筆ペンのおすすめ6選&選び方【筆ペンアートにも】

筆ペンのおすすめ6選&選び方【筆ペンアートにも】

墨汁を使うことなく、本物の筆のように文字を書くことができるのが「筆ペン」です。年賀状や冠婚葬祭の宛名書きだけではなく、カラーのタイプはイラストに使うこともできます。100均でも手軽に購入できますが、種類も多くどれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。今回は、筆ペンの選び方をご紹介します。呉竹やぺんてるのおすすめ商品もご紹介しています。

筆ペンとは

筆ペンには、ペンと同じようなタッチの硬筆タイプから、本物の筆に近い書き心地の毛筆タイプがあります。わざわざ墨汁を使わなければならない本物の筆とは異なり、インクが内蔵されているため、手軽にハガキや冠婚葬祭の宛名書きを行うことができます。また、細字・中字・太字など、商品によってそれぞれの特徴があります。

筆ペンアートとは

 

-

筆ペンは、芳名帳や祝儀袋、のし紙などに文字を書くとき以外にも使うことができるのです。そのうちの1つが「筆ペンアート」と呼ばれるものです。筆ペンは他のペンと比べて、とめ・はね・はらいをしっかりと表現することができます。この特徴を活かして「ぼかし」や「グラデーション」をきれいに表現した絵を筆ペンアートといいます。

筆ペンの選び方

せっかく筆ペンを購入するなら、自分に合った書きやすいものを選びたいですよね。これから紹介するポイントをチェックしながら選んでみてください。

まずは穂先を選ぼう

穂先は、ペンの先端部分を指します。先端部分の特徴によってタイプが異なります。まずはそれぞれの特徴を知っておきましょう。

初心者にもおすすめ!硬筆タイプ

初心者にもおすすめ!硬筆タイプ

出典:Amazon.co.jp

サインペンのような書き心地で、簡単に扱えるので初心者の方にもおすすめです。しかし、芯材は硬いので、筆のような書き心地とは違う感覚があります。

弾力のある太い線が書ける!軟筆タイプ

弾力のある太い線が書ける!軟筆タイプ

出典:Amazon.co.jp

スポンジのような穂先が特徴で、適度な弾力性があり、太い線で書くことができます。サインペンのような書き心地ではありますが、硬筆タイプに比べるとハネやハライを表現をするためには多少練習が必要となります。

最も筆に近い!毛筆タイプ

最も筆に近い!毛筆タイプ

出典:Amazon.co.jp

ナイロンなどの毛が使用されており、書き心地が最も筆に近いタイプです。力の入れ加減によって、線の強弱やハネ・ハライなどが表現されるので、初心者の方が扱うには練習が必要となります。

インクのタイプ

筆ペンのインクは、主に顔料インクと染料インクの2種類に分けられます。

乾きやすくにじみにくい顔料インク

水や溶剤に溶けにくく、乾きやすくにじみにくいインクです。水性ペンや絵の具と併用することもできるので、絵を描くときにつかいたいという方にもおすすめのタイプです。また、光によって劣化することもあまりありません。ただ、コンビニなどでは手に入れることが難しいです。

墨汁のような書き心地の染料インク

水に溶けやすいタイプのインクです。ぼかしやグラデーションなどが表現しやすいでしょう。コンビニなどで購入できる筆ペンの多くは、この染料インクを利用したものです。乾くのに時間がかかり、にじみやすいことがあるので注意してください。

インクの色を選ぼう

インクの色を選ぼう

出典:Amazon.co.jp

筆ペンは、文字を書くときにはもちろん、絵を描くときなどにも使うことができます。文字を書くときには黒が定番ですが、お通夜やお葬儀のときの香典袋には「薄墨」というものを使います。他にも、ピンクや緑など、様々な商品があり、100均でも購入することができます。文字を書くのか、絵を描くのかによって好きな色を選んでみてくださいね。

インクの詰め替えができるかどうか

筆ペンには、インクのカートリッジを取り換えることで長く使用できる商品もあります。購入したペンが気に入って、その後も使いたい、という場合には詰替えができると便利ですね。事前に、インクの詰め替えが可能かどうかチェックしておくと良いかもしれません。

筆ペンの主なメーカー

ぺんてる

ぺんてる株式会社は筆記具や画材などの文具事務用品や電子機器の製造・販売をするメーカーです。筆ペンにおいても、穂先のタイプや太さ、カラー付きなど、種類が豊富です。

呉竹(くれたけ)

株式会社呉竹は、日本を代表する書道用品、水彩スケッチ用品メーカーです。マーキングペンや筆ペンなど幅広い商品を取扱っています。中でも筆ペンは美文字を作り出す書き味の商品や、イラスト描きに適したカラータイプで極細・太め・ラメ入りなどの軟質タイプの筆ペン、布やガラス、金属に書くことが可能な筆ペンまで揃っています。

筆ペンのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値290円(税込)
4.23(309件)

この商品の特徴

ロングセラー商品であるぺんてる筆はしなやかな書き心地に定評があり、穂先は高度な技術によってつくられます。インクジェット紙にも使用可能です。価格もお求めしやすいのでリピートする方も多いようです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ロングセラー商品であるぺんてる筆はしなやかな書き心地に定評があり、穂先は高度な技術によってつくられます。インクジェット紙にも使用可能です。価格もお求めしやすいのでリピートする方も多いようです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値473円(税込)
4.38(150件)

この商品の特徴

筆ペンに慣れていない方でも書きやすい、やわらかくて滑らかな穂先になっているので細い字も楽に書けます。また、スペアーインキ式なので本体をそのまま使い続けることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

筆ペンに慣れていない方でも書きやすい、やわらかくて滑らかな穂先になっているので細い字も楽に書けます。また、スペアーインキ式なので本体をそのまま使い続けることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値170円(税込)
4.53(324件)

この商品の特徴

筆ペンとしての書きやすさを兼ね備えた商品です。毛筆に近い書き心地なので、とめ・はね・はらいがきれいに書けます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

筆ペンとしての書きやすさを兼ね備えた商品です。毛筆に近い書き心地なので、とめ・はね・はらいがきれいに書けます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値174円(税込)
4.11(32件)

この商品の特徴

軟筆と硬筆のツインタイプです。シチュエーションに応じて、軟筆とペン感覚で使える硬筆を使い分けることができます。年賀状には軟筆を、簡単な手紙には硬筆を、という使い方もできるでしょう。インクの量を自分で調整しなくて良いのもポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

軟筆と硬筆のツインタイプです。シチュエーションに応じて、軟筆とペン感覚で使える硬筆を使い分けることができます。年賀状には軟筆を、簡単な手紙には硬筆を、という使い方もできるでしょう。インクの量を自分で調整しなくて良いのもポイントです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,080円(税込)
4.40(229件)

この商品の特徴

文字を書く以外にも水を含ませて、ぼかしやにじみを表現するなど色んな使い方ができる筆ペンです。水彩画や大人の塗り絵をしている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

文字を書く以外にも水を含ませて、ぼかしやにじみを表現するなど色んな使い方ができる筆ペンです。水彩画や大人の塗り絵をしている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,253円(税込)
4.30(56件)

この商品の特徴

絵を描いたり、イラストを描いたりするときにおすすめの筆ペンです。インクの量を自分で調整可能なので、自分好みの色を表現することができます。また、水でぼかしたり、薄めたりするのも得意です。2色以上の色を使ってグラデーションをつくることもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

絵を描いたり、イラストを描いたりするときにおすすめの筆ペンです。インクの量を自分で調整可能なので、自分好みの色を表現することができます。また、水でぼかしたり、薄めたりするのも得意です。2色以上の色を使ってグラデーションをつくることもできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー