米びつのおすすめ6選!冷蔵庫に収まるおしゃれタイプも

お米を保存するのに必要なのが「米びつ(ライスボックス/ライスストッカー)」です。100均で売られているようなプラスチック以外にも、桐やガラス製のものもあります。5kgや10kgのお米を購入し、長期間保存している方も多いと思いますが、保存方法を間違えると虫がわいてしまう、なんていうこともあります。今回はお米の冷蔵庫での保存の仕方や、スリムでおしゃれな米びつ、無印良品の米びつ、ニトリでも販売されているアスベルの人気米びつなどをご紹介します!

米びつの種類

米びつの素材は様々ですが、代表的な3種類の素材を紹介します。それぞれのメリット、デメリットを比較して、自分にあったものを選びましょう。

プラスチック

プラスチックは軽量なので、移動の際に楽に運ぶことができます。また、透明なプラスチックは中が見えるので、お米の残量がわかりやすいです。さらに、他の素材に比べて安く購入することができます。

ただし、密閉性に優れていないため、長期間の保存には向いていません。少量をこまめに買い足して保存するという方におすすめです。

桐は湿度を調節してくれるので、お米を一定の湿度で保管することができます。さらに防虫効果もあるので、長期間保存したい方にはおすすめです。

外から中身が見えないのでお米の残量が分かりにくいことや、水洗いでのお手入れができないことがデメリットであるといえます。

ガラス

密閉性が高く、湿気の多いところでもお米を保管することができます。お手入れが簡単なことや、中身を確認しやすこともメリットです。

ただし、他の素材に比べてかなり重く、割れやすいという特徴もあります。

米びつを選ぶポイント

米びつにはたくさんの種類があって、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。米びつを選ぶ際のポイントをまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

サイズ

一度にお米を5kgや10kg購入するという方は大きめの米びつを選びましょう。大容量のものでも、キッチンのすき間スペースを活用できる形になっているものもあります。

逆に一人暮らしなどで2kgほどしか買わないという方は、小さめの米びつに入れて、冷蔵庫の野菜室で保管するのがおすすめです。

移動のしやすさ

新たにお米を米びつに追加するとき、米びつが重くて動かない、なんていうことも起こりえます。キャスターが付いていると移動が楽になります。また、米びつ自体の重さも、軽いもののほうが動かしやすいです。

計量機能の有無

1合ずつ出てくるものなど、量を調節できるものもあります。計量カップを使わずに正確な量を計り取れるので、手間がかかりません。

お米の流れ

米びつのお米が少なくなってきたら、なくなってしまう前に買い足しますよね。そんなとき、新しいお米を上から入れてしまうと、古いお米は下にたまったままなので、ずっと使われないままになってしまいます。

上から入れ、下から取り出すタイプの米びつなら、常に先に入れたお米から使用することができるので、米びつ内のお米を新鮮に保つことができます。

デザイン

米びつを隠せない場合は、デザイン性の高いものを選べば、生活感を消すことができます。例えば、桐の米びつはそれだけでおしゃれに見えます。逆に、あえてガラスの米びつにお米を入れ、見えるように置いておくのもおしゃれですね。

お米の上手な保存方法

お米は正しく保存しなければ、虫がわいてしまうこともあります。お米を保存する際に気をつけるポイントは以下の3つです。

密閉する

ガラスの米びつなどがおすすめです。また、ペットボトルやジップロックなどの密閉容器に入れて保存しておくこともできます。

冷蔵庫で保存する

お米につく虫は湿度の高いところを好み、また15度以下で生活することができません。冷蔵庫内は虫の住みづらいところといえます。

虫よけ効果のあるものを入れる

薬局やホームセンターで売られています。乾燥させた唐辛子なども効果があるようです。

米びつの主なメーカー

アスベル

キッチン用品や、衛生用品を取り扱っています。軽量機能付きの米びつや、引き出し式の米びつ、密閉に焦点を当てた米びつなどがあります。

マッキンリーネクスト

米びつの他に、ガスコンロ廻りのグッズや、ガソリンの携行缶など、様々な商品を取り扱っています。スリムタイプの米びつや、引き出し式の米びつを扱っています。

パール金属

キッチン・リビング用品を扱う「PEARL LIFE」と、アウトドア・キャンプ用品を扱う「CAPTAIN STAG」に分かれています。米びつのバリエーションは豊富で、お手頃価格な商品が揃っています。

米びつのおすすめ6選

最安値1,944円(税込)

4.26(143件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

お米を1合ごとに12分割して保存できる米びつです。軽量しなくても、米びつから直接1合ずつお米を出すことができます。キャップを2つ開ければ、2合分利用することもできます。計量カップ冷蔵庫のドアポケットや野菜室などに保存できるスリムなタイプです。

最安値398円(税込)

4.37(1,543件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

片手で取り扱うことができ、忙しい料理中にも活躍します。横置きできるので冷蔵庫にもすっきり収まります。本体にも目盛りが付いており、お米の残量がひと目見て分かるので、買い足しのタイミングも完璧です。

最安値700円(税込)

1.60(5件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

シンプルで使いやすいものがほしい、という方におすすめです。ドアポケットに収まるサイズで、もち米用などの種類分けとして使っている方も多いようです。

最安値2,980円(税込)

3.61(102件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

レバーを下げるだけで簡単にお米を計量できます。さらに、パーツを分解して洗うことができるので、お手入れも楽にできます。米びつに見えないスタリッシュなデザインが、おしゃれなキッチンにも溶け込みます。

最安値11,678円(税込)

4.34(37件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

上から入れて、下から出すタイプなので、いつも新鮮なお米を食べることができます。また、桐の力で湿気や虫からお米を守ってくれます。スリムな本体は、キッチンのちょっとしたすき間に入り込むことができるので、デッドスペースも有効活用できます。

最安値2,580円(税込)

4.40(25件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

容量が10kgもあるにも関わらず、コンパクトでスリムな設計がポイントです。シンク下に収まるサイズ感です。また、本体、トレー、計量引出しなど、全てのパーツを分解して洗うことができるので、いつでも清潔にお米を保存することができます。

まとめ

いかがでしたか?お米を一番美味しく食べるために、自分にぴったりの米びつを見つけましょう!

おすすめキーワード

紹介されているメーカー

米びつの人気売れ筋ランキング

おすすめ記事