MSRのおすすめテント5選!エリクサーやヌックも紹介

MSRのおすすめテント5選!エリクサーやヌックも紹介

MSRのテントは、種類も豊富で、特徴も様々です。4人用のファミリータイプや、エリクサー1のような一人用もあります。MSRのテントは、使い方や特徴によって4つの種類に分けることができます。今回は、テントの種類をご紹介しつつ、エリクサー2やヌックなどのおすすめテントをご紹介します。山岳テントなど、極寒の地で使えるタイプもご紹介しています。

3シーズンテント

BACJPACKING TENTSは、軽量でフル装備のテントです。居住性にも優れています。バックパッカーの方におすすめのシリーズです。

エリクサー1

一人用のテントです。丈夫にできているので、初心者の方でも使いやすいと言われています。ドアからの出入りも簡単で、収納もしやすいです。他のモデルよりも厚手の生地を使っているので、耐久性も高いです。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値30,800円(税込)

この商品の特徴

エムエスアールのテントです。総重量は2160gになります。ステイドライドアなので、テントへの出入りがしやすいです。テントの中にはポケットがついているので、小物を入れるのに便利です。撥水性と防水性が高いので、雨の日でも安心して使用することができます。1人用のテントなので、1人でよくキャンプをする方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

エムエスアールのテントです。総重量は2160gになります。ステイドライドアなので、テントへの出入りがしやすいです。テントの中にはポケットがついているので、小物を入れるのに便利です。撥水性と防水性が高いので、雨の日でも安心して使用することができます。1人用のテントなので、1人でよくキャンプをする方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

4シーズンテント

どんな季節でも使うことができるシリーズです。極寒の地でも耐えることができるので、本格的な登山の際にもおすすめです。悪天候でも心配が少ないのがポイントです。

ストームキング

高い耐久性があるベースキャンプテントです。初めてでも簡単に設営ができる仕様になっています。入り口が2つあり、換気性能も高いので、住心地も良いでしょう。

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

商品名の通り、高い耐候性を備えるベースキャンプテントです。フレームワークは複雑ですが本体の5本のポールは同じ長さで、吊り下げるクリップを色分けしているため初心者の方の円滑に設営可能です。前室が広いので人数分のギアの保管も可能で後部にも出入り口を設けているため使い勝手も良いです。フライシートの前後入り口部分にはスノースカートがついています。定員は5名で総重量は6000g、室内最大高は163cmです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

商品名の通り、高い耐候性を備えるベースキャンプテントです。フレームワークは複雑ですが本体の5本のポールは同じ長さで、吊り下げるクリップを色分けしているため初心者の方の円滑に設営可能です。前室が広いので人数分のギアの保管も可能で後部にも出入り口を設けているため使い勝手も良いです。フライシートの前後入り口部分にはスノースカートがついています。定員は5名で総重量は6000g、室内最大高は163cmです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ツインシスターズ

タープ型のシェルターです。居住地としてはもちろん、バックカントリースキーやスノーボードの際の避難用シェルターとして使うこともできます。木にくくりつけて設営することもできるので、場所によって設営方法を考えることができるのがポイントです。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値61,560円(税込)

この商品の特徴

多用途に使用できるタープ型のシェルターがより軽量になって登場です。ウルオラライトハイキングでの使用はもちろん、スノースカートがついているので、バックカントリースキーやスノーボードでの避難用シェルターとしても便利です。トレッキングポールで設営したり、木に吊り下げたり、別売りのフットプリントを組み合わせればフロアも作れます。前後に出入り口があるため換気性能も良好です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

多用途に使用できるタープ型のシェルターがより軽量になって登場です。ウルオラライトハイキングでの使用はもちろん、スノースカートがついているので、バックカントリースキーやスノーボードでの避難用シェルターとしても便利です。トレッキングポールで設営したり、木に吊り下げたり、別売りのフットプリントを組み合わせればフロアも作れます。前後に出入り口があるため換気性能も良好です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

アクセス2

雪山に短期滞在する際の利用を目的としたテントです。軽量で持ち運びやすいのも特徴です。広い住居スペースと、強風や積雪への耐久性が高いのも特徴です。設営が簡単にできるのも特徴です。二人用のテントなので、マットレスを2枚並べることができます。

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

2人用のテントです。短期の雪山登山などでの使用を想定した、軽量なオールシーズンモデルとなっています。マットを2枚並べられる奥行きと従来品よりやや高めの天井で、十分な居住スペースと強風や積雪に耐える高い剛性を確保しました。シンプルなフレーム構成のため、設営もスムーズです。軽量なので、登山やハイキングなど歩いてテントを運ぶ際におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

2人用のテントです。短期の雪山登山などでの使用を想定した、軽量なオールシーズンモデルとなっています。マットを2枚並べられる奥行きと従来品よりやや高めの天井で、十分な居住スペースと強風や積雪に耐える高い剛性を確保しました。シンプルなフレーム構成のため、設営もスムーズです。軽量なので、登山やハイキングなど歩いてテントを運ぶ際におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

プロフェッショナル仕様

フィールドで活躍するプロフェッショナルの意見をもとにつくられたシリーズです。プロが使うテントを使ってみたい、という方や、目的に合った商品を選びたいという方におすすめです。

ハブ

高所登山を想定したベースキャンプテントです。トンネル型になっていて、天井も高く、ドアからの出入りもしやすいでしょう。ポケットがついているので、ダウンウェアなどを収納しておくこともできます。ヒマヤラなどに登るときにもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値611,111円(税込)

この商品の特徴

プロ仕様のベースキャンプテントです。22mm径の太いアルミポールで設営するトンネル型で天井も高く、腰を屈めることなく出入りできます。大きな窓と入り口を備えた前後のパネルやフロア部分は取り外しができ、内部には、かさばるダウンウェアも収納できる大きなメッシュポケットがついています。サイドには、外の天気をチェックするための透明な窓も備わっているため、長期のキャンプに特におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

プロ仕様のベースキャンプテントです。22mm径の太いアルミポールで設営するトンネル型で天井も高く、腰を屈めることなく出入りできます。大きな窓と入り口を備えた前後のパネルやフロア部分は取り外しができ、内部には、かさばるダウンウェアも収納できる大きなメッシュポケットがついています。サイドには、外の天気をチェックするための透明な窓も備わっているため、長期のキャンプに特におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

他のメーカーとも比較して選びたい!

せっかくテントを購入するなら、自分のスタイルに合った商品を選びたいですよね。そのためには、他のメーカーのテントとも比較して選ぶことが大切です。以下の記事では、ダンロップ、モンベル、スノーピークのテントをご紹介しています。ぜひ、他のメーカーとも比較しながら、テント選びをしてみてくださいね!

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー