フードチョッパーのおすすめ10選!みじん切りも時短で

玉ねぎやにんにくのみじん切りがめんどうだと思ったことはありませんか?そんな時に活躍するのが、フードチョッパー(ハンディーチョッパー、みじん切り器)です。簡単な操作でみじん切りができるみじん切り器ですが、選び方や離乳食に使えるのかなど気になるポイントも多いのではないでしょうか。今回は、フードチョッパーの選び方をご紹介します。電動タイプや手動タイプ、メリートやフィリップス、ぶんぶんチョッパーなどの人気商品もご紹介しますので、ぜひお気に入りの一台を見つけてみてください。

フードチョッパーとは

玉ねぎやにんにくなどの野菜を機械に入れて、紐を引いたり、ハンドルを回したり、押すだけで簡単にみじん切りができるマシンです。包丁で切るよりも素早く、料理の下ごしらえが簡単になるとということで人気です。野菜以外にも、肉をミンチにできたり、みじん切り以外にも、かき混ぜたり、切ったり水切りもできる商品も売り出されています。

フードチョッパーの選び方

調理の下準備の時間を楽にしてくれるフードチョッパーですが、自分に合ったものを選びたいですよね。ここで紹介する5つのポイントをチェックしてみてください。

大きさと容量

一度にどれほどの量の野菜や肉をみじん切りにできるかを知るために、容量をチェックしておきましょう。容量が大きいものには700ml以上入る商品もあります。ただ、あまりにも大きすぎると少ない材料で作るときに上手く切れなかったり、収納が難しいこともあります。

自分が一度に切りたい野菜の量や、収納を考えてちょうどよい容量を選びましょう。

操作方法

みじん切りをする際の操作方法が3つあります。みじん切りの具合や収納について考えつつ、好きなタイプを選んでみましょう。

紐引きタイプ

取っ手についた紐を引っ張るだけで、刃が回転して食材をみじん切りにするタイプです。力も必要なく、コンパクトに収納できるのが特徴です。引っ張る回数によってみじん切りの粗さを調整できます。

ハンドルタイプ

フタについたハンドルを回すことで、刃が回転するタイプです。回転数を自分で調整することによって、みじん切りの粗さを調整できるのがポイントです。ハンドルが上についている分、収納性はあまり高くありませんが、フタが取れるタイプもあります。

プッシュタイプ

マシンの上を手のひらで押すだけでみじん切りができるタイプです。コンパクトサイズのものが多く、収納性は3つのタイプの中で最も優れているといえそうです。ただ、容量が小さいので一度に多くの野菜をみじん切りしたい方は、他の2つのタイプを選ぶといいかもしれませんね。

対応している食品

フードチョッパーには、野菜以外にも肉などの他の食材をみじん切りにできる商品もあります。肉などにも対応している場合、餃子やハンバーグを作るのが簡単になって便利そうですよね。

自分がみじん切りしたい食材に対応しているかどうかもチェックしておくと、より活用できそうです。

お手入れのしやすさ

フードチョッパーは簡単にみじん切りができる便利な機械ですが、しっかり洗わないと雑菌が増えてしまい不衛生になってしまいます。シンプルな構造かどうかや、パーツを分解して洗えるかどうか、食洗機に対応しているかなど、お手入れのしやすさもチェックしておきましょう。

みじん切り以外の機能

フードチョッパーには、みじん切り以外にも、泡立てや水切り、混ぜるなどの機能がついた商品もあります。ぜひみじん切り以外に、どのような機能がついているかチェックしてみてください。ただ、もう既にサラダスピナーをもっていて、水切りの機能が必要のない方など、自分に必要のない機能があっても、構造が複雑になってしまい不便です。自分の必要な機能がついた商品を選んでみてくださいね。

フードチョッパーの主なメーカー

貝印

キッチン用品や生活用品などを扱うメーカー。水切りや泡立てなどの機能もついたフードチョッパーや、少ない容量のものなど機能性に優れたフードチョッパーを扱っています。

PHILIPS(フィリップス)

オランダを本拠地とし、人々の健康の向上にテクノロジーの分野から貢献するという理念をもったメーカー。シェーバーや電動歯ブラシ、AEDなども取り扱っています。野菜や果物を均一にカットできるマルチチョッパーというフードチョッパーが人気です。

ティファール

主に調理家電やキッチン用品を取り扱っています。使いやすさやお手入れのしやすさが特徴です。特に人気なのは、二枚刃が別々に動き、切る以外にもつぶしたり混ぜたりできるタイプのフードチョッパーです。

フードチョッパーのおすすめ10選

最安値2,349円(税込)

4.70(10件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

本体の上の部分を押すだけでみじん切りができるタイプです。肉や魚にも使うことができ、使いたいときに使いたい量だけ使うのに便利です。容量も小さいので、収納にも便利です。

最安値2,138円(税込)

4.34(363件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ティファール製で、ハンドルを引くだけでみじん切りができるタイプのフードチョッパーです。1台できざむ、潰す、混ぜる3つの作業ができます。ですので、みじん切りだけではなくソースや離乳食作りにも便利なのが特徴です。

最安値936円(税込)

4.27(2,449件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

Amazonランキング1位の商品です。持ち手を手前に引っ張るだけで、簡単にみじん切りができます。ハンドルなどもなく、収納にも便利です。構造がシンプルなので、お手入れが簡単なこともポイントです。

最安値2,480円(税込)

3.95(25件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

一台で三役の便利なフードチョッパーです。みじん切りはもちろん、水切りや混ぜることもできます。3枚刃で、切れ味が良いことに加え、少ない量の野菜でもしっかり切ることができます。多機能なフードチョッパーがほしい方におすすめの商品です。

最安値5,980円(税込)

3.77(107件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

フィリップス独自の「ChopDropテクノロジー」という機能が搭載されたフードチョッパーです。3枚刃でしっかりとカットすることに加え、野菜のうまみである栄養素や水分を逃さず、特殊なザルを通過することによって均一のサイズに統一することができます。トマトなど、崩れやすい食材にも使いやすいでしょう。

最安値766円(税込)

4.08(933件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ハンドル1回転でカッターが5回転する、切れ味抜群のフードチョッパーです。簡単にみじん切りをつくれる上に、みじん切りの粗さを、スピードや回転数で調節することができます。油用注ぎ口がついているので、ドレッシングも簡単につくることができますよ。スピーディーにみじん切りをつくりたい方におすすめです。

最安値980円(税込)

3.92(255件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

食材を入れて押すタイプのフードチョッパーです。包丁だとどうしても飛び散ってしまうナッツ類を砕くのにもぴったりです。

最安値2,180円(税込)

4.34(69件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ハンドルを引っ張るタイプのフードチョッパーです。カットした食材が張り付いてしまわないように、スクレッパーが付いているので、きれいなみじん切りになります。刃を取り出せば、そのまま保存容器としても使うことができます。ソースを別容器に移し替えずそのまま保存しておきたい方におすすめです。

最安値2,594円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ハンドルを引くタイプのフードチョッパーです。5枚の刃がついており、1度にたくさんの材料を刻むことができます。パーツを分類して食洗機で洗うこともできます。口コミでは「みじん切りをするのが楽しくて仕方ない」「玉ねぎがこんなに簡単に切れるなんて感動」など、好評です。

最安値1,425円(税込)

5.00(1件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

商品について

ハンドルを回して刻むタイプのフードチョッパーです。 直径約13cm、高さ約16cmとコンパクトなので、収納しやすいです。 収納に場所を取りたくない方におすすめの商品です。

まとめ

フードチョッパーが一台あれば、料理の下ごしらえが楽になることはもちろん、ソース作りなどもできて調理の幅が広がりそうですね。ぜひお気に入りの一台を見つけて、楽しく調理をしてみてください!

おすすめ記事