ボール(ボウル)の選び方&おすすめ5選【素材や形にもこだわる!】

ボール(ボウル)の選び方&おすすめ5選【素材や形にもこだわる!】

料理の際、食材を混ぜる・練るなどの工程に用いるキッチンツールの「ボール」には、プラスチック製やステンレス製、耐熱ガラス製など様々な種類があります。100均でも簡単に購入できますが、食器としても使えるおしゃれなものや、電子レンジで使える商品、ザルとセットになった収納に困らない便利アイテムなどもあります。今回はボールの選び方やAmazonで購入できるおすすめ商品をご紹介します。

ボールとは

ボール(ボウル)とは半球状の容器のことで、「野菜を洗う」「切った食材を入れる」「粉を混ぜる」「クリームを泡立てる」といった時に使用する調理器具です。曲線を描くシルエットが特徴で素材やサイズの違うさまざまな商品が販売されています。また、注ぎ口や目盛り、水切り付きなどかゆい所に手が届く便利な商品もあります。

素材の種類と特徴

安くて軽いプラスチック

安くて軽いプラスチック

出典:Amazon.co.jp

プラスチック製のボールはお手頃価格で軽量です。万が一破損しても破片が飛び散りにくく、幅広い年代の方が使いやすい素材です。ただし必要以上に負荷をかけたり、雑に取り扱ってしまうとヒビや劣化の原因になってしまいますので注意が必要です。また、耐熱タイプであれば電子レンジの使用ができ、カラーバリエーションが豊富なので色付きを好む方におすすめです。クリアタイプもあります。

丈夫で長く使えるステンレス

丈夫で長く使えるステンレス

出典:Amazon.co.jp

軽くて丈夫なステンレスはボールの定番の素材です。電子レンジやオーブンは使用できないものの、熱伝導に優れているので湯せんや急冷に適しています。使用しているうちに小さな傷はつきますが黒ずみや目立つ劣化が見られにくいので長く使うことができますよ。におい移りしにくく汚れ落ちが良い、扱いやすい素材です。

オーブンでも使える琺瑯(ほうろう)

オーブンでも使える琺瑯(ほうろう)

出典:Amazon.co.jp

琺瑯とは金属製の下地にガラス質の釉薬をコーティングした素材で、つるっとした質感を持ちます。匂いや色移りがしにくく衛生的で、直火やオーブンの使用ができる商品が多いのもメリットのひとつです。ただしガラスでコーティングされているという部分では繊細な素材なので、衝撃や落下には十分注意して使用する必要があります。

本体が熱くなりにくい耐熱ガラス

本体が熱くなりにくい耐熱ガラス

出典:Amazon.co.jp

厚みと重みのある耐熱ガラス製のボールはレンジやオーブンの使用ができ、本体が熱くなりにくいので調理の幅が広がる素材です。注意しておきたいのは熱に耐性があり、割れないガラスではないということです。食器と同じ取り扱いを心掛けましょう。透明なので中が見えやすく、汚れ落ちが良いところが便利です。

ボールを選ぶポイント

サイズはいくつか揃えておくと便利

ボールのサイズは10cm以下のサイズから30cmくらいの大きめサイズまで展開が幅広く、家庭では15~28cmくらいの中から選ぶことが多いです。サイズの違うボールを2~3個持っておくと、食材を分けるときや混ぜ合わせるときなど、用途に応じて使い分けることができます。複数個揃える予定である場合はセット商品を選ぶのもおすすめです。デザインが統一されてすっきりまとまります。

実は形状にも違いがある

ボールは半球状の形をしていますが商品のデザインに微妙に違いがあり、丸みを帯びたタイプとややシャープでスッキリしたタイプがあります。どちらも安定感はあるものの、ハンドミキサーを使う場合は接地面の広い丸みのあるタイプの方が効率よく混ぜ合わせることができます。また、内側にメモリがついたタイプや注ぎ口、水切り穴が付いている商品もあります。

耐熱性をチェック

耐熱性をチェック

ボールには「耐熱」と記載された商品とされていない商品があります。たとえば耐熱プラスチックは電子レンジに使用できたり、耐熱ガラスであれば電子レンジやオーブンの使用が可能です。そのほかに琺瑯製は直火対応の商品もあります。ステンレスは電子レンジやオーブンの使用はできませんが、熱に強い性質を持ち、湯切りや湯せんなどに便利な素材です。

耐熱性に重点を置く場合は、「レンジの使用」「オーブンの使用」「直火の使用」「素材の持つ耐熱性」のうち、どれが外せない項目であるかを考えておくと商品が選びやすくなります。

収納場所を確保しておく

ボールは大きサイズになると、収納場所に困ってしまうこともあります。異なるサイズのボールを重ねてしまったり、お鍋などに重ねてしまうこともできるので、収納場所をあらかじめ確保しておきましょう。ボールの口の部分にフック用の穴が開いていて、壁掛けできるものもあります。

ボールのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値4,950円(税込)

この商品の特徴

18-8ステンレスを使用した柳宗理のボールは丈夫でスタイリッシュです。直径16cm、19cm、23cmの使いやすいサイズが3点セットになっており重ねて収納できます。小傷が目立ちにくいつや消し仕上げが素敵です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

18-8ステンレスを使用した柳宗理のボールは丈夫でスタイリッシュです。直径16cm、19cm、23cmの使いやすいサイズが3点セットになっており重ねて収納できます。小傷が目立ちにくいつや消し仕上げが素敵です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値743円(税込)

この商品の特徴

琺瑯製の良さは、におい移りがしにくく汚れ落ちが良いところです。野田琺瑯のホワイトシリーズは真っ白でコロンとかわいらしいデザインが女性に人気です。サラダなどの容器として、そのまま食卓に出すという使い方もできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

琺瑯製の良さは、におい移りがしにくく汚れ落ちが良いところです。野田琺瑯のホワイトシリーズは真っ白でコロンとかわいらしいデザインが女性に人気です。サラダなどの容器として、そのまま食卓に出すという使い方もできます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,518円(税込)

この商品の特徴

サイドの上部分に水切りが付いたポリプロピレン製のボールです。水切り穴の範囲は一部なのでボールとして問題なく使えます。また、底に滑り止めが付いており安定感もばっちりです。耐熱温度は80度です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

サイドの上部分に水切りが付いたポリプロピレン製のボールです。水切り穴の範囲は一部なのでボールとして問題なく使えます。また、底に滑り止めが付いており安定感もばっちりです。耐熱温度は80度です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値220円(税込)

この商品の特徴

ポリカーボネート樹脂で作られており耐熱温度は140℃、電子レンジや食洗器の使用ができます。クリアタイプなので食材が見えやすいのもポイントです。プラスチック製なので軽くて扱いやすいお手頃価格の商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ポリカーボネート樹脂で作られており耐熱温度は140℃、電子レンジや食洗器の使用ができます。クリアタイプなので食材が見えやすいのもポイントです。プラスチック製なので軽くて扱いやすいお手頃価格の商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値880円(税込)

この商品の特徴

主張しすぎない形状の注ぎ口がついており、内側にはひと目で分量が分かる目盛り付きです。機能性に優れた3点セットのボールです。軽くて丈夫なステンレス製なので長く使うことができます。使い勝手の良さで口コミの評価の高い商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

主張しすぎない形状の注ぎ口がついており、内側にはひと目で分量が分かる目盛り付きです。機能性に優れた3点セットのボールです。軽くて丈夫なステンレス製なので長く使うことができます。使い勝手の良さで口コミの評価の高い商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー