トレーニングベルトのおすすめ12選!ナイロン製や革製も

トレーニングベルトのおすすめ12選!ナイロン製や革製も

トレーニングベルト(パワーベルト)は、リフティングや筋トレなどの高負荷がかかる運動をサポートするアイテムです。革製とナイロン製があり、それぞれ特徴が異なります。バックルは、締め付け力があり脱着が簡単なレバーアクションや、サイズ調節が簡単に行えるピンタイプ、無段階でサイズ調節が可能な面テープといった種類があります。女性におすすめの、おしゃれなデザインの商品も販売されています。今回はトレーニングベルトの選び方と、「ゴールドジム」や「アディダス」などのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

トレーニングベルトの必要性と使用するメリット

トレーニングベルトの必要性と使用するメリット

トレーニングベルトは、主にスクワットやクリーンなど、下半身のトレーニング時に使用します。トレーニングベルトを巻くことによって、腹圧をかけ、腰を真っ直ぐに保つように働きかける効果があります。腰が曲がった状態で高負荷のトレーニングをするとヘルニアになるリスクや筋肉を傷めてしまうリスクがありますが、トレーニングベルトを使うことによって、正しい姿勢でトレーニングしやすくなり、不要な負荷が関節にかかることを防ぐことができます。バーベルを使用したフリーウェイトトレーニングを効率的に行うのに役立つ、大切なトレーニンググッズです。

トレーニングベルトの選び方

トレーニングレベルに合った素材を選ぶ

上級者におすすめの革製

上級者におすすめの革製

出典:Amazon.co.jp

革製のトレーニングベルトは、ナイロン製に比べて重いものの、安定性と耐久性に優れているのが特徴です。ベルトの重量に耐えられるだけの筋力や体幹は必要となりますが、トレーニングベルト自体の耐久力も高くなるため、トレーニングを重ねた上級者や、より高いパフォーマンスを求める方におすすめです。

初心者も使いやすいナイロン製

初心者も使いやすいナイロン製

出典:Amazon.co.jp

ナイロン製のトレーニングベルトは、軽量で柔軟性があるので扱いやすいのがメリットです。使いはじめから体にフィットするので、初心者でも扱いやすいです。トレーニングを始めたばかりの方や、筋トレではなくフィットネスやストレッチに使用したい方にも向いています。

バックルの種類で選ぶ

しっかりと固定できるピンタイプ

しっかりと固定できるピンタイプ

出典:Amazon.co.jp

ピンタイプのバックルを使用したトレーニングベルトは、留めた位置でしっかりとホールドできるのが特徴です。ただし、毎回バックルにベルトを通してピンを挿す手間がかかるので、脱着に手間や時間がかかります。また、長期間負荷をかけ続けると、ベルト穴が伸びる可能性があるため注意が必要です。安定性を重視する方におすすめです。

締め付け力が強いレバーアクションタイプ

締め付け力が強いレバーアクションタイプ

出典:Amazon.co.jp

レバーアクションタイプのバックルを使用したトレーニングベルトは、締め付け力が強く、脱着が簡単なのが特徴です。ベルト幅が広くて厚みがある商品が多く、耐久性にも優れているので、トレーニング上級者や競技用などに適しています。デメリットは、ベルト自体の負荷が大きくなることや、こまめなサイズ調節ができないことです。

簡単に装着できるフックバックルタイプ

簡単に装着できるフックバックルタイプ

出典:Amazon.co.jp

フックバックルタイプのトレーニングベルトは、脱着が簡単に行えることがメリットです。形状はピンタイプと似ていますが、穴にフックを差し込むだけでスムーズに装着できます。デメリットは、長期間負荷をかけ続けるとベルト穴が広がる可能性があることです。装着や調整に時間をかけたくない方におすすめです。

無段階で調整できるマジックテープタイプ

無段階で調整できるマジックテープタイプ

出典:Amazon.co.jp

マジックテープ(面テープ)タイプのトレーニングベルトは、脱着がスムーズに行えることや、無段階でサイズ調節ができることが特徴です。ナイロン製のベルトを選ぶ方で、楽に脱着したい方におすすめです。ただし大きな負荷がかかるとマジックテープがはがれてしまうので、激しいトレーニングへの使用には向いていません。

固定力やサポート力でベルト幅を選ぶ

固定力やサポート力でベルト幅を選ぶ

出典:Amazon.co.jp

トレーニングベルトは、商品によってベルト幅が異なります。前面は細く背面に向かって太くなるタイプと、ベルト幅が一定で太めのタイプに分けられます。前面が細いタイプは、背面はしっかりとサポートしながらも、お腹にかかる負担を減らすことができるので初心者におすすめです。一方ベルト幅が一定で太めのタイプは、腹圧を逃さないので自重や体幹をサポートする力が高くなり、筋トレのパフォーマンスが発揮しやすくなります。ベルト幅は、自分のレベルや使用用途、求める効果に合わせて選びましょう。

ウエストに合ったサイズを選ぶ

ウエストに合ったサイズを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

トレーニングベルトは、自分に合ったサイズを使うことで効果を得やすくなります。多くのトレーニングベルトはS、M、Lといったサイズ展開になっており、商品ごとに適したウエストのサイズが記載されています。トレーニングベルトはきつめに装着するため、お腹を少し凹ませた状態で測定し、自分に合ったサイズの商品を選びましょう。

トレーニングベルトのメーカー別の特徴

「ゴールドジム」は初心者〜上級者まで幅広く使える

ゴールドジムは、アメリカを中心に全世界で展開しているトーレニングジムです。ベルトやグローブといった、トレーニングギアの販売も行っています。トレーニングベルトは、トップアスリートや顧客の声をフィードバックして、使いやすさにこだわってつくられています。初心者から上級者まで、レベルに合った商品選びが可能です。

「シーク」は人間工学に基づいたフィットしやすい商品を展開

シークは、25年以上の歴史を持つトレーニングギアメーカーです。トレーニングベルトでは世界で初めて、体の形にフィットする商品を開発しました。人間工学に基づいて設計されており、巻くだけで背骨の適切な位置を維持することができます。サポート性能や着け心地にこだわったトレーニングベルトを販売しています。

「ハービンジャー」は腰回りのサポート力がポイント

ハービンジャーは、世界の一流アスリートともに高品質なトレーニングギアを開発しているメーカーです。トレーニングベルトは、幅が広いタイプで、腰部に発砲フォームを入れることで腰まわりのサポート力を強化しています。内側は肌触りの良い生地を使用するなど、装着感にもこだわっています。

「アディダス」は自分のレベルにあった商品を選べる

アディダスは、ドイツのバイエルンに本社を置くスポーツメーカーです。革製からナイロン製まで幅広いタイプのトレーニングベルトを取り扱っており、自分のレベルや使用目的に合わせた商品選びを行うことができます。ブランドロゴが大胆に配された商品も多いので、デザイン性にこだわりたい方にもおすすめです。

「SBD」は締め付け力に優れている

SBDはウエイトトレーニングを行うために必要なアイテムを製造販売する、スポーツメーカーです。トレーニングベルトは、独自のシステムのバックルを使用しており、優れた締め付け力とサイズ調節の簡単さを兼ね備えています。IPF(世界パワーリフティング連盟)認定品です。

トレーニングベルトのおすすめ12選

スタンダードタイプで初心者におすすめの、ブラックレザーベルトです。トップアスリートへのモニタリングや顧客アンケートなどから、使いやすさにこだわってつくられています。背面にはパッドが付いており、体型を問わずフィットします。動きやすく、どのような種目でも使いやすい形状です。

スタンダードタイプで初心者におすすめの、ブラックレザーベルトです。トップアスリートへのモニタリングや顧客アンケートなどから、使いやすさにこだわってつくられています。背面にはパッドが付いており、体型を問わずフィットします。動きやすく、どのような種目でも使いやすい形状です。

出典:Amazon.co.jp

初級者〜中級者向けのトレーニングベルトです。やわらかくて軽量なレザーでつくられています。腰や体幹をサポートし、ベンチプレスやシーテッドローイング、ラットプルダウンなどのトレーニングを補助します。バックルは、しっかりとホールドできるダブルループのピンタイプを使用しています。扱いやすいので女性にもおすすめです。

初級者〜中級者向けのトレーニングベルトです。やわらかくて軽量なレザーでつくられています。腰や体幹をサポートし、ベンチプレスやシーテッドローイング、ラットプルダウンなどのトレーニングを補助します。バックルは、しっかりとホールドできるダブルループのピンタイプを使用しています。扱いやすいので女性にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

背骨を正しい位置にキープできるトレーニングベルトです。ベルトの形状がまっすぐではなく下向きに約7度の角度が付いているので、腰に自然にフィットします。バックルは面ファスナーを使用しているので、自分に合った長さに無段階での調節が可能です。ナイロン製で程良いやわらかさがあり、心地良く使用できます。

背骨を正しい位置にキープできるトレーニングベルトです。ベルトの形状がまっすぐではなく下向きに約7度の角度が付いているので、腰に自然にフィットします。バックルは面ファスナーを使用しているので、自分に合った長さに無段階での調節が可能です。ナイロン製で程良いやわらかさがあり、心地良く使用できます。

出典:Amazon.co.jp

幅広タイプのトレーニングベルトです。背面には軽量な発砲フォームのパッドが入っているので、腰まわりをしっかりとサポートすることができます。バックルには丈夫なステンレスローラーと幅のあるストラップを使用しており、無段階に調節可能な強力面テープで腹圧をしっかりとホールドできます。

幅広タイプのトレーニングベルトです。背面には軽量な発砲フォームのパッドが入っているので、腰まわりをしっかりとサポートすることができます。バックルには丈夫なステンレスローラーと幅のあるストラップを使用しており、無段階に調節可能な強力面テープで腹圧をしっかりとホールドできます。

出典:Amazon.co.jp

ブラックとピンクのカラーがキュートな、レディース向けのトレーニングベルトです。素材は軽量なナイロン製で背面には発砲フォームパッドが入っており、ウエストをしっかりとサポートします。バックルは強力な面テープを使用しており、運動中にはがれてゆるむこともありません。

ブラックとピンクのカラーがキュートな、レディース向けのトレーニングベルトです。素材は軽量なナイロン製で背面には発砲フォームパッドが入っており、ウエストをしっかりとサポートします。バックルは強力な面テープを使用しており、運動中にはがれてゆるむこともありません。

出典:Amazon.co.jp

腹部圧迫と腰椎のサポートを行う、レザー製のトレーニングベルトです。厚みのある天然皮革でつくられており、高い耐久性とグリップ力が特徴です。内側のやわらかい起毛が、肌への刺激を最小限に抑えながら滑り止め効果も果たします。バックルやループに楽に通せるように、先端にかけて細くなるデザインが特徴の商品です。

腹部圧迫と腰椎のサポートを行う、レザー製のトレーニングベルトです。厚みのある天然皮革でつくられており、高い耐久性とグリップ力が特徴です。内側のやわらかい起毛が、肌への刺激を最小限に抑えながら滑り止め効果も果たします。バックルやループに楽に通せるように、先端にかけて細くなるデザインが特徴の商品です。

出典:Amazon.co.jp

レザー製のレバーアクションタイプのトレーニングベルトです。脱着が簡単で、しっかりとホールドできるのでトレーニングに役立ちます。長さが固定される一般的なレバーアクションベルトとは異なり、固定ではなくフック式になっているのでトレーニングの内容に合わせて手軽にサイズ変更が可能です。

レザー製のレバーアクションタイプのトレーニングベルトです。脱着が簡単で、しっかりとホールドできるのでトレーニングに役立ちます。長さが固定される一般的なレバーアクションベルトとは異なり、固定ではなくフック式になっているのでトレーニングの内容に合わせて手軽にサイズ変更が可能です。

出典:Amazon.co.jp

背面にブランドロゴが特徴的な、デザイン性の高いトレーニングベルトです。全周に渡り同じ幅を保っているので、腹圧を逃がさず、安定感と装着感に優れています。バックルはレバーアクションを採用しており、ワンタッチでの脱着が可能なのでストレスなく使用できます。

背面にブランドロゴが特徴的な、デザイン性の高いトレーニングベルトです。全周に渡り同じ幅を保っているので、腹圧を逃がさず、安定感と装着感に優れています。バックルはレバーアクションを採用しており、ワンタッチでの脱着が可能なのでストレスなく使用できます。

出典:Amazon.co.jp

肌触りの良いスエード革でつくられたトレーニングベルトです。フックバックルを使用しているので、ピンタイプに比べて楽に脱着できます。ホール穴は10個あり、1.5cm間隔での調節が可能です。圧がかかることによる破損を極力防ぐため、強度の高いナイロン糸で二重縫いで仕上げられています。

肌触りの良いスエード革でつくられたトレーニングベルトです。フックバックルを使用しているので、ピンタイプに比べて楽に脱着できます。ホール穴は10個あり、1.5cm間隔での調節が可能です。圧がかかることによる破損を極力防ぐため、強度の高いナイロン糸で二重縫いで仕上げられています。

出典:Amazon.co.jp

腰にかかる負担をサポートする、ナイロン製のトレーニングベルトです。バックルはローラータイプで、ベルト通しがスムーズに行えます。ベルトの先は面テープで固定するので、トレーニング中のずれを防ぎます。メイン素材には程良いクッション性があり、フィット感が良いのも特徴です。

腰にかかる負担をサポートする、ナイロン製のトレーニングベルトです。バックルはローラータイプで、ベルト通しがスムーズに行えます。ベルトの先は面テープで固定するので、トレーニング中のずれを防ぎます。メイン素材には程良いクッション性があり、フィット感が良いのも特徴です。

出典:Amazon.co.jp

トレーニング中のおしゃれにもこだわりたい方におすすめの、ベビーピンクカラーのトレーニングベルトです。背面には大きめパッドが配されており、幅も広いので腰まわりをしっかりとサポートします。腹圧を高めて腰椎を安定させることで、パフォーマンスの向上が期待できます。

トレーニング中のおしゃれにもこだわりたい方におすすめの、ベビーピンクカラーのトレーニングベルトです。背面には大きめパッドが配されており、幅も広いので腰まわりをしっかりとサポートします。腹圧を高めて腰椎を安定させることで、パフォーマンスの向上が期待できます。

出典:Amazon.co.jp

トレーニング専門店がつくる、トレーニングベルトです。腰や腰椎をしっかりとサポートして、腹圧を高めて怪我を防止しトレーニング効果を高めます。背部のエクストラパッドにより、フィット感が高いのが特徴です。面テープでとめるだけで簡単に装着でき、自分の好みに合わせた締め付け具合に調節できます。

トレーニング専門店がつくる、トレーニングベルトです。腰や腰椎をしっかりとサポートして、腹圧を高めて怪我を防止しトレーニング効果を高めます。背部のエクストラパッドにより、フィット感が高いのが特徴です。面テープでとめるだけで簡単に装着でき、自分の好みに合わせた締め付け具合に調節できます。

トレーニングベルトの巻き方

トレーニングベルトの巻き方

出典:Amazon.co.jp

トレーニングベルトは、おへその位置よりも若干低めに巻くのが一般的です。トレーニングしやすいポジションを考慮して、微調整するようにしましょう。巻く強度は、腹部や関節を締め付けるために、少し苦しいくらいの強さで巻くのが効果的です。強く巻くコツは、ベンチなどに仰向けになってベルトを固定するようにすると巻きやすいです。

手首や手のひらの負担軽減にはトレーニンググローブもチェック

ダンベルやバーベルを用いてウェイトトレーニングをする際には、トレーニンググローブを使用するのがおすすめです。手のひらの豆の予防や滑り止め効果などがあります。選び方やおすすめ商品をチェックしてみてください。

トレーニングベルトのおすすめ商品比較表

商品画像
ブラックレザーベルト
EXレザーベルト
リフティングベルト
トレーニングベルト フォームコアベルト
フォームコアベルト
トレーニング レザー リフティングベルト
SBDベルト
トレーニングベルト
パワーベルト トレーニングベルト
トレーニングベルト
トレーニングベルト
リフティングベルト
メーカーシンクフィットネスシンクフィットネスシークミューラージャパンミューラージャパンアディダスエスビーディーライズmukunokiビートンジャパンVEROMANライノ
商品名ゴールドジム ブラックレザーベルトゴールドジム EXレザーベルトリフティングベルトハービンジャー トレーニングベルト フォームコアベルトハービンジャー フォームコアベルトトレーニング レザー リフティングベルトSBDベルトトレーニングベルトパワーベルト トレーニングベルトトレーニングベルトトレーニングベルトリフティングベルト
最安値
価格情報がありません
Amazon8,448円(税込)
Amazon7,480円(税込)
Amazon3,835円(税込)
Amazon3,780円(税込)
Amazon13,200円(税込)
Amazon26,500円(税込)
Amazon14,980円(税込)
Amazon6,980円(税込)
Amazon2,530円(税込)
Amazon3,280円(税込)
Amazon3,280円(税込)
販売サイト
この記事の修正依頼を送る

関連記事