コールマンのテントのおすすめ10選【2019年版】

コールマンのテントのおすすめ10選【2019年版】

アウトドアの一大イベントと言えばキャンプですが、キャンプで楽しく過ごせるかどうかはテントで決まると言っても過言ではありません。今回はキャンプやフェスで活躍するコールマンのテントについてご紹介します。人気のタープやスクリーンシェードが付いているテントや便利な2ルームタイプもご紹介しています。またワンタッチで組み立てられるタフドームやポール式で簡単に設営できるタイプもあります。他にも建て方やたたみ方が簡単な商品もたくさんご紹介します。2018年現在人気で、特におすすめの「ツーリングドーム」や「タフワイドドーム300」、「ウェザーマスター270」もご紹介しています。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

コールマンのテントの特徴

コールマンのテントの特徴

出典:Amazon.co.jp

幅広い価格と機能性

コールマンのテントの特徴は「誰でも使いやすい」「低価格から購入できる」という点です。テントを購入するときに、初心者の方が感じやすいのは「良さそうだけど、こんなに本格的なもの、使いこなせるのだろうか」という不安です。コールマンのテントなら、初心者の方でも安心して購入できるタイプがたくさんあります。もちろん、アウトドア上級者の方が十分に満足できるタイプも豊富です。

価格帯も同様、幅広いテントが用意されています。たまにしか使わないから出来るだけ安くて良いものを、と考える方にもコールマンのテントは人気です。手を付けやすい価格帯のものから、上級者の満足できる機能性に富んだ価格のものまで幅広く揃っています。

豊富なデザイン

コールマンのテントに「おしゃれ」というイメージがある方も多いでしょう。デザインが豊富でカラーバリエーションも多いこともコールマンのテントの特徴です。使う人やシチュエーションに合ったデザインのものを選ぶことで、アウトドアをより一層楽しむことができます。いかにもスタンダードなデザインのテントもありますし、まるで秘密基地のようなわくわくするデザインのものもあります。

シリーズ別の特徴

コールマンのテントにはいくつかのシリーズがあります。それぞれのシリーズに特徴があるので、どんなシリーズがあるのかを知っておくと選びやすくなります。

ファミリーにおすすめの「タフドーム」

ファミリーにおすすめの「タフドーム」

出典:Amazon.co.jp

まずは家族におすすめの「タフドーム」です。タフドームの特徴は広さと高さです。面積が広いので、家族5人でも使えます。ゆっくりと足を伸ばして安らぐことができます。また、タフドームは高さもあります。一番高いところで185cmあるので、大人が立って動くことができます。価格も比較的安めに設定されているので、初めての家族キャンプにもおすすめです。

季節を選ばない「ウェザーマスター」

季節を選ばない「ウェザーマスター」

出典:Amazon.co.jp

ウェザーマスターは名前の通り、天候や季節を問わずに使えるテントです。耐水性が高いので、雨が降っても安心です。冬のキャンプなど、過酷な環境でも使うことができるので、上級者の方にも人気です。他のシリーズに比べると価格はやや高いですが、ウェザーマスターがあれば1年を通していつでもどこでも使うことができます。

コンパクトで持ち運びに便利な「エクスカーションティピー」

コンパクトで持ち運びに便利な「エクスカーションティピー」

出典:Amazon.co.jp

「テントはできるだけ小型で使いやすいものが良い」という方に人気のテントで、設営や持ち運びが楽です。真ん中にポールを立てて組み立てるので、かわいい三角のテントができあがります。コールマンのコンパクトテントなら4人くらいまでなら十分寝ることができます。できるだけ省スペースで無駄のないテントを使いたいという方にもおすすめです。他のシリーズに比べると価格も安く設定されています。

デザイン重視派には「アメリカンヴィンテージ」

デザイン重視派には「アメリカンヴィンテージ」

出典:Amazon.co.jp

おしゃれなテントがいい、というデザイン重視派の方に人気なのがアメリカンヴィンテージです。2017年にカタログで紹介されて以来、絶大な人気があります。レトロな雰囲気があり、いつもとは違ったアウトドアを楽しむことができそうです。これからアウトドアを始めたいという女性にもおすすめです。ただし、アメリカンヴィンテージに使われている生地は、他のシリーズのものに比べて少し重めにつくられているので注意が必要です。初心者でも複数人で設営や片付けができれば問題ありません。

コールマンのテントの選び方

テントは大きさや形など、どれを選べば良いのか迷いやすいものです。どんなところに注目して選べば失敗が少ないのかを知っておくと選びやすくなります。

使用人数で選ぶ

テントの大きさは「使用する人数」を目安にします。2~3人用、4~5人用などが主です。実際にテントを選ぶときは「使用する人数+1人分」で考えておきましょう。たとえば3人で使いたいのであれば「4~5人用」などがおすすめです。これは、使用する人の荷物を置く場所を確保したり、手足を伸ばしてゆったりを使うためです。1人分の余裕があればスペースに余裕ができるので、テント内で快適に過ごすことができます。

求める機能に合わせて形状を選ぶ

雨風に強い「ドーム型」

コールマンのテントで一般的なのは、このドーム型です。フォルムが丸く、設営がしやすいという特徴があります。また、丸い形が風や雨の衝撃を和らげてくれるので安心感もあります。

2部屋に分けられる「ツールーム型」

2部屋に分けられる「ツールーム型」

出典:Amazon.co.jp

ツールーム型とは、部屋で言えば1つのテントの中に2部屋あるタイプです。自宅と同じようにリビングと寝室、などに分けられます。キャンプ時のテントの中は何かと散らかりやすく、何がどこにあるのかわからなくなる、という方は多いようです。そんなときにツールーム型であればテント内をすっきりとさせながら快適に使うことができます。

とんがり屋根のかわいい「ティピー型」

ティピー型とは、テントの天井が三角にとがったタイプです。物語に出てくるような三角のフォルムが特徴です。かわいいだけでなく、設営も簡単で他のタイプに比べるとやや軽量というメリットもあります。

耐水性は1,500mm以上のものを

アウトドアでは天候の変化に振り回されがちです。特に雨は厄介です。テントの中に水が入ってきてしまうと、荷物や足元が濡れて不快な思いをすることになります。そこで確認しておきたいのが「耐水性」です。

コールマンのテントには、どれくらいの雨に耐えられるかが表示されています。初心者用のライトなテントでも「1,500mm以上の耐水圧」というものがあります。1,500mmの耐水圧があればある程度の強い雨でも問題ありません。雨が特に強い地域でテントを使用する可能性がある方は、2,000mm以上のタフシリーズ、3,000mm以上のウェザーマスターシリーズなどを検討してみると良いでしょう。

組み立て・片付けが簡単か

組み立て・片付けが簡単か

出典:Amazon.co.jp

テントは必要なときは組み立てて、帰るときには片付けなければなりません。組み立てや片付けはできるだけ簡単なものを選びましょう。テントの扱いに慣れていない方は、ドームタイプやティピータイプがおすすめです。

コールマンのテントおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値48,900円(税込)
3.00(2件)

この商品の特徴

「タフワイドドーム300」に、外での食事にも便利なヘキサタープがセットになっています。設営や片付けがしやすいポールフックを使っているので、初心者の方や女性でも扱いが簡単です。メインポールにはランタンを吊り下げられるランタンハンガーがついています。高さは185cmあるので、大人の男性でもゆったりたと使えそうです。スマホやメガネを収納するポケットや、コンセントを出す部分もあります。実際にテントを使ってみると便利と感じる工夫がいっぱいです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

「タフワイドドーム300」に、外での食事にも便利なヘキサタープがセットになっています。設営や片付けがしやすいポールフックを使っているので、初心者の方や女性でも扱いが簡単です。メインポールにはランタンを吊り下げられるランタンハンガーがついています。高さは185cmあるので、大人の男性でもゆったりたと使えそうです。スマホやメガネを収納するポケットや、コンセントを出す部分もあります。実際にテントを使ってみると便利と感じる工夫がいっぱいです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:ec.coleman.co.jp

最安値162,000円(税込)

この商品の特徴

4人~6人用のテントです。テントスペースとリビングスペースに分けて使えるツールーム型です。テント内の空気を循環させるために、様々なところにメッシュが使われています。天井部分にはクリアルーフが使われているので、夜の星空も見られそうです。また、大型のクリアウィンドウもついているので、テントの中にいながら外の天気を確認することもできます。本体の素材にはテフロンで撥水加工がされているので、雨に濡れても手入れが簡単です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

4人~6人用のテントです。テントスペースとリビングスペースに分けて使えるツールーム型です。テント内の空気を循環させるために、様々なところにメッシュが使われています。天井部分にはクリアルーフが使われているので、夜の星空も見られそうです。また、大型のクリアウィンドウもついているので、テントの中にいながら外の天気を確認することもできます。本体の素材にはテフロンで撥水加工がされているので、雨に濡れても手入れが簡単です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

最安値26,784円(税込)
4.64(22件)

この商品の特徴

テントの設営が苦手な方でも1人で簡単に組み立てられるアシスト機能付きのテントです。素材にはアルミ合金製のメインポールが使われているので、強い風でも安心です。雨の耐水圧は2,000mmあります。雨風が強いところでの使用にもおすすめです。人数は2~3人向きの広さです。高さは160cmなので、小柄な方であれば屈まずに過ごすことができます。ランタンハンガーやコード引き出し口、ストームガード、メッシュポケットなどもついています。付属品にはハンマーやロープ、ペグ、収納ケースもついているので、キャンプはこれだけで十分でしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

テントの設営が苦手な方でも1人で簡単に組み立てられるアシスト機能付きのテントです。素材にはアルミ合金製のメインポールが使われているので、強い風でも安心です。雨の耐水圧は2,000mmあります。雨風が強いところでの使用にもおすすめです。人数は2~3人向きの広さです。高さは160cmなので、小柄な方であれば屈まずに過ごすことができます。ランタンハンガーやコード引き出し口、ストームガード、メッシュポケットなどもついています。付属品にはハンマーやロープ、ペグ、収納ケースもついているので、キャンプはこれだけで十分でしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値16,147円(税込)
4.35(181件)

この商品の特徴

こぢんまりした造りが人気のティピータイプのテントです。造りがシンプルなので初心者の方でも扱いやすいです。インナーテントを広げてメインポールをセットして持ち上げるだけで、簡単に組み立てることができます。片付けもメインポールを外してたたむだけです。3~4人に向いています。雨の耐水圧は1,500mmなので少し強めの雨でも安心です。重さも約6kgしかないので、テントとしては軽量で、持ち運びもしやすいでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

こぢんまりした造りが人気のティピータイプのテントです。造りがシンプルなので初心者の方でも扱いやすいです。インナーテントを広げてメインポールをセットして持ち上げるだけで、簡単に組み立てることができます。片付けもメインポールを外してたたむだけです。3~4人に向いています。雨の耐水圧は1,500mmなので少し強めの雨でも安心です。重さも約6kgしかないので、テントとしては軽量で、持ち運びもしやすいでしょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値16,660円(税込)
4.37(271件)

この商品の特徴

2~3人用ですが、1人でのソロキャンプでも活躍しそうなコンパクトなドームテントです。ポールをポケットに差し込むだけで簡単に組み立てられます。雨の耐水圧は1,500mmです。入り口部分が大きく開いているので開放感があります。テントの前室が広いので、ちょっとした調理などにも使えるスペースとして重宝しそうです。重さは5.6kgと軽量です。初めてテントを購入するという方や、少人数でのテント使用が多い方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

2~3人用ですが、1人でのソロキャンプでも活躍しそうなコンパクトなドームテントです。ポールをポケットに差し込むだけで簡単に組み立てられます。雨の耐水圧は1,500mmです。入り口部分が大きく開いているので開放感があります。テントの前室が広いので、ちょっとした調理などにも使えるスペースとして重宝しそうです。重さは5.6kgと軽量です。初めてテントを購入するという方や、少人数でのテント使用が多い方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:ec.coleman.co.jp

最安値10,778円(税込)

この商品の特徴

日光を90%ブロックしてくれるので、夏場でも快適に使えるテントです。日光からの熱を遮断することでテント内の温度変化を最小限に抑えてくれます。側面にはクリアルーフがついているので、必要に応じて外の光を取り込むこともできます。定員は1人の小型テントですが、雨の耐水圧は3,000mmと安心感があります。重量は3.5kgしかないので荷物にもなりません。キャンプはもちろん、野外のフェスなどに持って行っても活躍しそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

日光を90%ブロックしてくれるので、夏場でも快適に使えるテントです。日光からの熱を遮断することでテント内の温度変化を最小限に抑えてくれます。側面にはクリアルーフがついているので、必要に応じて外の光を取り込むこともできます。定員は1人の小型テントですが、雨の耐水圧は3,000mmと安心感があります。重量は3.5kgしかないので荷物にもなりません。キャンプはもちろん、野外のフェスなどに持って行っても活躍しそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,658円(税込)
4.43(131件)

この商品の特徴

アウトドアは楽しみたいけど虫が苦手という方におすすめのテントです。メッシュには住友化学が開発した防虫素材が使われています。この防虫メッシュは、コールマン製品用に開発されているので他ブランドでは使われていません。虫を防ぎながらも通気性は通常のメッシュの2.5倍なので、外の空気をしっかりと取り込むことができます。本体はフルオープン、フルクローズなので状況に合わせて使い方を選ぶことができます。運動会のときはフルオープンにすると良さそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アウトドアは楽しみたいけど虫が苦手という方におすすめのテントです。メッシュには住友化学が開発した防虫素材が使われています。この防虫メッシュは、コールマン製品用に開発されているので他ブランドでは使われていません。虫を防ぎながらも通気性は通常のメッシュの2.5倍なので、外の空気をしっかりと取り込むことができます。本体はフルオープン、フルクローズなので状況に合わせて使い方を選ぶことができます。運動会のときはフルオープンにすると良さそうです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:ec.coleman.co.jp

最安値58,320円(税込)

この商品の特徴

雨風に強いウェザーマスターシリーズのテントです。3~4人向けにつくられています。雨の耐水圧は3,000mmあるので、かなり強い雨に遭っても安心できそうです。素材には結露しにくいコットン混紡を使っています。そのため空気の通りが良く、室内を快適に保ちます。しっかりしたテントですが、ポールにクリップを取り付けるだけなので、大人が2人いればすぐに組み立てられます。片付けも簡単です。ランタンハンガーやメッシュポケットもついています。上部には空気の取り込み口もついているので、空気の入れ換えも簡単です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

雨風に強いウェザーマスターシリーズのテントです。3~4人向けにつくられています。雨の耐水圧は3,000mmあるので、かなり強い雨に遭っても安心できそうです。素材には結露しにくいコットン混紡を使っています。そのため空気の通りが良く、室内を快適に保ちます。しっかりしたテントですが、ポールにクリップを取り付けるだけなので、大人が2人いればすぐに組み立てられます。片付けも簡単です。ランタンハンガーやメッシュポケットもついています。上部には空気の取り込み口もついているので、空気の入れ換えも簡単です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:ec.coleman.co.jp

最安値91,800円(税込)

この商品の特徴

かわいらしいティピータイプのテントですが、4~5人が過ごせる大型です。インナーテントを外せばワイドリビングとして使うこともできます。2ルームとしての使用も可能です。夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。4シーズンを通して使えるテントです。テントの足元にはスカート付きのフライシートがついているので、冷たい風が室内に入りません。中は195cmの高さがあるので、背が高い男性が入っても屈まずに過ごせます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

かわいらしいティピータイプのテントですが、4~5人が過ごせる大型です。インナーテントを外せばワイドリビングとして使うこともできます。2ルームとしての使用も可能です。夏は涼しく、冬は暖かく過ごせます。4シーズンを通して使えるテントです。テントの足元にはスカート付きのフライシートがついているので、冷たい風が室内に入りません。中は195cmの高さがあるので、背が高い男性が入っても屈まずに過ごせます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:ec.coleman.co.jp

最安値49,680円(税込)

この商品の特徴

コールマンとモンロのコラボレーションレーベルです。デザイン性と実用性を兼ね備えたタフワイドドームテントです。アシストクリップがついているので、1人での設営も簡単です。雨の耐水圧は2,000mmあるので、強い雨が降っても安心です。テントの中は185cmの高さがあります。居心地の良さはもちろん、高いデザイン性でアウトドアの雰囲気や気分を良くしてくれそうです。普通とはちょっと違った個性的なテントを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

コールマンとモンロのコラボレーションレーベルです。デザイン性と実用性を兼ね備えたタフワイドドームテントです。アシストクリップがついているので、1人での設営も簡単です。雨の耐水圧は2,000mmあるので、強い雨が降っても安心です。テントの中は185cmの高さがあります。居心地の良さはもちろん、高いデザイン性でアウトドアの雰囲気や気分を良くしてくれそうです。普通とはちょっと違った個性的なテントを探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー