ツェルトのおすすめ8選!ポンチョタイプも

ツェルトのおすすめ8選!ポンチョタイプも

ツェルトはテントと違って骨組みがなく、軽量で価格も安いため、雪山やバックカントリーなどで重宝します。取り出してすぐに使えるチューブツェルトも人気です。強風の際にポンチョのようにかぶったり、フライシートをつければ雨風もしのげます。今回は、モンベルやアライテント、ファイントラック、オクトス、エアモンテなどの人気メーカーの商品や、ツェルトの選び方、おすすめ商品などをご紹介します。

いざというときに役立つシェルターが欲しい!

いざというときに役立つシェルターが欲しい!

何が起こるか分からないアウトドアには、非常用のテントとして使えるツェルト(シェルター)があると便利です。三角タイプやポンチョタイプ、半密閉タイプ、チューブタイプがあり、使う目的に合わせて選ぶことができます。軽くてコンパクトなので携行性に優れていますが、あくまで万が一に備えるものなので、一部の商品を除いて防水性や耐久性はそれほど高くありません。ただし、登山をはじめとするアウトドアでの緊急時に持っておくと、かぶって体温の放出を防いだり、組み立てて中に入ったりすることができます。自分や家族、仲間を守るためにも準備しておきたいツェルトの選び方をチェックしていきましょう。

ツェルトとテントの違い

ツェルトとテントの違い

出典:Amazon.co.jp

テントとツェルトは「単体で自立するかどうか」という点が異なります。単体で自立するテントは、人が快適に過ごすために設計されているので、頑丈で居住性に特化しているのが特徴です。対してツェルトは、専用のポールやトレッキングポールを使用して簡易的に設営します。骨組みなどは基本的にないので、空間が狭いことが多く、快適さはテントに劣ります。ツェルトはもともとの形状が1枚の布で、軽さに重点を置いてあるため価格も安いです。「テントを使用しない予定だが、何が起こるか分からない」というときに、テントの代わりになるものという意味で選ばれています。

ツェルトを使うシーンとは

ツェルトを使うシーンとは

ツェルトは、急な天候の悪化や体調不良などの緊急時に使われることが多いです。ツェルトがあれば一時的に身動きが取れないときはもちろん、思わぬビバーグ(野宿)で装備がない!と焦る心配がありません。様々なタイプが販売されており、両端を絞るだけで人が横になれるチューブツェルトや、体にかぶって移動ができるポンチョタイプのツェルトなども人気です。1枚布であればタープとして使ったり、ポールで固定して人が入るプライベートスペースをつくることもできます。

ツェルトの選び方

タイプで選ぶ

汎用性の高い「三角タイプ」

汎用性の高い「三角タイプ」

出典:Amazon.co.jp

三角タイプのツェルトは一枚布に近い形をしており、別途専用のポールやトレッキングポールを使って設営します。家型やくさび型ともいい、最近ではかまぼこ型をしたものも登場しています。床スペースを利用して簡易テントとして人が入れるようにしたり、風通しの良いタープとして使ったりもできます。

かぶって移動するなら「ポンチョタイプ」

かぶって移動するなら「ポンチョタイプ」

出典:Amazon.co.jp

ポンチョタイプのツェルトは、雨に濡れるのを防いだり、寒さ対策の防寒着として重宝します。かぶったまま動きたいときにも適しています。メーカーやモデルによって裾の長さやデザインが異なり、中には、床なしの簡易テントとして使えるタイプもあります。使うシーンを想像して比較ながら選びましょう。

すっぽり入りたいなら「半密閉タイプ」

すっぽり入りたいなら「半密閉タイプ」

出典:Amazon.co.jp

半密閉タイプのツェルトは、体をすっぽり包み込んでくれるボックスのような形状が特徴です。底がなくて換気口があるため、半密閉型のシェルターとも呼ばれています。居住空間は狭いですが、天頂部にツノがあればストックをつかって空間を広げることができます。のぞき穴で外の天候をチェックできる商品もあります。

横になりたいなら「チューブタイプ」

横になりたいなら「チューブタイプ」

出典:Amazon.co.jp

チューブツェルトとは、取り出してすぐに人が入ることができるツェルトです。前後にある吹き流し部分を絞って2人ほどが横になれる空間をつくることができます。ペグダウンすることもでき、入り口を絞らずに開放することで、より多くの人が入れます。

素材で選ぶ

ツェルトの素材は、リップストップナイロンやバリスティックナイロンなどの防水素材でつくられています。しかし、ほとんどの商品は浸透性がなく、結露が発生しやすいです。あくまで緊急時や非常時に使用するものなので、問題がある場合はツェルトではなく、テントを選択肢に入れることをおすすめします。

重量・サイズは携行性の良さを基準に

市販のツェルトは、100~200gと非常に軽量です。それでも登山などでザックに入れて持って行くのであれば、携行性に優れたコンパクトなものが理想です。小さくまとめて缶ビールほどの大きさになるツェルトもあるので、持ち運びやすさにも注目してみてください。

付属品もチェックしよう

付属品もチェックしよう

出典:Amazon.co.jp

ツェルトは自立式ではないため、テントのように使うためには自分で組み立てる必要があります。そのときに使う張り縄や専用ポール、ペグなどは基本的に別売りです。ポールセットは軽量でコンパクトなものも多いので、簡易テントとして使いたい方はチェックしておきましょう。またグランドシートを敷くと、より快適に過ごすことができます。

注意したいポイント

耐久性は高くない

ツェルトは軽さが重要な要素であるため、防水性能を持たせつつも生地がやや薄いです。従って耐久性もそれほど高くありません。また、設営も簡易的なので、風が強い環境では不安に感じることもあります。あくまで万が一の場面で体を雨風から守る目的と考えれば、それほど問題ではないでしょう。別売りのフライシートを組み合わせて雨風をガードすることもできます。

防水性は基本的に低め

ツェルトはテントと比べて生地が薄いので、水が染み込みやすいです。高性能なものだと生地に防水透湿コーティングが施してある商品もあります。価格も高くなりますが、雨や雪から体をしっかり守りたいという方におすすめです。

様々な応用ができる!

着替えの目隠しに

着替えの目隠しに

アウトドアで仕切られた空間が欲しいときは、自分でつくり出す必要があります。例えば着替えの目隠しをしたいときなどには、ツェルトをさっとかぶれば目隠しとして活躍してくれます。

防寒着として

悪天候や体調不良などで寒さを感じる場合、ツェルトを羽織るだけでウィンドブレーカーのように使えます。一時的に休憩をしたいときなどに最適です。洋服の上から1枚重ねるだけでも体感温度が変わり、体温の放出を防ぐことができます。

タープテントとして

ツェルトといえば緊急時というイメージがありますが、それ以外の用途でも便利に使えます。日差しが強いときはタープテントのように張ることでちょっとした休憩ポイントをつくることもできます。

ツェルトのおすすめ8選

出典:Amazon.co.jp

Airmonteのパーソナルツェルトです。130gと軽量で、付属の収納袋に入れれば缶コーヒーほどの大きさになるため、リュックなどに入れてもかさばりません。紐で吊り下げて簡易休憩所にしたり、急なトイレの目隠しにしたり、ベンチレーターをフード代わりにしてポンチョにするなど、様々な用途に使えます。一人用ツェルトをお探しの方におすすめです。

Airmonteのパーソナルツェルトです。130gと軽量で、付属の収納袋に入れれば缶コーヒーほどの大きさになるため、リュックなどに入れてもかさばりません。紐で吊り下げて簡易休憩所にしたり、急なトイレの目隠しにしたり、ベンチレーターをフード代わりにしてポンチョにするなど、様々な用途に使えます。一人用ツェルトをお探しの方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

オクトスのコンパクトツェルトです。本体側面から見た形状を台形として無駄なスペースを省き、側面の縫製部分を減らすことで防水効果を向上させています。入り口と後方部分の底との接点には各2箇所のホックを付け、コーナーの固定用テープ縫い付け部分は生地を二重にして補強してあります。山道での休憩に、また非常用のビバークテントとしてもおすすめです。

オクトスのコンパクトツェルトです。本体側面から見た形状を台形として無駄なスペースを省き、側面の縫製部分を減らすことで防水効果を向上させています。入り口と後方部分の底との接点には各2箇所のホックを付け、コーナーの固定用テープ縫い付け部分は生地を二重にして補強してあります。山道での休憩に、また非常用のビバークテントとしてもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

アライテントの2人用ツェルトです。重量わずか280gの軽量タイプで、設営時には間口90×奥行200×高さ90cmのスペースを確保し、収納時には10×10cmと小さくなるので持ち運びに便利です。本体にはウレタンコーティング加工を施してあるので、多少の雨なら充分にしのげます。別売りのポールセットなどを利用すれば軽量テントとしても使用できます。山道での雨よけやビバーク用などにおすすめです。

アライテントの2人用ツェルトです。重量わずか280gの軽量タイプで、設営時には間口90×奥行200×高さ90cmのスペースを確保し、収納時には10×10cmと小さくなるので持ち運びに便利です。本体にはウレタンコーティング加工を施してあるので、多少の雨なら充分にしのげます。別売りのポールセットなどを利用すれば軽量テントとしても使用できます。山道での雨よけやビバーク用などにおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

不測の事態に対応してくれる1人用のコンパクトシェルターです。立木、ストックなどで設置することで横になって休むこともできます。重量も180g、収納時のサイズは13cm×6.5cmとコンパクトで軽量なので軽々と携帯することができます。耐水性もあり、緊急時にはテント設営せずに上から被るだけでも保温、防水効果があります。

不測の事態に対応してくれる1人用のコンパクトシェルターです。立木、ストックなどで設置することで横になって休むこともできます。重量も180g、収納時のサイズは13cm×6.5cmとコンパクトで軽量なので軽々と携帯することができます。耐水性もあり、緊急時にはテント設営せずに上から被るだけでも保温、防水効果があります。

出典:Amazon.co.jp

登山初心者の方でもすぐに使用することのできる非常用シェルターです。1~2人入ることができます。シートを頭からかぶり中に座るだけのボックス型でシンプルな構造になっています。雨や風、雪などの急な天候の変化から身を守ってくれます。暖かい快適な空間で、シートを被った際、対角線上に換気口が配置されているので息苦しくなることがありません。シートを外すことなく外の様子も確認できます。重量も170gと軽量です。

登山初心者の方でもすぐに使用することのできる非常用シェルターです。1~2人入ることができます。シートを頭からかぶり中に座るだけのボックス型でシンプルな構造になっています。雨や風、雪などの急な天候の変化から身を守ってくれます。暖かい快適な空間で、シートを被った際、対角線上に換気口が配置されているので息苦しくなることがありません。シートを外すことなく外の様子も確認できます。重量も170gと軽量です。

登山での緊急事態の時、ビルバークを行う際活躍してくれる1人用のツェルトです。重量は230gと軽量で、収納サイズは350ml缶ほどのコンパクトサイズなので携帯時するのもかさばりません。通気性の良い素材で結露もしにくくなっています。ベンチレーターは完全に閉まらない構造になっているので酸欠になることもなく安心です。ジッパーはベンチレーター底部にまで延長してあり、出入りも楽にできます。

登山での緊急事態の時、ビルバークを行う際活躍してくれる1人用のツェルトです。重量は230gと軽量で、収納サイズは350ml缶ほどのコンパクトサイズなので携帯時するのもかさばりません。通気性の良い素材で結露もしにくくなっています。ベンチレーターは完全に閉まらない構造になっているので酸欠になることもなく安心です。ジッパーはベンチレーター底部にまで延長してあり、出入りも楽にできます。

出典:Amazon.co.jp

finetrack(ファイントラック)から発売されているツェルトです。サイズが奥行220(天頂部170cm)×間口100×高さ95cmとなっておりますので居住性も高く、簡易テントとしての機能も備えています。ツエルトとして十分な耐水圧を備えながら、不快な結露を軽減する通気性も抜群です。気軽にアウトドアを楽しみたい方におすすめします。

finetrack(ファイントラック)から発売されているツェルトです。サイズが奥行220(天頂部170cm)×間口100×高さ95cmとなっておりますので居住性も高く、簡易テントとしての機能も備えています。ツエルトとして十分な耐水圧を備えながら、不快な結露を軽減する通気性も抜群です。気軽にアウトドアを楽しみたい方におすすめします。

出典:Amazon.co.jp

finetrack(ファイントラック)から発売されているチューブ型のツェルトです。サイズは最大奥行320×開口部直径106cm[収納時:12×5×19cm]となり、設営すると4人がなんとか横になれるサイズです。入口は吹き流しタイプで、解放状態での使用も可能です。大人数パーティーのリーダーや、山岳ガイドにおすすめです。

finetrack(ファイントラック)から発売されているチューブ型のツェルトです。サイズは最大奥行320×開口部直径106cm[収納時:12×5×19cm]となり、設営すると4人がなんとか横になれるサイズです。入口は吹き流しタイプで、解放状態での使用も可能です。大人数パーティーのリーダーや、山岳ガイドにおすすめです。

ツェルトのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

紹介されているメーカー