子ども用デジタルカメラのおすすめ3選&選び方【感性を育てる】

子ども用デジタルカメラのおすすめ3選&選び方【感性を育てる】

子どもの習い事の幅がどんどん大人化されています。中でも趣味育成を兼ねた子ども用デジタルカメラは、一眼レフを使用した体験教室があるほどレベルの高いものになっています。本格的な子ども用デジタルカメラを選べば、写真を撮る親のしぐさを真似たい気持ちも満たされ、子どもの感性をどんどん豊かにしてくれます。今回は子ども用デジタルカメラの種類いや特徴、与えるメリット、選び方、おすすめ商品をご紹介します。

子ども用デジタルカメラとは

子ども用デジタルカメラとは

出典:Amazon.co.jp

子ども用デジタルカメラとは、子どもが使用できるような電子玩具でありながら、しっかり撮影もできてしまうキッズ家電の一つです。カメラ型のおもちゃですが、実際に撮影ができたり、動画を撮ったりすることができます。大人が使用するものを、同じように操作したい小さな子どもの欲求を満たすばかりではありません。写した作品を通して、子どもとのコミニュケーションツールとしても使用できます。楽天やAmazon、コストコ、トイザらスなどでも販売されています。

子ども用デジタルカメラの対象年齢

子ども用デジタルカメラの対象年齢は、一番低い年齢で3歳以上です。それより小さな子は、持ててもシャッターを意識して切ることが難しいことがあります。また、3歳以上になるとどんな年齢になっても長く使用できます。

子ども用デジタルカメラの種類

キャラクターデザインデジタルカメラ

キャラクターデザインデジタルカメラ

出典:Amazon.co.jp

TVでもお馴染みのキャラクターデザインのものがあります。男女兼用のものも多いですが、プレゼントなどには性別にあったものを選びたいものです。キャラクターそのものが形になっていたり、ワンポイントにデザインされていたりするものなど様々です。

防水機能付きデジタルカメラ

防水機能付きデジタルカメラ

出典:Amazon.co.jp

子ども用デジタルカメラで人気の商品には、防水機能が付いたものがたくさんあります。水上・水中のアクティビティにも活躍できますから、その瞬間の感動を写真や動画におさめられるところも魅力です。カバーなし防水とカバー付き防水があります。

コンパクトデジタルカメラ

コンパクトデジタルカメラ

出典:Amazon.co.jp

対象年齢が6歳を過ぎた辺りから、子ども用デジタルカメラのサイズ感がグッとコンパクトになっているものがあります。子どもの手の平に収まる大きさや、ポケットにすっぽり入るものもあります。

子ども用デジタルカメラの特徴

衝撃に強い

小さな子どものうちは投げたり、落としたり、動作が大きく扱いが雑だったりして大人が使うデジタルカメラを持たせるのも心配です。子ども用デジタルカメラは、耐衝撃性のものが多く安心して持たせてあげられます。

とても軽い

小さな子どもでも手に持って疲れない軽量化タイプになっています。持運びにも負担になることがないので、お散歩やお友達との遊びに持ち歩けます。何気ない時間が、最高の時間に変わっていく子ども用デジタルカメラです。普通のデジタルカメラとの違いは、軽さです。3~4歳では両手に持ってしっかり支えられるものもありますが、それでも約150g前後の軽い商品が多いです。また小学生の子どもになると約50g前後の重さのものもあります。子どもデジタルカメラですが、大人でも欲しがる方が増えています。

操作方法が簡単

未就学児対象のものは特に、操作の方法がとっても簡単です。少し難しいかな?と思うものでも、興味のあるものはすぐに吸収して覚えてしまうので心配ありません。使用して失敗しても、次はどうすればいいかを学ぶいい機会です。

満足できる高性能

満足できる高性能

出典:Amazon.co.jp

子どもデジタルカメラは、大人顔負けの高性能がふんだんに盛り込まれています。画質も良くキレイに撮影できます。動画機能もあるので、自転車に取り付けられるスタンドなどを利用して、元気な遊びの中にどんどん取り入れていきたいものばかりです。時間を持て余した時にできるゲーム機能が搭載されているものもあれば、セルフタイマーでお友達と一緒に被写体になることも可能です。USBですぐにPCに取り込めるから、大人がどんな画像をとったのか確認することも簡単です。

子ども用デジタルカメラを与える時期や場所

子ども用デジタルカメラをプレゼントに考えているけれど、時期的に早いか悩み、どんな時に使用させるのか考えている方もいます。子どもに与えることで得られるものは、結構大きいです。

使う(与える)ことの利点

集中力をのばす

『好きこそものの上手なり』親の真似をしたい子どもは、それがどんな機能を持っていて、どう操作すればいいのかに興味津々です。たくさん触れたいのに、触れられない状況はストレスでグズグズの原因になります。手にした安心感と同時に、モノへ没頭して集中力が発揮される時間にもなるのです。

自己肯定感を育てる

子どもが撮影したものを親に見てもらうことで、コミュニケーションがより一層深まります。褒められれば自己肯定感をもつことができ、相手がどうしたら喜ぶのかも認識していくようです。撮った写真は額縁に入れて部屋に飾ったりして楽しむのもいいです。専用のアルバムを作ってあげても、喜んでくれます。

目を向ける場所にアンテナを張れる

私達大人にはない子どもならではの感性があります。子ども目線の世界に広がっているものは大人では撮影できないものも多く、撮影する場所や被写体にアンテナを張れる力も付いてきます。「今日は、見つけた昆虫を撮影してきてね」などとお題を出してあげれば、意欲をもって取り組むようになるでしょう。

こんな時に与えたい子どもデジタルカメラ

自由研究に

小学生になれば、夏休みなどの自由研究に写真が必要になることもあります。最後まで自分で創り上げるものには画像も含まれていますから、子どもデジタルカメラの必要性はおのずと上がってきます。防塵・防水・耐衝撃性なども十分ですから自由研究にはおすすめです。

毎日の日記に

今日あったことを記録するものとして、文字の他にも写真があれば状況をよりわかりやすく伝えられます。見たのに忘れてしまっていたことでも、写真を見ることで記憶が蘇ってくることも多いです。

家族旅行に

旅行中どうしても大人は撮影する側になりがちです。普段は被写体になることがイヤでも、家族旅行なら子どもの被写体になってみるのも良いですね。大人は子どもを、子どもは大人を撮りあいながら楽しい旅行の想い出作りにもピッタリです。

プレゼンに

お友達が持っているアレが欲しい、こういう風にしたい、と子どもの言葉が未熟でなかなか伝わりにくいこともあります。子どもデジタルカメラがあれば、「撮ってきてみせて」とお願いするだけでOKです。状況が分かって理解するのにも時間がかかりません。

子ども用デジタルカメラの選び方

3歳~5歳

子どもの手の平にあったものはもちろんですが、カメラを支える際に持ちやすい工夫がしてあるデジタルカメラを選びます。例えば両手でしっかりホールドできるタイプや、持つ部分が握りやすいように工夫されているもの。また、指でレンズが隠れてしまわないように中央部分にレンズが設置されているものを選びましょう。操作もボタン一つでできる簡単なものからスタートするのがおすすめです。

6歳~7歳

遊びの幅も大きく広がる年齢ですから、外せないのは防水機能です。また、衝撃に強くお手入れしやすいものが良いでしょう。カメラを支える周辺に滑らない工夫が施されているなど、落下対策があるものも人気です。撮影枚数も増えてきますのでSDカードなどを利用するタイプにしていきます。特に子どもは自分の身近なものを被写体にしますので、接写機能のあるものだとピンボケせずに綺麗に撮影ができます。

8歳以上

子どもデジタルカメラとしてだけじゃない機能が付いているものがおすすめです。ゲーム機能や付属品にリストストラップが付いていて、腕時計のように持ち歩けるもの。また、自転車へ固定して動画を撮影しながら走れるものなど、楽しみ方が広がるアイテムが一緒に付いてくるものを選ぶと良いでしょう。撮影モードの切り替えが必要のないオートモードのものがおすすめです。

子ども用デジタルカメラのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,900円(税込)
4.19(54件)

この商品の特徴

本当に撮影のできるアンパンマンのデジタルカメラです。 今回もレンズが180度に動くので自分撮影ができます。 12種類のかわいいフォトフレーム撮影もできます。 USBケーブルがついているので撮影した写真はすぐにPCに取り込めます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

本当に撮影のできるアンパンマンのデジタルカメラです。 今回もレンズが180度に動くので自分撮影ができます。 12種類のかわいいフォトフレーム撮影もできます。 USBケーブルがついているので撮影した写真はすぐにPCに取り込めます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値5,549円(税込)
4.40(145件)

この商品の特徴

写真から動画まで撮影できるのはもちろん、防水ケースも付いており、場所を選ばずに使用できるのが魅力のカメラです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

写真から動画まで撮影できるのはもちろん、防水ケースも付いており、場所を選ばずに使用できるのが魅力のカメラです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,110円(税込)
3.10(14件)

この商品の特徴

子ども用とは思えない本格的なフォルムのoseiデジタルカメラです。耐衝撃素材を採用し丈夫さがあります。わずか60gという軽さでどこにでも持って行けます。防塵・防水機能もあり、元気な子どもにしっかりついていけるタフなデジタルカメラでありながら、鮮明に撮影ができる高画質が魅力的です。静止画サイズは最大12M(4000 x3000)も撮影可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

子ども用とは思えない本格的なフォルムのoseiデジタルカメラです。耐衝撃素材を採用し丈夫さがあります。わずか60gという軽さでどこにでも持って行けます。防塵・防水機能もあり、元気な子どもにしっかりついていけるタフなデジタルカメラでありながら、鮮明に撮影ができる高画質が魅力的です。静止画サイズは最大12M(4000 x3000)も撮影可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー