いわしの缶詰おすすめ9選!塩焼きや水煮も

いわしの缶詰おすすめ9選!塩焼きや水煮も

いわしの缶詰は、水煮や塩焼きをはじめ、味噌煮や醤油で味付け済みのものがあり、そのままでも豆腐などと煮込んでもおいしく食べられます。塩焼きをオイルで漬け込んだものは、洋食風アレンジにも活用できます。また、いわしにはEPAやDHAといった栄養素が豊富なのも魅力的です。今回はいわしの缶詰の選び方と、マルハなどから販売されているおすすめ商品を紹介します。

いわしの缶詰の選び方

いわしの種類で選ぶ

いわしの缶詰は、真いわしを使っているものが多いです。真いわしは脂のりが良く、味わい深い風味で知られています。さらに、大ぶりな真いわしである大羽いわしは、脂がのった引き締まった身で十分な食べ応えがあるため、いわしの高級缶詰に使われることがあります。

いわしの形で選ぶ

料理に使いやすい開き

いわしの開きの缶詰は、身がほろっとくずれやすいため子どもやお年寄りでも食べやすいというメリットがあります。そのままでも美味しく食べられますが、身をほぐして他の食材と和えれば、簡単にアレンジ料理ができあがります。

食べ応えのある食感のぶつ切り

内臓を処理した後、そのままぶつ切りにした状態のいわしの缶詰は、ごろっとしたいわしの身を味わうことができ、しっかり満足感を得られるのが魅力です。いわしの風味が好きな方や十分な食べ応えを求めている方におすすめです。

味付けで選ぶ

こってり濃厚な味わいのかば焼き

こってり濃厚な味わいのかば焼き

出典:Amazon.co.jp

かば焼きは醤油やみりん、砂糖でつくった濃いめのタレと、焼いたいわしを絡めたものです。いわしの淡泊さが薄れ、ごはんに合うこってりとした濃厚な味が楽しめます。生臭さがないので、お弁当のおかずに入れても美味しく食べられます。料理に使う場合は丼の具にするなど、かば焼きの味付けを生かしたアレンジがおすすめです。

あっさりとして食べやすい醤油煮

あっさりとして食べやすい醤油煮

出典:Amazon.co.jp

醤油煮は、かば焼きや味噌煮よりもあっさりとしていて食欲が落ちているときにも食べやすいです。ショウガや七味とも相性が良く、温めて薬味を散らしてカイワレなどをあしらえば、本格的なおかずに仕上がります。アレンジの幅が広いので、家庭に常備しておくと役立つでしょう。

食欲をそそる味わいの味噌煮

食欲をそそる味わいの味噌煮

出典:Amazon.co.jp

味噌煮は、甘辛い味噌でいわしを煮込んだものです。いわしの缶詰の中でも定番の味である味噌煮は、食欲をそそる味わいです。白菜やキャベツと煮込んで食べたり、味噌を生かして味噌汁にアレンジしたりするのもおすすめです。

自然な風味が楽しめる水煮

自然な風味が楽しめる水煮

出典:Amazon.co.jp

水煮の缶詰は、味付けされていないそのままのいわしの風味を味わうことができます。調味料が加えられていないのでアレンジ料理に使いやすく、和食にも洋食にも合うのが魅力です。塩分も控えめなので、健康に気を遣っている方にもおすすめです。ただし、美味しく食べるには味付けをするなどひと手間必要なので、調理せずにそのまま食べたいときや災害時の非常食としては活用しにくいです。

おつまみにおすすめのオイルサーディン

オイルサーディンは、オリーブオイルなどの植物油に燻製したいわしを漬け込んでつくられており、自宅で飲むときのおつまみにぴったりの味わいです。薄めの塩味で味付けされたいわしは、そのまま食べてもパンやクラッカーに乗せても美味しく食べられます。野菜と和えて手軽なサラダにしたり、ピザのトッピングにしたりと幅広いアレンジを楽しめるので、ホームパーティにもおすすめです。

パスタソースにも使えるトマト煮

パスタソースにも使えるトマト煮

出典:Amazon.co.jp

トマト煮は、いわしとトマトペーストを塩で煮込んだものです。トマトペーストによっていわしのニオイが薄れ、魚が苦手の方でも食べやすい味わいが特徴です。そのままでも美味しく食べられますが、パンのソースやパスタソースとして活用すると子どもも食べやすくなります。ミントやバジルといったハーブとの相性も良いので、洋風のアレンジレシピにも活用できます。

いわしの缶詰おすすめ8選

いわしの缶詰おすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー