絞り袋のおすすめ12選!使い捨て・再利用タイプも

絞り袋のおすすめ12選!使い捨て・再利用タイプも

絞り袋(絞り出し袋)は、ホイップクリームなどを絞るのに使う製菓用品です。素材は繰り返し使えるシリコン製や布製、使い捨てのビニール製など様々で、プラスチック製で繰り返し使える(再利用可能)絞り器もあります。また、サイズも大容量から少量まであり、つくるお菓子の量にあわせて選ぶことができます。生クリーム以外にも、クッキー生地やアイシングを絞ったり、口金を選べばモンブラン作りに使うこともできます。今回は絞り袋の選び方と、マトファーなどのメーカーのおすすめ商品、使い方を紹介します。

アイキャッチ画像出典:Amazon.co.jp

絞り袋の選び方

タイプで選ぶ

後片付けが簡単な使い捨てタイプ

後片付けが簡単な使い捨てタイプ

出典:Amazon.co.jp

使い捨てタイプの絞り袋は、使用後の片付けが簡単なのが魅力です。こびりついた油分などを洗う手間がないので、手軽に使うことができます。使用する都度新しいものを開封するので、衛生面でも優れています。コンパクトなものが多いので保管場所にも困らず、価格もリーズナブルなので、絞り袋の使用頻度が少ない方などには特におすすめです。また、薄めの袋タイプになるので、柔らかい生クリームやバタークリームを絞るのに向いています。

頻繁にお菓子づくりをする方におすすめの再利用タイプ

頻繁にお菓子づくりをする方におすすめの再利用タイプ

出典:Amazon.co.jp

シリコン製や布製の洗って再利用できるタイプの絞り袋は、環境に優しく経済的です。1度買えば壊れない限り何度も使えるので、頻繁にお菓子づくりをする方にもおすすめです。また、再利用タイプの素材は耐久性のあるものが多いので、硬めのクリームやクッキー生地などを絞る際にも向いています。種類は少なめですが、中にはプラスチック製のものもあり、本格的な形のクリームを絞ることができます。

大きめのサイズは一気に作業ができる

大きめのサイズは一気に作業ができる

出典:Amazon.co.jp

大きめのケーキや、たくさんのカップケーキをデコレーションしたい時には、大きめサイズの絞り袋がおすすめです。クリームを継ぎ足さずに一気に作業ができます。一方で量の多いクリームは絞り袋に与える負担も大きいので、袋の素材は硬めのシリコンや、分厚めのビニールなどを選ぶと安心です。また、少なめから中くらいサイズの絞り袋は、持ちやすく使い勝手が良いので、通常の量のお菓子やケーキをつくる際にはおすすめです。

ポリエステルやビニールは軽くてコンパクト

ポリエステルやビニールは軽くてコンパクト

出典:www.photo-ac.com

ポリエステルやビニールなどの素材を使ったタイプは、コンパクトで軽く、洗う手間がないので手軽に使うことができます。生クリームなどの柔らかいクリームを絞る際におすすめです。一方で耐久性には優れていないので、長期や繰り返しの使用には向いていません。また、布やシリコンなどの素材は耐久性があり、繰り返し使うことが可能です。質感も硬めなので安定感があり、弾力のあるクリームや生地、量の多いクリームも安心して絞れます。

【使い捨て】絞り袋のおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

6種類の口金が付いた絞り袋

バリエーションが豊かな6種類の口金が付いた絞り袋です。様々な形状のクリームを絞ることができるので、ケーキやクッキーなどのデコレーションが楽しめます。オリジナリティーのあるスイーツづくりに挑戦したい方におすすめです。口金の素材にはステンレスを使用しているので、サビや汚れに強いのも魅力です。また、袋部分はポリエチレン製なので、使い捨てタイプとして手軽に使うことができます。

6種類の口金が付いた絞り袋

バリエーションが豊かな6種類の口金が付いた絞り袋です。様々な形状のクリームを絞ることができるので、ケーキやクッキーなどのデコレーションが楽しめます。オリジナリティーのあるスイーツづくりに挑戦したい方におすすめです。口金の素材にはステンレスを使用しているので、サビや汚れに強いのも魅力です。また、袋部分はポリエチレン製なので、使い捨てタイプとして手軽に使うことができます。

出典:Amazon.co.jp

使わないときにも保管しやすい収納ケース付き

12個の口金と絞り袋のセットです。星口金のほかに、絞り飾り用の様々な形状の口金がセットになっているので、彩り豊かなデコレーションを楽しみたい方におすすめです。口金は1つずつ収納ケースに入っているので、紛失を心配せずに保管することができます。

使わないときにも保管しやすい収納ケース付き

12個の口金と絞り袋のセットです。星口金のほかに、絞り飾り用の様々な形状の口金がセットになっているので、彩り豊かなデコレーションを楽しみたい方におすすめです。口金は1つずつ収納ケースに入っているので、紛失を心配せずに保管することができます。

出典:Amazon.co.jp

軽量で持ちやすい!初心者におすすめ

使い捨てタイプのポリエチレン製の絞り袋です。使用後に洗う手間がないので、手軽に使うことができます。6枚入りなので使い切りやすく、頻繁にスイーツを作らない方にもおすすめです。また、ポリエチレン製の袋部分は0.08mmの分厚めなので、使い捨てながらも耐久性に優れています。さらに軽量で持ちやすいので、初心者でも扱いやすいのも魅力です。

軽量で持ちやすい!初心者におすすめ

使い捨てタイプのポリエチレン製の絞り袋です。使用後に洗う手間がないので、手軽に使うことができます。6枚入りなので使い切りやすく、頻繁にスイーツを作らない方にもおすすめです。また、ポリエチレン製の袋部分は0.08mmの分厚めなので、使い捨てながらも耐久性に優れています。さらに軽量で持ちやすいので、初心者でも扱いやすいのも魅力です。

出典:Amazon.co.jp

たっぷりのクリームを一度に絞れる

12インチの大容量サイズの絞り袋です。たっぷりのクリームを一度に絞れるので、大きいケーキや、たくさんのカップケーキなどをデコレーションするのに向いています。また、厚めで耐久性にも優れているので、複数回の充填にも耐えられます。硬めのクリームや生地を絞りたい方にもおすすめです。さらに柔軟性にも優れているので、細かなデコレーションもしっかりつくれます。

たっぷりのクリームを一度に絞れる

12インチの大容量サイズの絞り袋です。たっぷりのクリームを一度に絞れるので、大きいケーキや、たくさんのカップケーキなどをデコレーションするのに向いています。また、厚めで耐久性にも優れているので、複数回の充填にも耐えられます。硬めのクリームや生地を絞りたい方にもおすすめです。さらに柔軟性にも優れているので、細かなデコレーションもしっかりつくれます。

出典:Amazon.co.jp

袋部分が分厚めになっている

ポリエチレン製の使い捨て絞り袋です。洗う手間や手入れの手間がかからないので、初心者でも手軽に使うことができます。10枚セットになっているので、頻繁に使う方にもおすすめです。使う都度新しいものを取り出すので、衛生面でも優れています。また、袋部分は分厚めになっているので、しっかりと力を入れてクリームを絞ることができます。耐久性と使い勝手を重視する方におすすめです。

袋部分が分厚めになっている

ポリエチレン製の使い捨て絞り袋です。洗う手間や手入れの手間がかからないので、初心者でも手軽に使うことができます。10枚セットになっているので、頻繁に使う方にもおすすめです。使う都度新しいものを取り出すので、衛生面でも優れています。また、袋部分は分厚めになっているので、しっかりと力を入れてクリームを絞ることができます。耐久性と使い勝手を重視する方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

アイシングやチョコ細工におすすめ

コンパクトなサイズの絞り袋です。小さめなのでアイシングや、チョコ細工などをつくる際に活躍します。クッキーやカップケーキなどに、きれいで細かいデコレーションをつくることができます。また、素材はポリエチレン製なので、使った後は洗わずに捨てることができます。手軽に使いたい方には特におすすめです。枚数も20枚入りなので、頻繁に使う場合でも安心です。

アイシングやチョコ細工におすすめ

コンパクトなサイズの絞り袋です。小さめなのでアイシングや、チョコ細工などをつくる際に活躍します。クッキーやカップケーキなどに、きれいで細かいデコレーションをつくることができます。また、素材はポリエチレン製なので、使った後は洗わずに捨てることができます。手軽に使いたい方には特におすすめです。枚数も20枚入りなので、頻繁に使う場合でも安心です。

【再利用】絞り袋のおすすめ6選

出典:Amazon.co.jp

破けにくいので硬めのクッキー生地なども絞れる

全長約47cmのたっぷりサイズの絞り袋です。素材にはポリエステル繊維を使用し、表面にウレタン加工を施しているので、洗って繰り返し使うことができます。破けにくく耐久性のある袋なので、多めのクリームや、硬めのクッキー生地なども絞ることが可能です。安定感もあり、きれいにデコレーションや生地の形成ができます。たっぷりのクリームを使いたい方や、様々な生地を絞りたい方におすすめです。

破けにくいので硬めのクッキー生地なども絞れる

全長約47cmのたっぷりサイズの絞り袋です。素材にはポリエステル繊維を使用し、表面にウレタン加工を施しているので、洗って繰り返し使うことができます。破けにくく耐久性のある袋なので、多めのクリームや、硬めのクッキー生地なども絞ることが可能です。安定感もあり、きれいにデコレーションや生地の形成ができます。たっぷりのクリームを使いたい方や、様々な生地を絞りたい方におすすめです。

出典:Amazon.co.jp

汚れが付着しにくい

ポリウレタン製の絞り袋です。丈夫なので何度も繰り返し使うことができ、環境に優しく経済的です。汚れが付着しにくいので、使用後の洗浄も簡単に行えます。耐熱性、耐冷性にも優れているので、温かい生地やクリームを絞ったり、残ったクリームをそのまま冷蔵保存することも可能です。また、6種類の口金が付属しているので、様々な形状のクリームを絞ることができます。

汚れが付着しにくい

ポリウレタン製の絞り袋です。丈夫なので何度も繰り返し使うことができ、環境に優しく経済的です。汚れが付着しにくいので、使用後の洗浄も簡単に行えます。耐熱性、耐冷性にも優れているので、温かい生地やクリームを絞ったり、残ったクリームをそのまま冷蔵保存することも可能です。また、6種類の口金が付属しているので、様々な形状のクリームを絞ることができます。

出典:Amazon.co.jp

シリコン製の繰り返し使える絞り袋

シリコン製の繰り返し使える絞り袋です。有害物質を取り除いた良質なシリコンを使用しており、安全性にも優れています。継ぎ目のない形状なので洗いやすく、手入れが簡単なので衛生的です。さらにシリコンは耐久性にも優れているので、長期にわたって使用でき、硬めのクリームや生地も絞ることができます。また、5種類の口金が付属しているので、幅広いデコレーションも行えます。

シリコン製の繰り返し使える絞り袋

シリコン製の繰り返し使える絞り袋です。有害物質を取り除いた良質なシリコンを使用しており、安全性にも優れています。継ぎ目のない形状なので洗いやすく、手入れが簡単なので衛生的です。さらにシリコンは耐久性にも優れているので、長期にわたって使用でき、硬めのクリームや生地も絞ることができます。また、5種類の口金が付属しているので、幅広いデコレーションも行えます。

出典:Amazon.co.jp

冷蔵庫にも対応!クリームや生地を保存できる

絞り心地に優れたナイロン製の絞り袋です。柔軟性があり、手によく馴染む素材なので、思い通りの形やデザインを絞り出すことができます。柔らかいクリームはもちろん、シュー生地やクッキー生地なども絞ることが可能です。また、ナイロン製の袋は耐油性、防水性に優れており、何度も洗って再利用することができます。冷蔵庫にも対応しているので、余ったクリームや生地を保存することもできます。

冷蔵庫にも対応!クリームや生地を保存できる

絞り心地に優れたナイロン製の絞り袋です。柔軟性があり、手によく馴染む素材なので、思い通りの形やデザインを絞り出すことができます。柔らかいクリームはもちろん、シュー生地やクッキー生地なども絞ることが可能です。また、ナイロン製の袋は耐油性、防水性に優れており、何度も洗って再利用することができます。冷蔵庫にも対応しているので、余ったクリームや生地を保存することもできます。

出典:Amazon.co.jp

湯洗をすれば繰り返し使うことができる

ポリエステル繊維で作られた絞り袋です。表面にはウレタン樹脂コーティングを施されているので、耐久性に優れています。さらに使用後は、湯洗をすれば繰り返し使うことができるので、環境に優しく経済的です。素材は柔らかく握りやすいので、手の感覚のまま思い通りのデコレーションや生地形成を行えます。また、耐冷性にも優れているので、余ったクリームなどの冷蔵保存も可能です。

湯洗をすれば繰り返し使うことができる

ポリエステル繊維で作られた絞り袋です。表面にはウレタン樹脂コーティングを施されているので、耐久性に優れています。さらに使用後は、湯洗をすれば繰り返し使うことができるので、環境に優しく経済的です。素材は柔らかく握りやすいので、手の感覚のまま思い通りのデコレーションや生地形成を行えます。また、耐冷性にも優れているので、余ったクリームなどの冷蔵保存も可能です。

出典:Amazon.co.jp

2色のクリームが同時に出る絞り器

2色のクリームが同時に出る絞り器です。袋部分が2手に分かれているので、2種類のクリームで一気にデコレーションを行うことができます。チョコと生クリームや、異なる種類の生地などを同時に絞れるので、製作時間の短縮や、つくるお菓子の幅を広げられます。また、袋には樹脂加工を施したポリエステル繊維を採用しているので、耐久性に優れており、洗って何度も再利用することができます。

2色のクリームが同時に出る絞り器

2色のクリームが同時に出る絞り器です。袋部分が2手に分かれているので、2種類のクリームで一気にデコレーションを行うことができます。チョコと生クリームや、異なる種類の生地などを同時に絞れるので、製作時間の短縮や、つくるお菓子の幅を広げられます。また、袋には樹脂加工を施したポリエステル繊維を採用しているので、耐久性に優れており、洗って何度も再利用することができます。

絞り袋の使い方

絞り袋の使い方

出典:www.photo-ac.com

  1. 口金を袋の内側に入れ、口金の先が1/3程度飛び出す部分で先端をカットし、口金手前の袋を捻り、口金をつめて取り付けます。
  2. 袋を半分程度の箇所で折り返し、手やカップなどにセットしてクリームをつめます。
  3. クリームをつめ終えたら、ヘラなどで空気を抜くように先端にクリームを集め、口金付近がしっかりと張るように袋を引っ張ります。片手で軽く握ってクリームが出るのが、理想的な詰め方です。

生クリームやシュークリームに使える口金などもチェック

絞り袋の先端につける口金やケーキ型など、お菓子づくりに使うアイテムを紹介しています。あわせてチェックしてみてください。

絞り袋のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事