トマト缶のおすすめ7選!パスタやスープなどに

トマト缶のおすすめ7選!パスタやスープなどに

トマト缶はパスタやミネストローネなどのスープに欠かせない食材で、カレーやリゾットなどのレシピにも使用されます。鶏肉や豚肉などと合わせた料理も多く、ひき肉とキャベツがあればおいしいロールキャベツもできます。値段は100円台~500円台と安く、200g台~400gなど容量も商品によって異なり、トマトの形状もペースト状のあらごしタイプから、そのままのホールトマト、角切りのカットトマトなど、多くの種類があります。そこで今回は、ご飯のおかず作りでも活躍する栄養価の高いトマト缶の選び方と、おすすめ商品をご紹介します。

トマト缶とは

トマト缶とは

出典:Amazon.co.jp

トマト缶とは、生のトマトを水煮にして缶詰に加工したもので、幅広い料理に活用でき、料理の時短にも効果的です。トマト缶の種類は、大きく分けてそのままの「ホールトマト」と、角切りトマトを使った「カットトマト」があり、それぞれ向いている調理法があります。トマト缶は生のトマトを加熱して製造されるので、料理の時短にも効果的です。トマト缶といえばイタリア産を想像しますが、中には日本産もあり、オーガニック材料のみを使ったトマト缶もあります。トマトの質や産地、原材料の内容を比較し、作りたい料理に合うかを考えながら選んみてください。

トマト缶の選び方

トマトの形状で選ぶ

加工していないホールトマト

加工していないホールトマト

出典:Amazon.co.jp

ホールトマトは、そのままのトマトを使用しているので、カットトマトに比べて旨味が丸ごと詰まっているのが特徴です。果実部分の甘みと種部分の酸味が合わさり、加熱することで旨味がより際立つので、トマトソースやスープなどの煮込み料理に向いています。また、皮の有無も選べるので、好みに合わせて選ぶことが可能です。煮込み料理に使う場合は、ぎゅっと握りつぶすようにして種ごと煮込むのがポイントです。

角切りトマトを使用したカットトマト

角切りトマトを使用したカットトマト

出典:Amazon.co.jp

カットトマトはトマトが角切りで、種を取り除いてあるのがホールトマトと異なる点です。種がほとんど入っていないので、ホールトマトよりも酸味が抑えられています。そのため、素材を活かした料理やフレッシュな料理に向いており、冷製パスタやカルパッチョ、サラダなど少し火を通す程度の料理にマッチします。

なめらかさが特徴のあらごしタイプ

なめらかさが特徴のあらごしタイプ

出典:Amazon.co.jp

カットトマトよりもなめらかなトマト缶を使いたい場合は、あらごしタイプがおすすめです。トマト味をしっかり絡ませたいパスタなどには固形部分がない方が使い勝手が良いので、あらごしタイプのトマト缶があると便利です。つくりたいレシピに合わせて選んでみてください。

クエン酸を使用しているか

クエン酸を使用したトマト缶もあります。クエン酸は味を一定にしたり、ph値を保ちやすくする目的で使われています。ものによっては味がいまいちなトマトの味を調整するために入れることもあるので、トマトの品質を考慮して選びましょう。ただし、クエン酸が入っていても甘さの強い商品がある一方で、クエン酸が入っていると煮込み料理に使っても酸っぱさがなかなか消えにくいという意見もあります。トマトが持つ甘みによるものが大きいので、口コミもチェックしてみましょう。

食塩が入っているかどうか

トマト缶には食塩を使用したものと、不使用のものがあります。食塩はトマト缶の味を調整するために入っており、トマトジュースが材料に入っているものは基本的に食塩が含まれています。量としては100gあたり0.5g程度で、商品によって100gあたり1gまでの分量が含まれています。食材の1つとして入れるのであれば、食塩が入っていない方が味付けを正確にしやすいかもしれません。離乳食に使う場合や塩分を気にしている方は、原材料がトマトのみのシンプルな商品がおすすめです。

トマトの産地で選ぶ

トマト缶には、細長い形状のイタリアのトマトや、一般的な丸いトマトが使われています。市販のトマト缶はイタリア産のトマトを使用したものが多いですが、日本のトマトを使用したものもあります。イタリア産のトマトは洋食にマッチする傾向があるので、作りたい料理に合わせてトマトの産地を選ぶのもひとつの方法です。

トマトの質で選ぶ

シンプルな原材料でつくられるトマト缶は、トマトそのものの品質が味を左右させます。商品のラベルを見てみると、厳選した完熟トマトだけを使ったものや、有機栽培されたトマトを使用したものなど様々です。有機トマトに加えて有機トマトジュースを使用したオーガニックなトマト缶も増えています。健康志向の方や食の安全性にこだわる方はチェックしてみてください。

口当たりで選ぶ

トマト缶を選ぶ際は、口当たりもチェックしておきたいところです。皮なしタイプを選んだ場合でも、品質の良いトマトを厳選してきれいに湯むきしたものもあれば、皮が少し残っている場合もあります。子どもからお年寄りまで食べやすく調理したい場合や、なめらかな口当たりの料理に使いたい場合は、皮が残っていないタイプがおすすめです。

製造方法の違いをチェック

トマト缶は様々なメーカーから販売されており、商品によって製造方法も異なります。皮むきの工程で例を挙げると、手作業で丁寧に湯むきをするメーカーがある一方で、薬品処理をしているメーカーもあるということです。また、トマトを収穫後、24時間以内に加工した商品などもあります。そのため、製造方法のこだわりや安全性にも注目しておくと良いでしょう。

瓶詰めやパックタイプも

トマト缶と同じように、水煮したトマトを瓶詰やパックに詰めたものもあります。パックタイプでも賞味期限が十分長いものもあり、使用後の処理がしやすいのがメリットです。また、トマト缶に限らず缶詰は缶の内側に加工されたビスフェノールA(BPA)という成分が食品にごくわずかに溶け出すといわれています。目に見えない成分が気になるのであれば、瓶詰めタイプがおすすめです。

容量はレシピに合わせて選ぶ

トマト缶の内容量は商品によって様々です。240g~400gほどの容量が一般的で、パーティー用の大容量サイズなども販売されています。ラベルには固形量と内容総量が記載されているので、自分がつくりたいレシピに合う量のものを選びましょう。

品質とのバランスで価格を選ぶ

トマト缶の価格は、1つあたり100円台〜500円台の価格帯で販売されています。その中でも有機栽培にこだわった商品だと200円以上になります。こだわって作られているほど価格も高くなるなので、安さだけではなく品質とのバランスを考えながら選びましょう。トマト缶は輸入されている商品が多いので、商品の詳細を確認してみましょう。

ホールトマトのトマト缶おすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値189円(税込)
4.60(5件)

この商品の特徴

創健社の有機ホールトマト缶です。内容量は400g(固形量240g)です。原材料の有機トマト・有機トマトジュースは、どちらもイタリア産のものを使用しています。ホールトマトなので、トマトが丸ごとそのまま入っています。パスタやスープ・煮込み料理など、様々な料理に合うホールトマト缶を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

創健社の有機ホールトマト缶です。内容量は400g(固形量240g)です。原材料の有機トマト・有機トマトジュースは、どちらもイタリア産のものを使用しています。ホールトマトなので、トマトが丸ごとそのまま入っています。パスタやスープ・煮込み料理など、様々な料理に合うホールトマト缶を求めている方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値324円(税込)
4.55(20件)

この商品の特徴

光食品の、国産有機まるごとトマト缶です。内容量は400g(固形量210g)です。皮むきトマトがそのまま入っています。100g当たりに、リコピンが5.9mg配合されています。リコピンは美白効果・アンチエイジングの効果もあります。食品添加物無添加なので、安全で健康に良い無添加のホールトマト缶を、探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

光食品の、国産有機まるごとトマト缶です。内容量は400g(固形量210g)です。皮むきトマトがそのまま入っています。100g当たりに、リコピンが5.9mg配合されています。リコピンは美白効果・アンチエイジングの効果もあります。食品添加物無添加なので、安全で健康に良い無添加のホールトマト缶を、探している方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値270円(税込)
4.75(4件)

この商品の特徴

モンテベッロの、ダッテリーニトマト缶です。内容量は400gです。原材料はトマト・トマトジュース・クエン酸を使用しています。原産国はイタリアです。スープなどの料理にはもちろん、ソース作りに使用してもおいしいです。ダッテリーニトマトを使用しているので、酸味が少なめで、甘いトマトが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

モンテベッロの、ダッテリーニトマト缶です。内容量は400gです。原材料はトマト・トマトジュース・クエン酸を使用しています。原産国はイタリアです。スープなどの料理にはもちろん、ソース作りに使用してもおいしいです。ダッテリーニトマトを使用しているので、酸味が少なめで、甘いトマトが好きな方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値122円(税込)
4.00(7件)

この商品の特徴

ソル・レオーネは本場イタリアの素材、味、品質にこだわっています。ホールトマト缶は完熟トマトを使用しているため、糖度が高く酸味が少ないのが特徴です。果肉が厚くジュース糖度が高く、種も少ないため調理のときの手間を減らせるのが嬉しいポイントです。内容量はたっぷり400gです。ソース作りやミネストローネなどに重宝します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ソル・レオーネは本場イタリアの素材、味、品質にこだわっています。ホールトマト缶は完熟トマトを使用しているため、糖度が高く酸味が少ないのが特徴です。果肉が厚くジュース糖度が高く、種も少ないため調理のときの手間を減らせるのが嬉しいポイントです。内容量はたっぷり400gです。ソース作りやミネストローネなどに重宝します。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

カット・あらごしトマトのトマト缶おすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値128円(税込)
4.60(98件)

この商品の特徴

ダイスカットされて、そのままお料理に使えるトマト缶です。トマトの名産地として知られるカンパーニャ地方産のトマトから、さらに選りすぐった高品質のトマトを贅沢に使用しています。缶のコーティングを強化するなど、品質管理の厳しいことでも知られるメーカーで、イタリアのみならず世界各国のトップブランドがこのトマトを採用しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ダイスカットされて、そのままお料理に使えるトマト缶です。トマトの名産地として知られるカンパーニャ地方産のトマトから、さらに選りすぐった高品質のトマトを贅沢に使用しています。缶のコーティングを強化するなど、品質管理の厳しいことでも知られるメーカーで、イタリアのみならず世界各国のトップブランドがこのトマトを採用しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値189円(税込)
4.50(8件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値143円(税込)
4.60(20件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

トマト缶のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー