ダンベルのおすすめ8選!筋トレ初心者・女性向けも

ダンベルのおすすめ8選!筋トレ初心者・女性向けも

ダンベルは、効率的に腹筋や背筋、胸筋などを鍛えることができる筋トレアイテムです。重さをカスタマイズできる可変式、中に水を入れるウォーターダンベル、上級者向けのブロックダンベルなど色々な種類があります。今回はダンベルの選び方や、人気メーカーの「IROTEC(アイロテック)」の商品も含めた、Amazonをはじめとする通販サイトで購入できる、おすすめのダンベルをご紹介します。1kg、2kg、5kg、10kg、30kgなど様々な重量の商品や、見栄えの良いカラー付きの商品、初心者の方も手に取りやすい価格の安い商品も取り上げています。

ダンベルの種類と特徴

扱いやすい「ソフトダンベル」

扱いやすい「ソフトダンベル」

出典:Amazon.co.jp

持ち手やヘッドの重りの部分が柔らかい素材でコーティングされたタイプのダンベルです。滑りにくくしっかりと握ることができる点や、床に傷をつけにくい点がメリットです。女性向けの軽いものによく見られます。

持ち運びに便利な「ウォーターダンベル」

持ち運びに便利な「ウォーターダンベル」

出典:Amazon.co.jp

水を入れて使うダンベルです。500g〜1kgのものが多いです。使い慣れてきたら、砂を入れて水を加えると、さらに重くすることができます。プラスチックでできているので捨てやすいといったメリットもあります。

握りやすい「ケルトベル」

握りやすい「ケルトベル」

出典:Amazon.co.jp

球体の重りにハンドルがついたタイプのダンベルです。しっかりと握ることができるので、運動しやすいのが特徴です。使い方も様々で、柔軟性やバランス感覚などもトレーニングすることができます。

重量調整可の「プレートタイプダンベル」

重量調整可の「プレートタイプダンベル」

出典:Amazon.co.jp

プレートを脱着して重さを調整することが可能なダンベルです。重さを変えることで、鍛えたい部位に合わせて負荷を変えられるメリットがあります。女性の場合、まずは1kg〜2kgが適切だと言われています。

簡単に重さを変えられる「パワーブロック」

簡単に重さを変えられる「パワーブロック」

出典:Amazon.co.jp

ピンを差し込んで重さを変えることができるタイプのダンベルです。手軽に重量を変えられるので、負荷をスムーズに変えることができます。全てを持ち運ぼうとすると重いので、使用場所は固定になりやすいです。

ダンベルの選び方

重量調整が可能かで選ぶ

準備の必要がない固定式ダンベル

準備の必要がない固定式ダンベル

出典:Amazon.co.jp

固定式ダンベルは一定の重さで製造されている、重量の調整ができないダンベルです。筋トレ種目への汎用性は可変式に比べてあまりないものの、一般的に価格が安く、重量の低い手頃な商品が多く販売されているため、初心者の方におすすめのタイプです。また、プレートを付け替える必要がなく、すぐにトレーニングを開始できる利便性も利点です。

重さを変えられる可変式ダンベル

重さを変えられる可変式ダンベル

出典:Amazon.co.jp

購入したダンベルの負荷になれてきて、より重いダンベルを購入するということを繰り返していると、部屋がダンベルだらけになってしまいます。プレートの付け替えによって重量を調整できる可変式のダンベルを購入すると、一つのアイテムで、様々なトレーニングメニューに対応することができます。

重量で選ぶ

女性は1kg程度から使い始めるのがおすすめです。1kg未満では負荷がかからず筋肉痛にならないという方もいます。また、急に重すぎるダンベルを利用すると、神経や筋を傷めてしまうことがあります。

素材で選ぶ

プラスティックやポリウレタンといった比較的柔らかい素材でコーティングされたダンベルがあります。床や壁にぶつけてしまって部屋を傷つけてしまうことがあるため、柔らかい素材のダンベルを購入することでそのような心配を減らすことができます。

持ち手の形状や素材を確認

持ち手の形状や素材を確認

持ちにくいダンベルは、手を滑らせて足を怪我したり、硬いグリップを握ったせいでマメができたりといった失敗をすることがあります。また、ネイルを傷つけてしまうこともあります。柔らかい素材が使われていて、しっかりと持つことができるものをおすすめします。

ダンベルは必要かどうか

腕立て伏せをすればダンベルは必要ないのではないか、と考える方もいらっしゃいます。自分の体重を使っておこなう自重トレーニングと、ダンベルを使っておこなうトレーニングにはどのような違いがあるのでしょうか。

自重トレーニングの特徴

自重トレーニングの特徴

お金がかからず、また道具を必要としないためどこでもできます。道具がないため、お部屋もすっきり見せることができます。ただし、負荷のかけ方などが個人の裁量に委ねられてしまうので、間違った方法でトレーニングをしてしまい、体に悪い影響を与えてしまう可能性もあります。

ダンベルを利用したトレーニングの特徴

ダンベルを利用したトレーニングの特徴

重さや角度をしっかりと意識してコントロールすることができます。さらに重さによってトレーニングの目標を数値化しやすいこともメリットです。ただし、道具が必要になるため、経済的にはデメリットと言えそうです。

固定式ダンベルのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,280円(税込)

この商品の特徴

ソフトコーティングされたダンベルで、見た目もかわいらしいタイプのものです。2個セットなので両手で持ってエクササイズや筋トレができます。初心者は1〜2kgがおすすめです。ダンベルっぽさがないので、いくつか部屋にあっても違和感がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ソフトコーティングされたダンベルで、見た目もかわいらしいタイプのものです。2個セットなので両手で持ってエクササイズや筋トレができます。初心者は1〜2kgがおすすめです。ダンベルっぽさがないので、いくつか部屋にあっても違和感がありません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,180円(税込)

この商品の特徴

転がりにくい形状のダンベルです。グリップを握ったまま床に置いて、腕立て伏せをすることもできます。カラーも豊富で手触りも良いため、女性が使いやすいデザインだと言えそうです。コーティングされているので床も傷つきにくいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

転がりにくい形状のダンベルです。グリップを握ったまま床に置いて、腕立て伏せをすることもできます。カラーも豊富で手触りも良いため、女性が使いやすいデザインだと言えそうです。コーティングされているので床も傷つきにくいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値4,599円(税込)

この商品の特徴

BeryKoKoのダンベルです。2個セットになっており、両腕のトレーニングを均等に行えます。合成ゴムコーティングによってしっかりしたグリップ感を実現し、鉄ダンベルと比べて、床などに置いても傷などが付きにくい設計になっています。側面にはブランドロゴと重さが記され、カラフルな色は重さごとに異なっています。10kg×2個セットです。ご自宅でのトレーニングなどにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

BeryKoKoのダンベルです。2個セットになっており、両腕のトレーニングを均等に行えます。合成ゴムコーティングによってしっかりしたグリップ感を実現し、鉄ダンベルと比べて、床などに置いても傷などが付きにくい設計になっています。側面にはブランドロゴと重さが記され、カラフルな色は重さごとに異なっています。10kg×2個セットです。ご自宅でのトレーニングなどにおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,680円(税込)

この商品の特徴

かわいいカラーが特徴のケトルベルです。ポリ塩化ビニルでコーティングされているので、触った感じが冷たくなく、音や衝撃も軽減してくれます。持ち手と重心部分が少し離れているので筋力が鍛えられやすいことも特徴です。重さの種類も豊富です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

かわいいカラーが特徴のケトルベルです。ポリ塩化ビニルでコーティングされているので、触った感じが冷たくなく、音や衝撃も軽減してくれます。持ち手と重心部分が少し離れているので筋力が鍛えられやすいことも特徴です。重さの種類も豊富です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

可変式ダンベルのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,195円(税込)

この商品の特徴

スチール製で見た目がシンプルなダンベルです。重さを調節して調整して使うことができます。重すぎると感じる場合は、はじめのうちは持ち手部分だけでエクササイズしても良いかもしれません。長く使えるタイプのダンベルです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スチール製で見た目がシンプルなダンベルです。重さを調節して調整して使うことができます。重すぎると感じる場合は、はじめのうちは持ち手部分だけでエクササイズしても良いかもしれません。長く使えるタイプのダンベルです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,650円(税込)

この商品の特徴

リーディングエッジの、アーミーダンベルです。10kgの2個セットです。カラーバリエーションは、グレー×ブラック・グリーン・ネイビー・レッドの、4色展開です。ポリエチレンコーティングがされているので、床に傷がつきにくいです。4kg・7kg・10kgまで重りを外し調整することができるので、初心者の方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

リーディングエッジの、アーミーダンベルです。10kgの2個セットです。カラーバリエーションは、グレー×ブラック・グリーン・ネイビー・レッドの、4色展開です。ポリエチレンコーティングがされているので、床に傷がつきにくいです。4kg・7kg・10kgまで重りを外し調整することができるので、初心者の方にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値12,210円(税込)

この商品の特徴

アイロテックの、ラバーダンベルです。20kg×2個の計40kgのセットです。内訳はダンベルシャフト2.5kg×2本・プレート5kg×4枚・プレート2.5kg×4枚・プレート1.25kg×4枚です。カラーはレッドです。床を傷つけにくいだけでなく、プレート同士の衝撃音も静かで気にならないダンベルを使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

アイロテックの、ラバーダンベルです。20kg×2個の計40kgのセットです。内訳はダンベルシャフト2.5kg×2本・プレート5kg×4枚・プレート2.5kg×4枚・プレート1.25kg×4枚です。カラーはレッドです。床を傷つけにくいだけでなく、プレート同士の衝撃音も静かで気にならないダンベルを使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値64,959円(税込)

この商品の特徴

パワーブロックの、可変式ダンベルです。約23kg×2個のセットです。9段階重さを調節することができます。最小4.5kg~最大23kgまで調節することができます。サイズは横約33cm×高さ約17cm×奥行約17cmです。ピンを差し替えて重さをチェンジできるので、すばやく重さを変えることのできる、ダンベルを使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

パワーブロックの、可変式ダンベルです。約23kg×2個のセットです。9段階重さを調節することができます。最小4.5kg~最大23kgまで調節することができます。サイズは横約33cm×高さ約17cm×奥行約17cmです。ピンを差し替えて重さをチェンジできるので、すばやく重さを変えることのできる、ダンベルを使用したい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ダンベル使用時はグローブを付けて安全な筋トレをしよう

リンク先の記事では、トレーニンググローブの選び方や、おすすめ商品を掲載しています。筋トレをする際にはトレーニンググローブを着用して、ケガを防止しましょう。

ダンベルのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー