トレーニングチューブのおすすめ6選!エクササイズを手軽に

トレーニングチューブのおすすめ6選!エクササイズを手軽に

トレーニングチューブは自宅で手軽に腹筋や背筋などの筋肉を鍛えることのできる筋トレグッズです。健康的な体づくりのために筋トレを始めようと思っても、ジムに行くほど時間はないし、本格的な健康器具は高額であったり場所をとったりします。そこで、短時間で簡単に、持ち運びしやすく収納にも困らないのがトレーニングチューブです。種類や強度によって自分に効果的なぴったりのアイテムを見つけることができるため、筋トレ初心者や女性の方でも安心して使うことができます。今回は、トレーニングチューブの選び方や使い方をおすすめ商品とともにご紹介します。

トレーニングチューブとは

トレーニングチューブとは

トレーニングチューブとはゴム製のチューブで、弾力・伸縮性のあるトレーニング道具です。ゴムの伸び縮みする特性を使って筋肉に負荷をかけることでトレーニングを行います。一般的なトレーニングチューブはホースのような筒状をしており、チューブを引っ掛ける場所や方向を変えることで異なる部位を鍛えることができます。

トレーニングチューブを使うメリット

マシンを使わずに負荷をかけた筋トレができる

マシンを使わずに負荷をかけた筋トレができる

筋力トレーニングでは、筋肉の部位を押したり引いたり負荷をかけて刺激を与えることで鍛えます。トレーニングジムなどでは重りを吊ったトレーニングマシンを使うことで的確に負荷をかけていますが、トレーニングチューブがあれば自宅でも適度な負荷を感じながら押す・引くといった動きが可能になります。特に大胸筋などはトレーニングチューブを使うことで効果的に鍛えることができます。

こり固まった肩をストレッチでほぐす

トレーニングチューブは筋トレの他にもストレッチに利用することで、体の筋肉や筋が伸びやすくなります。筋肉が伸びると血行が良くなり、こり固まった筋肉をほぐすことができます。肩こりに悩まされている方や、体力の衰えを感じられている方には、毎日短時間のストレッチで身体をリフレッシュすることをおすすめします。

スロートレーニングに使える

スロートレーニングに使える

筋力トレーニングには瞬発力を生かしたものと、負荷をかける時間を長くすることで筋肉を鍛えるものがあります。一定の時間負荷をかけ続けるトレーニングをスロートレーニングといい、筋肉を肥大させることなく身体を絞り上げることができます。

筋力に合わせてトレーニングができる

ダンベルなどの筋トレグッズは必要な重さを選んでトレーニングを行いますが、重すぎると腰や肘を痛めたり、軽すぎると十分な負荷が与えられなかったりします。トレーニングチューブでは長さや方法を変えるだけで筋力に合わせて適時調整することができるので、無理なく筋トレを行えます。トレーニング初心者の方から、アスリートまで幅広く使える汎用性の高さも魅力の一つです。

トレーニングチューブの選び方

トレーニング方法で選ぶ

使い勝手の良いチューブタイプ

使い勝手の良いチューブタイプ

出典:Amazon.co.jp

チューブタイプは、シンプルなゴムひも状のトレーニングチューブです。輪っかやグリップが付いていない分、使い方にはコツが必要ですが、握ったり挟んだり長さも調節できるので慣れれば非常に多くのトレーニングを行うことができます。トレーニングチューブで筋トレを始めるにあたって、一通りのトレーニング方法を試したい方にもおすすめのタイプです。

安定して部位を鍛えられるバンドタイプ

安定して部位を鍛えられるバンドタイプ

出典:Amazon.co.jp

バンドタイプはゴムが平たく帯状になっているトレーニングチューブです。チューブタイプと異なり、身体と接触する面積が広いので力を加えてもずれたりすることが少なく、安定した状態でトレーニングを行えます。

握りやすいグリップタイプ

握りやすいグリップタイプ

出典:Amazon.co.jp

グリップタイプはチューブタイプやバンドタイプに持ち手が付いているトレーニングチューブです。無理に握りこむ必要がないので手首に負荷がかからず使いやすいです。長さを細かく調整することはできませんが、力のない女性やリハビリとしてトレーニングチューブを使い始める方にもおすすめです。

筋力に合わせて選ぶ

筋力に合わせて選ぶ

出典:Amazon.co.jp

トレーニングチューブには強度があり、筋肉量によって適切な強度のものを使用することが大切です。筋力に自信のない方や初心者の女性なら3kg、スポーツをやっている男性なら7kg、など自分の筋力に合った商品を選ぶことで最適なトレーニングを行うことができます。長さを変えることで筋肉への負荷も変わるので、慣れてきたら自分で調節することもできます。

トレーニングチューブの使い方

トレーニングチューブの使い方

出典:Amazon.co.jp

トレーニングチューブは使い方によって様々な部位の筋肉を鍛えることができます。仕組みはとても簡単ですが、鍛えたい部位によって引っ掛ける場所や、方向が異なるため、それぞれのトレーニング方法を知っておく必要があります。

下半身を鍛える

下半身を鍛えるには、四つん這いになった状態で、床についた両手にトレーニングチューブの端を持ちます。次に足をチューブのいちばん奥の部分にかけ、足裏でしっかりトレーニングチューブをホールドするような意識しましょう。その状態でトレーニングチューブごと足を後ろの蹴り出したり、上下に動かすことで下半身を鍛えることができます。できるだけじっくりと下半身に負荷がかかる時間が長くなりように意識し、足を戻したときに息を吸って、足を動かすときにゆっくりと息を吐くとより効果的です。

上半身を鍛える

上半身を鍛えるには、まず足を投げ出した状態で床に座り、両足の裏を通るようにトレーニングチューブを足先にかけます。次にトレーニングチューブの両端は両手に持ち、そのまま姿勢を正して手に持ったトレーニングチューブを後ろに引きます。このときに肘は上げずに、できるだけ肘が水平に動くように意識しましょう。背中の筋肉がぐっと中心に集まるような感覚があれば正しく鍛えることができています。

クランチでお腹を鍛える

クランチとは、寝たまま首と胸の部分だけを上げる運動です。つま先に引っかけたトレーニングチューブの端を両手でそれぞれ持って、首の後ろで軽く組みます。その状態のまま胸を上げるようなイメージでほんの少し首と胸を上げるだけです。すると腹筋部分に力が入ります。これを繰り返すことで無理なく腹筋を鍛えることができます。

トレーニングチューブのおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値983円(税込)

この商品の特徴

軽くて持ち運びにも便利なミズノのトレーニングチューブです。狭い場所でも気にせず使用でき、カバンに入れて楽に持ち運べるので移動先でも気軽にトレーニングができます。体のあらゆる部位を鍛える事が出来ます。筋トレマシンでは鍛えられない部位のトレーニングも可能です。国産の信頼性の高いメーカーでの商品を探されている方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

軽くて持ち運びにも便利なミズノのトレーニングチューブです。狭い場所でも気にせず使用でき、カバンに入れて楽に持ち運べるので移動先でも気軽にトレーニングができます。体のあらゆる部位を鍛える事が出来ます。筋トレマシンでは鍛えられない部位のトレーニングも可能です。国産の信頼性の高いメーカーでの商品を探されている方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,000円(税込)

この商品の特徴

グリップ付きのトレーニングチューブです。太く強いチューブを採用し、初級レベルから高級レベルまで、段階を踏んで鍛えることができます。足首専用のグリップも付属しており、下半身も鍛えることができます。トレーニングやエクササイズ、ダイエットなど幅広く使うことができ、これからトレーニングチューブを使ってみたいという方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

グリップ付きのトレーニングチューブです。太く強いチューブを採用し、初級レベルから高級レベルまで、段階を踏んで鍛えることができます。足首専用のグリップも付属しており、下半身も鍛えることができます。トレーニングやエクササイズ、ダイエットなど幅広く使うことができ、これからトレーニングチューブを使ってみたいという方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値919円(税込)

この商品の特徴

スタンダードなトレーニングチューブです。6段階の強度レベルがあります。リハビリ用の「-1」から「+4」のスーパーヘビーまであるので、自分の筋力に合わせて選べそうです。長さは3mあるので背が高い方でも使いやすいです。天然ゴムを使っているので、伸びが良く筋力をしっかり刺激することできます。軽い筋トレから体幹やインナーマッスルを鍛えるハードトレーニングまで、何にでも使えるチューブタイプは持っておくと何かと便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スタンダードなトレーニングチューブです。6段階の強度レベルがあります。リハビリ用の「-1」から「+4」のスーパーヘビーまであるので、自分の筋力に合わせて選べそうです。長さは3mあるので背が高い方でも使いやすいです。天然ゴムを使っているので、伸びが良く筋力をしっかり刺激することできます。軽い筋トレから体幹やインナーマッスルを鍛えるハードトレーニングまで、何にでも使えるチューブタイプは持っておくと何かと便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値864円(税込)

この商品の特徴

グリップ付きのトレーニングチューブです。両手で引いたり、足にかけて引っ張ったりできます。簡単なストレッチがしやすい形状なので、トレーニングに慣れていない方でも使いやすいです。家事や仕事の空き時間や寝る前に使うと良いでしょう。強度もソフト・ミディアム・ハードの3種類から選べます。材質の特性上ホコリがつきやすいようなので、こまめに拭くようにしておきましょう。軽い肩こりの解消や、リハビリなどで使いたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

グリップ付きのトレーニングチューブです。両手で引いたり、足にかけて引っ張ったりできます。簡単なストレッチがしやすい形状なので、トレーニングに慣れていない方でも使いやすいです。家事や仕事の空き時間や寝る前に使うと良いでしょう。強度もソフト・ミディアム・ハードの3種類から選べます。材質の特性上ホコリがつきやすいようなので、こまめに拭くようにしておきましょう。軽い肩こりの解消や、リハビリなどで使いたい方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,242円(税込)

この商品の特徴

6段階の強度の中から選べるトレーニングチューブです。ミディアムタイプで約11kg~30kgの負荷をかけることができます。初心者の女性にぴったりの強度でしょう。強度に応じて幅が変わるので、筋力に合ったトレーニングをしやすそうです。いちばん強度が高いのもでウルトラハード(41kg~99kg)まであるので、日々トレーニングをしている男性に合うものも選べます。天然ラテックス製で柔軟性と強度があります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

6段階の強度の中から選べるトレーニングチューブです。ミディアムタイプで約11kg~30kgの負荷をかけることができます。初心者の女性にぴったりの強度でしょう。強度に応じて幅が変わるので、筋力に合ったトレーニングをしやすそうです。いちばん強度が高いのもでウルトラハード(41kg~99kg)まであるので、日々トレーニングをしている男性に合うものも選べます。天然ラテックス製で柔軟性と強度があります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値950円(税込)

この商品の特徴

強度の異なる5本のトレーニングチューブがセットになっています。61cmのループ状になっています。強度の違う5本のトレーニングチューブがセットになっているので、筋力アップをするごとに強度を変えることができて便利です。汗がついても水で洗えるので衛生面が気になる方にも安心できます。幅が5cmあるのでトレーニングに慣れていない方でも安定した動きをしやすく、強度の弱いものもセットに入っているのでご家族で使用される方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

強度の異なる5本のトレーニングチューブがセットになっています。61cmのループ状になっています。強度の違う5本のトレーニングチューブがセットになっているので、筋力アップをするごとに強度を変えることができて便利です。汗がついても水で洗えるので衛生面が気になる方にも安心できます。幅が5cmあるのでトレーニングに慣れていない方でも安定した動きをしやすく、強度の弱いものもセットに入っているのでご家族で使用される方にもおすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

フィットネス機器に興味がある方に

今回の記事ではトレーニングチューブをご紹介しました。フィットネス機器に興味がある方には、EMS腹筋ベルトやリストウェイトなど筋トレに役立つ商品の選び方やおすすめのものを紹介しています。ぜひご覧ください。

トレーニングチューブのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー