【2022年版】スロークッカーのおすすめ10選!レシピ本付きも

【2022年版】スロークッカーのおすすめ10選!レシピ本付きも

スロークッカーとは、沸騰しない温度で長時間じっくりと低温調理ができる電気調理器具です。カレー、角煮、ローストビーフ、鶏肉を使ったサラダチキン、焼き芋などをほったらかし調理で手軽につくれます。大家族に適した大容量タイプ、一人暮らし向けのコンパクトサイズ、タイマー付き、レシピ本が付属するものなど、ラインナップも豊富です。今回は、スロークッカーの欠点や電気代について解説し、選び方やアイリスオーヤマ、ツインバードなどのおすすめ商品を紹介します。また、スロークッカーを使ったレシピも紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

スロークッカーとは

スロークッカーとは

出典:Amazon.co.jp

スロークッカーとは、食材を低い温度で長時間加熱して調理するキッチン家電です。火を使わないので安全に調理できる上、必要な食材を内鍋に入れてスイッチを入れるだけで、ほったらかし調理できるのが魅力です。低温でじっくり加熱するので、食材が煮くずれしにくく、味がよく染み込んでおいしく仕上がります。ほったらかし調理ができる点では電気圧力鍋と共通していますが、電気圧力鍋は圧力をかけて短時間で調理できるのが特徴です。その分消費電力が大きく、スロークッカーに比べて電気代がやや高めになります。

スロークッカーでつくれるメニュー

スロークッカーは、90℃以下の沸騰しない温度で煮る、蒸す、焼くなどの調理ができます。食材を入れてスイッチを入れれば、メインのおかずからスイーツまで、以下のようなメニューも手軽につくれます。

  • カレー
  • ビーフシチュー
  • ロールキャベツ
  • 角煮
  • おでん
  • 肉じゃが
  • おかゆ
  • ローストビーフ
  • サラダチキン
  • スペアリブ
  • 黒豆
  • 焼き芋
  • ジャム

スロークッカーの欠点は?

スロークッカーの欠点は?

出典:Amazon.co.jp

スロークッカーの欠点は、じっくり加熱して調理するため、完成までに時間がかかることです。朝ごはん用なら前日の夜、夕食として食べる場合はその日の朝など、時間に余裕をもって準備したり、タイマー機能を利用したり、工夫して使用するのがおすすめです。また、大容量タイプはサイズが大きく、広めの設置スペースが必要になるため、あらかじめ置き場所を確保しておきましょう。

スロークッカーの電気代

スロークッカーの電気代

出典:Amazon.co.jp

スロークッカーの電気代は商品によって異なり、一般的に、消費電力(W)が大きいほど電気代も高くなります。電気代は、商品に記載されている1時間あたりの消費電力(kW)、1時間あたりの電気料金の単価(円/kWh)などから計算できます。1時間あたりの電気料金単価が27円の場合、800Wの商品では1時間あたりの電気料金がおよそ21.6円(0.8kW×27円)かかる計算です。200Wのモデルでは1時間あたりの電気料金がおよそ5.4円になるため、消費電力が少ない商品は比較的電気料金がかかりにくいことがわかります。

スロークッカーの選び方

人数にあった容量で選ぶ

人数にあった容量で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

スロークッカーの容量は商品によって異なるため、使用する人数に適した大きさを選びましょう。1人暮らしの方には、容量1L前後のサイズが適しています。容量が少ない分コンパクトなため、場所を取りにくいのがメリットです。2〜3人分であれば容量1.5L以上、4〜5人分なら2.5L以上を目安に選びましょう。なお、食べ盛りの子どもがいる家庭や、つくりおきのおかずとして多めにつくりたい場合などは、目安よりも大きめの容量を選ぶのがおすすめです。

人数 容量
1人 1L
2〜3人 1.5L
4〜5人 2.5L

調理機能で選ぶ

調理機能で選ぶ

出典:Amazon.co.jp

スロークッカーを選ぶ際は、つくりたいメニューを考えながら調理機能をチェックしましょう。スロークッカーでは、煮る、蒸す、焼くといった調理が可能で、煮込み料理をはじめ、蒸しもの、焼きものなど、様々なメニューの調理に対応します。商品によっては炊飯機能が搭載されているタイプもあり、キッチン家電を複数置くスペースがなく、台数を増やしたくない方などにおすすめです。

付属機能で選ぶ

温度調節機能|メニューにあわせて火力を調整

温度調節機能|メニューにあわせて火力を調整

出典:Amazon.co.jp

温度調節機能が搭載されているスロークッカーは、調理するメニューにあわせて火力を調整できるのが特徴です。強、弱の2段階を切り替えて使えるもの、より細かい温度調節ができる、強、中、弱の3段階のモードから選べるタイプなどがあります。また、商品によっては、メニューにあわせて自動で温度調節をするオートモードも搭載されています。

タイマー機能|料理の完成時間を設定できる

タイマー機能|料理の完成時間を設定できる

出典:Amazon.co.jp

タイマー機能が搭載されているスロークッカーは、起床時間や帰宅時間などにあわせ、料理が完成する時間を設定できるのが特徴です。ほったからし調理ができるので、翌日の朝食を前日の夜に準備したり、夜の帰宅時間にあわせて外出前にセットしたりできます。なお、タイマーで設定できる時間は商品によって異なるので、使用シーンやライフスタイルに適したものを選びましょう。

保温機能|あたたかさをキープできる

保温機能|あたたかさをキープできる

出典:Amazon.co.jp

保温機能が搭載されているスロークッカーは、調理したメニューをあたたかいまま維持できるのが特徴です。家族内で食事をする時間がずれてしまう場合でも、その都度あたため直しをせずに、それぞれがあたたかい料理を食べられます。タイマーの設定時間に到達すると、自動で保温に切り替わる商品もおすすめでです。

お手入れのしやすさで選ぶ

お手入れのしやすさで選ぶ

出典:Amazon.co.jp

スロークッカーは、お手入れのしやすさで選ぶのもポイントです。内鍋がクッカー本体から取りはずせるタイプなら、鍋をしっかり洗浄できます。また、パーツの少ないつくりがシンプルなものや、付属のパーツがすべて取りはずせて隅々までお手入れできる商品などもおすすめです。食洗機に対応していれば、より手軽にお手入れできます。

直火対応タイプもチェック

直火対応タイプもチェック

出典:Amazon.co.jp

スロークッカーを選ぶときは、内鍋が直火に対応しているかどうかもチェックしましょう。直火に対応した内鍋であれば、本体から取りはずして食材を炒めたり、下ゆでしたりといった事前準備が可能です。また、調理したメニューのあたため直しがしやすいメリットもあります。下準備、あたため直し、調理など、すべての作業を1つの鍋でできるため、洗い物が少なく済むのも魅力です。

スロークッカーのおすすめ商品比較表

商品

販売サイト

ポイント

スロークッカー PSC-20K-W アイリスオーヤマ スロークッカー PSC-20K-W

遠赤外線効果で食材の芯まで火が通る

コンパクトライスクッカー 白 ウィナーズ レコルト コンパクトライスクッカー 白

2~2.5合の白米や玄米が炊ける

ツインバード スロークッカー ホワイト EP-D819W 電気鍋 EP-D819W ホワイト ツインバード工業 ツインバード スロークッカー ホワイト EP-D819W 電気鍋 EP-D819W ホワイト

調理内容にあわせて2段階の火力から選べる

ホットクック KN-HW24E-R レッド シャープ ヘルシオ ホットクック KN-HW24E-R レッド

火加減調節やかき混ぜる作業も全自動で行える

AL Colle ASC-T25/ST シルバー アルファックス・コイズミ AL Colle ASC-T25/ST シルバー

最大9時間30分までのタイマー設定が可能

電気圧力鍋 SP-4D151(W) ホワイト シロカ 電気圧力鍋 SP-4D151(W) ホワイト

プリセットメニュー10種類を搭載

スロークッカー ASCT22 アルファックス・コイズミ スロークッカー ASCT22

最大9時間55分までのタイマー機能を搭載

タイマー付スロークッカー EP-D727R レッド ツインバード工業 タイマー付スロークッカー EP-D727R レッド

直火に対応する陶器製の鍋を採用

スロークッカー カウンタートップクッキング PSC-400PCJ クイジナート スロークッカー カウンタートップクッキング PSC-400PCJ

中の状態を確認しやすいガラス蓋つき

スロークッカー PSC-350 クイジナート スロークッカー PSC-350

24時間タイマー付きで好きな時間に料理ができあがる

  • 掲載している参考価格・スペック等の情報について、万全の保証はいたしかねます。詳細な商品情報については、購入前に各メーカーの公式サイト等でご確認ください。
  • 比較表内の空欄部分は調査中です。

【1人暮らし向け】スロークッカーのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

参考価格2,380円

遠赤外線効果で食材の芯まで火が通る

保温モードが搭載されている、最大容量約1.6Lのスロークッカーです。陶器製の内鍋が採用されており、遠赤外線効果で食材の芯までしっかり火が通り、うまみが引き出されて中までホクホクに仕上がります。火力は強と弱の2段階があり、使用する食材やメニューにあわせて使い分けられるのが魅力です。弱で調理した場合の電気代は、1時間3円ほどと経済的に使えます。

容量
1.6L
自動調理機能
×
タイマー
×
保温機能
直火調理
×
消費電力
175W
本体サイズ
幅21.2×奥行23.2×高さ21.3cm
本体重量
2.2kg

遠赤外線効果で食材の芯まで火が通る

保温モードが搭載されている、最大容量約1.6Lのスロークッカーです。陶器製の内鍋が採用されており、遠赤外線効果で食材の芯までしっかり火が通り、うまみが引き出されて中までホクホクに仕上がります。火力は強と弱の2段階があり、使用する食材やメニューにあわせて使い分けられるのが魅力です。弱で調理した場合の電気代は、1時間3円ほどと経済的に使えます。

容量
1.6L
自動調理機能
×
タイマー
×
保温機能
直火調理
×
消費電力
175W
本体サイズ
幅21.2×奥行23.2×高さ21.3cm
本体重量
2.2kg

出典:Amazon.co.jp

参考価格8,710円

2~2.5合の白米や玄米が炊ける

7種類の調理モードが搭載されているライスクッカーです。白米、早炊き、おかゆ、玄米などの炊飯モードがあり、2~2.5合のご飯を炊けます。また低温調理、発酵、蒸す、煮るなどの調理にも対応しており、幅広く使えるのが魅力です。タイマー機能がついており、低温調理、蒸す、煮る、おかゆモードの際に5分きざみでの時間設定できます。

容量
メーカー記載なし
自動調理機能
タイマー
保温機能
直火調理
×
消費電力
300W
本体サイズ
幅22.5×奥行20.4×高さ21cm
本体重量
1.6kg

2~2.5合の白米や玄米が炊ける

7種類の調理モードが搭載されているライスクッカーです。白米、早炊き、おかゆ、玄米などの炊飯モードがあり、2~2.5合のご飯を炊けます。また低温調理、発酵、蒸す、煮るなどの調理にも対応しており、幅広く使えるのが魅力です。タイマー機能がついており、低温調理、蒸す、煮る、おかゆモードの際に5分きざみでの時間設定できます。

容量
メーカー記載なし
自動調理機能
タイマー
保温機能
直火調理
×
消費電力
300W
本体サイズ
幅22.5×奥行20.4×高さ21cm
本体重量
1.6kg

【2〜3人向け】スロークッカーのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

参考価格14,899円

調理内容にあわせて2段階の火力から選べる

調理容量0.6~2.4Lのスロークッカーです。陶器製の鍋でゆっくり加熱することにより、食材が煮くずれしにくくなる上、うまみが引き出されておいしく仕上がります。火力は強、弱の2段階があり、食材やメニューにあわせて適した方を選べます。つまみをまわすだけのシンプルな操作のため、使いやすいのも魅力でです。

容量
3L
自動調理機能
×
タイマー
×
保温機能
直火調理
×
消費電力
200W
本体サイズ
幅28.5×奥行23.5×高さ28.5cm
本体重量
3.3kg

調理内容にあわせて2段階の火力から選べる

調理容量0.6~2.4Lのスロークッカーです。陶器製の鍋でゆっくり加熱することにより、食材が煮くずれしにくくなる上、うまみが引き出されておいしく仕上がります。火力は強、弱の2段階があり、食材やメニューにあわせて適した方を選べます。つまみをまわすだけのシンプルな操作のため、使いやすいのも魅力でです。

容量
3L
自動調理機能
×
タイマー
×
保温機能
直火調理
×
消費電力
200W
本体サイズ
幅28.5×奥行23.5×高さ28.5cm
本体重量
3.3kg

出典:Amazon.co.jp

参考価格41,800円

火加減調節やかき混ぜる作業も全自動で行える

かき混ぜまで全自動で行えるスロークッカーです。材料を入れてボタンを押すだけで、手軽に料理をつくれます。食材の衛生面に配慮しながら、最大15時間の予約調理が可能です。タイマー機能が付いており、朝セットしておけば帰宅後すぐにできたての料理が食べられます。アプリと連携させることで、メニュー機能が利用できるのも特徴です。

容量
2.4L
自動調理機能
タイマー
保温機能
直火調理
×
消費電力
800W
本体サイズ
幅39.5×奥行30.5×高さ24.9cm
本体重量
6.5kg

火加減調節やかき混ぜる作業も全自動で行える

かき混ぜまで全自動で行えるスロークッカーです。材料を入れてボタンを押すだけで、手軽に料理をつくれます。食材の衛生面に配慮しながら、最大15時間の予約調理が可能です。タイマー機能が付いており、朝セットしておけば帰宅後すぐにできたての料理が食べられます。アプリと連携させることで、メニュー機能が利用できるのも特徴です。

容量
2.4L
自動調理機能
タイマー
保温機能
直火調理
×
消費電力
800W
本体サイズ
幅39.5×奥行30.5×高さ24.9cm
本体重量
6.5kg

出典:Amazon.co.jp

参考価格23,798円

最大9時間30分までのタイマー設定が可能

直火に対応する内鍋が採用されているスロークッカーです。低温調理の前に、ガス火で食材を炒めるなどの下ごしらえが可能です。同じ鍋でそのまま低温調理ができるので、後片づけの手間がかかりません。30分きざみでセットできるOFFタイマーは、最大で9時間30分まで設定が可能です。タイマー設定時刻に到達すると、最大6時間の保温に切り替わります。

容量
2.5L
自動調理機能
×
タイマー
保温機能
直火調理
消費電力
210W
本体サイズ
幅28×奥行26.5×高さ27cm
本体重量
3.2kg

最大9時間30分までのタイマー設定が可能

直火に対応する内鍋が採用されているスロークッカーです。低温調理の前に、ガス火で食材を炒めるなどの下ごしらえが可能です。同じ鍋でそのまま低温調理ができるので、後片づけの手間がかかりません。30分きざみでセットできるOFFタイマーは、最大で9時間30分まで設定が可能です。タイマー設定時刻に到達すると、最大6時間の保温に切り替わります。

容量
2.5L
自動調理機能
×
タイマー
保温機能
直火調理
消費電力
210W
本体サイズ
幅28×奥行26.5×高さ27cm
本体重量
3.2kg

出典:Amazon.co.jp

参考価格11,852円

プリセットメニュー10種類を搭載

スロー調理機能がついた1台6役の電気圧力鍋です。肉じゃが、豚の角煮、カレーなどあわせて10種類の自動調理メニューがあらかじめセットされているので、食材を入れてボタンを押すだけでほったらかし調理できます。圧力調理をはじめ、炊飯、無水調理、蒸し調理、スロー調理、温め直しなど、多機能に使えるのが魅力です。

加熱方式
マイコン式
満水容量
4L
調理容量
2.6L
圧力値
90kPa
フタの開き方
スライド式
付属機能
保温機能, 温め直し機能, スロー調理機能, タイマー予約機能
自動調理モード数
10個
本体サイズ
幅26.5×奥行28.2×高さ28.3cm
本体重量
4.4kg

プリセットメニュー10種類を搭載

スロー調理機能がついた1台6役の電気圧力鍋です。肉じゃが、豚の角煮、カレーなどあわせて10種類の自動調理メニューがあらかじめセットされているので、食材を入れてボタンを押すだけでほったらかし調理できます。圧力調理をはじめ、炊飯、無水調理、蒸し調理、スロー調理、温め直しなど、多機能に使えるのが魅力です。

加熱方式
マイコン式
満水容量
4L
調理容量
2.6L
圧力値
90kPa
フタの開き方
スライド式
付属機能
保温機能, 温め直し機能, スロー調理機能, タイマー予約機能
自動調理モード数
10個
本体サイズ
幅26.5×奥行28.2×高さ28.3cm
本体重量
4.4kg

出典:Amazon.co.jp

参考価格5,960円

最大9時間55分までのタイマー機能を搭載

自動保温機能がついているスロークッカーです。5分刻みでセットできるタイマーが搭載されており、最大9時間55分までの設定が可能です。調理が終わると、自動的に最長6時間の保温モードに切り替わります。容量は約2.2Lであり、カレーは8~10皿分、シチューなら5~6皿分を1度に調理できる、使いやすいサイズです。

容量
2.2L
自動調理機能
タイマー
保温機能
直火調理
×
消費電力
180W
本体サイズ
幅28×奥行25×高さ22.5cm
本体重量
2.7kg

最大9時間55分までのタイマー機能を搭載

自動保温機能がついているスロークッカーです。5分刻みでセットできるタイマーが搭載されており、最大9時間55分までの設定が可能です。調理が終わると、自動的に最長6時間の保温モードに切り替わります。容量は約2.2Lであり、カレーは8~10皿分、シチューなら5~6皿分を1度に調理できる、使いやすいサイズです。

容量
2.2L
自動調理機能
タイマー
保温機能
直火調理
×
消費電力
180W
本体サイズ
幅28×奥行25×高さ22.5cm
本体重量
2.7kg

【4人以上向け】スロークッカーのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

参考価格9,800円

直火に対応する陶器製の鍋を採用

レトロなデザインが特徴の、容量3Lのスロークッカーです。調理が終わると自動で保温に切り替わり、最大6時間まで温度をキープできます。30分きざみで最大10時間まで設定が可能なタイマー機能が搭載されており、煮込みすぎやスイッチの切り忘れを防止できるのもメリットです。陶器製の鍋は直火に対応しており、食材の下ごしらえや温めなおしなどの際に役立ちます。

容量
3L
自動調理機能
×
タイマー
保温機能
直火調理
消費電力
200W
本体サイズ
幅29×奥行28×高さ33cm
本体重量
3.4kg

直火に対応する陶器製の鍋を採用

レトロなデザインが特徴の、容量3Lのスロークッカーです。調理が終わると自動で保温に切り替わり、最大6時間まで温度をキープできます。30分きざみで最大10時間まで設定が可能なタイマー機能が搭載されており、煮込みすぎやスイッチの切り忘れを防止できるのもメリットです。陶器製の鍋は直火に対応しており、食材の下ごしらえや温めなおしなどの際に役立ちます。

容量
3L
自動調理機能
×
タイマー
保温機能
直火調理
消費電力
200W
本体サイズ
幅29×奥行28×高さ33cm
本体重量
3.4kg

出典:Amazon.co.jp

参考価格11,000円

中の状態を確認しやすいガラス蓋つき

4つの調理モードが搭載されている、最大容量約3Lのスロークッカーです。通常の煮込み料理なら「HIGH」、煮くずれしやすいものは「LOW」、よりじっくり煮込むときは「SIMMER」、保温は「WARM」などと、調理内容によって使い分けできるのが特徴です。タイマーがついており、煮込みすぎやスイッチの切り忘れを防げます。設定した調理時間に到達すると自動的に保温モードに切り替わり、最大で8時間まで保温できます。

容量
3L
自動調理機能
×
タイマー
保温機能
直火調理
×
消費電力
215W
本体サイズ
幅36.5×奥行28.5×高さ26.5cm
本体重量
5.5kg

中の状態を確認しやすいガラス蓋つき

4つの調理モードが搭載されている、最大容量約3Lのスロークッカーです。通常の煮込み料理なら「HIGH」、煮くずれしやすいものは「LOW」、よりじっくり煮込むときは「SIMMER」、保温は「WARM」などと、調理内容によって使い分けできるのが特徴です。タイマーがついており、煮込みすぎやスイッチの切り忘れを防げます。設定した調理時間に到達すると自動的に保温モードに切り替わり、最大で8時間まで保温できます。

容量
3L
自動調理機能
×
タイマー
保温機能
直火調理
×
消費電力
215W
本体サイズ
幅36.5×奥行28.5×高さ26.5cm
本体重量
5.5kg

出典:Amazon.co.jp

参考価格9,749円

24時間タイマー付きで好きな時間に料理ができあがる

煮込み料理がつくれるスロークッカーです。セラミックポットにガラス蓋が付いており、傾けても中身がこぼれる心配はありません。シチューやカレー、豚の角煮から、黒豆、ふかし芋まで手軽につくれます。24時間のタイマー機能付きで、食べたい時間に合わせて料理ができあがるのも特徴です。

容量
3.3L
自動調理機能
×
タイマー
保温機能
×
直火調理
×
消費電力
1350W
本体サイズ
幅41.9×奥行36.1×高さ30cm
本体重量
メーカー記載なし

24時間タイマー付きで好きな時間に料理ができあがる

煮込み料理がつくれるスロークッカーです。セラミックポットにガラス蓋が付いており、傾けても中身がこぼれる心配はありません。シチューやカレー、豚の角煮から、黒豆、ふかし芋まで手軽につくれます。24時間のタイマー機能付きで、食べたい時間に合わせて料理ができあがるのも特徴です。

容量
3.3L
自動調理機能
×
タイマー
保温機能
×
直火調理
×
消費電力
1350W
本体サイズ
幅41.9×奥行36.1×高さ30cm
本体重量
メーカー記載なし

スロークッカーを使ったレシピ

カレー

ほったらかしで煮込みができる上、じゃがいもが煮くずれしにくいカレーのレシピです。

スペアリブの甘辛煮

じっくり時間をかけて煮込むことで、とろとろの食感が楽しめるスペアリブのレシピです。

サラダチキン

鶏むね肉が、しっとりとジューシーな食感に仕上がるサラダチキンです。

手軽に使えるキッチン家電もチェック

ノンフライヤーは、油をつかわず揚げ物をつくれる調理家電で、スープメーカーは全自動でスープがつくれます。スチームクッカーは、手軽に蒸し料理をつくれるのが魅力です。それぞれ選び方やおすすめ商品を紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

スロークッカーの売れ筋ランキングもチェック

スロークッカーのAmazonの最新売れ筋ランキング情報は、以下のリンクから確認することができます。

この記事の修正依頼を送る

人気記事