心音計のおすすめ3選&選び方【安心なマタニティライフのために】

心音計のおすすめ3選&選び方【安心なマタニティライフのために】

心音計は自宅でも手軽に赤ちゃんの心音が聴けるアイテムです。心音計があれば毎日胎児の心音が聞けるので、胎動を感じられなくて不安な妊娠時期も安心できます。西松屋などのお店に直接行って購入したり、レンタルすることもできます。もちろん、Amazonや楽天で購入することもできます。今回は、心音計についての疑問にお答えしつつ、選び方をご紹介します。おすすめ商品では、アプリに連動できるタイプの商品などをご紹介します。

心音計とは

「胎児超音波心音計」「ドップラー心音計」ともいう

「胎児超音波心音計」「ドップラー心音計」ともいう

出典:Amazon.co.jp

心音計は、赤ちゃんの心音を聴くことができる機械のことです。病院での検診時に胎児の心音を確認するために使われています。超音波を使うことから、「胎児超音波心音計」や「ドップラー心音計」とも呼ばれています。心音計は、超音波が胎児の心臓に当たって跳ね返るときに変化した波を処理することで、スピーカーやイヤホンで心音として聴こえる仕組みになっています。

いつから使える?

いつから使える?

胎児の心音が確認できるのは、妊娠中期の12周目からといわれています。妊娠初期だと、胎児が小さすぎて聞こえない場合が多いようです。病院でも腹部エコー検査に切り替わるのは12週目以降が多く、病院の検査で心音が確認できてから使うと良いでしょう。

心音計を選ぶときのポイント

アプリ連動機能があるかどうか

アプリと連動できるタイプの心音計は、アプリ上で心音を録音できたり心拍の確認、記録をすることができます。毎日心音をチェックする場合、胎児の心拍数の変化や状態が記録されるため、健康管理がしやすくなります。

心拍数の表示モニター

心拍数を表示するモニターが付いていると、一目で心拍数を確認することができます。心音だけでなく心拍数も確認することで、胎児の健康状態もわかりやすくなります。

正規品かどうか

そもそも心音計は医療機器です。心音計をレンタル、販売するには、特定保守管理医療機器販売の許可が必要になります。そのため、ベビー用品が豊富な西松屋などでは購入することができません。フリマサイトでの個人売買や譲り合いも多いですが、実は違法になってしまいます。大切な赤ちゃんのためにも、信頼できる業者や販売店で正規品を購入もしくはレンタルしましょう。

心音計の使い方とコツ

STEP1:乾電池をセットし、電源を入れる

まずは説明書をよく読み、指定の乾電池を入れて電源をONにします。正しく使うためにも、説明書は隅までしっかり読みましょう。

STEP2:お腹にジェルを塗る

心音計をお腹に密着させるために、クリームや専用ジェルをお腹に塗ります。このとき、ジェルはたっぷり使うのがコツです。心音計から出ている超音波は、空気に当たると弱まってしまいます。ジェルなしだと、心音がよく聞こえない場合も多いです。ジェルをたっぷり使ってお腹に密着させるようにしましょう。

STEP3:心音を探す

恥骨のあたりからゆっくり動かして胎児の場所を探っていきましょう。子宮は自分が思っているよりもかなり下の位置にあります。そのため、お腹というよりは恥骨やアンダーヘアの上あたりから探すのがコツです。胎児の大きさによっても心音が聞こえる位置は変わるため、聞こえない場合も焦らずゆっくり動かして心音を探しましょう。「シューシュー」「シュコーシュコー」といった風が吹くような音は血液の音、「トントン」「ポコポコ」といったリズミカルな音が赤ちゃんの心音です。

心音計のおすすめ3選

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー