コーヒーミルクのおすすめ9選!アイスでも溶けやすい液体タイプも

コーヒーミルクのおすすめ9選!アイスでも溶けやすい液体タイプも

コーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)は、ミルクの風味やまろやかさを加えることができ、苦いコーヒーを飲みやすくするアイテムです。牛乳や生クリームを原料とする動物性と、植物油脂が主成分の植物性の商品があり、粉末タイプと液体タイプに分けられます。また、トランス脂肪酸を含んでいない商品や、香料や着色料などの成分を配合していない商品なども販売されています。今回はコーヒー用ミルクの選び方と、「クリープ」などのおすすめ商品を紹介します。

アイキャッチ画像出典:www.photo-ac.com

コーヒーミルクとは

コーヒーミルクとは

出典:Amazon.co.jp

コーヒーミルクは、コーヒーに混ぜることで味がまろやかになる商品です。「コーヒーフレッシュ」や「コーヒークリーム」とも呼ばれ、植物性油脂でできている商品と、生乳が主成分の商品に分けられます。牛乳に比べて鮮度を気にする必要がないため、管理しやすく手軽に使えます。オフィスや客室などに置いておきやすいのが特徴です。

コーヒーミルクの選び方

種類で選ぶ

保存期間が長い粉末タイプ

保存期間が長い粉末タイプ

出典:Amazon.co.jp

粉末タイプのコーヒーミルクは、生乳から分離した成分を原料にしており、生乳のコクとまろやかさが出やすいものが多いです。また、液体タイプよりも保存期間が長いのも特徴です。量の調整がしやすい大容量タイプや、持ち運びにも便利な1回分のスティックタイプがあります。ミルクの風味をより感じたい方におすすめです。

冷たいコーヒーにも溶けやすい液体タイプ

液体タイプのコーヒーミルクは、クリームに近い状態に加工されています。生乳が含まれているものは少ないです。味わいがまろやかで、砂糖を加えて甘さを出したものなど好みに合わせて選ぶことができます。粉末タイプと比べると均一に溶けやすく、冷たいコーヒーにも使いやすいのがメリットです。

ミルクの原料・成分で選ぶ

あっさりとした味わいの植物油脂

あっさりとした味わいの植物油脂

出典:Amazon.co.jp

植物油脂が原料のコーヒーミルクは、植物油脂と乳化剤などの植物添加物でつくられています。コーヒーの風味を損なわないあっさりとした味わいが特徴です。そのため、アメリカンコーヒーなどの薄めのコーヒーに適しています。牛乳特有のくせもないので、牛乳が苦手な方にもおすすめです。また、生乳タイプのものと比べると管理しやすいのも特徴です。

まろやかなコクの生乳

まろやかなコクの生乳

出典:Amazon.co.jp

生乳が原料のコーヒーミルクは、植物油脂が含まれているものと、生乳のみでつくられた商品に分けられます。生乳100%の商品は、添加物なども使用していないため、健康を気遣う方におすすめです。生乳が原料なので、牛乳や生クリームが持つまろやかさが感じられる味わいが特徴です。植物性と比較すると濃厚なので、エスプレッソコーヒーなどの苦味や酸味が強いコーヒーに適しています。

カロリーが低い脱脂粉乳

カロリーが低い脱脂粉乳

出典:Amazon.co.jp

脱脂粉乳が原料のコーヒーミルクは、牛乳から脂肪分を除いて乾燥させたタイプです。生乳が原料のものよりさっぱりとした味が特徴です。また、脂肪を除いているためカロリーが低めで、健康志向の方にもおすすめです。コーヒーに入れるだけでなく、お菓子づくりやパンづくりに活用することもできます。

甘いコーヒーが好きな方は加糖タイプがおすすめ

甘いコーヒーが好きな方は加糖タイプがおすすめ

出典:www.kaldi.co.jp

コーヒーミルクの中には、砂糖が含まれているものと含んでいないものがあります。ミルクの甘味では物足りない方には、加糖タイプのコーヒーミルクがおすすめです。砂糖を別途入れる手間を省くことができます。ただし、自分で甘さを調整できなくなるため、こだわりがある方は注意が必要です。

健康に配慮するならトランス脂肪酸を含まないタイプがおすすめ

健康に配慮するならトランス脂肪酸を含まないタイプがおすすめ

出典:Amazon.co.jp

トランス脂肪酸が含まれていないコーヒーミルクは、健康に気を使いたい方におすすめです。トランス脂肪酸とは脂質の一種で、偏った食生活で過剰に摂取すると、健康への影響が心配される成分です。商品によっては、メーカーの公式サイトにトランス脂肪酸について記載されていることもあるのでチェックしてみましょう。

粉末タイプのコーヒーミルクおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

ほんのりと甘みがあって、コーヒーの味を引き立てるコーヒーミルクです。植物性のクリームパウダーなので胸やけの原因になりにくく、まろやかさとコクがあるので物足りなさを感じにくいです。長期間保存できるのも特徴です。ミルクの味が主張しすぎない商品を探している方におすすめです。

ほんのりと甘みがあって、コーヒーの味を引き立てるコーヒーミルクです。植物性のクリームパウダーなので胸やけの原因になりにくく、まろやかさとコクがあるので物足りなさを感じにくいです。長期間保存できるのも特徴です。ミルクの味が主張しすぎない商品を探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

新鮮さを保てるスティックタイプの植物性コーヒーミルクです。コクがあり、すっきりとした後味が特徴で、コーヒー以外に紅茶にも使えます。個包装なので来客時のおもてなしやオフィス用、アウトドアなど持ち運ぶ機会がある方におすすめです。消費が多い家庭や業務用にも適しています。

新鮮さを保てるスティックタイプの植物性コーヒーミルクです。コクがあり、すっきりとした後味が特徴で、コーヒー以外に紅茶にも使えます。個包装なので来客時のおもてなしやオフィス用、アウトドアなど持ち運ぶ機会がある方におすすめです。消費が多い家庭や業務用にも適しています。

出典:Amazon.co.jp

コーヒーの風味を活かして引き立てる、パウダータイプのコーヒーミルクです。マイルドタイプのコーヒーによく合い、香料や着色料不使用で安心です。また、個包装のスティックタイプなので持ち運びにも役立ちます。瓶入りのように底が固まりにくいのがメリットです。

コーヒーの風味を活かして引き立てる、パウダータイプのコーヒーミルクです。マイルドタイプのコーヒーによく合い、香料や着色料不使用で安心です。また、個包装のスティックタイプなので持ち運びにも役立ちます。瓶入りのように底が固まりにくいのがメリットです。

出典:Amazon.co.jp

牛乳を凝縮してつくられたクリーミングパウダーです。ミルク由来の原材料のみ使用してあり、コクとほんのりとした甘さがコーヒーの味を引き立ててくれます。ホットはもちろんアイスにも溶かすことができ、スティックタイプなので量らずに入れられる手軽さが魅力です。オフィス用や、来客が多い家庭におすすめです。

牛乳を凝縮してつくられたクリーミングパウダーです。ミルク由来の原材料のみ使用してあり、コクとほんのりとした甘さがコーヒーの味を引き立ててくれます。ホットはもちろんアイスにも溶かすことができ、スティックタイプなので量らずに入れられる手軽さが魅力です。オフィス用や、来客が多い家庭におすすめです。

出典:kaldi-online.com

ミルクと砂糖をブレンドした、クリーミーシュガーパウダーです。サラサラした質感で、ホットとアイスのどちらにも溶かすことができます。加糖タイプなので、甘いコーヒーが好きな方におすすめの商品です。

ミルクと砂糖をブレンドした、クリーミーシュガーパウダーです。サラサラした質感で、ホットとアイスのどちらにも溶かすことができます。加糖タイプなので、甘いコーヒーが好きな方におすすめの商品です。

液体タイプのコーヒーミルクおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

コーヒーに豊かなコクやマイルドな風味を加える、コーヒー用クリームです。植物油脂にガゼインや砂糖を加えてつくられており、生クリームに近い仕上がりです。使い切りのポーションタイプなので、来客時のおもてなしにも便利です。個包装タイプや、植物性のコーヒークリームを探している方におすすめです。

コーヒーに豊かなコクやマイルドな風味を加える、コーヒー用クリームです。植物油脂にガゼインや砂糖を加えてつくられており、生クリームに近い仕上がりです。使い切りのポーションタイプなので、来客時のおもてなしにも便利です。個包装タイプや、植物性のコーヒークリームを探している方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

トランス脂肪酸を含んでいない、植物性脂肪コーヒーフレッシュです。コーヒーや紅茶、コーヒーゼリーのトッピングなど様々な用途に使えます。植物性で香料を使用していないので、コーヒーの味わいを活かします。健康を気遣う方におすすめの商品です。

トランス脂肪酸を含んでいない、植物性脂肪コーヒーフレッシュです。コーヒーや紅茶、コーヒーゼリーのトッピングなど様々な用途に使えます。植物性で香料を使用していないので、コーヒーの味わいを活かします。健康を気遣う方におすすめの商品です。

トランス脂肪酸を含んでいないコーヒーミルクです。ホットにもアイスにも溶かすことができます。コーヒーや紅茶の風味をそのままに、マイルドに仕上げるのが特徴です。高圧均質化製法と無菌充填包装により、長期間美味しさを保てます。

トランス脂肪酸を含んでいないコーヒーミルクです。ホットにもアイスにも溶かすことができます。コーヒーや紅茶の風味をそのままに、マイルドに仕上げるのが特徴です。高圧均質化製法と無菌充填包装により、長期間美味しさを保てます。

出典:Amazon.co.jp

北海道産の生クリームを使用した、ポーションタイプのコーヒーフレッシュです。乳脂肪45%の濃厚さで、コーヒーなどに入れるのはもちろん、料理用として牛乳や生クリームの代わりに使うことができます。個包装なので、好きなときに使えて便利です。生クリーム感が強い味わいを好む方におすすめです。

北海道産の生クリームを使用した、ポーションタイプのコーヒーフレッシュです。乳脂肪45%の濃厚さで、コーヒーなどに入れるのはもちろん、料理用として牛乳や生クリームの代わりに使うことができます。個包装なので、好きなときに使えて便利です。生クリーム感が強い味わいを好む方におすすめです。

甘さを足したい方は砂糖も使おう

まろやかで甘いコーヒーを楽しみたい方には、コーヒーミルクと一緒に砂糖も入れるのがおすすめです。選び方やおすすめ商品をチェックしてみてください。

コーヒーミルクのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事