米とぎボウルのおすすめ7選!手を濡らさずとげるタイプも

米とぎボウルのおすすめ7選!手を濡らさずとげるタイプも

米とぎボウルは、素早く楽にお米をとぐことができるアイテムです。ステンレス製やプラスチック製が一般的で、ニトリなどでも販売されています。また、一升を一度に洗える、竹細工の米とぎザルや袋タイプの製品も販売されています。形状によって使い方は様々で、ボウルとザルが固定されて2重になったものや、ボウルの片側に水切り穴がついたもの、手を濡らさずに米とぎができるものなどがあります。今回は、米とぎボウルの選び方や、ステンレス製の3wayタイプ、3合まで手を濡らさずにお米がとげる筒状タイプなど、様々なおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

米とぎボウルのメリット

楽に素早く水切りできる

楽に素早く水切りできる

出典:Amazon.co.jp

米とぎボウルを使えば、忙しいときでも楽に素早くお米を洗うことができます。水切り穴がついていないボウルや炊飯器の釜でお米をとぐと、お米が流れ落ちないように慎重に水を切らなければなりません。その点米とぎボウルには、水切れが良くお米が穴からこぼれないサイズの水切り穴が付いているので、ボウルを傾けるだけでサッと水を切ることができます。

炊飯器を傷めない

炊飯器を傷めない

炊飯器に付属している釜で、お米をといでいる方もいると思います。実は炊飯器の釜でお米をとぐのは、内側のコーティングが剥がれる原因になります。米とぎができる内釜の炊飯器も販売されていますが、通常の炊飯器よりも価格が高い傾向があります。米とぎボウルならコスパも良く、炊飯器の釜を傷める心配もありません。

洗い物を減らせる

洗い物を減らせる

ボウルでお米をといでから、ザルにあげて水切りをする場合、ボウルとザル2つの洗い物が出てしまいます。しかし米とぎボウルは、ボウルと水切り穴が一体化しているので、別途ザルを用意する必要がありません。洗い物を置く場所が少ない、できるだけ洗い物を減らしたいといった方におすすめです。

ザルとしても使える

ザルとしても使える

出典:Amazon.co.jp

米とぎボウルの魅力は、米とぎ以外にも色々な用途で使用できるということです。水切り穴が片側上方についている製品であれば、洗う、水を切る、浸すの3通りの使い方があります。食材もお米だけではなく、パスタやそば、うどんなどの麺類の湯切りに使ったり、野菜を洗いながら水を切ったり、大豆や乾物を戻すために使ったりすることができます。用途が多用なので、ボウルやザル代わりとして使用することができます。

米とぎボウルの選び方

素材で選ぶ

長く使うならステンレス製

長く使うならステンレス製

出典:Amazon.co.jp

錆びにくく、耐久性に優れたステンレス製の米とぎボウルは、一度購入すれば長く使い続けることができます。汚れにも強く、プラスチック製のように色や臭い移りも気になりません。そのため、干しシイタケなどの香りが残るものを戻したり、お茶や紅茶を素早く冷ましたいときにも使用できます。プラスチック製のように変色することもないので、いつまでもきれいに使うことができます。ただし、プラスチック製に比べると少し重く、価格が高い傾向にあります。

軽くて安価なプラスチック製

軽くて安価なプラスチック製

出典:Amazon.co.jp

プラスチック製の米とぎボウルは、軽くて低価格であることが魅力です。1人暮らしの方で、ライフステージの変化によって買い替えが考えられる場合や、使い続けるかどうかわからない方でも、気軽に購入しやすいでしょう。ただし素材によっては熱湯が使用できないものもあるので、湯切りに使用したい場合は耐熱温度を確認しておく必要があります。

持ちやすさや形状で選ぶ

米とぎボウルの形状は様々です。ボウルの片側に水切り穴が付いたシンプルな形や、ボウルとザルが2カ所で固定されて2重になっているもの、持ちやすいようにハンドルが付いたものや、釜に移しやすいように先端が細くなったものなどもあります。お米と水が入ると重くなるので、力が弱い方はハンドルや持ちやすい突起がついた形状がおすすめです。ただし、重ねて収納したい方は、シンプルな丸型の方が良いでしょう。持ちやすさと収納の利便性を考慮して選んでください。

手を濡らさずとげるものなら手荒れ防止に

手を濡らさずとげるものなら手荒れ防止に

出典:Amazon.co.jp

肌が弱く手が荒れやすい方や、冬場に水を触りたくない方は、手を使わずに米とぎができる製品がおすすめです。特殊な形状になっていて、揺らすだけでお米がとげるものや、水筒のような形状になっていてシェイクすることでお米がとげるもの、水流の力でお米をとげる製品などもあります。

耐熱温度を確認する

お米をとぐ以外の用途でも使用したい方は、耐熱温度を確認してから購入しましょう。特にプラスチック製の場合は、製品によっては熱湯が使用できないものもあります。ポリプロピレン製であれば耐熱温度120度、耐冷温度-20度という製品が多く、熱湯を使った調理にも使用できます。購入前に耐熱温度の表示を確認しておきましょう。

米とぎボウルのおすすめ7選

最安値154円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値2,134円(税込)
4.83(6件)

この商品の特徴

藤井器物製作所の3WAY水切りボールです。洗う、和える、さらす、水切り、と、ボウルとザルの機能がドッキングした優れものです。サイズは縦約235mm横約235mm高さ約125mmで、重量は約334gです。網目があるので、米とぎなども米をこぼすことなく楽にできます、また、米以外にもパスタの水切りや、ソースを和えるときにも使えます。1つで何役もこなせるので、いくつも道具を持ちたくない方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

藤井器物製作所の3WAY水切りボールです。洗う、和える、さらす、水切り、と、ボウルとザルの機能がドッキングした優れものです。サイズは縦約235mm横約235mm高さ約125mmで、重量は約334gです。網目があるので、米とぎなども米をこぼすことなく楽にできます、また、米以外にもパスタの水切りや、ソースを和えるときにも使えます。1つで何役もこなせるので、いくつも道具を持ちたくない方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値908円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値1,048円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値800円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,189円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値628円(税込)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

便利グッズでさらに料理を簡単に

米とぎボウル以外にも様々な便利グッズを使用すれば、今よりも料理が簡単になり楽しくなるかもしれません。おすすめ商品をチェックしてみてください。

米とぎボウルのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

ボール(ボウル)の人気売れ筋ランキング

おすすめキーワード

紹介されているメーカー