手動鉛筆削りのおすすめ10選!筆箱に入るコンパクトサイズも

手動鉛筆削りのおすすめ10選!筆箱に入るコンパクトサイズも

鉛筆や色鉛筆を使う方にとって、鉛筆削りは欠かせないアイテムです。また、大人も子どもも使用するものなので、使い方も簡単で、安全性の高いものが必要です。カール事務器やソニック、無印良品などから様々な手動鉛筆削りが販売されていて、プレゼントにも適した製品や、筆箱に入るミニサイズ、安全性に配慮された製品などがあります。今回は、手動鉛筆削りの選び方や、おすすめの商品を紹介します。

鉛筆削りの種類

長く使える手動鉛筆削り

長く使える手動鉛筆削り

出典:Amazon.co.jp

手動鉛筆削りとは、自分の手でハンドルを回すことによって鉛筆を削る鉛筆削りです。電気を使用しない分、構造がシンプルで故障の心配も少なく、低価格でありながら1台購入すれば長い期間使用することができます。また電源も必要ないため、節電にも繋がり、置く場所を選ばず、気軽に使用することができます。1度購入すると長く使うことができるので、お気に入りのものを選びましょう。

楽に削れる電動鉛筆削り

楽に削れる電動鉛筆削り

出典:Amazon.co.jp

電動鉛筆削りは、鉛筆を差し込むだけで電気の力で鉛筆を削ることができる鉛筆削りです。そのため大量に鉛筆を削る必要がある方や、とにかく楽に鉛筆を削りたいという方におすすめです。ただし手動タイプと比較すると、削るときの音が大きいことや故障しやすいこと、高価であることなどがデメリットとなります。大きな音が気になる方は、静音タイプを選ぶと良いでしょう。また、鉛筆の芯が詰まると故障の原因になるので、こまめに掃除を行いましょう。

携帯に便利なコンパクトタイプ

携帯に便利なコンパクトタイプ

出典:Amazon.co.jp

筆箱に入れられるコンパクトタイプの鉛筆削りは、携帯に便利です。デッサンをする方やイラストを書く方など、常に鉛筆を持ち歩く方におすすめです。カバーが付いたタイプだと、削りかすを一時的に保管することができるので便利です。

手動鉛筆削りの選び方

便利な機能で選ぶ

削り角調整機能付きで好みの芯に

削り角調整機能付きで好みの芯に

出典:Amazon.co.jp

鉛筆削りの機能の中で、あると便利なもののひとつに、削り上がりの角度や芯の長さを調整できる機能があります。鉛筆はデッサンに使用するのか文字を書くのかや、芯の太さや硬さによって最適な削り方が異なります。削り角調整機能が搭載された鉛筆削りなら、様々な用途にあわせて最適な形に削ることができます。ダイヤルを回すだけの簡単設定で、5段階に調節できる製品などもあります。

チャックレス機構で鉛筆の傷を防ぐ

チャックとは、鉛筆を固定するための部品のことです。手動鉛筆削りを使うと、歯で鉛筆をかじったような跡がつくことがありますが、これはチャックが鉛筆本体に食い込んだ跡です。せっかくお気に入りの鉛筆を使用しているのに、跡がつくと見た目が悪くなってしまいます。チャックレス機構の製品を選べば、鉛筆に傷をつけることなく、鉛筆を削ることができます。また、チャックレス以外にも、ゴム製のチャックを採用した製品なら、鉛筆に傷がつくのを防げます。

小さな子どもにはクランプ付きを

クランプとは、鉛筆削りと机を固定するための器具のことです。手動鉛筆削りは、片手でハンドルをまわし、もう片方の手で鉛筆削りを倒れないように押さえつけておく必要があります。力の弱い子どもにとっては難しく感じることもあるでしょう。鉛筆に削り刃が引っかかると鉛筆削りが転倒し、指を挟んだり、削りかすが飛び散る可能性もあります。力が弱い子どもでも楽に鉛筆削りを使用できるよう、小さな子どもにはクランプつきの製品がおすすめです。

子どもが使う場合は安全設計のものを

鉛筆削りを子どもも使用する場合、安全設計になっているかどうかも確認しておきましょう。手動鉛筆削りは、鉛筆を指し込む際にツマミを引いて鉛筆を固定しますが、子どもの場合指を挟んで怪我をしてしまうかもしれません。製品によっては、手動鉛筆削りでも電動鉛筆削りのように、鉛筆を指すだけで使用できるものもあります。小さな子どもが使用する場合は、安全設計の製品を選ぶと安心です。

ダストケースの容量を確認する

ダストケースの容量を確認する

出典:Amazon.co.jp

ダストケースの容量が小さなものだと、たまった削りかすをこまめに捨てる必要があります。ダストケースの中の削りかすを捨てる際は、削りかすが落ちやすく部屋が汚れる原因となります。できるだけ部屋を汚さないためにも、ダストケースの容量が大きなものを選ぶと良いでしょう。また、ダストケース部分が透明のものや、のぞき穴が付いているものだと削りかすの容量がわかりやすく、あふれる前にゴミ箱に捨てることができます。

デザインで選ぶ

デザインで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

インテリアにこだわりがある方は、デザイン重視で選ぶという方法もあります。鉛筆削りはおしゃれなアイテムとは言い難いイメージがありますが、レトロやアンティーク調のおしゃれな製品も販売されています。また、白一色のスタイリッシュなデザインや、黒一色でクールな印象のものなどもあります。デザイン性に優れた製品でも、機能面も充実している鉛筆削りがたくさんあるので、デザインにこだわりのある方は、気に入る製品を探してみてください。

削りたい鉛筆の形やサイズで選ぶ

一般的な鉛筆の形は丸もしくは六角形ですが、中には形に特徴のある鉛筆もあります。正しい持ち方に導くために三角形につくられたものや、見た目が可愛らしいハート型や星型、トランプのマーク型や、正方形に長方形の鉛筆もあります。これらの鉛筆を使用する場合は、できるだけ多くの形やサイズにあう鉛筆削りを選びましょう。

重さを確認

手動鉛筆削りは、使用する際に本体をしっかりと机に固定する必要があるため、ある程度の重さが必要です。あまりにも軽い製品だと、ハンドルを回す力に押されて倒れやすくなったり、スムーズにハンドルがまわせない可能性もあります。そのため、軽すぎるものではなく、少し重量がある製品がおすすめです。

サイズで選ぶ

サイズで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

手動鉛筆削りの場合、大きな製品といっても邪魔になるほど大きなサイズではなく、あまりにも小さいとダストケースの容量も少なくなり、掃除の手間が増えてしまいます。また、サイズが小さいと、鉛筆削りを使用する際に机に固定しにくくなります。そのため、手動鉛筆削りを選ぶ際は、収納場所との兼ね合いにもよりますが、あまり小さすぎない適度なサイズを選ぶことをおすすめします。

手動鉛筆削りおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

長く使える日本製の鉛筆削りです。削り刃は、特殊鋼でつくられており、シャープな切れ味で、精度と耐久性にも優れています。鉛筆が削り上がるとハンドルが軽くなる、ムダ削り防止機能も付いています。レトロフォルムでコンパクトなので、子どもの新入学祝いなどのプレゼントとしてもおすすめです。

この商品の特徴

長く使える日本製の鉛筆削りです。削り刃は、特殊鋼でつくられており、シャープな切れ味で、精度と耐久性にも優れています。鉛筆が削り上がるとハンドルが軽くなる、ムダ削り防止機能も付いています。レトロフォルムでコンパクトなので、子どもの新入学祝いなどのプレゼントとしてもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

事務用にも、学童用にも適した手動鉛筆削りです。安定感のあるスムーズな鉛筆削りができます。赤を基調とした飽きのこないシンプルなデザインとなっているので、長く使うことがでかます。また、ノック式芯調節機構付で、クランプ(固定用器具)取り付けが可能なので、安全性にも優れた鉛筆削りになっています。

この商品の特徴

事務用にも、学童用にも適した手動鉛筆削りです。安定感のあるスムーズな鉛筆削りができます。赤を基調とした飽きのこないシンプルなデザインとなっているので、長く使うことがでかます。また、ノック式芯調節機構付で、クランプ(固定用器具)取り付けが可能なので、安全性にも優れた鉛筆削りになっています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

スケルトンボディで中の動きが見えるので、子ども心をくすぐる、楽しい手動鉛筆削りです。 従来商品の半分のチカラでハンドルがまわせるので小さい子どもでも楽に使用することができます。誤って落としてもこぼれない、ダストケースのロック機構なので、汚れが気になる方にもおすすめです。また、削りかすの削り口に差し込むだけの簡単な操作で指を挟む心配がありません。

この商品の特徴

スケルトンボディで中の動きが見えるので、子ども心をくすぐる、楽しい手動鉛筆削りです。 従来商品の半分のチカラでハンドルがまわせるので小さい子どもでも楽に使用することができます。誤って落としてもこぼれない、ダストケースのロック機構なので、汚れが気になる方にもおすすめです。また、削りかすの削り口に差し込むだけの簡単な操作で指を挟む心配がありません。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

5段階に芯の長さを変えることができる鉛筆削りです。また、コンパクトなサイズなため、限られたスペースに置く鉛筆削りを探している方にもおすすめです。削り刃は日本製のものを使用しています。また、芯詰まりを取り出せる機能も付いているので、芯が詰まってしまって安心です。鉛筆を固定できるチャックレバーも付いています。

この商品の特徴

5段階に芯の長さを変えることができる鉛筆削りです。また、コンパクトなサイズなため、限られたスペースに置く鉛筆削りを探している方にもおすすめです。削り刃は日本製のものを使用しています。また、芯詰まりを取り出せる機能も付いているので、芯が詰まってしまって安心です。鉛筆を固定できるチャックレバーも付いています。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

鉛筆を差して回すだけなので、指を挟まない安全設計の鉛筆削りです。逆回転で鉛筆を取り出せます。コンパクトなスリムタイプなので、子どもの小さな手でも押さえやすくなっています。芯先調整機構つきなので、芯の太さを変えることができます。また、外形8mmまでの木製鉛筆を削ることができるので、三角鉛筆を削ることも可能です。

この商品の特徴

鉛筆を差して回すだけなので、指を挟まない安全設計の鉛筆削りです。逆回転で鉛筆を取り出せます。コンパクトなスリムタイプなので、子どもの小さな手でも押さえやすくなっています。芯先調整機構つきなので、芯の太さを変えることができます。また、外形8mmまでの木製鉛筆を削ることができるので、三角鉛筆を削ることも可能です。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

耐久性のあるらせん状の刃で、先端を細く長く削ることが可能で、直径8mmまでの鉛筆に最適です。細くシャープに削られた鉛筆ができ上がるので、細かい部分を塗るときや、繊細なニュアンスを加える際に役立ちます。パステルなどの柔らかい芯の鉛筆には使えないので、注意してください。

この商品の特徴

耐久性のあるらせん状の刃で、先端を細く長く削ることが可能で、直径8mmまでの鉛筆に最適です。細くシャープに削られた鉛筆ができ上がるので、細かい部分を塗るときや、繊細なニュアンスを加える際に役立ちます。パステルなどの柔らかい芯の鉛筆には使えないので、注意してください。

出典:www.muji.net

この商品の特徴

シンプルな手動式の鉛筆削りです。白一色でスタイリッシュなデザインとなっているので、デザイン性の高い鉛筆削りを探している方におすすめです。芯は細長く削れるため、細かい描写ができる鉛筆に仕上げることができます。

この商品の特徴

シンプルな手動式の鉛筆削りです。白一色でスタイリッシュなデザインとなっているので、デザイン性の高い鉛筆削りを探している方におすすめです。芯は細長く削れるため、細かい描写ができる鉛筆に仕上げることができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

スタイリッシュでリビングに置いても気にならない、インテリアとしても活躍する鉛筆削りです。鉛筆削りの後ろのハンドルを右回り方向に回して削ります。 鉛筆の芯の削り具合は、ハンドルを抑えながら、一番出っ張っているネジをまわすと調整でき、左が細め、右が太めになっています。鉛筆削りのカスは下の引き出しに溜まります。レンズを通して、削りカスを確認することができるので、削りカスがいっぱいになる前に捨てることができます。

この商品の特徴

スタイリッシュでリビングに置いても気にならない、インテリアとしても活躍する鉛筆削りです。鉛筆削りの後ろのハンドルを右回り方向に回して削ります。 鉛筆の芯の削り具合は、ハンドルを抑えながら、一番出っ張っているネジをまわすと調整でき、左が細め、右が太めになっています。鉛筆削りのカスは下の引き出しに溜まります。レンズを通して、削りカスを確認することができるので、削りカスがいっぱいになる前に捨てることができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

日本製のコンパクト鉛筆削りです。小さいながらも、まるで電動鉛筆削りの様に鋭角に削ることができます。重さは13.6gとなっており、軽量となっています。無駄がなく、シックで透明感のあるおしゃれなデザインはオフィスシーンでも活用することができます。

この商品の特徴

日本製のコンパクト鉛筆削りです。小さいながらも、まるで電動鉛筆削りの様に鋭角に削ることができます。重さは13.6gとなっており、軽量となっています。無駄がなく、シックで透明感のあるおしゃれなデザインはオフィスシーンでも活用することができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

通常の鉛筆削りでは削れない、太めの三角鉛筆などもけずることのできるえんぴつ削りです。子どもの力でも削りやすく、削りカスがケース内にしっかり収まるため散らかることもありません。

この商品の特徴

通常の鉛筆削りでは削れない、太めの三角鉛筆などもけずることのできるえんぴつ削りです。子どもの力でも削りやすく、削りカスがケース内にしっかり収まるため散らかることもありません。

電動鉛筆削りもチェック

電動鉛筆削りは、自動で鉛筆を削ってくれるので、力がいらず、日々の鉛筆削りを楽に行うことができます。リンク先の記事では電動鉛筆削りについて詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

手動鉛筆削りのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー