トレーニンググローブのおすすめ14選!リストラップタイプも

トレーニンググローブのおすすめ14選!リストラップタイプも

トレーニンググローブは、フィットネスジムや自宅などでウェイトトレーニング(筋トレ)をするときに使うグローブです。ウエイトトレーニングをしていると、どうしても負荷のかかる手首や手のひらの痛みを軽減し、滑り止めやクッションによってケガの防止にもつながるアイテムです。今回は、トレーニンググローブの効果や選び方をご紹介します。おすすめ商品では、ナイキやゴールドジムの商品や、リストラップのついたもの、レディースの商品も紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

トレーニンググローブとは

トレーニンググローブとは

出典:Amazon.co.jp

筋トレには、腕立て伏せや腹筋など自分の体重を使ったトレーニング方法もありますが、ダンベル・バーベルを用いたウエイトトレーニングも効果的です。その際に、トレーニンググローブを装着することで、手のひらや手首への負荷を軽減させることができます。ダンベルの上下運動を繰り返すと、手のひらに豆ができたり、手首に痛みがでたりすることはめずらしくありません。トレーニンググローブによりグリップ力が増し、ダンベルをしっかりと握り込むことができれば、過度に痛みの心配をする必要がなくなります。また、余分な部位に力が入らなくなるため筋トレの効率も上がるでしょう。

トレーニンググローブのメリット

手のひらにできる豆を予防できる

ウエイトトレーニングの最中に、手のひらに豆ができることはよくあることです。トレーニングを行った結果として豆ができますが、痛くなってしまい効率が悪くなることもあります。また、豆がつぶれれば応急処置も必要になるでしょう。治りかけに無理をすれば傷となってしまいます。トレーニンググローブで保護していれば予防することが可能です。

滑り止めの効果でグリップ力が上がる

滑り止めの効果でグリップ力が上がる

出典:Amazon.co.jp

トレーニンググローブには滑り止めが付いており、ダンベルやバーベルを握るときにグリップ力を向上させることができます。ウエイトトレーニングの経験がある方はわかるかもしれませんが、ダンベルなどにはもともと滑り止めの溝が掘られています。ですが、何度も利用しているうちにこの滑り止めはツルツルになってしまい、あまり効果を発揮できなくなってしまうのです。トレーニング器具をしっかりと握り込めないのでは、効率が落ちてしまうのは避けられないでしょう。トレーニンググローブを装着することで、筋トレの効果も上がるかもしれません。

手首の痛みを軽減

手首の痛みを軽減

出典:Amazon.co.jp

ウエイトトレーニングにおいてベンチプレスを行うときには、手首への負荷を保護してくれるトレーニンググローブがおすすめです。リストラップは、手首にベルトを巻き付けて固定し、痛みやケガを防止してくれるものです。ただ、ベンチプレスでも軽い重量で行う場合には、このリストラップが邪魔に感じる方もいるようです。そういったときには、リストラップが付いていないものや、できるだけ軽量タイプのトレーニンググローブを選ぶと良いでしょう。

筋トレを安全に行える

ウエイトトレーニングでは、ダンベルやバーベルなど重量のある器具を多く使うことになります。そんなものを誰かの足の上にでも落としてしまったら大変です。そして、普段どれだけ注意していても、汗で滑ったり、疲れや気のゆるみによってミスをしてしまうかもしれません。トレーニンググローブのクッション性や滑り止め効果は、使用者本人の痛み・ケガ防止に留まりません。グリップ力の向上や疲れの軽減によって、周囲を含めた安全な筋トレ環境をサポートしてくれるでしょう。

トレーニンググローブの選び方

フィット感を確認する

まずはサイズを合わせましょう。自分の手にぴったり合った商品を選ばないと、どれだけすぐれた滑り止め効果があったとしてもグリップ力の向上は望めません。それどころか、すぐに痛みを感じたり、ケガをしやすくなったりと悪い影響がでてきます。大きすぎず、小さすぎず、自分の手にしっかりとフィットするものを選びましょう。

豆防止には手のひらのクッションが大切

手のひらに豆ができるのを防止するには、クッション性が高いトレーニンググローブがおすすめです。特に、手のひら側にクッションがしっかりと入っているものを選びましょう。何度かウエイトトレーニングを行って、指のつけ根に豆ができるような方は、手のひら部分のクッションだけでは十分ではないかもしれません。そのつけ根部分をゲル状素材などで保護している商品もあるため、自分の悩みに対応したトレーニンググローブを探してみましょう。

リストラップ付きで手首を保護

リストラップ付きで手首を保護

出典:Amazon.co.jp

重量のあるベンチプレスをトレーニングに取り入れている方は、リストラップ付きのトレーニンググローブを選びましょう。ベルトを巻いて固定することで手首を保護できます。リストラップが付いていない軽量タイプのグローブも用意して、その2つをトレーニングの種類に応じて使い分ける方法もあるでしょう。

サポートフックがあれば着脱しやすい

トレーニンググローブには、指先にサポートフックと呼ばれる着脱に便利な突起が付いているものがあります。手に汗をかいてしまって、なかなかグローブが脱げないのはストレスでしょう。ただ、着脱が簡単なゆるめのサイズにしてしまうと、グリップ力に不安が残ります。サポートフックが付いていれば、着脱も楽で、滑りにくく使いやすいでしょう。

洗濯ができると衛生面でメリットが大きい

洗濯ができると衛生面でメリットが大きい

トレーニンググローブは筋トレの間中ずっと装着しているものなので、どうしても汚れやにおいが気になってきます。そうなると洗わなければなりませんが、そのときに洗濯機で丸洗いできるのか、それとも手洗いのみなのかを、事前にチェックしておきましょう。洗濯を楽に行えるだけでも、衛生面でのメリットが大きくなります。

メンズトレーニンググローブのおすすめ11選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ナイキのトレーニンググローブです。メッシュ素材が多く使われており、通気性にすぐれています。また、軽量でありながら、手のひら側にはたっぷりとクッションが使用されているため、幅広いトレーニングで活用できそうです。

この商品の特徴

ナイキのトレーニンググローブです。メッシュ素材が多く使われており、通気性にすぐれています。また、軽量でありながら、手のひら側にはたっぷりとクッションが使用されているため、幅広いトレーニングで活用できそうです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

手のひらには厚手のクッションと滑り止め、手首にはリストラップが付いていて、機能面での優位性が高いです。黒を基調としたデザインで全7カラー、S・M・L・XLの4サイズから選べます。メッシュ素材がふんだんに使われており通気性が高く、家で洗濯もできるため衛生的に使うことができそうです。

この商品の特徴

手のひらには厚手のクッションと滑り止め、手首にはリストラップが付いていて、機能面での優位性が高いです。黒を基調としたデザインで全7カラー、S・M・L・XLの4サイズから選べます。メッシュ素材がふんだんに使われており通気性が高く、家で洗濯もできるため衛生的に使うことができそうです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

世界30カ国、日本国内だけでも全国78拠点を抱える「ゴールドジム」が販売している商品です。手にしっかりとなじむレザータイプとなります。軽量ながら耐久性やクッション性が高く、さまざまなウエイトトレーニングで使用できます。レディース用グローブとしてもおすすめです。

この商品の特徴

世界30カ国、日本国内だけでも全国78拠点を抱える「ゴールドジム」が販売している商品です。手にしっかりとなじむレザータイプとなります。軽量ながら耐久性やクッション性が高く、さまざまなウエイトトレーニングで使用できます。レディース用グローブとしてもおすすめです。

レディーストレーニンググローブのおすすめ3選

トレーニンググローブのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー