水引のおすすめ6選&選び方【冠婚葬祭に】

水引のおすすめ6選&選び方【冠婚葬祭に】

冠婚葬祭に欠かせないのが祝儀袋や不祝儀袋です。水引には蝶結びや結び切りなど、結ぶ向きや形があります。色も赤や金などの明るい配色のものや黒のものなど様々で、どの水引が適切なのか迷うこともあるのではないでしょうか。今回は水引の由来、結び方やデザインによって変わる意味合いなどをまとめました。水引の種類と選び方、Amazonなどで販売されているおすすめ商品などもご紹介します。

水引とは

水引とは

ご祝儀袋や不祝儀袋、贈答品などにかける飾りひものことを水引といいます。和紙を細長く切ってこよりにし、のりをしいて乾かしたものです。ほとんどの場合、祝儀を入れる白い包みと水引がセットで販売されています。しかしインターネット通販では水引を単品で購入することもできるので、包みがすでにある場合には便利です。結婚祝い、出産祝い、入学祝いなどのお祝いごとや、弔事などさまざまなシーンで用いられます。

水引の起源と由来

水引の起源は諸説あります。有名な説は、日本人の誤解から始まったというものです。室町時代に中国から輸入した商品の箱には、すべて赤と白の縄がついていました。中国側は輸出する商品と他の商品を区別するためにつけていましたが、日本はこの赤と白の縄を、贈り物の際につけるものだという誤解をしました。そして、日本では贈答品に赤と白の縄をかけるようになったのが始まりだと言われています。次第に国内でこの文化が根付くようになり、江戸時代にはすでに確立されていたそうです。

水引の結び方や向きの意味・種類

水引の結び方や向きによってそれぞれ意味があります。どのようなものがあるのか、代表的な水引の種類を確認しておきましょう。

蝶結び

蝶結び

出典:Amazon.co.jp

何度でも結びなおすことができる蝶結びの水引には、「何度あっても嬉しいこと」という意味があります。例えば、出産、進学、長寿祝いなどです。また御中元やお歳暮で用いられるのも、赤白の蝶結びです。形は文字通り蝶結びです。花結び、リボン結びとも呼ばれます。間違えやすいのが婚礼のお祝いです。結婚のお祝いに、何度あっても嬉しいという意味合いの蝶結びの水引は適切ではありませんので注意しましょう。

結び切り

結び切り

出典:Amazon.co.jp

赤白の蝶結びと同じくらいポピュラーなのが、赤白の結び切りです。こちらは一度結んだらほどけないということから、婚礼に用いられます。婚礼の場合は結び切りでこよりが10本のものを使います。傷病の全快祝いのように婚礼以外の繰り返したくないお祝いごとの場合は結び切りでこより5本のものを使うのが一般的です。形は水引の中央部分の結び目からから上向きに、左右にカーブを描いている形です。固結びとも呼ばれています。

鮑(あわび)結び

鮑(あわび)結び

出典:Amazon.co.jp

結び切りの一種ですが、結び目の形が複雑です。地域によっては「あわじ結び」とも呼ばれます。慶事にも弔事にも使用することができます。結び切りと同様にほどくことが難しく、ひもの先端を両方持って引っ張るとさらに結び目がかたくなることから、ほどけることなく長くお付き合いしたいという願いも込められています。最近は、婚礼用に、飾りあわじというおしゃれにアレンジされたデザイン性の高い水引も人気があります。

水引を選ぶポイント

適切な水引の色を知っておこう

水引には、明るい印象の赤白や金などを用いたものと、白黒や銀などの色を用いた商品があります。どのような違いがあるのかを見て行きましょう。

慶事用は明るい色

結婚祝いや出産祝いなど喜びごと、祝いごとには赤白、赤金、金銀などの色の水引が用いられます。見た目の印象どおり、明るい色が使われているのがお祝い用です。どの色の組み合わせも使われることがありますが、長寿のお祝いなど格式が欲しい場合は金銀の水引がおすすめです。

弔事用はいろんな種類がある

弔事の場合は、黒白や銀、紫銀、黄色白、黒などが用いられます。なぜこんなに色の種類が多いかというと、国内でも地域や宗派によって違いがあるからです。黄色と白の水引は関西圏や北陸の一部地域で使用されています。迷ったときは周りに聞くのが一番ですが、判断が難しい場合は一般的に使われる黒白を選んでもいいでしょう。

水引によって包む金額も変わる

結婚式などで目にする、豪華な水引が付いたものには少なくとも十万円以上を入れるのが望ましいと言われています。見た目の豪華さと中身の金額が一致しなければならないので、事前にいくら用の水引なのかということも確認しておきましょう。特に水引がついた桐箱などは数十万円~数百万円を入れるようになっています。これは不祝儀でも同じで、外袋などに参考金額が書かれている場合が多いため確認しましょう。

水引のおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

金あわじの飾り水引です。結びが大きく両サイドに広がって華やかに雰囲気が出ています。金色はどんな色にも合わせやすいので、封筒の色や柄を気にせずに使うことができそうです。

この商品の特徴

金あわじの飾り水引です。結びが大きく両サイドに広がって華やかに雰囲気が出ています。金色はどんな色にも合わせやすいので、封筒の色や柄を気にせずに使うことができそうです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ラッピングのワンポイントなどにおすすめの飾り水引です。美しい色合いと造形で華やかさを演出できます。両面シール付きで、取り付けが簡単です。淡い色合いながらも、とても豪華な印象を受けるデザインです。梅の花をイメージしており、お正月やお祝い事などでの飾りつけにおすすめです。

この商品の特徴

ラッピングのワンポイントなどにおすすめの飾り水引です。美しい色合いと造形で華やかさを演出できます。両面シール付きで、取り付けが簡単です。淡い色合いながらも、とても豪華な印象を受けるデザインです。梅の花をイメージしており、お正月やお祝い事などでの飾りつけにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

結婚のお祝いにぴったりな金の水引を使った祝儀袋です。淡い金色が上品で可憐な雰囲気を醸し出しています。立体的で豪華な印象も出ているので、お祝いの席で映えるでしょう。封筒も抑えた色調でありながら個性的なデザインです。

この商品の特徴

結婚のお祝いにぴったりな金の水引を使った祝儀袋です。淡い金色が上品で可憐な雰囲気を醸し出しています。立体的で豪華な印象も出ているので、お祝いの席で映えるでしょう。封筒も抑えた色調でありながら個性的なデザインです。

赤城不祝儀袋 短冊4種付
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

シックながら控えめな華やかさがある水引を使った不祝儀袋です。宗派を問わず使えるタイプなので不祝儀全般に使うことができます。不祝儀の水引は黒白や黒銀など、定番のものになりやすいため気持ちを込めにくいものです。このような水引であれば、故人への想いを形にすることができるでしょう。

この商品の特徴

シックながら控えめな華やかさがある水引を使った不祝儀袋です。宗派を問わず使えるタイプなので不祝儀全般に使うことができます。不祝儀の水引は黒白や黒銀など、定番のものになりやすいため気持ちを込めにくいものです。このような水引であれば、故人への想いを形にすることができるでしょう。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

法事やお布施に使える不祝儀袋です。水引は日本製の「京水引」で、手作りされています。丁寧な作りで細やかな部分も作り込まれているので、気持ちを届けるお布施などにはぴったりです。

この商品の特徴

法事やお布施に使える不祝儀袋です。水引は日本製の「京水引」で、手作りされています。丁寧な作りで細やかな部分も作り込まれているので、気持ちを届けるお布施などにはぴったりです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

蝶結びの水引が付いているため、婚礼以外のお祝い、お礼事などに使用することができる祝儀袋です。個人でも会社関係でも使用できるベーシックなデザインです。

この商品の特徴

蝶結びの水引が付いているため、婚礼以外のお祝い、お礼事などに使用することができる祝儀袋です。個人でも会社関係でも使用できるベーシックなデザインです。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー