マークシート用鉛筆のおすすめ11選!キャップ付きも

マークシート用鉛筆のおすすめ11選!キャップ付きも

マークシート用鉛筆は、マークシートを塗りつぶしやすいように設計された、試験用鉛筆です。微粒子の黒鉛を配合した特殊な芯を使っており、軽い力で濃くはっきりと塗りつぶせるのが、一般的な鉛筆との違いです。HB、H、2Bなど芯の種類によって、濃さや芯の硬さ、使い心地が変わります。中にはあらかじめ削られた鉛筆と、消しゴム、鉛筆削りがセットされた商品や、試験会場に持ち込むのに適した無地のデザインの商品もあります。今回は、マークシート用鉛筆の選び方と、uni、トンボ、三菱などのメーカーのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

マークシート用鉛筆と普通の鉛筆の違い

マークシート用鉛筆と普通の鉛筆の違い

出典:Amazon.co.jp

マークシート用の鉛筆とは、マークシート形式のテストに適した設計の鉛筆です。一般的な鉛筆よりも、芯の粒子が細かく均一になっており、軽い力で濃くしっかりとマークできるので、マーク時間を短縮して試験に集中できるのがメリットです。芯の中に特殊なオイルも配合しており、消しゴムで楽に消せるので、マークミスをしたときにも、すばやく効率的に修正ができるのも特徴です。また、芯が減りにくいのも特徴で、試験終了まで鉛筆を取り換えずに一本で済むことが多いです。

マークシート用鉛筆の選び方

芯の濃さは「HB」か「B」がおすすめ

芯の濃さは「HB」か「B」がおすすめ

出典:Amazon.co.jp

マークシート形式のテストは、答案を機械で読み取るため、濃くはっきりとマークすることが重要です。鉛筆の芯は全部で17種類あり、材料に使われる黒鉛の割合によって濃さが変わります。芯が濃すぎると、マークした部分に手が擦れて回答用紙の他のマーク部分に汚れがつく場合があり、薄すぎると機械が読み取れない場合があります。そのため、マークシート用には、芯が適度に柔らかくて濃さが十分に感じられるHB、Bの濃さが多く推奨されています。筆圧が弱い方や、小学校低~中学年の子ども用には、芯が濃い2Bがおすすめです。

自分の筆圧に合った芯の硬さを選ぶ

自分の筆圧に合った芯の硬さを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

鉛筆の芯は、2B、B、HBの順に硬くなります。芯の硬さはメーカーや鉛筆の種類によって差があるため、同じHB、2Bでも書き心地に違いがあります。鉛筆は、マークシート式の試験を受ける際、マークするだけでなく、問題を解くためにも使います。自分の筆圧に合った、折れにくい硬さのものを選びましょう。高校・大学受験、資格試験など、たくさんの問題を解くシーンでは、途中の計算過程などにも使いすいHBがおすすめです。

芯の硬さによって消しやすさが変わる

芯の硬さによって消しやすさが変わる

出典:Amazon.co.jp

マークシート用の鉛筆の多くは、色が定着しやすく、プラスチック消しゴムで消しやすい、超微粒子の黒鉛を使った特殊芯を採用しています。そのため、一般的な鉛筆よりも消しやすいのが特徴です。ただし、商品によって細かい性能は異なり、マークの塗りつぶしやすさを重視した、芯が柔らかめのものもあれば、長持ちすることを重視した、芯がかためのものもあります。固めタイプの鉛筆で、強い筆圧をかけて塗りつぶすと、マークシートにくぼみが生じて、機械で正常に読み取りができない場合もあるので注意が必要です。

軸の形状は机の上で転がりにくい六角形タイプがおすすめ

軸の形状は机の上で転がりにくい六角形タイプがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

マークシート用の鉛筆の軸は、机の上で転がりにくい六角形タイプがおすすめです。試験中に鉛筆を落とせば、気持ちが動揺したり、落下によって芯が折れたりなどのデメリットがあるためです。また、試験会場によっては、手をあげて試験官に鉛筆を拾ってもらう必要があり、試験時間のロスも生じます。鉛筆は指3本で支えて持つため、軸の面が3の倍数である六角形の鉛筆は、持ったときの安定感があって手が疲れづらいメリットもあります。

試験場に持ち込めるシンプルなデザインを選ぶ

試験場に持ち込めるシンプルなデザインを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

試験会場によっては、持ち込みできる鉛筆のデザインに制限があります。具体的には入試などのシーンでは、英語や文字が印字されている鉛筆は、カンニング防止の観点から禁止されている場合が多いです。マークシート用の鉛筆は、ほとんどの試験に対応できる、シンプルなデザインの鉛筆がおすすめです。また、試験会場によっては芯の濃さにも規定があるため、事前に確認しておきましょう。

キャップや消しゴム付きなら使用しやすい

キャップや消しゴム付きなら使用しやすい

出典:Amazon.co.jp

キャップ付きの商品は、筆箱の内側が鉛筆の芯で汚れにくく、持ち運び時の衝撃によって芯が折れるのも防げます。自分でキャップを用意する場合は、芯の状態がすぐに確認できる、芯が透けて見えるタイプがおすすめです。また、鉛筆の先端に消しゴムが付いたタイプは、試験会場で万が一消しゴムが見当たらなくても、慌てずに試験にのぞめます。

シャープペンタイプは芯を削る手間を省ける

シャープペンタイプは芯を削る手間を省ける

出典:Amazon.co.jp

中心に太い芯を入れて使う、マークシート用のシャープペンもあります。シャープペンタイプは、鉛筆のように芯を削る手間がなく、常に一定の太さで芯が使い続けられるのがメリットです。TOEICなど1回の試験で大量のマークが必要なシーンにおすすめです。ただし、試験会場によっては、えんぴつ以外の使用は不可で、シャープペンタイプは使えない場合もあります。

【キャップなし】マークシート用鉛筆のおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

マーク部分に手が触れても紙が汚れにくい

マークシート試験用のHB鉛筆、12本セット(1ダース)です。芯に超微粒子の黒鉛を配合しており、常に均一な濃度の文字が書けます。強い筆圧をかけなくても、細かいマークが濃くはっきりと塗りつぶせます。芯の定着性が高くて、マーク部分に手が触れても回答用紙が汚れにくい仕様です。プラスチック消しゴムとの相性も良く、素早くきれいに消せるのも特徴です。

マーク部分に手が触れても紙が汚れにくい

マークシート試験用のHB鉛筆、12本セット(1ダース)です。芯に超微粒子の黒鉛を配合しており、常に均一な濃度の文字が書けます。強い筆圧をかけなくても、細かいマークが濃くはっきりと塗りつぶせます。芯の定着性が高くて、マーク部分に手が触れても回答用紙が汚れにくい仕様です。プラスチック消しゴムとの相性も良く、素早くきれいに消せるのも特徴です。

出典:Amazon.co.jp

柔らかい芯で効率的にマークしやすい

濃く柔らかい線が書ける、3Bの鉛筆です。線に強弱を付けたいときや、濃淡を出したいとき、イラストの下書きなどに活躍します。丈夫なプラケース入りで、ストックとして保管しやすい点も魅力です。試しに3B鉛筆を使ってみたい方にも、おすすめの商品です。

柔らかい芯で効率的にマークしやすい

濃く柔らかい線が書ける、3Bの鉛筆です。線に強弱を付けたいときや、濃淡を出したいとき、イラストの下書きなどに活躍します。丈夫なプラケース入りで、ストックとして保管しやすい点も魅力です。試しに3B鉛筆を使ってみたい方にも、おすすめの商品です。

出典:Amazon.co.jp

六角軸で持ちやすく机の上で転がりにくい

トンボ鉛筆から販売されているマークシート用鉛筆です。六角軸のため持ちやすく、握っていて疲れにくいのが特徴です。文字デザインはなく、企業ロゴであるトンボマークのみがデザインされています。濃さは硬めのHBで、消しやすい鉛筆です。

六角軸で持ちやすく机の上で転がりにくい

トンボ鉛筆から販売されているマークシート用鉛筆です。六角軸のため持ちやすく、握っていて疲れにくいのが特徴です。文字デザインはなく、企業ロゴであるトンボマークのみがデザインされています。濃さは硬めのHBで、消しやすい鉛筆です。

出典:Amazon.co.jp

筆圧が高い方にもおすすめの折れにくい鉛筆

ドイツ製の、試験用HB鉛筆1ダース(12本)です。製図用の鉛筆にも採用されている、芯のカスが飛び散りづらくて、均一な文字が書ける高品質な芯を採用しています。回答用紙に鉛筆の汚れがつきづらい商品です。芯の強度が強いので、筆圧が高くて鉛筆の芯が折れやすい方にもおすすめです。ブランドロゴと鉛筆の太さのみが印字されたシンプルなデザインの軸なので、多くの試験に対応できます。

筆圧が高い方にもおすすめの折れにくい鉛筆

ドイツ製の、試験用HB鉛筆1ダース(12本)です。製図用の鉛筆にも採用されている、芯のカスが飛び散りづらくて、均一な文字が書ける高品質な芯を採用しています。回答用紙に鉛筆の汚れがつきづらい商品です。芯の強度が強いので、筆圧が高くて鉛筆の芯が折れやすい方にもおすすめです。ブランドロゴと鉛筆の太さのみが印字されたシンプルなデザインの軸なので、多くの試験に対応できます。

出典:Amazon.co.jp

筆圧の弱い方でもしっかり描きやすい柔らかめのHB

2.1mmの折れにくい太芯を採用した、マークシート用、試験用のHB鉛筆です。濃くてはっきりとした文字が書けます。芯が折れづらいので、勉強や試験に集中できます。普段の勉強用、事務作業用などにおすすめです。海外製の鉛筆は軸が細いタイプが多いですが、この商品は軸が太めで持ちやすいです。HBですが、芯が柔らかめなので、筆圧の弱い方でもしっかりと文字が書けます。

筆圧の弱い方でもしっかり描きやすい柔らかめのHB

2.1mmの折れにくい太芯を採用した、マークシート用、試験用のHB鉛筆です。濃くてはっきりとした文字が書けます。芯が折れづらいので、勉強や試験に集中できます。普段の勉強用、事務作業用などにおすすめです。海外製の鉛筆は軸が細いタイプが多いですが、この商品は軸が太めで持ちやすいです。HBですが、芯が柔らかめなので、筆圧の弱い方でもしっかりと文字が書けます。

【キャップ付き】マークシート用鉛筆のおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

ミニ鉛筆削り付きで芯が折れてもサッと削れる

マークシート用のキャップ付きHB鉛筆3本、消しゴム、鉛筆削りのセットです。機械でもしっかり読み取れる、濃くてはっきりとしたマークができます。MONO消しゴムと鉛筆の軸が完全に無地なので、英語がプリントされた筆記用具の使用が、不可の試験でも使えます。鉛筆の軸が6角形になっており、机の上で転がりづらく、持ったときの安定感もあります。ミニ鉛筆削りつきなので、試験中万が一芯が折れても安心です。

ミニ鉛筆削り付きで芯が折れてもサッと削れる

マークシート用のキャップ付きHB鉛筆3本、消しゴム、鉛筆削りのセットです。機械でもしっかり読み取れる、濃くてはっきりとしたマークができます。MONO消しゴムと鉛筆の軸が完全に無地なので、英語がプリントされた筆記用具の使用が、不可の試験でも使えます。鉛筆の軸が6角形になっており、机の上で転がりづらく、持ったときの安定感もあります。ミニ鉛筆削りつきなので、試験中万が一芯が折れても安心です。

出典:Amazon.co.jp

芯の強度が高く折れにくいのが特徴

クツワから販売されているマークシート用鉛筆です。付属するキャップは転がらない形状になっており、予備として机に置いても安定します。芯の強度が当社比2倍と負荷をかけても折れにくい構造になっています。筆圧が強い方や、緊張すると芯を折りやすくなる方におすすめです。

芯の強度が高く折れにくいのが特徴

クツワから販売されているマークシート用鉛筆です。付属するキャップは転がらない形状になっており、予備として机に置いても安定します。芯の強度が当社比2倍と負荷をかけても折れにくい構造になっています。筆圧が強い方や、緊張すると芯を折りやすくなる方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

軽い力で均一にマークしやすい

マークシート用のHB鉛筆3本セットです。軸に文字が入っていない、無地タイプの商品なので、文字入りの鉛筆の使用が不可なテストにも対応できます。黒鉛を超微粒子配合しており、軽い力で均一に濃く、しっかりとマークできます。あらかじめ削ってあるので、購入後試験会場に持ち込んですぐに使えます。先端には携帯時に芯を保護する、透明キャップもついています。

軽い力で均一にマークしやすい

マークシート用のHB鉛筆3本セットです。軸に文字が入っていない、無地タイプの商品なので、文字入りの鉛筆の使用が不可なテストにも対応できます。黒鉛を超微粒子配合しており、軽い力で均一に濃く、しっかりとマークできます。あらかじめ削ってあるので、購入後試験会場に持ち込んですぐに使えます。先端には携帯時に芯を保護する、透明キャップもついています。

出典:Amazon.co.jp

消しゴムで消しやすくマークシートに跡が残りにくい

マークシート試験用の、HB鉛筆3本、鉛筆削り、消しゴムのセットです。付属のHB鉛筆の芯には、マークシート専用の超微粒子タイプの黒鉛を配合しており、くっきりと濃い文字が、軽い力で書けるので、マーク時間を短縮して試験に集中できます。マークの訂正時も消しゴムで楽に消せ、回答用紙に跡が残りづらいのが特徴です。専用の携帯用透明ケース付きで、そのまま試験会場にも持ち込みできます。

消しゴムで消しやすくマークシートに跡が残りにくい

マークシート試験用の、HB鉛筆3本、鉛筆削り、消しゴムのセットです。付属のHB鉛筆の芯には、マークシート専用の超微粒子タイプの黒鉛を配合しており、くっきりと濃い文字が、軽い力で書けるので、マーク時間を短縮して試験に集中できます。マークの訂正時も消しゴムで楽に消せ、回答用紙に跡が残りづらいのが特徴です。専用の携帯用透明ケース付きで、そのまま試験会場にも持ち込みできます。

【シャープペン】マークシート用鉛筆のおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

芯を削る手間のないシャープペンタイプ

マークシート用のシャープペンとHB替え芯のセットです。1.3mmの太めの芯なので、シャープペンタイプですが鉛筆のような滑らかな書き心地が得られます。途中で万が一芯が折れても、鉛筆のように削り直す必要がなく、常に一定の濃度で、マークシートが素早く確実に塗りつぶせます。消しカスがまとまりやすく、一般的な消しゴムよりも軽い力で文字が消せる、専用の消しゴムもついており、マークの訂正もスムーズにできます。

芯を削る手間のないシャープペンタイプ

マークシート用のシャープペンとHB替え芯のセットです。1.3mmの太めの芯なので、シャープペンタイプですが鉛筆のような滑らかな書き心地が得られます。途中で万が一芯が折れても、鉛筆のように削り直す必要がなく、常に一定の濃度で、マークシートが素早く確実に塗りつぶせます。消しカスがまとまりやすく、一般的な消しゴムよりも軽い力で文字が消せる、専用の消しゴムもついており、マークの訂正もスムーズにできます。

出典:Amazon.co.jp

芯が太く塗りつぶしやすいマークシート専用のシャープペン

マークシート用に開発された、芯が太くてマークの塗りつぶしがしやすいシャープペンです。一般的なシャープペンシルに多い0.5~0.7mmの芯よりも太い、直径1.3mmの芯を採用しており、細かいマークも素早く確実に塗りつぶせます。紙への定着も良く、マーク部分が機械でしっかり読み取れます。持ち手にはシリコンゴムを採用し、手が疲れづらく、筆記時の安定感もあります。

芯が太く塗りつぶしやすいマークシート専用のシャープペン

マークシート用に開発された、芯が太くてマークの塗りつぶしがしやすいシャープペンです。一般的なシャープペンシルに多い0.5~0.7mmの芯よりも太い、直径1.3mmの芯を採用しており、細かいマークも素早く確実に塗りつぶせます。紙への定着も良く、マーク部分が機械でしっかり読み取れます。持ち手にはシリコンゴムを採用し、手が疲れづらく、筆記時の安定感もあります。

マークシートを消しやすい消しゴムや鉛筆削りも揃えよう

マークシート用の鉛筆と一緒に、消しゴムや鉛筆削りも用意しましょう。消しゴムは、細かい部分も消しやすい細めのタイプで、少ない力で消せる固めの商品が向いています。鉛筆削りは、試験場に持ち込める携帯タイプを用意しましょう。それぞれのおすすめ商品をチェックしてみてください。

マークシート用鉛筆のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事