GTのロードバイク・クロスバイクおすすめ8選!グラベルも【2021年版】

GTのロードバイク・クロスバイクおすすめ8選!グラベルも【2021年版】

GT Bicycles(GTバイシクルズ)のロードバイク・クロスバイクは、全車種に独自のトリプルトライアングルフレームを採用しており、振動や衝撃吸収性に優れているのが特徴です。快適な走行性を重視した「グラベルロードバイク」や軽量でスピードが出やすい「ロードバイク」、街乗り用の自転車としてもおすすめの「クロスバイク」といった様々なモデルがあります。また、サイズ展開が豊富なため用途や自分の体格にあったものが探せるのも魅力です。今回はGTのロードバイク・クロスバイクの選び方と「グラベル」や「GTR」などおすすめの商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:www.riteway-jp.com

GTとは

GT(GT Bicycles)は、1979年に創業したアメリカの自転車メーカーです。GTのロード・クロスバイクは、舗装されていない道(オフロード)での快適な走行性を追求して開発されています。中でも全ての車体に乗り心地が良く、耐久性と剛性に優れた「トリプルトライアングルフレーム」を採用しているのが大きな特徴です。MTB(マウンテンバイク)のトップブランドとして、ロードレースで多数のチームにフレームを供給している実績があり、衝撃吸収性や耐久性の信頼度が高く安心して乗りやすいのも魅力です。

GTのロード・クロスバイクの特徴

GTのロード・クロスバイクは、全ての車体に独自の「トリプルトライアングルフレーム」を採用しており、どんな路面下でも走行時の衝撃を吸収して快適に走行できるのが特徴です。シートチューブとステーの接点を4か所に増やすことで、本体の軽量化やフレームのしなりの軽減、ペダルの反応速度やフレームの寿命の向上、路面からの衝撃の低減、快適な走行性といったメリットが得られます。2020年以降のモデルには、シートチューブとシートステーが独立構造になった「フローティングステー・トリプルトライアングル」が採用されており、従来よりも約30%快適性が向上しています。

GTのロード・クロスバイクのラインナップ

GTのロード・クロスバイクは快適な走行性を重視した「GRADE」、アルミフレームのため軽量で扱いやすい「GTロード」、オンロード・オフロードの両方に強く街乗りがしやすい「TRAFFIC」や「TRANSEO」など様々なモデルが展開されています。子ども向けモデルや小柄な体格向けのXSサイズなどもあり、初心者から本格的な走行を楽しみたい方まで自分のレベルにあったものが探しやすいのも魅力です。

GTのロード・クロスバイクの選び方

バイクのタイプで選ぶ

グラベルロードバイク:どんな道にも対応できる

GTのロード・クロスバイクは、グラベルロードバイクタイプの「GRADE」シリーズを展開しています。「gravel(砂利道)」と舗装路面両方の快適な走行を視野に入れて開発されており、街乗りから悪路までどんな道にも対応できるのが特徴です。ロード・クロスバイクよりもタイヤの直径が大きめで安定感が高く、長距離走行に向いています。制動力の高いディスクブレーキが装着されており、雨の日でも高いグリップ力が得られるので、スポーツ自転車初心者の方にもおすすめです。

ロードバイク:加速しやすく小さな力でもスピードが出やすい

GTのロード・クロスバイクのロードバイクタイプは、軽量なアルミフレームを採用しており、カーボンフレーム製のロードバイクよりも加速しやすく、山道や平地に関わらず小さな力でスピードが出やすいのがメリットです。ホイールとフレームが「スルーアクスル方式」で固定されており、ディスクブレーキの剛性が高くねじれにも強いのが特徴です。オンロード寄りに設計されたエントリーモデルの「GTロードスポーツ」は、街乗りや、通勤・通学用にも向いています。

クロスバイク:比較的低価格で気軽に使い始めやすい

GTのロード・クロスバイクのクロスバイクタイプは、10万円以下の低価格帯で展開されており、見た目もシティサイクルに近く気軽に使い始めやすいのが魅力です。シンプルでスタイリッシュなデザインの「TRAFFIC」と、油圧式のフロントサスペンションを搭載した「TRANSEO」の2モデルが展開されています。「トランセオスポーツ」は極太のタイヤを採用しており、オンロードが高速で走行できるだけでなく、砂利道や山道も快適に走行できるのが特徴です。通勤や通学、街乗り用としてスピーディーで快適に走れる自転車を探している方におすすめです。

体格にあったフレームサイズを選ぶ

GTのロード・クロスバイクで快適に走行するためには、自分の体格にあったサイズのフレームを選ぶことが重要です。商品毎に設定されている適応サイズを目安に選びましょう。基本的には適応身長の目安を基準にして選びますが、股下や腕、胴のサイズなども把握しておくことで、より自分にあった商品が選べます。サイズが大きすぎるとサドルからハンドルまでの距離が長くなり、操作が不安定になって怪我や転倒のリスクが高まります。反対にサイズが小さすぎると、前傾姿勢が極端になり、身体に負担がかかる場合があるため注意が必要です。

サイズ 適応身長目安(cm)
48(457) 160~175
51(494) 170~185
55(531) 180~190

フレームの素材で選ぶ

初心者でも扱いやすいアルミ素材

初心者でも扱いやすいアルミ素材

GTのロード・クロスバイクの中でも、クロスバイクやエントリーモデルのロードバイク、グラベルロードバイクのフレームにはアルミ素材が採用されています。軽くて耐久性が高いため、初心者にも扱いやすいのが特徴です。カーボン素材よりも衝撃吸収性が弱く、振動を身体に感じやすいため本格的なロードレースには向いていません。反面、柔軟性が高くペダルがこぎやすいので、通勤や通学、街乗り、傾斜の少ない山道などではスピード感のある快適な走行が可能です。

軽量で衝撃にも強いカーボン素材

フレームにカーボン素材を採用したGTのロード・クロスバイクはアルミフレームよりも軽量で、衝撃吸収性が高いのが特徴です。アルミフレームよりも価格帯は高めですが、振動が身体に伝わりにくく乗り心地が良いので、走行時の快適性を重視したい方におすすめです。上位モデルには軽さや強度が異なる複数のカーボン素材が使われており、より高い振動吸収性や耐久性を実現しています。

【グラベルロード】GTのロード・クロスバイクおすすめ3選

軽量で衝撃吸収力の高いフルカーボンフレームを採用

軽量で衝撃吸収力の高いフルカーボンフレームを採用した、最上位モデルのグラベルロードバイクです。シートステーとシートチューブが離れた、フローティングステイ仕様のトリプルトライアングルフレームを採用しています。そのため路面からの衝撃吸収性と剛性、強度が従来のモデルよりも強化されているのが特徴です。街乗り、山道走行、長距離のロングライド、グラベルレースなど、用途にあわせてハンドリングを変えることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

軽量で衝撃吸収力の高いフルカーボンフレームを採用

軽量で衝撃吸収力の高いフルカーボンフレームを採用した、最上位モデルのグラベルロードバイクです。シートステーとシートチューブが離れた、フローティングステイ仕様のトリプルトライアングルフレームを採用しています。そのため路面からの衝撃吸収性と剛性、強度が従来のモデルよりも強化されているのが特徴です。街乗り、山道走行、長距離のロングライド、グラベルレースなど、用途にあわせてハンドリングを変えることができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

2種類のカーボンで衝撃吸収性や耐久性を高めたモデル

カーボンフレーム採用のグラベルロードバイクです。2種類のカーボンを使い、衝撃吸収性や耐久性を高めています。シートチューブとシートステーが離れた、フローティング構造のトリプルトライアングルフレームを採用しており、従来のモデルよりもより快適な走行性が得られます。ロードバイクのスピード感とマウンテンバイクの悪路に強い走行性を兼ね備えているため、舗装された道路は軽やかに、山道は衝撃を吸収してなめらかな走行が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

2種類のカーボンで衝撃吸収性や耐久性を高めたモデル

カーボンフレーム採用のグラベルロードバイクです。2種類のカーボンを使い、衝撃吸収性や耐久性を高めています。シートチューブとシートステーが離れた、フローティング構造のトリプルトライアングルフレームを採用しており、従来のモデルよりもより快適な走行性が得られます。ロードバイクのスピード感とマウンテンバイクの悪路に強い走行性を兼ね備えているため、舗装された道路は軽やかに、山道は衝撃を吸収してなめらかな走行が可能です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

独自のフレームで横方向にブレにくくまっすぐ走りやすい

軽くて丈夫なアルミフレームを採用した、初心者向けのグラベルロードバイクです。トップチューブとシートチューブがつながった独自のフレームを採用しており、横方向にブレにくくまっすぐ走りやすいのが特徴です。路面からの振動の吸収性も高いので、オフロードでも快適に走行できます。制動力の高いディスクブレーキを採用しており、雨でぬかるんだ道や泥道でもブレーキがしっかりかかるもの魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

独自のフレームで横方向にブレにくくまっすぐ走りやすい

軽くて丈夫なアルミフレームを採用した、初心者向けのグラベルロードバイクです。トップチューブとシートチューブがつながった独自のフレームを採用しており、横方向にブレにくくまっすぐ走りやすいのが特徴です。路面からの振動の吸収性も高いので、オフロードでも快適に走行できます。制動力の高いディスクブレーキを採用しており、雨でぬかるんだ道や泥道でもブレーキがしっかりかかるもの魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【ロード】GTのロード・クロスバイクおすすめ2選

どんな道でも走行しやすいオールロードモデル

軽量なアルミフレームを採用したロードバイクです。舗装路とオフロードの走行を得意とするオールロードモデルなので、オンオフを問わず快適に走れるバイクを探している方におすすめです。機械式のディスクブレーキを採用しており、雨の日や泥の道でもブレーキがしっかりきくので天候に左右されずにツーリングが楽しめます。GT独自のトリプルトライアングルフレーム採用で、軽量で剛性に優れているのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

どんな道でも走行しやすいオールロードモデル

軽量なアルミフレームを採用したロードバイクです。舗装路とオフロードの走行を得意とするオールロードモデルなので、オンオフを問わず快適に走れるバイクを探している方におすすめです。機械式のディスクブレーキを採用しており、雨の日や泥の道でもブレーキがしっかりきくので天候に左右されずにツーリングが楽しめます。GT独自のトリプルトライアングルフレーム採用で、軽量で剛性に優れているのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

機械式のディスクブレーキ搭載でどんな路面でもブレーキしやすい

機能と価格のバランスがとれたエントリーモデルのロードバイクです。機械式のディスクブレーキを搭載しており、路面状況に左右されずブレーキがききやすくなっています。また、アルミフレーム採用で軽量のため扱いやすく、ロードバイク初心者の入門用におすすめです。シートステーとシートチューブが独立した、GT独自のフローティング構造の新型トリプルトライアングルフレームを採用し、振動の吸収性にも優れています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

機械式のディスクブレーキ搭載でどんな路面でもブレーキしやすい

機能と価格のバランスがとれたエントリーモデルのロードバイクです。機械式のディスクブレーキを搭載しており、路面状況に左右されずブレーキがききやすくなっています。また、アルミフレーム採用で軽量のため扱いやすく、ロードバイク初心者の入門用におすすめです。シートステーとシートチューブが独立した、GT独自のフローティング構造の新型トリプルトライアングルフレームを採用し、振動の吸収性にも優れています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【クロス】GTのロード・クロスバイクおすすめ3選

制動力が高い油圧式のディスクブレーキを採用

グリップ力とクッション性に優れたクロスバイクです。高速走行時だけでなく、低速時にも安定した柔らかい乗り心地が得られるのが特徴です。制動力が高い油圧式のディスクブレーキ採用で雨の日や泥、砂利の道でも軽い力でコントロールすることができます。トップチューブとシートステーがつながったGT独自のトリプルトライアングルフレームを採用しており、路面からの衝撃を軽減しながら快適に走れるのも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

制動力が高い油圧式のディスクブレーキを採用

グリップ力とクッション性に優れたクロスバイクです。高速走行時だけでなく、低速時にも安定した柔らかい乗り心地が得られるのが特徴です。制動力が高い油圧式のディスクブレーキ採用で雨の日や泥、砂利の道でも軽い力でコントロールすることができます。トップチューブとシートステーがつながったGT独自のトリプルトライアングルフレームを採用しており、路面からの衝撃を軽減しながら快適に走れるのも魅力です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

握り続けても疲れにくい独自のグリップを採用

快適で安定感のある乗り心地が特徴のクロスバイクです。グリップ部分に独自の凹凸があり、握り続けても疲れにくいため長時間快適に走行できます。軽量で耐久性の高いアルミフレームを採用しており、ハンドルの幅が広くコントロール性が高いため初心者の入門用や通勤通学用にもおすすめです。シマノ製の変速機を採用しており、親指と人差し指で簡単に変速できるのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

握り続けても疲れにくい独自のグリップを採用

快適で安定感のある乗り心地が特徴のクロスバイクです。グリップ部分に独自の凹凸があり、握り続けても疲れにくいため長時間快適に走行できます。軽量で耐久性の高いアルミフレームを採用しており、ハンドルの幅が広くコントロール性が高いため初心者の入門用や通勤通学用にもおすすめです。シマノ製の変速機を採用しており、親指と人差し指で簡単に変速できるのも特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

快適な乗り心地でどんな路面でも安定した走行が可能

軽量で丈夫なアルミフレームを採用したクロスバイクです。振動吸収性とメンテナンス性に優れたスチール製のフォークが使われており、快適な乗り心地が得られます。ボリューム感のある40Cタイヤと機械式ディスクブレーキで、砂利道や雨で濡れた路面でも安定した走行が可能です。段差に強く天候に左右されずに走行しやすいため、通勤や通学、街乗り用などの普段使いにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

快適な乗り心地でどんな路面でも安定した走行が可能

軽量で丈夫なアルミフレームを採用したクロスバイクです。振動吸収性とメンテナンス性に優れたスチール製のフォークが使われており、快適な乗り心地が得られます。ボリューム感のある40Cタイヤと機械式ディスクブレーキで、砂利道や雨で濡れた路面でも安定した走行が可能です。段差に強く天候に左右されずに走行しやすいため、通勤や通学、街乗り用などの普段使いにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ロードバイク用のアクセサリーもチェック

ライトやボトルホルダーといったロードバイク用アクセサリーの選び方やおすすめの商品を紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

GTのロードバイク・クロスバイクおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事