お薬カレンダーのおすすめ4選&選び方【飲み忘れを防ぐ】

お薬カレンダーのおすすめ4選&選び方【飲み忘れを防ぐ】

つい、お薬を飲み忘れてしまうという方におすすめなのが「おくすりカレンダー(投薬カレンダー)」です。飲むお薬をカレンダーに入れておくだけで、飲み忘れや、二重に飲んでしまうことを防ぐことができます。1、2週間〜1ヶ月まとめて管理できるものが多く、カレンダーとして使用している方もいます。ダイソーなどの100均グッズで手作りすることもできます。今回はお薬カレンダーの選び方や作り方、おすすめ商品をご紹介します。

お薬カレンダーは必要か?

お薬カレンダーは必要か?

病院でお薬をもらうときは、お薬の袋に飲み方が書いてありますし、お薬手帳にも記載があります。しかし、毎日の生活の中でお薬を飲むことに慣れてしまうと、つい飲み忘れてしまうものです。そんなときにお薬カレンダーがあれば、ふと目にすることで飲み忘れを防止できます。また、お薬を飲んだかどうかを忘れてしまった場合でも、お薬カレンダーを見れば「まだ飲んでいない」「もう飲んでいる」と判断をすることもできます。特に長期間お薬を飲み続けなくてはならない方は、お薬カレンダーをあると安心です。

お薬カレンダーの種類と特徴

お薬カレンダーには、大きく分けて3種類あります。どれも用途は同じで「飲み忘れやの見間違いの防止」です。ご自身の生活パターンや環境などによって選ぶと、より使いやすいお薬カレンダーを見つけることができます。

壁掛けタイプ

壁掛けタイプ

出典:Amazon.co.jp

通常のカレンダーと同じように、壁に掛けて使います。カレンダーの日にちのところにポケットがついているので、あらかじめポケットにお薬を入れておきます。布でできているものがほとんどで、使わないときは丸めて収納しておくこともできます。

シートタイプ

ポケットがついたシート状のお薬カレンダーです。持ち運びをしたり、デスクの上に置いて使う場合に便利です。お薬を入れた後に、上からシートをかけることでお薬を清潔に保つことができます。

ピルケースタイプ

ピルケースタイプ

出典:Amazon.co.jp

プラスチック製のピルケース状のお薬カレンダーです。蓋が閉まるようになっているので、持ち運びをしても安心です。100円ショップなどでも売られているので、旅行中などでも準備しやすいでしょう。

お薬カレンダーを選ぶポイント

セットする期間を選ぶ

お薬カレンダーの多くは1週間タイプですが、中には2週間タイプなどもあります。1週間ごとにお薬をセットするのが面倒という方は、1週間分以上のお薬をセットできるものを探してみましょう。

マチが広いと薬を入れやすい

お薬カレンダーのポケットには、マチがあるものと無いものがあります。飲むお薬がかさばるのであれば、マチがついているものが良いでしょう。また、マチも広いものと狭いものがありますので、事前に1回分のお薬にどれくらいのマチが合うのかを確認しておきましょう。

「寝る前」は必要?

お薬カレンダーには「朝」「昼」「夜」がありますが、「寝る前」があるものと無いものがあります。就寝前にお薬を飲まなければならない方は「寝る前」があるお薬カレンダーを選ぶようにしましょう。

ポケットの取り外しができるか

壁掛けタイプのお薬カレンダーは、ポケットの取り外しができないものがあります。ポケットの取り外しができれば、テーブルなどでゆっくりとお薬を入れることができます。高齢の方が使う場合などは、ポケットの取り外しができるものの方が良いでしょう。

外出が多い場合は持ち運びやすいものを

お薬カレンダーを持ち歩かなければならない方は、持ち運びしやすいものを選ぶと良いでしょう。バッグの中などに入れられて、お薬をいれた状態でできるだけカタカタと音がしないものがおすすめです。

お薬カレンダーのつくり方

お薬カレンダーのつくり方

市販のお薬カレンダーで、なかなか気に入るものがない場合は手作りをするという方法もあります。少し工夫すれば誰にでも簡単に作ることができ、安く済ませることもできます。

STEP1:土台を作る

お薬カレンダーの土台にするのは、丈夫で少し固めの素材が良いでしょう。デニム地などであれば、へたりにくいので使いやすくなります。土台の四隅を折り返して縫っておきましょう。

STEP2:ポケットを作る

お薬を入れるポケットは、ナイロンなどでできたポーチやファイルで作ることができます。細長く切って一つひとつ土台に縫い付けましょう。ミシンを使うと楽に取り付けることができます。

STEP3:土台の上部に芯を取り付ける

お薬カレンダーを壁に掛けて使うのであれば、土台の上部に芯を取り付けます。棒状のものであれば何でも良いので、外れないようにしっかりとつけましょう。芯を取り付けることで壁に掛けてもカレンダーがしっかりと広がった状態をキープできます。

STEP4:紐を取り付ける

土台に取り付けた芯に紐を取り付ければ完成です。お好みでデコレーションしたり、日にちや曜日を書き加えると、毎日お薬を飲むのが楽しくなりそうですね。

お薬カレンダーのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,405円(税込)

この商品の特徴

1週間分の壁掛けお薬カレンダーです。マチが無いので、少量のお薬を入れておきたい方におすすめです。丈夫な塩化ビニールを使っているので、ポケットが伸びにくく長く使うことができそうです。日にちの文字が大きいので、子どもや高齢の方でも見やすく使いやすくできています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

1週間分の壁掛けお薬カレンダーです。マチが無いので、少量のお薬を入れておきたい方におすすめです。丈夫な塩化ビニールを使っているので、ポケットが伸びにくく長く使うことができそうです。日にちの文字が大きいので、子どもや高齢の方でも見やすく使いやすくできています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,300円(税込)

この商品の特徴

2週間分のお薬を入れておきたい方におすすめです。マチはありませんが、ポケット上部に工夫がされているので、複数種類のお薬も入れやすそうですね。自分でラベルを書くことができるので、変則的な飲み方をしなくてはならない場合にも使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

2週間分のお薬を入れておきたい方におすすめです。マチはありませんが、ポケット上部に工夫がされているので、複数種類のお薬も入れやすそうですね。自分でラベルを書くことができるので、変則的な飲み方をしなくてはならない場合にも使えます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値8,052円(税込)

この商品の特徴

お薬を入れて、シールで封をすれば、お薬を飲むときにパチっと取り出せます。とても衛生的ですし、複数種類のお薬を一度の飲む場合などに手間がかかりません。高齢の方でも簡単に中のお薬を取り出すことができるので安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

お薬を入れて、シールで封をすれば、お薬を飲むときにパチっと取り出せます。とても衛生的ですし、複数種類のお薬を一度の飲む場合などに手間がかかりません。高齢の方でも簡単に中のお薬を取り出すことができるので安心です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値1,860円(税込)

この商品の特徴

ポケットの取り外しができるお薬カレンダーです。お薬を飲むときにポケットごと取り出すことができるので、座ってゆっくりとお薬を飲むことができます。お薬をセットするときも、取り外したポケットに一気に入れられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ポケットの取り外しができるお薬カレンダーです。お薬を飲むときにポケットごと取り出すことができるので、座ってゆっくりとお薬を飲むことができます。お薬をセットするときも、取り外したポケットに一気に入れられます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー