フッ素配合歯磨き粉のおすすめ8選!低刺激タイプも

フッ素配合歯磨き粉のおすすめ8選!低刺激タイプも

フッ素配合歯磨き粉を使うと、自宅で手軽に虫歯予防ができます。歯磨き粉に配合できるフッ素濃度の上限は、2017年3月に、1,500ppmまで引き上げられました。高濃度フッ素が配合されているだけでなく、ホワイトニング効果を備えた商品もあります。今回は、フッ素配合歯磨き粉の選び方と、子ども用の商品や、フッ素濃度が1,450ppmの商品、ライオンの「チェックアップ」などのおすすめ商品を紹介します。

フッ素配合歯磨き粉とは

フッ素配合歯磨き粉とは

出典:Amazon.co.jp

フッ素配合歯磨き粉とは、フッ化物が配合された歯磨き粉です。初期の虫歯を治したり、歯周病を予防する効果が期待できます。歯が溶けることを防ぐ効果もあるとされていて、知覚過敏の予防にもつながります。きちんと歯を磨き清潔な状態を保つことで、口臭を抑えることもできます。

フッ素配合歯磨き粉の選び方

フッ素濃度で選ぶ

大人は950ppm以上がおすすめ

高濃度の商品を選ぶと、より効果を感じやすくなります。2017年までは、フッ素濃度は1,000ppmが上限でした。2017年3月に厚生労働省がフッ素濃度の上限を1,500ppmまで引き上げる認可をくだしてからは、フッ素濃度1,450ppmの商品も販売されています。

6歳未満の子どもには1,000ppm以下を

6歳未満の子どもには1,000ppm以下を

フッ素濃度が1,000ppmを超える歯磨き粉は、子どもには使用できません。高濃度フッ素を使用した場合、6歳未満の子どもには、フッ素症のリスクが生じると言われています。フッ素症とは、歯のエナメル質に白い斑点ができる症状のことです。また6歳以上であっても、一回の歯磨きで1cm程度までの使用が推奨されています。使い過ぎに注意しましょう。

研磨剤で選ぶ

研磨剤で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

歯の表面を覆うエナメル質を傷つけないためには、低研磨タイプや、研磨剤不使用の歯磨き粉がおすすめです。歯を磨くときについ力を入れてしまったり、電動歯ブラシで押さえつけてしまう方は、研磨剤によって歯を傷つける可能性があるので気をつけましょう。歯の汚れをしっかり落としたい方や、着色汚れが気になる方は、週に1~2度、研磨剤入りの歯磨き粉を使用するのも良いでしょう。

発泡性で選ぶ

発泡性で選ぶ

歯磨き粉の中には、磨いている間に泡立つものと、ほとんど泡が立たない商品の2種類があります。泡立ちが良い商品は、清涼感や爽快感を得られますが、泡が邪魔になり歯が見えなくなることもあります。歯を1本1本意識しながらしっかりと磨くために、低発泡性の歯磨き粉を選ぶのもおすすめです。

添加物で選ぶ

着色料や合成香料、合成界面活性剤などの添加物も、できるだけ使用していない商品がおすすめです。購入前に成分表をチェックしましょう。

殺菌作用で選ぶ

歯には、食べかすや歯垢以外にも、プラークと呼ばれるバイオフィルム(粘性のある細菌膜)が付着していることがあります。これは歯の健康だけではなく体全体の健康にも関わるため、プラークをケアするための殺菌作用が配合された商品がおすすめです。

刺激の強さで選ぶ

歯磨き粉を口に入れると辛さや刺激を感じることがあります。あまりにも刺激が大きすぎると、長時間しっかりと歯を磨くことができなかったり、歯や歯茎への刺激になってしまう場合があります。低刺激の歯磨き粉で、ゆっくりと歯磨きをしましょう。

フッ素配合歯磨き粉のおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

フッ素を1,450ppm配合した薬用ハミガキです。クリニカ独自の高密着フッ素処方と、高粘性ジェルペーストにより、長く歯にフッ素がとどまります。薬用成分が虫歯や口臭の菌を殺菌するので、口内環境を整えてくれます。硝酸カリウム成分配合で、知覚過敏症状までケアすることができます。

この商品の特徴

フッ素を1,450ppm配合した薬用ハミガキです。クリニカ独自の高密着フッ素処方と、高粘性ジェルペーストにより、長く歯にフッ素がとどまります。薬用成分が虫歯や口臭の菌を殺菌するので、口内環境を整えてくれます。硝酸カリウム成分配合で、知覚過敏症状までケアすることができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

フッ素濃度1450ppm配合の歯磨き粉です。大人のむし歯を予防し、歯ぐきのケアもしてくれます。高濃度のフッ素によって歯の再石灰化を促し、歯を強くします。エナメル質だけでなく、歯の根元にある象牙質の歯質強化が期待できます。薬用成分配合で、歯肉炎や歯周病を予防します。しっかり磨けるように、低研磨性です。歯を強くする、高濃度フッ素の歯磨き粉を使いたい方におすすめです。

この商品の特徴

フッ素濃度1450ppm配合の歯磨き粉です。大人のむし歯を予防し、歯ぐきのケアもしてくれます。高濃度のフッ素によって歯の再石灰化を促し、歯を強くします。エナメル質だけでなく、歯の根元にある象牙質の歯質強化が期待できます。薬用成分配合で、歯肉炎や歯周病を予防します。しっかり磨けるように、低研磨性です。歯を強くする、高濃度フッ素の歯磨き粉を使いたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ライオン歯科材のデントチェックアップスタンダードです。フッ素滞留性を高めた独自の新処方で、フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトペースト状になっています。歯や歯肉にやさしい低研磨性です。泡立ちが少なく、やさしい香味なので、少量の水ですすぐことができます。虫歯予防に力を入れたい方におすすめです。

この商品の特徴

ライオン歯科材のデントチェックアップスタンダードです。フッ素滞留性を高めた独自の新処方で、フッ素が口腔内のすみずみまで広がりやすいソフトペースト状になっています。歯や歯肉にやさしい低研磨性です。泡立ちが少なく、やさしい香味なので、少量の水ですすぐことができます。虫歯予防に力を入れたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

研磨剤無配合の歯磨き粉です。知覚過敏の方でも使える、歯にしみにくいタイプです。研磨剤の代わりにポリリン酸ナトリウムが配合されており、歯垢や着色汚れを浮かせて落としやすくし、歯に負担をかけずにホワイトニングができます。フッ素も配合されているため虫歯予防にもなります。しみるのを防ぎたい方、自宅でホワイトニングをしたい方におすすめです。

この商品の特徴

研磨剤無配合の歯磨き粉です。知覚過敏の方でも使える、歯にしみにくいタイプです。研磨剤の代わりにポリリン酸ナトリウムが配合されており、歯垢や着色汚れを浮かせて落としやすくし、歯に負担をかけずにホワイトニングができます。フッ素も配合されているため虫歯予防にもなります。しみるのを防ぎたい方、自宅でホワイトニングをしたい方におすすめです。

ホワイトニング歯磨き粉のおすすめもチェック

歯の白さを保ちたい方には、ホワイトニング歯磨き粉もおすすめです。ぜひあわせてチェックしてみてください。

フッ素配合歯磨き粉のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー