泡立て器の選び方&おすすめ商品8選【楽に泡立て♪】

卵を泡立ててメレンゲを作ったり、材料を混ぜたりするときに必要なのが泡立て器です。料理にもお菓子づくりにも活躍してくれます。どれも同じだと思いがちですが、実は色々な種類があり、サイズや素材によって使い心地がまったく異なります。今回は、泡立て器の種類や選び方、ミニサイズのおすすめ商品、「ティファール」や「OXO」など人気アイテムをご紹介します。泡立て器がないときの代用品も紹介するので、ぜひチェックしてみてください。


泡立て器の種類と特徴

泡立て器は、料理やお菓子づくりのときに卵などの液体を混ぜるために使います。曲がったワイヤーが柄の根元で束ねられたものが一般的ですが、中には、混ぜる部分がコイル状になっているものや、手動で回転するタイプもあります。ハンドミキサーを「電動泡立て器」として使う場合もありますが、今回はハンドミキサー以外の泡立て器を取り上げます。

基本形タイプ

出典:Amazon

一般的な形の泡立て器です。曲がったワイヤーがグリップの根本で束ねられています。ワイヤーの本数の違いや先端までの長さ、グリップ部分の形状、さらに重心の位置などによっても使い勝手が違います。

コイルタイプ

出典:Amazon

泡立て器を使うと、混ぜながら食材に空気が含まれます。先端が細かいコイル状になっているものは、より小さな気泡を取り込むことができるので、きめ細やかな仕上がりになります。また、完成までのスピードが早いので「スピード泡立て器」と呼ばれることもあります。一度に泡立てられる量はあまり多くないので、少量で手早く泡立てるときに役立ちます。

手動回転タイプ

出典:Amazon

手元のハンドルを回して、ハンドミキサーのように使ったり、上下に押しつけて回転させたりします。腕の疲れを軽減できます。ハンドミキサーを使うほどではないという場面でも重宝します。

ミニサイズ電動タイプ

出典:Amazon

先端にコイル状のワイヤーを装着し、細かく振動させることで、コイルが空気を含めて泡立ててくれます。主にミルクを泡立てるときに使います。量が多かったり、粘性が高いものには不向きです。

泡立て器の選び方

サイズ

泡立て器のサイズは豊富にあるので、材料の量や人数に合わせて選ぶと良いでしょう。サイズ選びに悩むときは、使用するボウルの直径と同じくらいの長さの泡立て器を選ぶと泡立てやすいです。また、重心が手前すぎたり先端に寄りすぎたりすると使いにくいので、ちょうど真ん中くらいに重心があるものがおすすめです。

ワイヤーの素材

泡立て器のヘッド部分にあたるワイヤーは、ステンレス素材のものが一番多く、次いでシリコンやプラスチック製のものがあります。ステンレスは耐久性があり、煮沸(しゃふつ)消毒もできるので衛生面でも優れています。しかし、ボールの素材によっては、カシャカシャという音がなったり、ボウルや器を傷つけてしまう場合もあるので、気になる人はワイヤー部分にコーティングがしてあるものや、ステンレス以外の素材も検討してみてください。

ワイヤーの本数・コイルの細かさ

ワイヤーの本数が多くコイルが細かいほど、よりきめ細やかな気泡を作ることができます。粘性が高い材料は泡立て器を動かしにくくなるので、ワイヤーの本数が少なくコイルが細かくないものの方が使い勝手が良いです。泡立てたいものに合わせて選びましょう。

耐熱性

熱いものを混ぜて泡立てたり、直接火にかけた鍋の中で使ったりする場合は、耐熱性のある泡立て器を選びましょう。金属製なら問題ありませんが、プラスチック製やシリコン製の場合は、かならず耐熱温度を確認してください。

耐久性

継ぎ目の部分はどうしても耐久性が低めです。ワイヤーと柄の部分がしっかりしているものを選びましょう。また、継ぎ目部分に隙間があると材料が詰まりやすくなり、洗うのも大変なので注意が必要です。

持ちやすさ

柄の素材は、ワイヤーと同じくステンレス、プラスチック、シリコン製が多いです。自分が持ちやすい素材が一番ですが、シリコン製はすべりにくく、手に馴染みやすいのでおすすめです。

メレンゲのつくり方

お菓子づくりの基本で、卵と砂糖を泡立て器で混ぜるだけでつくることができるのがメレンゲです。基本的なメレンゲのつくり方とポイントが紹介されているので、参考にしてみてください。

メレンゲの作り方 - クックパッド料理の基本

泡立て器がないときの代用品

泡立て器が必要な場面なのに、泡立て器が家になくて困ってしまうこともありますよね。そんなときには、自宅にある他の道具を代用品として使うことができます。代用品をまとめてあるサイトなので、ぜひ困ったときは参考にしてください。

いざというときに便利!泡立て器の代用品をまとめてみました! - interiorbook

泡立て器のおすすめ商品8選

パール金属 EEスイーツ ステンレス製 泡立て

25cmサイズの泡立て器です。プロ仕様のオールステンレス製で、耐久性や衛生面にも優れています。ぶら下げられるフックがついています。サイズ違いも多数販売されているので、用途に合わせて揃えるのもおすすめです。

 

OXO 泡だて器 バルーン ウィスク 小

ワイヤーの本数は8本、サイズは23cmと扱いやすいコンパクトなサイズです。濡れた手でもすべりにくいグリップを採用しています。グリップのカーブに沿って握ることで、力を入れやすい設計になっています。ワイヤーとグリップの連結部に汚れ防止の樹脂があり、お菓子類はもちろん、ドレッシング作りなどでも活躍します。大サイズもあります。

 

ナガオ 18-8ステンレス ミニサイズ泡立て 3本セット 燕市製

便利なミニサイズ3本セットです。大190mm、中137mm、小118mmというサイズ展開で、小さめの泡立て器も揃えたい人におすすめです。新潟県の燕市製です。コンパクトながらしっかりとした作りで、ドリンクをまぜるときなどにも活躍してくれます。

ナガオ Nagao 18-8ステンレス ミニサイズ泡立て 3本セット 燕市製

最安値648円(税込)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

 

HARIO (ハリオ) ミルク 泡立て器 クリーマーゼット

カフェラテやカプチーノを作るときに便利な、ミルク泡立て器です。温めた牛乳を泡立て器で混ぜると、30秒ほどできめ細やかでふわふわのフォームミルクができあがります。本体とシャフト部分は取り外すことができるので、洗うときにも安心です。使用時や保管時にも便利な専用スタンド付きです。

 

新越ワークス 共柄スピード泡立 大

先端がコイル状のワイヤーで、きめ細やかに仕上げられる泡立て器です。ワイヤーの形状がある程度変形するため、ボールの形になじみ、あっという間に泡立てることができます。小さいサイズも展開しているので、合わせて揃えることもできます。

 

OXO 泡だて器 エッグビーター

ハンドルを回すとウィスクが回転して、ハンドミキサーのような使い方をすることができます。両方の向きで回転させられるので、左右どちらの手でも使うことができます。ステンレス製のヘッドは取り外して洗えるので衛生的です。底につけたままでも回転できるサポートリング付きで、ボウルなどの器を傷付けません。

 

Aning 泡立て器 半自動回転 圧力ロータリー

柄を上下に動かすことでヘッドが回転し、簡単に泡立てや撹拌(かくはん)ができます。耐久性に優れ、洗いやすくさびにくいステンレス製です。ヘッドは簡単に取り外すことができます。先端が丸くなっているので、ボウルや器にも優しい設計です。

アニング Aning 泡立て器

最安値1,109円(税込)

3.90(3件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

 

ティファール 泡立て器 キッチンツール エピス ウィスク ホイッパー

耐熱温度は220℃で、食洗機対応のティファールの泡立て器です。サイズは30cmと大きめなので、一度にたくさんの材料を泡立てたり混ぜたりすることができます。ワイヤー部分はナイロン樹脂製なので、フッ素加工などのフライパンも傷付けません。

ティファール T-fal 泡立て器

最安値481円(税込)

3.94(352件)

※ 価格が変わっている可能性がありますので、商品販売サイトでご確認ください

 

まとめ

泡立て器には様々な種類があります。目的に合わせてアイテムを選び、より便利に料理を楽しみましょう。

おすすめ記事