トレーニングベルトのおすすめ10選!本革製やナイロン製も

トレーニングベルトのおすすめ10選!本革製やナイロン製も

トレーニングベルト(ウエイトリフティングベルト)は、筋トレをする際に、トレーニングを効果的かつ安全に行うことをサポートするアイテムです。本格的な種目のトレーニングや、ベンチプレス、フィットネスをはじめ、使い方は様々です。ナイロンや本革などの素材があるほか、女性用のものもあり、選ぶときに迷ってしまう方も多いと思います。そこで、今回はトレーニングベルトの選び方や使い方、「ゴールドジム」「シーク」「アディダス」「SBD」「Motomo」などのおすすめ商品をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

トレーニングベルトとは

トレーニングベルトとは

出典:Amazon.co.jp

トレーニングベルトとは、筋力トレーニングをするときに腰に巻くベルト状のトレーニンググッズです。幅の広いものが多く、一般的にはウエアの上から装着します。通常のファッションベルトと同じように、穴が複数開いていて、ある程度のサイズであれば調整することも十分可能です。トレーニングベルトはフィットネスクラブやスポーツ用品店で購入でき、通販でも多くの商品が販売されています。

トレーニングベルトの効果

トレーニングベルトを装着することで得られる効果は主に2つあります。

筋トレのパフォーマンス向上

筋トレのパフォーマンス向上

出典:Amazon.co.jp

重い重量を持ち上げるときに、トレーニングベルトをしておくと、腹筋の力が分散されにくくなり、力を入れやすいと言われています。そのため、トレーニングベルトをしていないときよりも、大きな重量を持ち上げやすくなりますまた、物理的に体幹を支えてくれるので、体がぶれにくくなり、さらに追い込んだトレーニングができるようにもなります。実際にトレーニングベルトを着けずにするときよりも、数回多くトレーニングができるようになったという方も多いようです。

さらに、トレーニングベルトをすることで腹部の筋肉に圧をかけることができます。腹筋に圧がかかると筋力の力を最大限に出すことができます。腹圧が高まると脂肪の燃焼などがしやすくなり、筋肉を大きく育てることもできると言われています。

ケガの防止

筋力トレーニングの中でも、スクワットやデッドリフト、ベンチプレスなどスクワットの種目は体幹に負担がかかります。体幹に負担がかかるときに、トレーニングベルトをしておけば腰痛などのケガをしにくくなります。重量を持ってのスクワットや下に置いたウェイトを持ち上げるときに、体幹が強くないと腰を痛めやすくなります。そのため初心者の方ほど、トレーニングベルトはしておいた方が良いと言われています。

トレーニングベルトの選び方

トレーニングベルトの選び方

トレーニングベルトを選ぶときには、いつくか抑えておきたいポイントがあります。ここでは、どんなところに注意して選べば良いのかをご紹介します。

用途で選ぶ

フィットネス用

ジムなどで使うフィットネス用は、比較的軽いトレーニングやダイエット目的で使われることが多いです。ベルト自体の重量はさほど重くなく、丸洗いできるものもあります。ファッション性の高い商品も多く、スポーツメーカーなどで購入することができます。

競技用

競技大会でも使用できる競技用のトレーニングベルトは、重量が重くベルト自体が硬いものが多いです。ベルトの幅もかなり広いものがあります。競技用は、かなり重たいウェイトを上げることを前提としているため、軽めのトレーニングやダイエット目的での使用には向いていません。

素材で選ぶ

革製

革のトレーニングベルトは、伸縮性が無いのでしっかりと締め付けて固定させたい方に向いています。上げる重量も比較的重ためで、目安としては自分の体重よりも重いものを持ち上げたい場合に使います。その他にも、筋力を上げるために筋肉に圧をかけたい方にもおすすめです。丸洗いができないものがほとんどなので、お手入れは頻繁に行いましょう。使用後は乾いた布で汗を拭き取って、自然乾燥させておきます。

ナイロン製

軽くてお手入れが簡単なナイロン製は、女性や初心者の方に人気があります。マジックテープで止めるものが多いので、気軽につけやすいという方も多いようです。ナイロンは伸縮性があるので、体の動きに沿いやすく体へのプレッシャーがさほどありません。ただし、その分、腰や体幹を支える力も弱めです。比較的軽量のトレーニングなどに向いています。

ウエストに合わせてサイズを選ぶ

ウエストに合わせてサイズを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

トレーニングベルトは自分のウエストサイズに合わせて選びます。ベルト調整をすれば適度な締め付けで使える、というものを選ぶと良さそうです。ウエストサイズよりも細すぎると、体に負担がかかります。大きすぎても、適切な圧を加えることができません。おおよそのサイズではなく、自分のウエストサイズを計測してから選ぶようにしましょう。

バックルで選ぶ

トレーニングベルトのバックルには主に3種類あります。付けやすさだけでなく、外しやすさも考慮しておきましょう。トレーニングベルトを付けてのトレーニングはハードなものも多いので、休憩のときにスムーズに外せるものでないと、面倒に感じやすくなります。

ピンタイプ

通常のベルトのように複数空いている穴にピンを刺してベルトを固定します。ピンは1本のものもありますが、2本の方が安定して装着しやすいようです。しかし、ピンが2本あると、慣れない内はひとりで装着することがやや難しく感じるかもしれません。

レバーバックル

ちょうど良いところでレバーを倒すと、その位置でベルトを固定することができます。このレバーバックルはピンはありませんが、レバーを差し込む穴は開いています。しかし、ピンタイプよりも付けやすく、装着に時間があまりかかりません。初心者の方でも比較的簡単に装着できます。

フックバックル

フックバックルは、つけやすく外しやすいと言われています。スライドさせるようにしてベルトを締め、ちょうど良いところで留めるだけです。取り外しも同じ要領で簡単です。トレーニング中の休憩時に頻繁に付け外ししたい方におすすめです。

トレーニングベルトの巻き方

トレーニングベルトの巻き方

出典:Amazon.co.jp

トレーニングベルトは正しく巻くことが重要です。ただ巻けば良いというものではなく、本来の効果を得るためにも正しい使い方を知っておきましょう。

STEP1:ベルトを巻く位置を確認

トレーニングベルトは、肋骨と骨盤の間に巻きます。自分の体を触ってみて、正しい場所を確認しましょう。おへその上にベルトが来れば、おおよそ正しい位置で装着できます。

STEP2:ベルトを締める

トレーニングベルトをつける位置が決まったら、ベルトを巻きます。利き手を使って思いきりベルトを締めましょう。目安としては、ほんの少し息が苦しいという程度です。手の力だけでは締め切れない場合は、タワーリフトの柱などにベルトの先を少し巻き付けて、柱に重心を掛けるようにして締めると締りやすくなります。

STEP3:正しくベルトが締められているかを確認

ベルトを装着したら、鏡で前と後ろを確認します。ベルトがまっすぐつけられていることと、位置が上過ぎたり、下過ぎたりしないことを目で確かめてください。特にベルトの後ろ部分は、腰や背中の骨を守る役割をするので、手で触って骨や筋肉がしっかり守られていることを確認するようにしましょう。

トレーニングベルトのおすすめ10選

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ピンタイプのトレーニングベルトで、背中の部分にはパッドが入っています。革が柔らかめなので、最初からある程度馴染みやすいようです。ウエストサイズがXSでも75cm~90cmなので、これから鍛えたい男性にもおすすめです。

この商品の特徴

ピンタイプのトレーニングベルトで、背中の部分にはパッドが入っています。革が柔らかめなので、最初からある程度馴染みやすいようです。ウエストサイズがXSでも75cm~90cmなので、これから鍛えたい男性にもおすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

シークのトレーニングベルトは、体のラインに沿ったデザインなので、体にフィットしやすく付け心地が良いと言われています。ベルトの調節も簡単です。下腹部にパッドが付いているので、締め付けても痛みを感じにくくなっています。他メーカーのトレーニングベルトで違和感を感じる方におすすめです。

この商品の特徴

シークのトレーニングベルトは、体のラインに沿ったデザインなので、体にフィットしやすく付け心地が良いと言われています。ベルトの調節も簡単です。下腹部にパッドが付いているので、締め付けても痛みを感じにくくなっています。他メーカーのトレーニングベルトで違和感を感じる方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

ハードなトレーニングに使えるパワーベルトです。幅が10cmあるので、体幹をしっかりホールドしてくれます。トレーニングで使う負荷が大きくてもずれたり、外れたりすることがないようです。これから本格的なトレーニングをしたい方におすすめです。

この商品の特徴

ハードなトレーニングに使えるパワーベルトです。幅が10cmあるので、体幹をしっかりホールドしてくれます。トレーニングで使う負荷が大きくてもずれたり、外れたりすることがないようです。これから本格的なトレーニングをしたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

king2ringのトレーニングべルトです。筋トレ用としての利用に最適で、腰部分から腹部にかけての形状が崩れない形状記憶タイプです。また、内側と外側の2重のベルクロタイプで腹圧が逃げにくい仕様です。米国トレーニング用品と同じ生産ラインで製造することによって、コスパの良さを実現しています。アルコールを染み込ませた布で定期的に拭くことで汗や汚れのケアができます。

この商品の特徴

king2ringのトレーニングべルトです。筋トレ用としての利用に最適で、腰部分から腹部にかけての形状が崩れない形状記憶タイプです。また、内側と外側の2重のベルクロタイプで腹圧が逃げにくい仕様です。米国トレーニング用品と同じ生産ラインで製造することによって、コスパの良さを実現しています。アルコールを染み込ませた布で定期的に拭くことで汗や汚れのケアができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

50年以上の実績を持つ、アメリカのフィットネスクラブ「GOLD'S GYM(ゴールドジム)」のトレーニングベルトです。最高級レザーを使用しており、やわらかく、扱いやすいので女性にもおすすめです。薄手のレザーで、使えば使うほど革が身体になじみ、安定感は抜群です。サイズはXS~XLまで5段階あり、ウエスト55cm~105cmまで対応できます。

この商品の特徴

50年以上の実績を持つ、アメリカのフィットネスクラブ「GOLD'S GYM(ゴールドジム)」のトレーニングベルトです。最高級レザーを使用しており、やわらかく、扱いやすいので女性にもおすすめです。薄手のレザーで、使えば使うほど革が身体になじみ、安定感は抜群です。サイズはXS~XLまで5段階あり、ウエスト55cm~105cmまで対応できます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

初心者でも使いやすいウェイトリフティングベルトです。マジックテープでしっかりと固定し、腰を保護してくれるのでウェイトの重いトレーニングにも適しています。日常の作業で腰に負担が掛かるような場合にもおすすめです。ベルト幅は全サイズ15.5cmで、S・M・Lのサイズ展開がありますので、体型に合わせて選ぶことができます。

この商品の特徴

初心者でも使いやすいウェイトリフティングベルトです。マジックテープでしっかりと固定し、腰を保護してくれるのでウェイトの重いトレーニングにも適しています。日常の作業で腰に負担が掛かるような場合にもおすすめです。ベルト幅は全サイズ15.5cmで、S・M・Lのサイズ展開がありますので、体型に合わせて選ぶことができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

SBD Apparel Japanのトレーニングベルトです。IPF認定を受けており、ベルトの幅は10cm、厚みは1.3cmです。素材には、5ヶ月以上の時間をかけて製造された強靭さと耐久性のあるイギリス製の皮革が使われています。バックル部分はレバーアクション式になっており、ベルトの調節はピン式です。締め付け力が強く、調節しやすいトレーニングベルトをお探しの方におすすめです。

この商品の特徴

SBD Apparel Japanのトレーニングベルトです。IPF認定を受けており、ベルトの幅は10cm、厚みは1.3cmです。素材には、5ヶ月以上の時間をかけて製造された強靭さと耐久性のあるイギリス製の皮革が使われています。バックル部分はレバーアクション式になっており、ベルトの調節はピン式です。締め付け力が強く、調節しやすいトレーニングベルトをお探しの方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

スプリットレザー製のトレーニングベルトです。10段階で長さを調整することができ、調整部分のベルトの幅は6cmです。腰を保護する部分は幅11.6cm×厚さ1.8cmで、クッション性のある複合材質を使用した安全性の高いつくりになっています。腰の部分をしっかりと保護し、痛みを感じることなくトレーニングに集中できるベルトをお探しの方におすすめです。

この商品の特徴

スプリットレザー製のトレーニングベルトです。10段階で長さを調整することができ、調整部分のベルトの幅は6cmです。腰を保護する部分は幅11.6cm×厚さ1.8cmで、クッション性のある複合材質を使用した安全性の高いつくりになっています。腰の部分をしっかりと保護し、痛みを感じることなくトレーニングに集中できるベルトをお探しの方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

イージージョイの、ウエストリフティングベルトです。カラーバリエーションは、レッド・ブラックなど4色展開です。サイズはS・M・Lの3サイズあり、ウエスト70cm~115cmまでの方が対象です。ウエストは10段階で調節することができます。フックはヘビーデューティーメタル製なので、耐久性があり長く使用することができる、ウエストリフティングベルトを求めている方におすすめです。

この商品の特徴

イージージョイの、ウエストリフティングベルトです。カラーバリエーションは、レッド・ブラックなど4色展開です。サイズはS・M・Lの3サイズあり、ウエスト70cm~115cmまでの方が対象です。ウエストは10段階で調節することができます。フックはヘビーデューティーメタル製なので、耐久性があり長く使用することができる、ウエストリフティングベルトを求めている方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

アディダスの、レザーウエストリフティングベルトです。サイズはM・L・XLの3サイズあります。カラーはブラックです。腰の部分に負担がかからないよう、クッション性のある素材を採用しています。ベルトを着用するだけで、腹圧鍛えることができます。ベルトを使用して、日頃のトレーニングをより効果的なものにしたい方におすすめです。

この商品の特徴

アディダスの、レザーウエストリフティングベルトです。サイズはM・L・XLの3サイズあります。カラーはブラックです。腰の部分に負担がかからないよう、クッション性のある素材を採用しています。ベルトを着用するだけで、腹圧鍛えることができます。ベルトを使用して、日頃のトレーニングをより効果的なものにしたい方におすすめです。

トレーニンググローブもチェック

手首のケガや手のひらの豆の予防、グリップ力の向上に役立つ「トレーニンググローブ」について、リンク先の記事で紹介しています。選び方やおすすめ商品など、詳しく解説しているので、興味のある方は参考にしてみてください。

トレーニングベルトのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー