登山リュックのおすすめ14選!選び方やブランドも紹介

登山リュックのおすすめ14選!選び方やブランドも紹介

登山リュックはトレッキングしやすいよう設計されたリュックです。ザックの容量は使い方に応じて20Lからあり、30リットルは詰め方を工夫すれば女性も持ちやすい大きさです。リュックは激安なものや有名ブランドのもの、レディースなど幅広くあり、どれを買うか迷うアイテムです。今回は、安いアイテムやグレゴリーやミレーなど有名ブランドのおしゃれなアイテム、選び方をご紹介します。

登山がラクになるリュックがほしい!

登山がラクになるリュックがほしい!

快適な登山をするためには、使いやすい登山リュック選びが何より重要です。登山の終盤に差しかかって全身が疲れているときに、合っていない登山リュックだとベルトごと後方に引っ張られたような重みを感じてしまいます。肩や背中がずっしりと重たいと、全身の疲労や負担につながるので、登山をもっと楽しむために、自分の体にあったリュック選びをしましょう。

登山リュックの特徴

重い荷物でも安定して持てる

登山リュックは登山を快適に行うための工夫が施されたアイテムです。一般的なリュックと異なるのは、荷物の重みを肩だけに集中させないよう、ウエストや胸の部分にベルトが付いている点です。ウエストベルトやチェストベルトがあることで荷重が分散でき、荷物を安定して運ぶことができます。

リュックが体にフィットする背面パッド

背面パッドは背中部分にあるクッションのパーツです。背面パッドがあることでリュックが体にしっかりとフィットして、安定した歩行が可能になります。汗のムレが気になるときは、メッシュの背面パッドを選ぶと良いでしょう。

ポケットが豊富

登山リュックは側面部分にポケットがたくさんついています。登山中斜面の多いコースで、背面のファスナーを開けて物を取り出すのはとても難しく、思わぬ事故につながることもあります。頻繁に使う水筒や地図をポケットに入れておくと、背負ったままでも安全に取り出すことができます。

登山リュックの選び方

リュックが肩と背中にしっかりフィットするか確認

リュックが肩と背中にしっかりフィットするか確認

出典:Amazon.co.jp

肩ベルトの部分と背面パッドが、隙間なく肩と背中にフィットしているかどうかは、重要なポイントです。サイズが合い密着して背負えていれば、疲れずに登山できるので、購入時には本体のサイズや調節可能なサイズを確認すると良いでしょう。

背面長(トルソー)の長さをチェック

背面長(トルソー)の長さをチェック

出典:Amazon.co.jp

首の後ろに硬く出ている骨から骨盤の上までの長さを、背面長(トルソー)と言います。自分の体のトルソーの長さとリュックのトルソーの長さが一致しているものを選ぶようにしてください。サイズが異なれば、体とリュックが擦れて疲れやすくなります。メーカーが発表しているトルソーのサイズをチェックして、購入するようにしてください。

ウエストベルトの有無で選ぶ

ウエストベルトの有無で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ウエストベルトがないと体への負担が肩に集中するので、ウエストベルトの有無は登山の疲労軽減ができるかどうかに関わります。できれば調節可能のウエストベルトがついているものを選ぶようにしましょう。

用途に合った容量を選ぶ

用途に合った容量を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

登山リュックの容量は、10~100リットルと幅があります。20リットル程度のものは日帰り登山やハイキングに、30~50リットルは山小屋での宿泊を想定した登山、それ以上のサイズはテントを持ち運ぶ登山に対応できます。街中でのデイリーユースに最適なサイズは20リットル以下です。用途に合わせて、リュックの容量を選ぶことが重要です。

背面部分のデザインを確認

背面部分のデザインを確認

出典:Amazon.co.jp

背面は背骨への負担を軽減できるよう、密着度を高めつつ通気性を確保できるように工夫されています。通気性に関しては、構造だけでなくメッシュ素材であるなど背面部分の素材をチェックしてみてください。背面部分の構造や機能は、メーカーごとの特色が現れやすい部分なので、購入時に比較することをおすすめします。

ポケットの数をチェック

ポケットの数をチェック

出典:Amazon.co.jp

登山リュックには側面や上部など、多くの場所にポケットがあります。登山で必要な地図や磁石などの道具を、どのポケットに入れるか、あらかじめイメージしてから最適なリュックを選ぶと良いでしょう。水筒やスマートフォンなど縦に長いものを入れたいときは、深さのあるポケットが必要です。ポケットの数だけでなくサイズもチェックして選んでください。

雨蓋の有無で選ぶ

雨蓋の有無で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

収納スペースに被さっているフタのことを雨蓋、またはトップリッドと呼びます。トップリッドがあると雨が降っても中の荷物が濡れずに守られるので、登山リュックとして重要な機能です。容量の小さなリュックにはトップリッドが付いていないこともあるので、付属しているものを選ぶようにしましょう。

重量をチェック

重量をチェック

出典:Amazon.co.jp

重たいリュックを使用していると、だんだん疲労が蓄積し肩や背骨への負担につながるので、軽量化されたリュックを選ぶようにしてください。実際に背負ってみて、どのくらいの重さか確認すると良いでしょう。また、内部に収納する道具のパッキング方法によっても体感の重さは異なるので、正しいパッキングで詰めるようにしましょう。

一気室か二気室かで選ぶ

登山リュックは収納スペースの区切り方によって、一気室と二気室に分けられます。一気室は収納スペースが仕切られておらず、シンプルな構造で使いやすいという特徴がある一方で、底の方に入れたものを取り出すときに上の荷物をかき分けて取り出す必要があります。もう一方の二気室は、収納スペースが2つあるタイプです。ファスナーで仕切られていて、取り出したいものをすぐに見つけられるというメリットがあります。

お気に入りのデザインを選ぶ

お気に入りのデザインを選ぶ

おしゃれなデザインであれば、街中でのデイリーユース(タウンユース)にも活用できるので、登山リュックのデザインにも気を配りたいものです。登山ウェアと合わせてお気に入りのデザインを選ぶと、登山がますます楽しくなりますよね。しかし、登山リュックで一番検討すべきなのは機能性です。ベルトやトップリッドの有無などは疲労感だけでなく、安全な登山ができるかどうかにも関わるので、機能面を第一に登山リュックを選ぶようにしてください。

登山リュックの使い方

体に負担がかかりにくい背負い方 

リュックを正しく背負うことで、体への負担を減らすことができます。背負い方の流れを確認しましょう。まずリュックを背負ったら、腰ベルトを締めます。次に、腰と肩に荷重が分散するようなイメージで、引っ張り過ぎずに肩ベルトを締めます。背中と密着するように肩部分を調節したら、胸が開かないようにチェストベルトを締めます。正しく背負えば体感の重さが3~5kgほど異なるので、背負い方をマスターしましょう。

登山リュックのお手入れ方法

登山リュックは砂ぼこりや汗がつくので、汚れやニオイを適切にケアしましょう。部分的に汚れが気になる程度なら、中性洗剤をタオルに含ませて、背面パッドや脇のベルトを拭きます。水で固く絞ったタオルで拭いて、陰干ししましょう。汚れがひどければ、中性洗剤を入れたぬるま湯につけて優しくもみ洗いし、すすいだ後にネットに入れ軽く脱水にかけて陰干しします。

登山リュックの主なブランド・メーカー

機能性に優れた、信頼できる登山リュックのブランドをご紹介します。

グレゴリー

グレゴリー

出典:Amazon.co.jp

「グレゴリー」の登山リュックは、人間工学に基づいた設計によって様々な体型にフィットする点が特徴です。本体はとても軽く、リュックの内部や外部の配置が、負担なく登山できるように設計されています。長い使用に耐えられる素材で、丈夫に作られている点もポイントです。

ミレー

ミレー

出典:Amazon.co.jp

フランスのメーカー「ミレー」の製品は確かな品質で世界中に愛用者がいます。一般的な登山リュックよりも細身で、シンプルなデザインが人気の1つです。軽量ながらも丈夫で、耐久性に優れたリュックです。

オスプレー

オスプレー

出典:Amazon.co.jp

アメリカ製の「オスプレー」は高い機能性が魅力のメーカーで、背面パッドにこだわり、快適に使えるリュックを追求しています。比較的低価格で購入できるので、コストパフォーマンスにも優れています。

モンベル

モンベル

出典:Amazon.co.jp

日本製の「モンベル」の製品は国内で生産されており、質の良さから信頼されているメーカーです。用途に応じたサイズも豊富で、日本人の体型にフィットしやすいという特徴があります。

カリマー

カリマー

出典:Amazon.co.jp

イギリスのメーカー「カリマー」は、トルソーの長さによって同じデザインのモデルから3パターン選べます。タイプ1は女性向け、タイプ2は男性向け、タイプ3は高身長の方向けとなっており、自分の体に合ったサイズを選べます。デザイン性の良さや豊富なカラー展開でも人気のメーカーです。

ノースフェイス

ノースフェイス

出典:Amazon.co.jp

アメリカのアウトドアメーカーとして知名度の高い、「ノースフェイス」のリュックは楽に背負えるような構造を採用しています。背骨のラインに合わせた構造は背中への負担を減らしつつ高い通気性を確保しており、快適に使用できます。

登山リュックのおすすめ14選【容量別】

【30L前後】登山リュック6選!日帰り登山から一泊向け

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値15,120円(税込)

この商品の特徴

軽快なアクティビティーのためのマルチユースパックです。アジャスタブルエアスピードベンチレーテッドバックシステムを採用し、背面長調整が可能になりました。また、ヒップベルトを含み大小6個もファスナー付のポケットがあります。フレーム付なので背負った時しっかり感があります。デイハイキングに適したパネルローダーです。コンパクトながら豊富な機能を装備しているため、日帰り登山をする方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

軽快なアクティビティーのためのマルチユースパックです。アジャスタブルエアスピードベンチレーテッドバックシステムを採用し、背面長調整が可能になりました。また、ヒップベルトを含み大小6個もファスナー付のポケットがあります。フレーム付なので背負った時しっかり感があります。デイハイキングに適したパネルローダーです。コンパクトながら豊富な機能を装備しているため、日帰り登山をする方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値18,700円(税込)

この商品の特徴

高強度のナイロンのメインファブリックです。擦れやすいボトム部分は、ナイロンで補強し、フィット感を高めた背面とショルダー、ヒップハーネス構造になっています。また、パック背面中央に1本のフレームを入れているためパックの重量を抑えています。見た目とは違い、多くの荷物が入り、何よりも荷物を入れても軽いため、普段荷物が多い方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

高強度のナイロンのメインファブリックです。擦れやすいボトム部分は、ナイロンで補強し、フィット感を高めた背面とショルダー、ヒップハーネス構造になっています。また、パック背面中央に1本のフレームを入れているためパックの重量を抑えています。見た目とは違い、多くの荷物が入り、何よりも荷物を入れても軽いため、普段荷物が多い方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値15,840円(税込)

この商品の特徴

deuter(ドイター)リュックです。ハイキングや登山に新たな快適性をもたらすライトウェイトで機能的なトップローダー式パックです。2018年からフルモデルチェンジになった新しい背面メッシュタイプでさらに発汗量を抑制してくれます。2気室構造ですが、ジッパー式の仕切りのため、1気室のようにお使いいただくこともできます。行程長めのデイハイクやトレッキングに使えるパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

deuter(ドイター)リュックです。ハイキングや登山に新たな快適性をもたらすライトウェイトで機能的なトップローダー式パックです。2018年からフルモデルチェンジになった新しい背面メッシュタイプでさらに発汗量を抑制してくれます。2気室構造ですが、ジッパー式の仕切りのため、1気室のようにお使いいただくこともできます。行程長めのデイハイクやトレッキングに使えるパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値20,950円(税込)

この商品の特徴

デイパックサイズのフィット感とサポート力を強化したSTOUT30です。安定的な荷重移動を可能にするスプリングスチール・ウィッシュボーンフレームがついています。ピークバギングや景色のよい湖畔周遊道に適したサイズながら、調節可能で高通気性トレイルフレックス・サスペンションと豊富なトレイル機能を組み込みました。スタウト最小サイズのパックながら、高機能揃いです。両サイドウォーターボトル/アクセサリーポケットなど専用ポケットも充実しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

デイパックサイズのフィット感とサポート力を強化したSTOUT30です。安定的な荷重移動を可能にするスプリングスチール・ウィッシュボーンフレームがついています。ピークバギングや景色のよい湖畔周遊道に適したサイズながら、調節可能で高通気性トレイルフレックス・サスペンションと豊富なトレイル機能を組み込みました。スタウト最小サイズのパックながら、高機能揃いです。両サイドウォーターボトル/アクセサリーポケットなど専用ポケットも充実しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値-(税込)

この商品の特徴

日帰りから小屋泊までの山行に最適な30リットルタイプのリュックサックです。人間工学に基づいた新設計ハーネスにより、本体の荷重を理想的に肩と腰に分散し、高い安定性を実現しました。ハイキング・トレッキングのビギナーはもちろん、本格的な山行までカバーできる充実した機能が魅力です。背あて等がしっかりしているため、長時間の山行の際におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

日帰りから小屋泊までの山行に最適な30リットルタイプのリュックサックです。人間工学に基づいた新設計ハーネスにより、本体の荷重を理想的に肩と腰に分散し、高い安定性を実現しました。ハイキング・トレッキングのビギナーはもちろん、本格的な山行までカバーできる充実した機能が魅力です。背あて等がしっかりしているため、長時間の山行の際におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

最安値11,880円(税込)

この商品の特徴

フロントのコンプレッションポケットや、行動中にもアクセスしやすいサイドポケットなど、多彩なポケットを備えたパックです。凹凸を持たせたバックパネルと高い通気性を持つショルダーハーネスが不快な蒸れを解消します。また、本体とフロントポケットの間に、ウインドブレーカーやレインウエアなどを挟むことが可能です。色、形、ポケット、ベルト等シンプル好きな方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

フロントのコンプレッションポケットや、行動中にもアクセスしやすいサイドポケットなど、多彩なポケットを備えたパックです。凹凸を持たせたバックパネルと高い通気性を持つショルダーハーネスが不快な蒸れを解消します。また、本体とフロントポケットの間に、ウインドブレーカーやレインウエアなどを挟むことが可能です。色、形、ポケット、ベルト等シンプル好きな方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【40L前後】登山リュック7選!山小屋泊におすすめ

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値21,450円(税込)

この商品の特徴

行く場所や背負う人を選ばないミレーの定番登山用バックパックです。フィルターフォームという素材を採用しており、体へのストレスを軽減し雑菌の繁殖も抑えてくれます。どんな体系の方にもしっかりとホールドするこのバックパックは疲れを減らし、集中力を維持して安全登山をサポートします。体にフィットするバックパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

行く場所や背負う人を選ばないミレーの定番登山用バックパックです。フィルターフォームという素材を採用しており、体へのストレスを軽減し雑菌の繁殖も抑えてくれます。どんな体系の方にもしっかりとホールドするこのバックパックは疲れを減らし、集中力を維持して安全登山をサポートします。体にフィットするバックパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値29,800円(税込)

この商品の特徴

オーバーナイトのハイキングからピークハントまで、豊富な機能が様々な用途に答えてくれるマルチユースパックです。1泊の小屋泊まりや登山、荷物の多い日帰り登山やハイキングに適したトップロード式バックパックです。下部アクセスジッパーにより1室2室の切替が可能です。機能的で登山向けのバックパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

オーバーナイトのハイキングからピークハントまで、豊富な機能が様々な用途に答えてくれるマルチユースパックです。1泊の小屋泊まりや登山、荷物の多い日帰り登山やハイキングに適したトップロード式バックパックです。下部アクセスジッパーにより1室2室の切替が可能です。機能的で登山向けのバックパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値26,400円(税込)

この商品の特徴

ベンチレーション効果により背面部の快適性を高めた「エアスペースシステム」を採用したバックパックです。背面の汗やムレを軽減し、より快適な山行を実現します。本体に内蔵されたアルミフレーム+PEプレートをヒップベルトに効果的にリンクさせ、高いフィット感と安定性を確保しています。耐久性に優れた機能的なバックパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ベンチレーション効果により背面部の快適性を高めた「エアスペースシステム」を採用したバックパックです。背面の汗やムレを軽減し、より快適な山行を実現します。本体に内蔵されたアルミフレーム+PEプレートをヒップベルトに効果的にリンクさせ、高いフィット感と安定性を確保しています。耐久性に優れた機能的なバックパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値26,400円(税込)

この商品の特徴

ボディにフィットする高通気性の新設計クロスフローサスペンション、改良ショルダーハーネス、いかなる地形でも快適な新ランバーパッドを備えた最新型の流線型軽量パックです。ボディにフィットするカーゴコンパートメントがバランスを向上させ、新しい伸縮性フロントポケットが移動中のギアの出し入れを容易にします、最新型のトレッキングパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ボディにフィットする高通気性の新設計クロスフローサスペンション、改良ショルダーハーネス、いかなる地形でも快適な新ランバーパッドを備えた最新型の流線型軽量パックです。ボディにフィットするカーゴコンパートメントがバランスを向上させ、新しい伸縮性フロントポケットが移動中のギアの出し入れを容易にします、最新型のトレッキングパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値15,400円(税込)

この商品の特徴

上部をまるめて開閉できるロールトップ仕様で、荷物を出し入れしやすい撥水加工のバックパックです。ハイドレーションシステムに対応するバックパック。荷物を出し入れしやすいロールトップ仕様とU字型に開くファスナー付きで、優れた収納力を発揮します。通気性、クッション性抜群で荷物の出し入れが楽なバックパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

上部をまるめて開閉できるロールトップ仕様で、荷物を出し入れしやすい撥水加工のバックパックです。ハイドレーションシステムに対応するバックパック。荷物を出し入れしやすいロールトップ仕様とU字型に開くファスナー付きで、優れた収納力を発揮します。通気性、クッション性抜群で荷物の出し入れが楽なバックパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値16,000円(税込)

この商品の特徴

日帰りから小屋泊まで対応する36L(Mサイズ)容量のトレッキングパックです。生地強度を高めながら、軽量化を実現しています。雨蓋の容量を大きく変更し、フロントにレインカバー収納用ポケットを配備しています。通気性を持つバックパネルに、荷重を身体に近づけるスタビライザー連動のヒップハーネスを採用しています。ビギナーから経験豊かなトレッカーまで満足度が高いオールラウンドモデルです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

日帰りから小屋泊まで対応する36L(Mサイズ)容量のトレッキングパックです。生地強度を高めながら、軽量化を実現しています。雨蓋の容量を大きく変更し、フロントにレインカバー収納用ポケットを配備しています。通気性を持つバックパネルに、荷重を身体に近づけるスタビライザー連動のヒップハーネスを採用しています。ビギナーから経験豊かなトレッカーまで満足度が高いオールラウンドモデルです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値40,267円(税込)

この商品の特徴

スノーパックの大定番「コード」の後継モデルのキャンバーです。。メインコンパートメントにはトップローディングまたはバックパネルアクセスの両方可能です。取り外し可能なトップポケット付きです。トップポケットを外した時に、雪の浸入を防ぐフラップジャケット付き、トップポケット下にロープ固定ストラップとジッパー付きポケット付属です。ハイ&ロー切り換え式ヘルメットキャリー、上部と下部にサイドコンプレッションストラップなど、その他の機能も充実しています。スキー/スノーボードアタッチメントで当たる箇所はハイパロンで補強されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スノーパックの大定番「コード」の後継モデルのキャンバーです。。メインコンパートメントにはトップローディングまたはバックパネルアクセスの両方可能です。取り外し可能なトップポケット付きです。トップポケットを外した時に、雪の浸入を防ぐフラップジャケット付き、トップポケット下にロープ固定ストラップとジッパー付きポケット付属です。ハイ&ロー切り換え式ヘルメットキャリー、上部と下部にサイドコンプレッションストラップなど、その他の機能も充実しています。スキー/スノーボードアタッチメントで当たる箇所はハイパロンで補強されています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【50L以上】登山リュック!テント泊や連泊登山に

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値33,490円(税込)

この商品の特徴

30年にわたり1人1人の体に最もフィットするパックのデザインに専心してきたGREGORY(ウェイン・グレゴリー)が作り上げたパックです。バルトロ65はそのスリムなデザインに搭載されたレスポンスA3サスペンションがトレイルを圧倒するパフォーマンスを発揮します。十分な快適性と先進性を兼ね備えたパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

30年にわたり1人1人の体に最もフィットするパックのデザインに専心してきたGREGORY(ウェイン・グレゴリー)が作り上げたパックです。バルトロ65はそのスリムなデザインに搭載されたレスポンスA3サスペンションがトレイルを圧倒するパフォーマンスを発揮します。十分な快適性と先進性を兼ね備えたパックをお探しの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー