市販生クリームのおすすめ16選!ホイップタイプも

市販生クリームのおすすめ16選!ホイップタイプも

生クリームは、クレープ、ケーキなどのスイーツやデザートに添えるホイップクリームなどに使う食品です。絞り方を工夫すると、様々なデコレーションを楽しめます。カルボナーラなどのパスタソースの材料としても使えるので、料理からお菓子づくりまで幅広く活用できます。植物性、動物性の2種類があるほか、チョコ味、スプレータイプなどもあり、泡立てたものは冷凍することもできます。今回は生クリームの選び方と、雪印やタカナシなどのおすすめの商品と、クリームの作り方や絞り方、レシピを紹介します。

アイキャッチ画像出典:product.rakuten.co.jp

生クリームとホイップクリームの違い

乳独自の濃厚でコクのある味わいの生クリーム

乳独自の濃厚でコクのある味わいの生クリーム

出典:Amazon.co.jp

「生クリーム」とは、動物性の原料のみでつくられた商品を指します。厚生労働省の乳等省令では「生乳、牛乳、特別牛乳又は生水牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したものをいう」と定義されており、乳脂肪が原料に使われていても、乳化剤や安定剤などが添加されたものは、厳密には生クリームではありません。動物性の乳脂肪が原料に使われている生クリームは、濃厚でコクのある味わいが特徴です。そのため、パスタのクリームソースや、グラタンに使うホワイトソースなどに適しています。

カロリーが低く後味がすっきりとしたホイップクリーム

カロリーが低く後味がすっきりとしたホイップクリーム

出典:Amazon.co.jp

植物性の油脂が材料に使われているタイプは、乳等省令によるとクリームの定義には該当せず、「ホイップ」や「フレッシュ」などの名称や、「生クリーム使用」などの表記で販売されています。味わいがあっさりしていて、後味がすっきりしているのが特徴です。動物性のタイプに比べてカロリーが低い、日持ちが良い、などのメリットもあります。なお、「ホイップ(Whip)」は英語で泡立てることを意味し、「ホイップクリーム」は泡立てた生クリームを表しますが、日本では、植物性タイプをホイップクリームと呼ぶことがあります。

市販生クリームの選び方

用途にあったタイプを選ぶ

料理にも使いやすい液体タイプ

料理にも使いやすい液体タイプ

出典:Amazon.co.jp

液体タイプの生クリームは、牛乳のような見た目で販売されています。料理などで、ほかの食材に加えてそのまま使えるほか、砂糖を加えて泡立てて、ホイップクリームとして使用することも可能です。自分で泡立ててホイップクリームをつくると、できたてのフレッシュな味を楽しめます。濃厚な味わいを求める方は、乳脂肪分が多く含まれるものを選びましょう。

そのまま絞って使えるホイップタイプ

そのまま絞って使えるホイップタイプ

出典:Amazon.co.jp

ホイップタイプは、生クリームがすでに泡立てられた状態で販売されているので、そのまま絞って使えるのが特徴です。自分で泡立てる必要がないため、初心者の方の使用にもおすすめです。冷凍されている商品が多く、使用の際は事前に冷蔵庫などで解凍します。中には粉末状のタイプがあり、牛乳を加えて混ぜるだけで簡単に泡立てられ、できたてのホイップクリームを楽しめる商品もあります。

手軽に使えて保存しやすいスプレータイプ

手軽に使えて保存しやすいスプレータイプ

出典:Amazon.co.jp

スプレータイプの生クリームは、手で泡立てずにスプレーのボタンを押すだけでホイップを必要な分だけ出して使うことができます。使用せずに残った分は、缶の状態でそのまま保存できるので便利です。

乳脂肪分の割合で選ぶ

ドリンクの風味を引き立てる「乳脂肪分20%」

ドリンクの風味を引き立てる「乳脂肪分20%」

出典:Amazon.co.jp

コーヒーやココアといったドリンクの風味づけに生クリームを使用する場合は、乳脂肪分の割合が20%前後のタイプがおすすめです。乳脂肪分の割合が低いとコクがおさえられ、あっさりとした味わいになるため、素材やドリンクの味を引き立てるのに適しています。

ホイップクリームつくりに向いている「乳脂肪分35%」

スイーツやお菓子づくりなどで、生クリームを泡立てて使用する場合は、乳脂肪分の割合が35%以上のタイプが適しています。乳脂肪分の割合が低いものは泡立てが難しいため、ホイップクリームをつくるときは、35%以上を目安にしましょう。また、プリン、ババロア、ムースなど、くどくなりすぎない程度にコクを出し、比較的軽めの口あたりに仕上げたいデザートづくりにもおすすめです。

ミルクの風味を濃厚に感じる「乳脂肪分40%」

ミルクの風味を濃厚に感じる「乳脂肪分40%」

出典:Amazon.co.jp

乳脂肪分の割合が40%以上の生クリームは、ミルクの風味を感じる、濃厚でコクのある味わいが特徴です。そのため、料理にコクや深みを出したいときや、濃厚なクリームソースをつくるのに適しています。また、含まれる乳脂肪分の割合が多いほど泡立てやすく、保形性も良いため、ケーキやアイスクリームなどのデコレーションにもおすすめです。

乳アレルギーの方は成分表記をチェック

乳アレルギーの方は成分表記をチェック

出典:Amazon.co.jp

乳アレルギーの症状がある方は、生クリームを選ぶ際に成分表記をよくチェックしましょう。商品によっては、乳成分がまったく使われておらず、豆乳などの植物性油脂が原料に使われている場合もあります。ただし、同一の製造ラインで、乳を含む商品が製造されていることもあるため、購入前にメーカーのアレルゲン表示をしっかり確認することも大切です。

市販生クリームのおすすめ商品比較表

商品画像
フレッシュ 北海道産生クリーム使用
北海道純生クリーム 47%
生クリーム フレッシュクリーム35
明治北海道十勝純乳脂35
ノーザンハーツ 北海道十勝純生クリーム 47%
業務用生クリーム 高千穂フレッシュ40
生クリーム 42%
フレッシュクリーム 45%
フレッシュクリーム35%
デザートホイップ20
冷凍ホイップ
フローズンホイップ
ロイヤルシェフ アメリカンホイップクリーム
クレミーホイップ
ザーネワンダー ホイップクリーム
ザーネワンダー・ホイップクリーム チョコレート
メーカー 雪印メグミルク タカナシ乳業 明治 明治 よつ葉乳業 OMUクリエイト オーム乳業 中沢乳業 中沢乳業 森永乳業 中沢乳業 マルハニチロ フーヅフリッジ 明治 SKWイーストアジア SKWイーストアジア
商品名 フレッシュ 北海道産生クリーム使用 北海道純生クリーム 47% 生クリーム フレッシュクリーム35 明治北海道十勝純乳脂35 ノーザンハーツ 北海道十勝純生クリーム 47% 業務用生クリーム 高千穂フレッシュ40 生クリーム 42% フレッシュクリーム 45% フレッシュクリーム35% デザートホイップ20 冷凍ホイップ フローズンホイップ ロイヤルシェフ アメリカンホイップクリーム クレミーホイップ ザーネワンダー ホイップクリーム ザーネワンダー・ホイップクリーム チョコレート
価格
Amazon358円(税込)
楽天市場2,721円(税込)
Yahoo!ショッピング1,490円(税込)
Yahoo!ショッピング378円(税込)
楽天市場1,600円(税込)
Amazon1,700円(税込)
楽天市場2,049円(税込)
Amazon542円(税込)
楽天市場1,658円(税込)
Amazon667円(税込)
Amazon1,370円(税込)
Yahoo!ショッピング201円(税込)
Amazon448円(税込)
Yahoo!ショッピング592円(税込)
Yahoo!ショッピング440円(税込)
楽天市場529円(税込)
販売サイト

【液体タイプ】市販生クリームのおすすめ9選

出典:Amazon.co.jp

酸や熱にも強く様々な料理に活用できる

乳脂肪分43%の生クリームです。北海道産の生クリームをベースに、製菓や料理に使いやすいよう調整されています。酸や熱にも強く、安定した品質の生クリームなので、様々な料理に活用することができます。ミルクのしっかりとしたコクを感じられる風味で、シチューやカルボナーラなどの料理におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

酸や熱にも強く様々な料理に活用できる

乳脂肪分43%の生クリームです。北海道産の生クリームをベースに、製菓や料理に使いやすいよう調整されています。酸や熱にも強く、安定した品質の生クリームなので、様々な料理に活用することができます。ミルクのしっかりとしたコクを感じられる風味で、シチューやカルボナーラなどの料理におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

乳脂肪分47%の高乳脂肪分ならではの濃厚な風味のクリーム

乳脂肪分47%の生クリームです。北海道産の乳を使用した、高い乳脂肪分ならではの濃厚な風味のクリームです。強い香りとコク、乳の旨味によって、様々な素材のおいしさを引き出すことができます。キッシュや魚のムースなどに活用でき、泡立てやすいため製菓にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

乳脂肪分47%の高乳脂肪分ならではの濃厚な風味のクリーム

乳脂肪分47%の生クリームです。北海道産の乳を使用した、高い乳脂肪分ならではの濃厚な風味のクリームです。強い香りとコク、乳の旨味によって、様々な素材のおいしさを引き出すことができます。キッシュや魚のムースなどに活用でき、泡立てやすいため製菓にもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

程よい脂肪分のあっさりとしたテイストとふわっとした口どけを楽しめる

乳脂肪分35%の生クリームです。新鮮な生乳を原料に、高い技術と徹底した品質管理によって製造されています。程良い脂肪分のあっさりとしたテイストで、焼き菓子やパスタソースなどの料理、ホイップクリーム用におすすめです。細かい空気を多く含んだ高オーバーランの商品のため、ふわっとした口溶けを楽しめます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

程よい脂肪分のあっさりとしたテイストとふわっとした口どけを楽しめる

乳脂肪分35%の生クリームです。新鮮な生乳を原料に、高い技術と徹底した品質管理によって製造されています。程良い脂肪分のあっさりとしたテイストで、焼き菓子やパスタソースなどの料理、ホイップクリーム用におすすめです。細かい空気を多く含んだ高オーバーランの商品のため、ふわっとした口溶けを楽しめます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ミルクの濃厚なコクとあっさりとした口どけが特徴

乳脂肪分35%の生クリームです。十勝産の乳を原料に、ミルクのコクが感じられる濃厚な風味に仕上げられています。カルボナーラなどの料理によく合い、あっさりとした口溶けなのでケーキのホイップにもおすすめです。日光から品質を守る遮光性のパックに入っており、キャップで密閉できるため、酸化を防いで無駄なく使いきれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ミルクの濃厚なコクとあっさりとした口どけが特徴

乳脂肪分35%の生クリームです。十勝産の乳を原料に、ミルクのコクが感じられる濃厚な風味に仕上げられています。カルボナーラなどの料理によく合い、あっさりとした口溶けなのでケーキのホイップにもおすすめです。日光から品質を守る遮光性のパックに入っており、キャップで密閉できるため、酸化を防いで無駄なく使いきれます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

ホイップ性や保形性に優れケーキ作りに活用しやすい

乳脂肪分47%の液体タイプの生クリームです。ほかの食材との相性が良いため、料理、お菓子、デザートづくりなど、幅広く活用できる上、ホイップ性や保形性に優れているのも特徴です。1,000ml入っている大容量タイプで、使用頻度が高く、たっぷり使う方に適しています。北海道十勝産の生乳からつくられた純生クリームです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ホイップ性や保形性に優れケーキ作りに活用しやすい

乳脂肪分47%の液体タイプの生クリームです。ほかの食材との相性が良いため、料理、お菓子、デザートづくりなど、幅広く活用できる上、ホイップ性や保形性に優れているのも特徴です。1,000ml入っている大容量タイプで、使用頻度が高く、たっぷり使う方に適しています。北海道十勝産の生乳からつくられた純生クリームです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

分離が起きやすい果実と組み合わせてもしっかりとホイップを保てる

乳脂肪分40%の生クリームです。九州の高千穂産の生クリームをベースにしてつくられており、自然な乳の旨味を感じられるのが特徴です。泡立ちにすぐれているため、分離が起きやすい果実との組み合わせでも、しっかりとしたふわふわの泡をつくることができます。果汁クリームを手軽につくりたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

分離が起きやすい果実と組み合わせてもしっかりとホイップを保てる

乳脂肪分40%の生クリームです。九州の高千穂産の生クリームをベースにしてつくられており、自然な乳の旨味を感じられるのが特徴です。泡立ちにすぐれているため、分離が起きやすい果実との組み合わせでも、しっかりとしたふわふわの泡をつくることができます。果汁クリームを手軽につくりたい方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

厳しい品質管理と高度な技術でミルク本来の旨味をしっかりと感じ取れる

乳脂肪分42%の生クリームです。福岡や熊本などの九州産の生乳を原料に、高度な技術と、牛一頭一頭にきちんと目が届く小規模の酪農家で厳しく品質管理することによって、少量だけ生産されている商品です。ミルク本来の旨味を感じられる濃厚な風味のピュアクリームで、デコレーションケーキや焼き菓子、さっぱりとした後味のムースにも良く合います。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

厳しい品質管理と高度な技術でミルク本来の旨味をしっかりと感じ取れる

乳脂肪分42%の生クリームです。福岡や熊本などの九州産の生乳を原料に、高度な技術と、牛一頭一頭にきちんと目が届く小規模の酪農家で厳しく品質管理することによって、少量だけ生産されている商品です。ミルク本来の旨味を感じられる濃厚な風味のピュアクリームで、デコレーションケーキや焼き菓子、さっぱりとした後味のムースにも良く合います。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

しっかりとした泡立ちでスイーツのデコレーションがしやすい

乳脂肪分45%の生クリームです。北海道産の乳を原料に使用し、しっかりとしたコクを感じられる濃厚な風味に仕上げられています。泡立ちが良いため、ケーキのデコレーションにも活用できます。使い切りやすい200mlサイズで、料理の風味付けなどに少量使うときにもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

しっかりとした泡立ちでスイーツのデコレーションがしやすい

乳脂肪分45%の生クリームです。北海道産の乳を原料に使用し、しっかりとしたコクを感じられる濃厚な風味に仕上げられています。泡立ちが良いため、ケーキのデコレーションにも活用できます。使い切りやすい200mlサイズで、料理の風味付けなどに少量使うときにもおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

さっぱりとした風味で軽い口当たりのスイーツ作り向き

乳脂肪分35%の生クリームです。ミルクのコクが強すぎないさっぱりとした風味で、ムースやババロアなどの軽い口当たりのお菓子づくりに向いています。細かな空気を多く含んだ高オーバーランの商品なので、ふわっとした軽い口当たりのホイップをつくることができます。手作業では泡立てにくいため、ハンドミキサーでの泡立てがおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

さっぱりとした風味で軽い口当たりのスイーツ作り向き

乳脂肪分35%の生クリームです。ミルクのコクが強すぎないさっぱりとした風味で、ムースやババロアなどの軽い口当たりのお菓子づくりに向いています。細かな空気を多く含んだ高オーバーランの商品なので、ふわっとした軽い口当たりのホイップをつくることができます。手作業では泡立てにくいため、ハンドミキサーでの泡立てがおすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【ホイップタイプ】市販生クリームのおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

解凍後にそのまま生クリームを絞り出せる

乳脂肪20%のホイップタイプの生クリームです。原材料に北海道産の生乳が使われている上、加工も日本国内で行われています。口金つきなので、スイーツやデザートなどのトッピングや飾りつけとして、解凍後にそのまま生クリームを絞り出せるメリットがあります。冷凍品ですが、冷蔵庫に入れておくだけで、簡単に解凍できるのが特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

解凍後にそのまま生クリームを絞り出せる

乳脂肪20%のホイップタイプの生クリームです。原材料に北海道産の生乳が使われている上、加工も日本国内で行われています。口金つきなので、スイーツやデザートなどのトッピングや飾りつけとして、解凍後にそのまま生クリームを絞り出せるメリットがあります。冷凍品ですが、冷蔵庫に入れておくだけで、簡単に解凍できるのが特徴です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

ホイップしたてのようなフレッシュさを味わえる

冷凍のホイップタイプの生クリームです。ホイップしたてのようにフレッシュでみずみずしく、スイーツやデザートなどのトッピングやデコレーションに適しています。口金が付属するので、解凍後後にそのまま絞れて便利です。保存の際は-18℃以下で冷凍、解凍は10℃以下の冷蔵庫が推奨されています。なお、常温解凍は適していません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ホイップしたてのようなフレッシュさを味わえる

冷凍のホイップタイプの生クリームです。ホイップしたてのようにフレッシュでみずみずしく、スイーツやデザートなどのトッピングやデコレーションに適しています。口金が付属するので、解凍後後にそのまま絞れて便利です。保存の際は-18℃以下で冷凍、解凍は10℃以下の冷蔵庫が推奨されています。なお、常温解凍は適していません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

デコレーションやトッピング向き!ふんわりとした泡立ちが特徴

ふんわり泡立てた、まろやかでクリーミーな冷凍デザートホイップです。原料に植物油脂が使われています。ケーキやアイスクリームなどのトッピングやデコレーションにおすすめです。解凍の際は、5~10℃程度の冷蔵庫に移して、4~5時間待ちます。保管は、-18℃以下での冷凍が必要です。なお、1度解凍したものを再び冷凍すると、品質が変わる場合があるため、注意しましょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

デコレーションやトッピング向き!ふんわりとした泡立ちが特徴

ふんわり泡立てた、まろやかでクリーミーな冷凍デザートホイップです。原料に植物油脂が使われています。ケーキやアイスクリームなどのトッピングやデコレーションにおすすめです。解凍の際は、5~10℃程度の冷蔵庫に移して、4~5時間待ちます。保管は、-18℃以下での冷凍が必要です。なお、1度解凍したものを再び冷凍すると、品質が変わる場合があるため、注意しましょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

甘さ控えめで食材の風味を引き立てる

甘さがおさえられているホイップタイプの冷凍生クリームです。甘みが少ないため、食材の味を生かしたり、引き立てたりできるのが特徴です。使用前に冷蔵庫で解凍してから、ケーキやアイスクリームなどのアレンジやデコレーションなどに活用します。開封後は冷蔵保存し、賞味期限にかかわらず、早めに使い切りきましょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

甘さ控えめで食材の風味を引き立てる

甘さがおさえられているホイップタイプの冷凍生クリームです。甘みが少ないため、食材の味を生かしたり、引き立てたりできるのが特徴です。使用前に冷蔵庫で解凍してから、ケーキやアイスクリームなどのアレンジやデコレーションなどに活用します。開封後は冷蔵保存し、賞味期限にかかわらず、早めに使い切りきましょう。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

保管しやすい粉末タイプ!必要な時に必要な分だけ使いやすい

粉末状の生クリームです。冷たい牛乳と混ぜて1分程度で完成するので、液体タイプよりも簡単に泡立てられるメリットがあります。1袋65g入りで、牛乳を加えて泡立てることで、約250ml分のホイップクリームをつくれます。完成したホイップクリームはまろやかで、ほど良いやわらかさが特徴です。ケーキ、プリン、コーヒーなどのトッピングに適しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

保管しやすい粉末タイプ!必要な時に必要な分だけ使いやすい

粉末状の生クリームです。冷たい牛乳と混ぜて1分程度で完成するので、液体タイプよりも簡単に泡立てられるメリットがあります。1袋65g入りで、牛乳を加えて泡立てることで、約250ml分のホイップクリームをつくれます。完成したホイップクリームはまろやかで、ほど良いやわらかさが特徴です。ケーキ、プリン、コーヒーなどのトッピングに適しています。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

【スプレータイプ】市販生クリームのおすすめ2選

出典:Amazon.co.jp

手軽に使いやすいスプレータイプ!ドリンクのトッピングにおすすめ

スプレータイプのホイップクリームです。数回振ってワンプッシュするだけで、ホイップ済みのクリームが出てくる仕組みになっています。1本から約1,000ml分のホイップクリームができるため、シフォンケーキやパンケーキなどの焼き菓子や、コーヒーなどのドリンクのトッピングにたっぷり活用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

手軽に使いやすいスプレータイプ!ドリンクのトッピングにおすすめ

スプレータイプのホイップクリームです。数回振ってワンプッシュするだけで、ホイップ済みのクリームが出てくる仕組みになっています。1本から約1,000ml分のホイップクリームができるため、シフォンケーキやパンケーキなどの焼き菓子や、コーヒーなどのドリンクのトッピングにたっぷり活用できます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

チョコレートフレーバーのクリームが簡単に出せる

チョコレート味のスプレータイプの生クリームです。ココアパウダーが配合されており、チョコレート味と相性の良いフルーツ、ケーキ、アイスクリーム、コーヒー、ココアなどのトッピングに適しています。泡立てる手間がかからず、ワンプッシュで必要な分だけを出せるため、作業時間を短縮したり、アウトドアで使用したり、などの際に便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

チョコレートフレーバーのクリームが簡単に出せる

チョコレート味のスプレータイプの生クリームです。ココアパウダーが配合されており、チョコレート味と相性の良いフルーツ、ケーキ、アイスクリーム、コーヒー、ココアなどのトッピングに適しています。泡立てる手間がかからず、ワンプッシュで必要な分だけを出せるため、作業時間を短縮したり、アウトドアで使用したり、などの際に便利です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

生クリームの泡立て方・絞り方

生クリームの上手な泡立て方のポイントを紹介します。

  1. 生クリームは、あらかじめ冷蔵庫などでよく冷やしておく
  2. 同時に、生クリームを入れるボウルや泡立て器も冷やしておく
  3. 生クリームを、水気や油分をよくふきとったボウルに入れる
  4. 砂糖を加え、ボウルを氷水で冷やしながら、空気を含ませるように泡立てる
  5. クリームの硬さをこまめに確認しつつ、用途にあった硬さになるまで混ぜる

生クリームの泡立て方や絞り方は、タカナシの公式ページでわかりやすく説明されています。気になる方は、あわせてチェックしてください。

生クリームの冷凍方法

1度泡立ててから冷凍するのがポイント

市販生クリームのおすすめ商品比較表

出典:www.photo-ac.com

余った生クリームは冷凍保存することも可能です。ただし液体のまま冷凍すると、水分と油分が分離し、解凍しても泡立たなくなります。冷凍する前に1度泡立てて、ホイップクリームの状態にしてから冷凍するのがポイントです。

冷凍時には保存容器やシリコントレーを活用しよう

生クリームは、保存容器やファスナーつきの保存袋などにまとめて冷凍できるほか、様々な形がつくれるシリコントレーを活用して、小分けにして冷凍すれば、その都度使用する分だけ取り出せます。なお、冷凍保存期間の目安は3週間です。

ホイップクリーム作りに必要な製菓用品もチェック

ホイップクリーム作りには様々な製菓用品が必要になります。お菓子作りにおすすめの商品などを紹介していますので、あわせてチェックしてみてください。

市販生クリームの売れ筋ランキングもチェック

市販生クリームの楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピングの最新売れ筋ランキング情報は、以下のリンクから確認することができます。

この記事の修正依頼を送る

関連記事

人気記事