チョコペンのおすすめ9選!湯煎なしのソフトタイプも
出典:Amazon.co.jp

チョコペンのおすすめ9選!湯煎なしのソフトタイプも

チョコペンは、クッキーやケーキなどに文字やイラストを加えられるデコレーション用の製菓材料です。「happybirthday」などのチョコ文字を書いたり、花やキャラクターなどのイラストを描いたりするのに役立ちます。手づくりのメッセージプレート作成やチョコペンアートなどにもおすすめです。冷えるとかたまるタイプ、湯煎なし(お湯なし)で使える固まらないソフトタイプなどの種類があり、用途や使い勝手に応じて書きやすいものを選べます。今回は、チョコペンの選び方、使い方や書き方のコツ、ダイソーなどのおすすめ商品を紹介します。

チョコペンの選び方

目的に合ったタイプで選ぶ

速乾タイプ|素早く固まって崩れにくい

速乾タイプ|素早く固まって崩れにくい

出典:Amazon.co.jp

速乾タイプのチョコペンは、文字やイラストを描くと、チョコが冷えてすぐに固まるのが特徴です。描いたものが崩れにくいため、クッキーやケーキといった焼き菓子、プレートなどに文字やイラストを描きたいときに向いています。基本的には、容器ごと湯せんにかけて中身をやわらかくしてから使用しますが、商品によっては電子レンジで加熱できるものもあります。

ソフトタイプ|湯煎いらずで手軽に使える

ソフトタイプ|湯煎いらずで手軽に使える

出典:jp.daisonet.com

ソフトタイプのチョコペンは、速乾タイプとは異なり、チョコが冷えても固まらないのが特徴です。湯煎なしでそのまま使える手軽さが魅力で、アイスなどの冷たいデザートのデコレーションにも向いています。ただし、描いたものが崩れやすいため、チョコレートソースとしてパンケーキやアイスにかけたり、自宅で食べる際の仕上げ用に使ったりするのがおすすめです。

カラーで選ぶ

カラーで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

チョコペンは、ブラウン、ブラック、ホワイトといった、チョコレートそのものをイメージする定番カラーのほか、ピンク、ブルー、イエロー、グリーンなど、様々なカラーが販売されています。焼き菓子のデコレーションには、発色が良いものや濃い色合いのタイプを使うと文字やイラストが目立ちやすいです。アイシングでかわいらしく仕上げたい場合は、淡い色合いのパステルカラーが向いています。スイーツを華やかに仕上げたい場合は、カラーが豊富なセットタイプもおすすめです。

味や香りで選ぶ

味や香りで選ぶ

出典:jp.daisonet.com

チョコペンは、チョコレートそのものの味がする商品だけでなく、様々な味や香りを楽しめる商品が販売されています。バナナ、レモン、ストロベリー、抹茶、キャラメルなど、お菓子に合わせやすいフレーバーが多いので、つくったお菓子の味に合わせて選べるのが特徴です。バナナならイエロー、抹茶ならグリーンといったように、カラーもフレーバーに揃えられているため、味を想像しやすいのもメリットになります。

着色料や成分で選ぶ

着色料や成分で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

チョコペンを選ぶときは、使用されている着色料の種類や配合成分もチェックしましょう。カラフルなチョコペンには、合成着色料あるいは天然由来の着色料などが使用されています。合成着色料は、発色が良く、色合いが鮮やかなため、チョコレートや焼き菓子などのデコレーションにおすすめです。天然の植物由来の着色成分が使われているチョコペンは、淡い色合いのタイプが多く、柔らかい雰囲気に仕上がります。食品の添加物が気になる場合は、食物から採取した天然由来の着色料が使われているタイプがおすすめです。

使用する量にあわせて選ぶ

使用する量にあわせて選ぶ

出典:Amazon.co.jp

チョコペンを購入する際は、つくりたいお菓子の量にあわせて、必要な本数を用意しましょう。チョコペン1本あたりの量は、9~10g程度が一般的で、1本あれば、クッキー5~6枚に文字やイラストを描くことが可能です。ただし、複雑な模様を描いたり、広範囲にイラストを描いたりと、デコレーションの内容によっては数本必要になることもあります。途中で不足してしまうとデコレーションがきれいに仕上がらない可能性があるため、つくるお菓子の量やデコレーションのイメージを考えながら、チョコペンの量を選ぶことが大切です。

キャップ付きもおすすめ

キャップ付きタイプのチョコペンは、余った分のチョコペンを保管しやすいのが特徴です。一般的なチョコペンは、ペン先をカットして使用する、使い捨てタイプの容器であるため、残った分の保存には適していません。キャップ付きなら、保存しやすいことに加え、使用中に中のチョコレートがかたまらないよう、キャップをつけた状態でお湯に入れて保温できるメリットもあります。

チョコペンのおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

カロリー

内容量

デコチョコペン 富澤商店 デコチョコペン

冷えるとかたまるペン型容器入りのチョコ

75kcal(12gあたり)

9g

デコペン チョコ 速乾性 共立食品 デコペン チョコ 速乾性

文字やイラストが描きやすい速乾タイプ

55kcal(10gあたり)

10g×5セット

チョコレートペン バナナ ダイソー チョコレートペン バナナ

バナナの香りを楽しめるのが魅力

メーカー記載なし

15g

5色チョコペン パイオニア企画 5色チョコペン

カラフルなチョコペンの5色セット

ブラック:60kcal/グリーン:59kcal/オレンジ:59kcal/ピンク:59kcal/パープル:60kcal (各10gあたり)

10g×5本

デコれーとペン8色セット コッタ デコれーとペン8色セット

デコレーションの幅が広がる8色セット

メーカー記載なし

9g×8本

デコガールズ 4本セット 私の台所 デコガールズ 4本セット

デコレーションしやすいチョコペン4色

メーカー記載なし

12g×4本

お絵かきペン ソフトタイプチョコ ダイソー お絵かきペン ソフトタイプチョコ

湯煎いらずでそのまますぐに使用できる

メーカー記載なし

9g

ソフトチョコペンブラック 10本入り クラウンフーヅ ソフトチョコペンブラック 10本入り

たっぷり使える業務用の10本セット

60kcal(10gあたり)

10g×10本

デコれーとペン (ソフトタイプ) チョコ コッタ デコれーとペン (ソフトタイプ) チョコ

たくさんお菓子をつくりたい時に役立つ5本セット

メーカー記載なし

9g×5本

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。
お買い物マラソン開催中!楽天市場で製菓用トッピングを探す

【速乾タイプ】チョコペンのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

参考価格395円

冷えるとかたまるペン型容器入りのチョコ

チョコレートが冷えると固まる速乾タイプのチョコペンです。50℃前後のお湯を使ってあたためてから使用します。ケーキやクッキーなどのデコレーション用として使いやすく、未開封の場合、長期間常温での保存が可能です。チョコが崩れにくいため、プレゼント用のお菓子のデコレーションにも向いています。

カロリー
75kcal(12gあたり)
内容量
9g

冷えるとかたまるペン型容器入りのチョコ

チョコレートが冷えると固まる速乾タイプのチョコペンです。50℃前後のお湯を使ってあたためてから使用します。ケーキやクッキーなどのデコレーション用として使いやすく、未開封の場合、長期間常温での保存が可能です。チョコが崩れにくいため、プレゼント用のお菓子のデコレーションにも向いています。

カロリー
75kcal(12gあたり)
内容量
9g

出典:Amazon.co.jp

参考価格999円

文字やイラストが描きやすい速乾タイプ

ケーキやクッキーなどに文字、イラストが描きやすい速乾タイプのチョコペンです。40~50℃のお湯にひたして、容器内のチョコレートをやわらかくしてから使用します。ペン先は指でねじり切れるため、手軽に使えるのが魅力です。スタンダードなチョコレート色で、デコレーション後に崩れにくいため、ケーキやプレートに文字を書く際などに向いています。

カロリー
55kcal(10gあたり)
内容量
10g×5セット

文字やイラストが描きやすい速乾タイプ

ケーキやクッキーなどに文字、イラストが描きやすい速乾タイプのチョコペンです。40~50℃のお湯にひたして、容器内のチョコレートをやわらかくしてから使用します。ペン先は指でねじり切れるため、手軽に使えるのが魅力です。スタンダードなチョコレート色で、デコレーション後に崩れにくいため、ケーキやプレートに文字を書く際などに向いています。

カロリー
55kcal(10gあたり)
内容量
10g×5セット

出典:jp.daisonet.com

参考価格108円

バナナの香りを楽しめるのが魅力

速乾タイプのイエローカラーのチョコペンです。フルーティーなバナナの香りを楽しめるのが魅力で、着色料にはクチナシやカロチンなどが使用されています。ペン先は手で切り取れるため、ハサミやナイフなどを使わず手軽に使用できるのが魅力です。文字やイラストだけでなく、お菓子にバナナの風味を添えたい場合に向いています。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
15g

バナナの香りを楽しめるのが魅力

速乾タイプのイエローカラーのチョコペンです。フルーティーなバナナの香りを楽しめるのが魅力で、着色料にはクチナシやカロチンなどが使用されています。ペン先は手で切り取れるため、ハサミやナイフなどを使わず手軽に使用できるのが魅力です。文字やイラストだけでなく、お菓子にバナナの風味を添えたい場合に向いています。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
15g

出典:Amazon.co.jp

参考価格678円

カラフルなチョコペンの5色セット

カラーの異なる速乾タイプのチョコペン5本です。定番のブラックに加えて、オレンジ、ピンク、グリーン、パープルの5色がセットになっています。40℃ほどのお湯につけて、中のチョコレートをやわらかくしてから使うタイプで、ペン先は指で手軽にねじ切れます。お菓子をカラフルに彩りたい場合や、イラストを描いてデコレーションしたい場合などにおすすめです。

カロリー
ブラック:60kcal/グリーン:59kcal/オレンジ:59kcal/ピンク:59kcal/パープル:60kcal (各10gあたり)
内容量
10g×5本

カラフルなチョコペンの5色セット

カラーの異なる速乾タイプのチョコペン5本です。定番のブラックに加えて、オレンジ、ピンク、グリーン、パープルの5色がセットになっています。40℃ほどのお湯につけて、中のチョコレートをやわらかくしてから使うタイプで、ペン先は指で手軽にねじ切れます。お菓子をカラフルに彩りたい場合や、イラストを描いてデコレーションしたい場合などにおすすめです。

カロリー
ブラック:60kcal/グリーン:59kcal/オレンジ:59kcal/ピンク:59kcal/パープル:60kcal (各10gあたり)
内容量
10g×5本

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,500円

デコレーションの幅が広がる8色セット

ハート形のペン先がかわいい速乾タイプのチョコペンです。チョコやホワイトのほか、ピンク、オレンジ、ブルー、パープル、グリーン、イエローのあわせて8色がセットになっています。ケーキ、クッキー、プレートなどに文字やイラストが手軽に描けるほか、立体的に飾りつけられるチョコパーツをつくるときにも向いています。着色料にはすべて天然由来成分を使用しているため、添加物が気になる方にもおすすめです。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
9g×8本

デコレーションの幅が広がる8色セット

ハート形のペン先がかわいい速乾タイプのチョコペンです。チョコやホワイトのほか、ピンク、オレンジ、ブルー、パープル、グリーン、イエローのあわせて8色がセットになっています。ケーキ、クッキー、プレートなどに文字やイラストが手軽に描けるほか、立体的に飾りつけられるチョコパーツをつくるときにも向いています。着色料にはすべて天然由来成分を使用しているため、添加物が気になる方にもおすすめです。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
9g×8本

出典:Amazon.co.jp

参考価格564円

デコレーションしやすいチョコペン4色

チョコ、ホワイト、レッド、ピンクの4色がセットになったチョコペンです。クッキー、ケーキ、プレートなどに文字、ライン、イラストなどを描いてデコレーションするのに役立ちます。レッドカラーのチョコペンには合成着色料が使用されており、鮮やかに発色するのが特徴です。基本のカラーにちょっとした色合いをプラスしたいときなどに向いています。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
12g×4本

デコレーションしやすいチョコペン4色

チョコ、ホワイト、レッド、ピンクの4色がセットになったチョコペンです。クッキー、ケーキ、プレートなどに文字、ライン、イラストなどを描いてデコレーションするのに役立ちます。レッドカラーのチョコペンには合成着色料が使用されており、鮮やかに発色するのが特徴です。基本のカラーにちょっとした色合いをプラスしたいときなどに向いています。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
12g×4本

【ソフトタイプ】チョコペンのおすすめ3選

出典:jp.daisonet.com

参考価格108円

湯煎いらずでそのまますぐに使用できる

デザートやパンケーキといったスイーツのデコレーションに役立つソフトタイプのチョコペンです。チョコレートがかたまらないので、イラストなどを描きやすいメリットがあります。ペン先は手で切れるため、ハサミやナイフなどを使う必要がありません。湯煎しなくてもそのまま使えるため、手間を減らしたい場合やチョコペンを初めて使う方などにもおすすめです。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
9g

湯煎いらずでそのまますぐに使用できる

デザートやパンケーキといったスイーツのデコレーションに役立つソフトタイプのチョコペンです。チョコレートがかたまらないので、イラストなどを描きやすいメリットがあります。ペン先は手で切れるため、ハサミやナイフなどを使う必要がありません。湯煎しなくてもそのまま使えるため、手間を減らしたい場合やチョコペンを初めて使う方などにもおすすめです。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
9g

出典:Amazon.co.jp

参考価格1,366円

たっぷり使える業務用の10本セット

湯せんせずにそのまま使えるソフトタイプのチョコペンです。ペン先を手でカットできるため、ハサミを使わず手軽に使用できます。チョコレートがかたまらないので、デコレーション用だけでなく、お菓子にかけるチョコレートソースとしても役立ちます。10本セットの業務用の大容量タイプなので、一度にたくさん使いたい方や、使用頻度が高いときなどにおすすめです。

カロリー
60kcal(10gあたり)
内容量
10g×10本

たっぷり使える業務用の10本セット

湯せんせずにそのまま使えるソフトタイプのチョコペンです。ペン先を手でカットできるため、ハサミを使わず手軽に使用できます。チョコレートがかたまらないので、デコレーション用だけでなく、お菓子にかけるチョコレートソースとしても役立ちます。10本セットの業務用の大容量タイプなので、一度にたくさん使いたい方や、使用頻度が高いときなどにおすすめです。

カロリー
60kcal(10gあたり)
内容量
10g×10本

出典:Amazon.co.jp

参考価格999円

たくさんお菓子をつくりたい時に役立つ5本セット

描いた文字やイラストなどが固まらないソフトタイプのチョコペンです。デザートやパンケーキなどのスイーツへのデコレーション用に適しています。ペン先を手で切れるので、ハサミやナイフの準備は不要です。湯煎いらずでそのまま使用でき、寒い時期などでチョコレートが固くなっている場合は、40~50℃程度のお湯で湯せんしてからも使えます。5本セットなので、お菓子の量が多くなる場合でも使いやすい商品です。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
9g×5本

たくさんお菓子をつくりたい時に役立つ5本セット

描いた文字やイラストなどが固まらないソフトタイプのチョコペンです。デザートやパンケーキなどのスイーツへのデコレーション用に適しています。ペン先を手で切れるので、ハサミやナイフの準備は不要です。湯煎いらずでそのまま使用でき、寒い時期などでチョコレートが固くなっている場合は、40~50℃程度のお湯で湯せんしてからも使えます。5本セットなので、お菓子の量が多くなる場合でも使いやすい商品です。

カロリー
メーカー記載なし
内容量
9g×5本

チョコペンの使い方や書き方のコツ

チョコペンのおすすめ商品比較表

出典:Amazon.co.jp

チョコペンは、速乾タイプとソフトタイプで使用方法が異なります。速乾タイプは、40~50℃前後のお湯で湯せんにかけ、中をやわらかくしてから使用しましょう。チョコペンは書き直しが難しいため、できあがりをイメージしてから、一線一線ゆっくりていねいに、バランス良く書くのがコツになります。デコレーション途中でチョコが固くなってきた場合は、もう一度湯煎しないして使うと使いやすいです。ソフトタイプの場合でも、室温が低いなどで中身が固まってしまった場合は、湯せんをしてから使いましょう。

お菓子づくりの材料もチェック

クッキーミックスやホットケーキミックス、パイシートなどの材料は、初心者でも手軽にお菓子をつくれるのがメリットです。選び方やおすすめ商品を紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

※本記事に掲載している商品は、JANコードをもとに各ECサイトが提供するAPIを使用して価格表示やリンク生成をしております。各ECサイトにて価格変動がある場合や価格情報に誤りがある場合、本記事内の価格も同様の内容が表示されてしまうため、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーをご確認ください。

※記事内で紹介した商品を購入すると売上の一部がHEIMに還元されることがあります。

※本記事内の商品情報は、HEIM編集部の調査結果に基づいたものになります。

この記事の修正依頼を送る

人気記事

楽天お買い物マラソン2023年2月度
楽天お買い物マラソン2023年2月度