスペンション】マウンテンバイクのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

凸凹の多い道でも安定して走行できるフルサスペンションタイプ

フェラーリ製の超軽量カーボンフレームを採用した、軽くて乗り心地の良いマウンテンバイクです。前後にサスペンションが入ったフルサスペンションタイプで、凹凸の多い未舗装のオフロードや、山道の走行時も、タイヤが離れにくく、走行が安定します。前後のタイヤには、制動力が高いディスクブレーキを採用し、スピードが乗った状態や、雨天のときでも、軽い力でブレーキがしっかり作動します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

凸凹の多い道でも安定して走行できるフルサスペンションタイプ

フェラーリ製の超軽量カーボンフレームを採用した、軽くて乗り心地の良いマウンテンバイクです。前後にサスペンションが入ったフルサスペンションタイプで、凹凸の多い未舗装のオフロードや、山道の走行時も、タイヤが離れにくく、走行が安定します。前後のタイヤには、制動力が高いディスクブレーキを採用し、スピードが乗った状態や、雨天のときでも、軽い力でブレーキがしっかり作動します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

疲れにくいフルサスペンション採用で通勤通学にもおすすめ

フロントとリアの両方にサスペンションがついた、フルサスペンションタイプのマウンテンバイクです。2つのサスペンションが、凸凹道や山道を走行時の衝撃をやわらげてくれるので、悪路でもリズム良く、快適な走行ができます。21段階の変速機能付きで、路面状況に応じてギアを切り替え、足の疲労を軽減しながら走行できるので、通勤・通学などで少し長い距離を走りたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

疲れにくいフルサスペンション採用で通勤通学にもおすすめ

フロントとリアの両方にサスペンションがついた、フルサスペンションタイプのマウンテンバイクです。2つのサスペンションが、凸凹道や山道を走行時の衝撃をやわらげてくれるので、悪路でもリズム良く、快適な走行ができます。21段階の変速機能付きで、路面状況に応じてギアを切り替え、足の疲労を軽減しながら走行できるので、通勤・通学などで少し長い距離を走りたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

省スペースで保管できる折りたたみ式

折りたたみ式のマウンテンバイクです。車体を真ん中から2つ折りできるので省スペースで保管でき、車のトランクに入れて運ぶことも可能です。フロントとリアには、サスペンションを搭載しており、段差や凸凹のある道も、快適に走行できます。激しい階段や下り坂でもしっかり作動する、Vブレーキを前後に採用しています。前後に泥除けがついており、通勤・通学途中で急な雨に当たっても、泥はねによる汚れが防げます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

省スペースで保管できる折りたたみ式

折りたたみ式のマウンテンバイクです。車体を真ん中から2つ折りできるので省スペースで保管でき、車のトランクに入れて運ぶことも可能です。フロントとリアには、サスペンションを搭載しており、段差や凸凹のある道も、快適に走行できます。激しい階段や下り坂でもしっかり作動する、Vブレーキを前後に採用しています。前後に泥除けがついており、通勤・通学途中で急な雨に当たっても、泥はねによる汚れが防げます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

小回りがきいて街中での走行がしやすいマウンテンバイク

街乗り、通勤・通学用におすすめの小回りが利きやすい、26インチのマウンテンバイクです。フロントとリアにダブルサスペンション搭載で、街中の段差や溝なども、つかえずスムーズに走行できます。ハンドルの左右には、グリップ式の変速機能がついており、ハンドルを握ったまま18段階の変速切り替えが可能です。サドルやフレーム、ヘッドに、シボレーのおしゃれなロゴやエンブレムが入っており、見た目もおしゃれです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

小回りがきいて街中での走行がしやすいマウンテンバイク

街乗り、通勤・通学用におすすめの小回りが利きやすい、26インチのマウンテンバイクです。フロントとリアにダブルサスペンション搭載で、街中の段差や溝なども、つかえずスムーズに走行できます。ハンドルの左右には、グリップ式の変速機能がついており、ハンドルを握ったまま18段階の変速切り替えが可能です。サドルやフレーム、ヘッドに、シボレーのおしゃれなロゴやエンブレムが入っており、見た目もおしゃれです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

持ち運びやすく場所を取らない小型サイズ

持ち運びやすい、折りたたみ式のコンパクトなマウンテンバイクです。一般的な自転車よりも小型の20インチサイズなので、子どもや小柄な方に向いています。フロントとリアにサスペンションを搭載しており、路面の状態や天候などに合わせて、衝撃を吸収し快適に走行できます。サスペンションの強さは、好みにあわせて調整可能です。セミスリックタイヤを採用しており、舗装面でもスピードが出ます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

持ち運びやすく場所を取らない小型サイズ

持ち運びやすい、折りたたみ式のコンパクトなマウンテンバイクです。一般的な自転車よりも小型の20インチサイズなので、子どもや小柄な方に向いています。フロントとリアにサスペンションを搭載しており、路面の状態や天候などに合わせて、衝撃を吸収し快適に走行できます。サスペンションの強さは、好みにあわせて調整可能です。セミスリックタイヤを採用しており、舗装面でもスピードが出ます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

路面からの衝撃を緩和してくれるサスペンションを搭載

収納しやすい折りたたみ式のマウンテンバイクです。前後にY字型のサスペンションを搭載しており、路面からの衝撃を緩和して、悪路でも快適に走れます。車体の前後には、泥よけのフェンダーもついており、雨の日や、泥道の走行時に、泥ハネによる衣類の汚れが防げます。グリップシフター採用で、ハンドルを握ったまま6段階の変速切り替えができるのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

路面からの衝撃を緩和してくれるサスペンションを搭載

収納しやすい折りたたみ式のマウンテンバイクです。前後にY字型のサスペンションを搭載しており、路面からの衝撃を緩和して、悪路でも快適に走れます。車体の前後には、泥よけのフェンダーもついており、雨の日や、泥道の走行時に、泥ハネによる衣類の汚れが防げます。グリップシフター採用で、ハンドルを握ったまま6段階の変速切り替えができるのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

自転車のメンテナンス用品もチェック

普段のメンテナンスに使用する自転車空気入れや、チェーンの回転をスムーズにする自転車用チェーンオイルもおすすめです。それぞれの選び方とおすすめ商品を紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

マウンテンバイクのおすすめ商品比較表

商品画像
オフロードマウンテンバイク
26インチ マウンテンバイク
マウンテンバイク
マウンテンバイク ATTITUDE
マウンテンバイク
マウンテンバイク レッド
フルサスペンション
26インチ 折りたたみ マウンテンバイク
CHEVY
20インチ 折りたたみ自転車
マウンテンバイク
メーカーパンサーカノーバーネクスタイルアニマート21テクノロジーフェラーリハマーレイチェルジェネラルモーターズアイジュオオトモ
商品名オフロードマウンテンバイク26インチ マウンテンバイクマウンテンバイクマウンテンバイク ATTITUDEマウンテンバイクマウンテンバイク レッドフルサスペンション26インチ 折りたたみ マウンテンバイクシボレー CHEVY20インチ 折りたたみ自転車マウンテンバイク
価格
Amazon46,900円(税込)
Amazon28,859円(税込)
楽天市場21,582円(税込)
Amazon29,800円(税込)
Amazon29,980円(税込)
Amazon296,384円(税込)
Amazon26,240円(税込)
楽天市場17,800円(税込)
楽天市場34,010円(税込)
Amazon14,880円(税込)
Amazon18,500円(税込)
販売サイト
この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事