アンクルウエイトのおすすめ4選&選び方【日常生活でも鍛える】

アンクルウエイトのおすすめ4選&選び方【日常生活でも鍛える】

仕事や家事が忙しくてジムに通う時間がない、という方におすすめなのが「アンクルウェイト」です。足につけて歩くだけでトレーニングになるので、日常生活の中に簡単に取り入れることができます。重さは0.5kgほどの軽いものから始め、両足で5kgくらいまで負荷を上げることができます。薄いものは目立たないので女性でも気軽に始められます。今回はアンクルウエイトの選び方や効果的な使い方、ナイキなどのおすすめ商品をご紹介します。

アンクルウェイトとは

アンクルウェイトとは

出典:Amazon.co.jp

アンクルウエイト(パワーアンクル)とは、足首に付ける重りです。トレーニングをするときに、アンクルウエイトを付けておくことでさまざまな効果が期待できます。重りは0.5g~3㎏ほどで、体力やトレーニング内容に合わせて選びます。アンクルウエイトは、足首に付けても体を動かさなければ効果はありません。

アンクルウエイトの効果

アンクルウエイトの効果

ふくらはぎの筋肉を強化する

アンクルウエイトを付けてトレーニングをすることで、通常のトレーニングよりもふくらはぎの筋肉を鍛えやすくなります。ふくらはぎは肉離れなどのトラブルを抱えやすい部位のため、スポーツをする人の中にはふくらはぎを鍛える人は多いようです。アンクルウエイトでふくらはぎを鍛えることは、スポーツのための体作りだけでなく、ケガをしにくい体を作ることにも繋がります。

体幹を鍛える

アンクルウエイトを付けてトレーニングすることでインナーマッスルの強化に繋がります。インナーマッスルは体の軸を安定させ、姿勢を維持するために必要なものです。アンクルウエイトは、比較的軽い負荷を持続的に与え続けられるのでインナーマッスルには効果的なトレーニング方法と言えるでしょう。

ダイエットにもつながる

運動をしながら体重を落としたい場合は、持続的に脈拍数を上げて脂肪を燃焼させる必要があります。アンクルウエイトを付けて家事をしたり、運動をしたりすることで脂肪の燃焼を促すことができると言われています。

アンクルウエイトを選ぶポイント

レベルに合った重さを選ぶ

ご自身の体に合った重さを選ぶようにしましょう。最初から負荷が大きすぎると体を痛める原因になります。特にこれまで日頃運動をしていない方にとっては0.5㎏の重さでも負担が大きいものです。少ない負荷から始めて徐々に増やして行く方が、安全に鍛えられます。

密着性の高いものがおすすめ

アンクルウエイトは付けるだけでなく、付けて運動をするものです。体を動かしたときに、アンクルウエイトが動きすぎると運動に影響がでます。製品の素材によっては擦れて傷になってしまうことも考えられます。しっかりとフィットするものを選びましょう。

デザイン性もチェック

通勤通学の間につけておく方もいます。周囲にトレーニングをしているのがバレたくないという場合には、コンパクトで周りに気づかれにくいものがおすすめです。カラフルでかわいいデザインもあるので、スポーツウェアなどと合わせてみるのも楽しいですね。

アンクルウエイトの効果的な使い方

アンクルウエイトの効果的な使い方

出典:Amazon.co.jp

アンクルウエイトは、どんなトレーニングにも使うことができます。ここでは、特にアンクルウエイトの効果が表れやすいと言われているトレーニングをご紹介します。

まずウォーキングから始めよう

アンクルウエイトを付けてのトレーニングで、最も簡単なものはウォーキングです。また、ウォーキングは体を痛めにくいので、アンクルウエイトを付けた状態でも安心して行うことができます。初心者の方は軽めのウエイトを付けて、ゆっくりと無理せず歩くことから始めると良いです。

慣れてきたら体幹トレーニングにも

アンクルウエイトは、体幹トレーニングやストレッチにも向いています。何も付けずに体幹トレーニングをしている人は、軽いウエイトから始めてみましょう。いつもと同じトレーニングをしてもウエイトが付いているだけで体への影響が大きくなると言われています。ただし、体幹トレーニングを始めて間もない方や、まだ体幹が整っていない方が両足にアンクルウエイトを付けると、フォームを崩しやすくなるので注意が必要です。ある程度体幹ができてからアンクルウエイトを付けるようにしましょう。

上級者はランニングに挑戦!

ランニングや軽いジョギングにもアンクルウエイトは向いています。ランニングは、体重が下半身にかかっているので、少量のウエイトでも効果を感じやすいです。軽めのウエイトを付けて軽く走るところから始めましょう。ただし、体幹トレーニングと同じでフォームを崩しやすいという特徴があります。ランニングを始めて間もない状態でウエイトを付けると、正しくないフォームが身についてしまうので注意しましょう。

アンクルウエイトのおすすめ4選

ナイキアンクル ウェイト 1.13KG
価格情報がありません

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

アンクルウエイトを足首に巻いたときに、重々しい印象が出るのは嫌という方におすすめです。とてもスマートなデザインなので、見た目に重さを感じにくくなっています。男性であればスーツの下に付けておくことも可能です。周囲に知られずにトレーニングをしたい方にはうれしいですね。

この商品の特徴

アンクルウエイトを足首に巻いたときに、重々しい印象が出るのは嫌という方におすすめです。とてもスマートなデザインなので、見た目に重さを感じにくくなっています。男性であればスーツの下に付けておくことも可能です。周囲に知られずにトレーニングをしたい方にはうれしいですね。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

肌に馴染みやすいネプレーン素材を使ったアンクルウエイトです。もちろんリストウエイトとして使うこともできます。とても柔らかい素材でできているので、体の動きに影響が少なく、ストレスを感じることが少ないでしょう。

この商品の特徴

肌に馴染みやすいネプレーン素材を使ったアンクルウエイトです。もちろんリストウエイトとして使うこともできます。とても柔らかい素材でできているので、体の動きに影響が少なく、ストレスを感じることが少ないでしょう。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

少し大きめのアンクルウエイトです。この商品は重さの調節をすることができます。アンクルウエイトの中に300gの鉄棒が10本入っています。使う方の体力やお好みで鉄棒を取り外すことができるので便利です。体に筋力が付いてきたら鉄棒を増やす、という使い方ができます。

この商品の特徴

少し大きめのアンクルウエイトです。この商品は重さの調節をすることができます。アンクルウエイトの中に300gの鉄棒が10本入っています。使う方の体力やお好みで鉄棒を取り外すことができるので便利です。体に筋力が付いてきたら鉄棒を増やす、という使い方ができます。

出典:Amazon.co.jp

この商品の特徴

アンクルウエイトを始めて使う方や、あまり締め付けを好まない方にはこれがおすすめです。マジックテープで調整しますが、比較的ゆとりを持って付けることができます。肌に触れる裏面にはスパンデックスという耐老化性に優れている素材を使っています。汗をかいたり、擦れたりしても安心です。

この商品の特徴

アンクルウエイトを始めて使う方や、あまり締め付けを好まない方にはこれがおすすめです。マジックテープで調整しますが、比較的ゆとりを持って付けることができます。肌に触れる裏面にはスパンデックスという耐老化性に優れている素材を使っています。汗をかいたり、擦れたりしても安心です。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー