自転車用ヘッドライトのおすすめ3選&選び方【明るさにも注目!】

自転車用ヘッドライトのおすすめ3選&選び方【明るさにも注目!】

自転車の夜間走行には、道路交通法によりライトの点灯が定められています。見た目のかっこいいロードバイクやクロスバイクにはコンパクトなヘッドライトの装着がおすすめです。最近はUSB充電式のものや、取り付け・取り外しが簡単で盗難を防ぎやすいタイプなど、様々な種類が登場しています。今回はヘッドライトの選び方や、明るさを示すルーメンなど、基礎知識について解説します。人気のキャットアイなど、おしゃれなおすすめ商品もご紹介します!

自転車用ヘッドライトの種類と特徴

自転車用ヘッドライトは、バッテリーの供給方式によって3つの種類に分けられます。以前は電池式が主流で、充電式はパワーが弱いことがデメリットでしたが、最近では充電式のライトでも充分な明るさと照射時間を確保することができるようになり、各メーカーでもラインナップが豊富になってきています。

乾電池式

従来からある一般的なライトです。電池の分のサイズと、重量が大きくなってしまいますが、電池が切れてしまってもコンビニなどで購入できるメリットがあります。充電式の乾電池を使えば、ランニングコストも抑えることができます。

ボタン電池式

コンパクトで重量が軽いのが特徴です。メインのライトとしては充分な明るさの確保が難しいため、補助ライトとしての使用がおすすめです。

充電式

近年増えてきたUSBポートや専用のアダプターを使って充電ができるタイプです。電池のスペースが必要ないため、コンパクトな設計も可能になっています。バッテリーを充電するのにやや時間がかかりますが、パソコンなどでもこまめに充電ができ、電池を使わないので経済的です。

自転車用ヘッドライトの役割

ヘッドライトは、前方の道路や歩行者、段差などの障害物を照らして見えやすくする役割の他に、車のドライバーや歩行者から、自転車を見えやすくするためにも活躍します。メインのヘッドライトとは別に、前方や横に向かってアピールするライトを設置し、点滅モードで併用すると安心です。この場合は明るさも必要にはなりますが、点滅モードで動きを知らせる使い方で、周りからは認識されやすくなります。暗い道を走る場合は、周りを照らす明るいメインライトと、周りにアピールする補助ライトを併用して、より安全に走行しましょう。

自転車用ヘッドライトの選び方

明るさ

自転車のライトでは、明るさの単位はルーメンで表すのが一般的です。ルーメンとは光束の量を表す単位で、光源自体の明るさを表します。60ワットで約800ルーメン相当に換算されます。

夜間走行時、きちんと街灯が整備されている道路では、100ルーメン以上が望ましいです。街灯が少ない道路では300ルーメン以上は確保しましょう。また、走行スピードが上がると実際より暗く見えてしまうため、ロードバイクなど高速で走行する場合は、通常より明るいライトが必要になります。

持続時間

バッテリーが満タンの状態から、どれくらいの時間を継続して使用できるかを表す時間をランタイムといいます。基本的にはバッテリーの容量に比例し、明るさを抑えるとランタイムも延びます。必要に応じて明るさの切り替えができるタイプは、より長時間使用することができます。最低限の明るさを確保した上で、どれくらい継続して使用するかどうかの環境に合わせて選びましょう。

また、充電式の場合はバッテリー自体にも寿命があり、使い続けることでバッテリー容量の低下でランタイムが短くなるので注意が必要です。

着脱のしやすさ

盗難防止のために、自転車から離れるときはライトを取り外すことをおすすめします。また充電式のライトも、充電するためには毎回取り外しが必要になります。商品によって方法は異なりますが、簡単に装着、脱着できると大変便利です。

サイズ

小さくて軽いライトは、ポケットにも入るサイズで持ち運びやすく、ロードバイクなどに乗る場合も小型軽量化されたライトが好まれます。しかし、通勤や通学など、夜間走行が必要になる場合は、安全のためにサイズよりも明るさとランタイムを優先したライトを装着しましょう。

自転車用ヘッドライトの主なメーカー

CAT EYE キャットアイ

自転車用リフレクターは国内シェア70%、海外でもシェア40%以上を誇る日本の自転車部品メーカーです。明るさやバッテリーの容量の違いで、ヘッドライトのラインナップも多く、ヘッドライトの他にもサイクルコンピューターなども多数あります。

knog ノグ

オーストラリアのデザイン集団で構成された自転車用アクセサリーブランドです。こだわりのデザインで、これまでに多くのユニークな商品を生み出しています。アルミのフェイスとシリコンを組み合わせた「BLINDER(ブラインダー
)シリーズ」は豊富なカラーリングとポップなデザインが人気の商品です。

LEZYNE レザイン

アメリカ発のサイクルアクセサリーブランドです。創業者はドイツ出身で、職人の技が光るアイテムが豊富です。アルミパーツで構成された美しいデザインが特徴です。

自転車用ヘッドライトのおすすめ3選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値10,358円(税込)

この商品の特徴

約800ルーメンのハイパワーモデルです。ハイ、ミドル、ローの3種類の明るさに切り替えができ、ハイモードで2時間、ローモードで8時間の連続照射が可能です。本体はアルミ製で、軽量かつ剛性にすぐれています。USB充電式を採用しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

約800ルーメンのハイパワーモデルです。ハイ、ミドル、ローの3種類の明るさに切り替えができ、ハイモードで2時間、ローモードで8時間の連続照射が可能です。本体はアルミ製で、軽量かつ剛性にすぐれています。USB充電式を採用しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

楽天市場最安値2,740円(税込)

この商品の特徴

約170ルーメンの明るさをもつ、電池式タイプのヘッドライトです。ハイモード、ローモード、点滅モードに切り替えが可能です。ランタイムはアルカリ乾電池使用で、ハイモード約2時間、ローモード約9時間、点滅モード約30時間です。電池交換のタイミングがわかる、バッテリーインジケーター機能を搭載しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

約170ルーメンの明るさをもつ、電池式タイプのヘッドライトです。ハイモード、ローモード、点滅モードに切り替えが可能です。ランタイムはアルカリ乾電池使用で、ハイモード約2時間、ローモード約9時間、点滅モード約30時間です。電池交換のタイミングがわかる、バッテリーインジケーター機能を搭載しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値8,140円(税込)

この商品の特徴

ライトとしてだけではなく、モバイルバッテリーとしても使うことができるユニークな機能を持っています。もちろんライトとしての機能も充実しており、最大450ルーメンの明るさと、エコフラッシュモードでは最大90時間のランタイムを実現しています。USB充電方式を採用し、ライト点灯中でもスマートフォンなどのデバイスに充電ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ライトとしてだけではなく、モバイルバッテリーとしても使うことができるユニークな機能を持っています。もちろんライトとしての機能も充実しており、最大450ルーメンの明るさと、エコフラッシュモードでは最大90時間のランタイムを実現しています。USB充電方式を採用し、ライト点灯中でもスマートフォンなどのデバイスに充電ができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー