ビーフジャーキーのおすすめ9選!テングや伊藤ハムも

牛肉を乾燥・燻製(くんせい)したビーフジャーキーは、お酒のおつまみとして多くの方に愛されています。カロリーや糖質も抑えめで、固いものを噛むことで満腹感が得られるので、ダイエット食品としても注目されています。ビーフジャーキーには、コンビニエンスストアやスーパーで買えるコスパが良く安い商品や、テングや伊藤ハム、北陸だよりなどの定番人気商品、通販でお取り寄せできる、国産高級品まで、たくさんの種類があります。今回はビーフジャーキーの特徴や選び方、おすすめ商品を紹介します。

自分の好みにあったビーフジャーキーを選ぼう

ビーフジャーキーはビールやワイン、日本酒などのお酒のおつまみとしてだけでなく、糖質が気になる女性のダイエット向き健康食品としても人気です。スーパーやコンビニエンスストアで手軽に手に入るものから、伊藤ハムなど国内大手食品メーカーの商品、通販お取り寄せ商品など、豊富な種類が展開されています。味付けや、使用部位、肉の産地、食感などをチェックして自分のお気に入りを見つけましょう。

ビーフジャーキーの特徴

栄養価が高い

ビーフジャーキーには、三大栄養素の1つである良質なたんぱく質が豊富に含まれています。たんぱく質は、筋肉や美しい髪の毛・皮膚などの材料となる美容と健康に欠かせない成分です。他にも、皮膚や粘膜の健康維持に欠かせない、ビタミンB2や必須ミネラルの亜鉛、ナイアシン、葉酸、ビタミンB12も多く含まれます。血液の材料となる鉄分も豊富なので、貧血に悩んでいる女性にもおすすめです。塩分(ナトリウム)が多めなので、食べ過ぎには注意しましょう。

長く保存できる

ビーフジャーキーは、アメリカで先住民が長期保存食として伝統的に食べていた、塩漬けされた牛肉を乾燥し、水分を抜いた食べ物です。常温で長期保存可能、少量でしっかり栄養補給できるので、災害用の備蓄食材としてもおすすめです。しっとり感が残った柔らかい商品は、水分を含んでいるので、固めのものより賞味期限が短くなっています。一度パッケージを開封したら湿気を避けるため、冷蔵庫での保存が長くおいしさを保つポイントです。

おいしく食べられる

栄養価が高いだけでなく、ビーフジャーキーは牛肉のうま味がギュッと濃縮されていて、おいしく食べることができます。かめばかむほど牛肉の味わいが口の中に広がって、一度食べたら病みつきになる美味しさです。

ビーフジャーキーはダイエット向き?

ビーフジャーキーは、ダイエットに最適な食品です。標準的な1切れの大きさは5g前後、16kcalと低カロリーです。過剰摂取すると中性脂肪蓄積の原因となる糖質も、100gあたり6g前後とかなり少なめなので安心です。硬くてかみごたえがあり、満腹中枢が刺激され、少量で満腹感を得られるので食べ過ぎ防止にもなります。噛むことであごが鍛えられ、小顔効果も期待できます。たんぱく質は筋肉の材料となるので、ダイエットと合わせて筋トレ中の方にぴったりです。

ビーフジャーキーの選び方

肉の産地をチェック

ビーフジャーキーは牛肉を干したシンプルな食品なので、原材料の産地により、味や食感に差がでます。本場アメリカ産は脂肪分が多め、オーストラリアやニュージーランド産は脂肪分が少なめで引き締まった食感です。値段がお手頃な中国産や、お値段は張りますが肉質が良く上質な味わいの国産和牛商品もあります。ハワイ土産の定番、テングのビーフジャーキーは、ニュージーランド産の原材料を日本国内工場で加工しています。

部位を確認する

ビーフジャーキーに広く使われているのは、お肉本来のうま味が堪能できる赤身のモモ肉です。他にもコリコリした独特の歯ごたえがおいしい牛タンや、脂身の柔らかくてジューシーな味が楽しめる牛バラ、脂肪分が少なく、赤身のうま味が濃縮したスネ肉など、部位によって違った味わいがあります。

かたさをチェック

かたくてしっかり噛んで食べるタイプから、柔らかいスティック状、裂いて食べるタイプ、短冊型など、かたさも商品によって異なります。年配の方やお子さんにはソフトタイプが食べやすく、牛肉本来のうま味を堪能したい方は固めのタイプがおすすすめです。ビーフジャーキーの形だけでなく部位によってもかたさは変わってくるので、気になる商品を実際に食べた人の口コミやレビューを参考にしながら選びましょう。

食感を左右する厚みもチェック

出典:Amazon

ビーフジャーキーの厚みは食感の決め手です。肉の厚さにこだわった厚切りタイプはかみ応えがあり、中にはステーキのようにかみ切りやすい加工をした商品もあります。薄いものは手で裂くことができたり、かむ回数が少なくて済むので、子供や歯の弱い人でも食べることができます。お酒のおつまみに厚切りと薄切り両方を用意して、2つの食感の違いを楽しむのも良いですよ。

味付けの種類で選ぶ

ビーフジャーキーは、一緒に飲むお酒の種類や、自分の味の好みによってたくさんの味付けの中から選ぶことができます。パッケージに「醤油」「ペッパー」などわかりやすく表記されているものもありますが、海外製で味が不明なものもあります。そんな時は、パッケージ裏の原材料欄をチェックし、使用されている調味料を確認してみましょう。

どんなお酒とも相性のよい醤油味

出典:Amazon

和風の醤油ベースの味付けは、ビールや日本酒、焼酎など幅広いお酒と相性が抜群です。味付けタイプの中では、醤油味の商品が日本では最もポピュラーです。醤油味の中でも甘い、辛いなど種類があるのでチェックしてみてください。人気のテングやおつまみの大手メーカーなとり、国産ご当地ブランドなどからたくさんの商品が販売されています。

ビールによく合うペッパー味

出典:Amazon

ペッパー味のビーフジャーキーは、ブラックペッパーのピリッとしたほど良いスパイシーさと、牛肉のうま味がしっかり絡み合います。ビールのおつまみにぴったりなので、コンビニエンスストアやスーパーでの取り扱いも多い味です。辛い物が好きな方には、伊藤ハムの激辛注意ビーフジャーキー(セブンイレブン限定)や、ニュージーランドを代表する、ブランドジャックリンクスのスウィート&ホットがおすすめです。

香り豊かな燻製味

出典:Amazon

直火製法でスモークした燻製味は、香り豊かでウイスキーとよく合います。スモークに使用するけむりの材料の種類によって、違った香りが楽しめます。燻製専門店が手掛ける化学調味料不使用の燻製ビーフジャーキーは、干した牛肉をそのまま噛みしめるような感覚が味わえ、病みつきになる人も多くいます。

健康を意識した減塩タイプ

出典:Amazon

ビーフジャーキーは塩分の多い商品が多い中、血圧が高くて減塩が必要な方や、量をたくさん食べたい方におすすめの、健康に良い減塩タイプでおいしい商品もあります。塩分の高さからビーフジャーキーをあきらめていた方は、ぜひチェックしてみてください。

コスパで選ぶ

ビーフジャーキーは高級というイメージがありますが、業務用の量が多くて価格が安いコスパの良いものや、海外製の手頃な価格の商品もあります。価格は安くても、量が少なめの商品もありますので、価格をチェックする際は、価格と量の両方を必ずチェックしましょう。高級品の多くは国産の厳選された高級和牛を使用し、価格もそれなりですが、ワンランク上の上質な味わいに仕上がっているので、自分へのご褒美や、贈答用に最適です。

ビーフジャーキーのおすすめ9選

最安値2,980円(税込)

4.50(9件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,980円(税込)

5.00(6件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,626円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値2,500円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,944円(税込)

4.00(2件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,080円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値892円(税込)

4.30(468件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値594円(税込)

4.20(14件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

最安値1,679円(税込)

3.20(22件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

まとめ

ビーフジャーキーはお酒のおつまみにはもちろん、栄養価が高く、噛むことで少量で満腹感が得られるのでダイエットにも向いています。産地や部位、味付などのバリエーションも豊富なので、ぜひ食べ比べてみて、自分好みの味を見つけてみてください。

おすすめ記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー