電子書籍リーダー用液晶保護フィルムのおすすめ3選&選び方

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムのおすすめ3選&選び方

いつでもどこででも本が読める電子書籍リーダーを使っている方は多いようです。今回は電子書籍リーダーの、大事な液晶画面の保護に必要な電子書籍リーダー用液晶保護フィルムについて解説します。KindlePaperwhite専用フィルムやKoboの保護フィルム、保護フィルムの種類や選び方についてもご紹介します。ぜひ参考にして、大事な電子書籍リーダーを守ってくれる保護フィルムを選んでみてください。

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムとは

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムとは

出典:Amazon.co.jp

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムとは、傷や汚れなどから電子書籍の液晶を守る薄いシート状のものです。電子書籍の液晶に貼っても、操作に変わりはありません。種類によって、液晶の艶や触った感触が異なります。

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムの種類

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムには、大きく分けると2種類あります。どちらも液晶を保護することに変わりはありませんが、主に異なるのはその強度です。

フィルムタイプ

液晶を保護する強度は弱めです。主に細かい傷や汚れに対応しています。バッグの中などで擦れて付く傷を防ぐので、フィルムを剥がせば液晶はきれいなままということが多いです。ただし、落下時につく深い傷などには弱いので、フィルムタイプを使うのであれば、ケースなどに入れて置いた方が安心です。価格は比較的安いものが多く、100均などで購入できるものもあります。

強化ガラスタイプ

液晶を保護する強度が強いタイプです。落下時などの強い衝撃からも液晶を守るものが多く販売されています。フィルムタイプに比べるとやや厚めです。落下時の衝撃を吸収することで、保護ガラスだけが割れる仕組みなっています。ただし、落下の角度や衝撃の強さによっては、液晶を守り切ることができないこともあります。価格はフィルムタイプに比べると高いことが多いです。

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムを選ぶポイント

電子書籍リーダー用保護フィルムを選ぶときには、いくつか確認しておきたいポイントがあります。

機種に対応しているか

機種に対応しているか

出典:Amazon.co.jp

使用している電子書籍リーダーに対応しているかどうかはきちんと確認しましょう。対応していなければ、大きさが合わず電子書籍リーダーが使いにくくなることもあります。KindleのPaperwhiteなどは専用の保護フィルムが販売されています。専用のものでなくても、いくつかの機種に対応している商品もあります。

フィルムの手触りをチェック

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムには、ツルツルとした手触りのものと、ザラザラとした手触りのものがあります。ツルツルとしている方は、気候や状況によって指が滑りにくく感じるかもしれません。ザラザラとしているフィルムは指が滑りやすく、操作もしやすいと言われています。

光沢にも種類がある

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムには「クリア」と呼ばれる、表面に光沢のあるフィルムと、「マット」と呼ばれる光沢のないものがあります。どちらも保護フィルムとしての機能に変わりはありませんが、好みは分かれるようです。クリアの方が液晶の画質や色が鮮明ですが、太陽の光や照明の光が液晶に反射して電子書籍が読みにくくなることがあります。マットであれば反射がほとんどないので、屋外での利用などもしやすそうです。

強化ガラスは操作しにくいことも

強化ガラスは操作しにくいことも

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムの中には、貼ることで操作が若干鈍くなるものもあります。特に強化ガラスを使用しているものに見られる現象のようです。しかし、全く操作ができないわけではなく、ちょっとした反応が遅い程度なので、本を読む分にはさほど影響はないかもしれません。いつでもスムーズな操作性を求める方は、口コミなどを参考にすると良いでしょう。

その他にも便利な機能がたくさん

指紋防止

液晶の汚れで気になるのは指紋です。電子書籍リーダー用液晶保護フィルムの中には「防指紋加工」がされているものもあります。若干ざらつきがあるフィルムであることが多く、サッと拭くだけで指紋がきれいに消える加工です。しかし、防指紋加工がされていないフィルムであっても、メガネクリーナーなどで拭くことで指紋をきれいに取ることはできます。

ブルーライトカット

電子書籍を夢中になって読んでいると、つい瞬きが少なくなります。そんなときにあると便利なのがブルーライトカットの仕組みです。電子書籍リーダー用液晶保護フィルムの中には、液晶が発するブルーライトをカットまたは軽減するものもあります。目が疲れやすい方は試してみると良いかもしれません。

抗菌仕様

スマホの液晶画面と同じで、電子書籍リーダーの液晶も汚れやすいと言われています。空気中のホコリや人の手の皮脂などによって、汚れや雑菌が付きやすいためです。雑菌が気になる方は抗菌作用のある電子書籍リーダー用液晶保護フィルムを探してみると良いでしょう。

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムの貼り方

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムの貼り方

出典:Amazon.co.jp

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムは貼るのが難しいと言われています。スマホなどに比べると面積が大きいことも要因のようです。しかし、ちょっとしたコツをマスターすれば、簡単で上手に貼ることができます。

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムの中には、中央部など液晶の一部分にしか接着が付いていないものもあります。そちらの方が貼り直しなどは簡単です。今回は、フィルム全体を接着させるスタンダードなフィルムの貼り方についてご紹介します。

STEP1:画面をきれいに磨く

電子書籍リーダーの液晶画面をきれいに磨きます。電子書籍に付属でクリーナークロスが付いている場合はそれを使いましょう。付いていない場合はメガネクリーナーなどでも問題ありません。液晶画面の隅から隅までを何も付けずにクリーナーだけできれいに磨きます。このとき、ティッシュなどを使うと、細かい繊維が液晶に貼り付いてしまうので避けた方が良いです。

STEP2:フィルムを仮止めする

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムによっては、フィルムの一部分だけを剥がして仮止めができるものもあります。仮止め用の別に剥がせる部分がなければ、マスキングテープなどを使って、フィルムの上辺だけを液晶に仮止めします。

STEP3:フィルムの裏のシートを剥がす

仮止めをしたら、電子書籍リーダー用液晶保護の裏についているシートを剥がします。剥がすときや、剥がした後は、ホコリや指紋がフィルムの内側に付かないように、フィルムの横の部分を指で支えるようにして持ちましょう。

STEP4:保護フィルムを貼る

仮止めをした状態で、保護フィルムを貼っていきます。仮止めがされているので、指は支える程度で結構です。空気が入らないように、フィルムの上部からフィルムをしならせるようにして貼っていきます。中央部分からきれいに貼り、横の部分の空気については後で取り除くようにします。

STEP5:空気を抜く

軽く丸めたティッシュなどを持って、空気が入っているところを内側から外へ拭くようにして気泡を追い出します。このときに力を入れすぎると、別のところに気泡ができることがあるので、やさしく撫でるようにして行いましょう。気泡が抜けたらフィルムを上からしっかり抑えて密着させ、仮止めのテープを取って完成です。

電子書籍リーダー用液晶保護フィルムのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

気泡や指紋など、電子書籍を使っていて気になりがちな問題を解決してくれる保護フィルムです。反射も少ないので屋外でも快適に読書を楽しめそうです。指紋や皮脂も付きにくいので、いつでもきれいに使っていたい方におすすめです。

この商品の特徴

気泡や指紋など、電子書籍を使っていて気になりがちな問題を解決してくれる保護フィルムです。反射も少ないので屋外でも快適に読書を楽しめそうです。指紋や皮脂も付きにくいので、いつでもきれいに使っていたい方におすすめです。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー