サイクルグローブのおすすめ10選!夏にも冬にも使える

サイクルグローブのおすすめ10選!夏にも冬にも使える

サイクルグローブとは、自転車に乗るときにつける手袋です。ロードバイクなどをこれから楽しむ方にとってはまず最初に必要と感じるものです。今回は「サイクルグローブの選び方」についてご紹介します。夏用、冬用、ハーフフィンガー、フルフィンガーなど、知っておくと選びやすくなるポイントについても解説します。おしゃれなモンベルなどのメーカー商品や、レディース用商品もたくさんご紹介しています。

サイクリング中の防寒やケガの防止に

サイクリング中の防寒やケガの防止に

サイクリングやロードレースをする方にとって、ヘルメットやサングラス、ドリンクホルダーに並んで大切なアイテムが「サイクルグローブ」です。自宅の周りを少し走ったり、買い物などにいくための日常使いでは、手袋は主に防寒や日焼け防止として使われています。しかし野山を走るサイクリングや、荒い道を走るロードレースで使うサイクルグローブは防寒や日焼け防止以外に、ケガの防止としても使われます。

サイクリングやロードレースでは自転車が受ける衝撃が強く、素手でハンドルを握っていると滑ったり握力が弱くなりがちです。そうすると自転車の操作が甘くなり転倒することになります。また、転倒したときに素手だと手の平や手の甲をすりむいてケガもします。サイクルグローブをしていることで転倒しにくく、ケガも最小限に抑えられるということです。

サイクルグローブのメリット

サイクルグローブのメリット

寒さ・暑さ対策として欠かせない

寒い日に自転車に乗っていると、冷たい風を受けて手先がとっても冷たくなったという経験をした方は多いでしょう。サイクルグローブは防寒性があるので、冷たい風を受けても手先が冷たくなりません。また、暑い季節気になるのは日焼けです。サイクルグローブを付けていないと手が日焼けしてしまいます。さらには暑い日にサイクルグローブを付けることで、直射日光が手に当たらないので体感する暑さを少し軽減することもできます。

安全の確保としての役割も

サイクリングやロードレースで自転車に乗ると、地面からの衝撃がハンドルを握っている手の平に集中しやすくなります。そうすると手の皮がむけてしまい、痛みが出やすくなります。手の平に痛みを感じるとグリップする力が弱くなるので、操作を誤りやすくもなります。また、サイクルグローブを付けていれば万が一転倒したときも手にケガをしにくくなり、長時間ハンドルを握っていても疲れにくく、思うようなハンドル操作を持続しやすくもなります。

滑り止めによって確かなハンドリングができる

自転車に乗っている間は、微妙な振動が常に体に伝わっています。そのため長時間乗っていると手先がしびれやすく、握力が弱まります。サイクルグローブを付けていれば、少しの力でしっかりとハンドルをグリップできるので手が滑ることがありません。また、自転車が石などを踏んで急な衝撃を受けても、サイクルグローブをしていれば手が滑りにくく転倒も防ぎやすくなります。

サイクルグローブの選び方

グローブの指部分をチェック

グローブの指部分をチェック

サイクルグローブは指部分の長さを選ぶことができます。指の長さによって使い勝手が変わることもあるので、よく検討しておきましょう。

細かい作業がしやすい「ハーフフィンガー」

ハーフフィンガーとは、指先が切れているグローブのことです。指の第二関節または第一関節と、第二関節の中間ほどから先の指が出ます。指先が出ることでスマホの操作や繊細な作業がしやすくなります。主に温かい季節に使われ、サイクルグローブをグリップ力向上のために使う方に人気のタイプです。

指先までしっかりガードする「フルフィンガー」

フルフィンガーとは通常の手袋のように、指先まで包まれているタイプのグローブです。指先まで温かく、日差しが強くても日焼けしません。転倒しても指先まで守られているので、すりむいたり、爪をケガすることも少なく、グローブの性能によっては突き指などもしにくくなります。フルフィンガーは手が小さく指が長い方にはサイズが合いにくい場合もありますが、その場合は伸縮性の高い生地が使われているものなどがおすすめです。

素材は主に3種類

サイクルグローブの素材は主に3つあります。それぞれに優れた特徴があるので、自分が求めている特徴を持っている素材を選びましょう。

手になじみやすい「合成皮革」

合成皮革は、手になじみやすく伸縮性があります。保温性も高いので、寒い季節の防寒にも使えて便利です。商品によって価格は高いこともありますが、耐久性が高いので長く使うことができます。雨などの水分に弱いので、天気の良い日の使用がおすすめです。

水や摩擦に強い「ポリエステル」

ポリエステル素材のサイクルグローブは、耐熱性が高く強度もあります。摩擦熱に強いのでサイクルグローブを使う頻度が高い方に人気です。水にも強いのでこまめに洗いたい方にもおすすめです。ナイロンに比べるとやや蒸れやすいので、肌寒い季節の使用に向いています。

吸水性の高い「ナイロン」

ナイロン素材のサイクルグローブは、吸水性や吸湿性に優れています。そのため夏場など、汗をかきやすい季節にもおすすめです。素材自体がとても軽いので、付け心地が良いと言われています。ポリエステルに比べると耐熱性は低いので、摩擦熱ですり切れやすく、使う頻度が高い方はコンスタントに交換しているようです。

手の大きさに合うものを

自分の手の大きさに合ったものを選ぶようにします。サイクルグローブは大きくても小さくても正しく使うことができません。手や指先はとても繊細な動きをする部位なので、サイズが合わないサイクルグローブを付けると、手先が動かしにくくなります。手に装着したときにぴったりとフィットする感覚があり、手の平を握ったり広げたりしたときにしっくりと来る感覚を基準に選びましょう。

自分好みのデザイン

サイクルグローブはファッション性の高いものが多く、好みのデザインを見つけやすくなっています。形にはさほど違いがありませんが、カラーや模様で自分らしさをアピールするのも楽しいですね。シンプルなワンカラーのものや、何色も使ったカラフルなものまで、さまざまなデザインがあります。

いつ使うかによって選ぶ

サイクルグローブは使う季節や時間帯、状況などによって使い分けます。

「夏」はUVカットや汗拭き機能が便利

暑い夏に使うサイクルグローブは「UVカット加工」や「汗拭き機能」があるものが便利です。UVカット加工がされていれば日焼けを防ぐことができますし、製品によっては暑さを感じにくい加工がされているものもあります。汗をかいても不快ではない、サラサラとした裏地がついているものなども人気です。汗拭き加工がされているサイクルグローブは、自転車に乗って走りながら額などの汗を拭けるようになっています。主に、サイクルグローブの親指部分などが吸水性の高いタオル生地などになっていて、手の甲で汗を拭うようにして使います。

「冬」は裏起毛であたたかい

寒い冬に使うサイクルグローブは、防寒性が高いものがおすすめです。特に、寒さ対策がされているサイクルグローブは「裏起毛」になっています。手の平や手の甲、指先まで裏が起毛になっていると、冷たい風に当たり続けても手が冷えにくくなります。寒さで手がかじかむと手が上手く動かせず、自転車の操作を誤る原因となることもあるので、安全性のためにも冬は冬用のサイクルグローブを使った方が良いでしょう。

また、最近ではサイクルグローブにバッテリーが搭載されていて、ヒーターの力でグローブの中を温めてくれるものもあります。通常のサイクルグローブに比べるとやや高く、重さもありますが、特に寒い地域で使用するのであれば検討してみても良いかもしれません。

「雨」の日は撥水加工で快適に

サイクリングやロードレースの最中に雨が降り出したときは「撥水加工」がされているサイクルグローブが便利で安全です。雨に濡れると自転車のグリップは滑りやすくなるので、普通のサイクルグローブだと転倒の原因になることもあります。撥水加工がされているサイクルグローブなら、雨が降っても滑りにくく設計されています。サイクリング時の荷物の中に雨用のサイクルグローブを一つ入れておくと安心ですね。

「夜間」は安全のために反射板つきも

夜のサイクリングやロードレースで危険なのは、人や車との接触です。暗い中でも、自分の存在を相手に知らせるための反射板が付いているものが安心です。手袋の甲の部分や手首近くに反射板が付いているものが多く販売されているので、夜間の使用予定がある場合は準備しておいた方が良いでしょう。

パッドと滑り止めがついているか

サイクルグローブの中には、パッドや滑り止めがついているものとそうでないものがあります。当然パッドも滑り止めも付いているものの方が安全で、使いやすいです。パッドと滑り止めは付いている位置も大事なので、あらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

「位置」は手の弱いところについているか

パッドが必要な位置は、指の下と親指の付け根です。最低限でもこの2ヶ所にはパッドや滑り止めがついているものを選びましょう。サイクルグローブを滑り止めとしてだけ使うのであればパッドが入っていなくても良いですが、パッドが入っていることで力を入れやすくなり、結果滑りにくくなるということもあります。

「量」は充分につけられているか

パッドや滑り止めは、多い方が快適に使えます。販売されているサイクルグローブでパッドや滑り止めが多すぎるということはほとんどありません。軽いサイクリングや、日常使いをしたい場合はパッドが少なめの方が着脱しやすいこともあります。

あると便利な機能

パッドや滑り止めには、見ただけではわからない機能を備えているものもあります。特にパッドは、3次元衝撃吸収パッドが使われているものが人気です。3次元衝撃吸収パッドとは、立体的なパッドで衝撃をあらゆる方向に分散して衝撃を和らげます。荒い道を走るロードレースなどでも使われているタイプです。滑り止めに関しては、雨などに濡れても滑り止め性能が落ちないものが良いでしょう。

スマホ対応かどうか

自転車に乗っているときでも電話やメール、マップの確認などでスマホを使うという方も多いでしょう。フルフィンガータイプを使うのであれば、スマホ対応のものが便利です。手袋モードなどが付いているスマホであれば、普通の手袋でも使うことはできますが、精度を求めるならスマホ対応のグローブにしましょう。

サイクルグローブのおすすめ10選

フルフィンガー

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,480円(税込)
3.96(24件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,800円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,272円(税込)
3.80(61件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値899円(税込)
4.10(63件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,898円(税込)
3.80(42件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ハーフフィンガー

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,580円(税込)
3.70(242件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,498円(税込)
4.20(515件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,898円(税込)
3.80(105件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,596円(税込)
4.10(16件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値4,675円(税込)
5.00(1件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー