ヨガポールのおすすめ11選!エクササイズに

ヨガポールのおすすめ11選!エクササイズに

「ヨガポール」とは、円柱状のエクササイズグッズで、ストレッチポールなどが有名です。肩こりや腰痛・猫背の改善、骨盤矯正など、幅広い効果が期待できます。中には、口コミでもよく見られる筋膜リリースやダイエット、筋トレ目的で使う方も多いようです。初心者の方には「ハーフタイプ」や「ショートタイプ」などもおすすめです。今回は、「ヨガポール」の効果や選び方、効果的な使い方、などをご紹介します。ストレッチポールやフォームローラーなど、Amazonや楽天で購入できるおすすめ商品もご紹介しています。

ヨガポールで気軽にストレッチしよう

ヨガポールで気軽にストレッチしよう

ダイエットや健康のためにエクササイズしたいと思っても、ジム通いするには時間や費用の余裕がないという方もいらっしゃるでしょう。自宅で簡単にエクササイズができれば、時間も場所も選ばず効率的ですよね。

そんな方には、「ヨガポール」がおすすめです。ヨガポールは背中の下に置いて寝るだけで、心地よくストレッチやエクササイズができます。肩こりや腰痛の改善やダイエット、体幹を鍛えられるなど、様々な効果が期待できます。誰でも簡単に行えるおすすめのエクササイズアイテムです。ヨガやストレッチなどで使うヨガポールは、商品名のまま、ストレッチポールやフォームローラーなどと呼ばれることもあります。

ヨガポールで期待できる効果

ストレッチ効果

ヨガポールを使うと全身のストレッチ効果が期待できます。ヨガポールの上に寝ることで、アウターマッスルと呼ばれる身体の外側の筋肉が緩みます。全身の筋肉が緩むことで、普段のストレッチでは伸ばしきれない部位まで、心地よくストレッチできます。

姿勢矯正

ヨガポールを使うと、姿勢矯正効果も期待できます。ヨガポールの上に寝転んで左右に細かく揺れると、インナーマッスルと呼ばれる身体の深層部分の筋肉が刺激されます。すると、関節の歪みが改善されて姿勢が正されるようです。

筋膜リリース

筋肉は線維の1本1本や筋肉全体が「筋膜」という薄い膜で覆われています。柔らかい組織からできている筋膜は、ねじれや歪み、癒着が起きやすいという特徴があります。デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいたり、身体の柔軟性が低いと、筋膜同士が癒着して肩こりや腰痛の原因となります。ヨガポールを使って気になる部位に圧力をかけることで、癒着した筋膜を剥離して正常な状態に戻す「筋膜リリース」の効果が期待できます。

体幹トレーニング

ヨガポールの上に寝た状態の不安定さを利用して、体幹トレーニングもできます。体幹とは、腹筋、肩甲骨、股関節などを含む身体の胴体部分のことです。身体を支えたり日常動作をする上で、とても重要な役割を果たしています。体幹を鍛えることで、姿勢が良くなったり、内臓が正しい位置に戻されるなど、幅広い効果が期待できます。

肩こり解消

肩こりは、姿勢の悪さや身体の歪みが原因で起こることがあります。ヨガポールを使うと、肩甲骨周りの筋肉を刺激しながらゆっくりと緩めることができます。すると、筋肉の緊張や偏りが解消されるので、慢性的な肩こりや五十肩などの改善が期待できます。

ヨガポールの選び方

体型に合うサイズを選ぶ

ヨガポールは商品によって、長さや直径が異なるものがあります。また、人はそれぞれ身長や体型も異なります。ヨガポールは「長さ」と「直径」にポイントを置いて、自分の体型に合うサイズを選びましょう。

上半身が乗る長さを選ぶ

ヨガポールを使って、上半身のコリをほぐしたりエクササイズをしたい場合は、長さを注意して選びましょう。ヨガポールの上に寝た状態が基本的な姿勢です。その状態で、頭の先から尾てい骨まで、しっかりと乗る長さがおすすめです。身長が170cm以上の方は長さ98cm以上の長めの商品がいいでしょう。

女性や小柄な方は細めを選ぶ

ヨガポールは、直径が太いほど高さが出るので不安定さが増します。太いサイズの方が身体にかかる圧力も増すので、女性や小柄な方には細めの直径のものがおすすめです。身体が大きい男性やコリがひどい方には太めの直径の方がおすすめです。エクササイズ効果が得られやすくなります。

ハーフタイプかロングタイプかを選ぶ

ハーフタイプかロングタイプかを選ぶ

出典:Amazon.co.jp

ヨガポールには、通常の円柱状タイプを縦半分にカットした「ハーフタイプ」もあります。初心者の方や高齢者の方が円柱状のヨガポールを使う場合、不安定になってしまいエクササイズが難しい場合があります。ハーフタイプのメリットは、面が床に接するので安定感があり、ヨガポールに慣れていない方でもエクササイズがしやすいことです。エクササイズに慣れた頃にハーフタイプ2つを繋げて、円柱状として使えるタイプもあります。

素材で選ぶ

軽量で価格が安いPE

PE(ポリエチレン)の特徴は、軽くて価格が安いことです。外出時にも持ち運びしやすいタイプです。また、他の素材と比べて硬めなので、柔らかい素材では物足りない方や、コリがひどい方におすすめの素材です。耐久性が弱いので、長期間の使用には向かないかもしれません。

柔らかくて身体にフィットするEVA

EVA(エチレン酢酸ビニル共重合樹脂)は、柔らかくてクッション性が高い素材です。身体にもフィットしやすいのが特徴です。硬めの素材では痛みを感じる方などにおすすめです。価格もお手頃ですが、PEと同様に耐久性が弱いというデメリットがあります。重量もあるので持ち運びたい場合は、他の素材がおすすめです。

耐久性抜群EPE

EPE(発砲オレフィン器樹脂)の特徴は、耐久性に優れていることです。長期間使用しても劣化しにくいので、スポーツジムなどでもよく使われている素材です。また、適度な硬さとクッション性も兼ね備えているので、どんな方にとっても使いやすいタイプです。デメリットとしては、他の素材よりも価格が高いことでしょう。

カバーが付いているかどうか

ヨガポールは、芯材がカバーで包まれたタイプがおすすめです。カバーの役割は、芯材の劣化や汚れなどの付着を防ぐことです。そして、肌触りも優しくしてくれます。商品の中にはカバーがなく芯材がむきだしのものもありますが、長期間使いたい方には、カバーが付いたものがおすすめです。

ヨガポールの効果的な使い方

まずは身体の状態をチェックする

まずは身体の状態をチェックする

ヨガポールの効果を実感するために、まずはエクササイズ前の身体の状態をチェックしておきましょう。エクササイズ後の身体の変化を確認する目的です。

STEP1:立ち姿勢を確認する

足を腰幅に開いて立ちます。左右の足の指が5本とも床についているか、重心が前後左右のいずれかに偏っていないかを確認します。

STEP2:寝姿勢を確認する

手足を軽く広げて床に仰向けに寝ます。左右の肩や背中が床についているか、左右差がある部分がないかを確認します。

STEP3:身体を左右に倒す

足を腰幅に開いて立ちます。その状態で身体をゆっくりと左右に倒します。どこまで倒せるか、左右差がないか、脇腹のツッパリ感がないかを確認します。

STEP4:身体をねじる

足を腰幅に開いて立ちます。その状態で身体をゆっくりと左右それぞれにねじります。どこまでねじれるか、左右差がないか、身体のツッパリ感がないかを確認します。

STEP5:肩をまわす

足を腰幅に開いて立ちます。両肩をゆっくりと前後にまわします。肩のまわしやすさ、左右差がないか、回しにくい方向がないかを確認します。

STEP6:首を前後に倒す

足を腰幅に開いて立ちます。その状態でゆっくりと首を前後に倒します。どこまで倒れるか、首のツッパリ感がないかを確認します。

基本姿勢を正しく覚える

ヨガポールを使ったエクササイズでは、ほとんどの場合基本姿勢をとります。効果を高めるためにも正しく基本姿勢を覚えましょう。

STEP1:ヨガポールの上に寝る

ヨガポールの片端にお尻を乗せて、両手を床について座ります。両手で床を支えながら、ポールを背骨に沿わせるようにゆっくりと仰向けに寝ます。ポールに頭の先から尾てい骨までがしっかりと乗るようにします。この状態でエクササイズを行います。

STEP2:ヨガポールから降りる

左右の降りやすい方向にお尻をずらします。ゆっくりとすべるようにお尻から降ります。そのまましばらく仰向けになって、身体の変化を感じます。

動画でもわかりやすく説明しているので、ぜひ以下の動画も参考にしてみてください。

肩甲骨周りのエクササイズ

デスクワークなどで、硬くなった肩回りの筋肉を緩めるのに効果的なエクササイズをご紹介します。

STEP1:腕を天井に伸ばす

基本姿勢をとります。両手を天井に向かってゆっくりと持ち上げます。手の位置がおへその真上にくるようにやや斜めに伸ばします。

STEP2:腕をゆっくりと引き上げる

その状態で腕をゆっくりと天井方向に引き上げて、ゆっくりと戻します。この動きを繰り返します。指先の力を抜くのがポイントです。肩甲骨も意識します。

動画を見てエクササイズしてみたい方は、以下の動画を参考にしてみてください。

骨盤・股関節のエクササイズ

骨盤や股関節のエクササイズでは、きれいな姿勢を保つことができます。骨盤を左右水平に動かすエクササイズをご紹介します。

STEP1:基本の姿勢でポールに乗る

基本の姿勢といわれる、ポールを背中から骨盤にまっすぐに当てる態勢からエクササイズを恥じます。

STEP2:骨盤を左右平行に当てていく

基本の姿勢から、左右に骨盤を当てていきます。骨盤の骨の出っ張りが当たるのを感じましょう。目安は10回です。

動画でさらに詳しく知りたい方は、以下動画を参考にしてみてください。

ロングタイプのヨガポールおすすめ11選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値9,612円(税込)
4.70(655件)

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,230円(税込)
4.20(100件)

この商品の特徴

小柄な方向けの長さが90cmのヨガポールです。芯材に「低密度発泡オレフィン」という強度と粘性の高い素材を採用しています。押しても折り曲げても凹んだり折れたりしないのが特徴です。また、ダイオキシンが発生しない環境にも優しい素材です。ポールの直径は15cmと太めなので、しっかりと強めの使用感がお好みの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

小柄な方向けの長さが90cmのヨガポールです。芯材に「低密度発泡オレフィン」という強度と粘性の高い素材を採用しています。押しても折り曲げても凹んだり折れたりしないのが特徴です。また、ダイオキシンが発生しない環境にも優しい素材です。ポールの直径は15cmと太めなので、しっかりと強めの使用感がお好みの方におすすめです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値6,980円(税込)
4.44(86件)

この商品の特徴

合皮カバーがカラフルでキュートな「EPE」素材のヨガポールです。カバーはファスナー付きで取り外し可能ですが、ファスナー部分が身体に当たらないよう細部の工夫もされています。長さが98cmで直径が15cmの「ロングタイプ」の他、かまぼこ型の「ハーフタイプ」もあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

合皮カバーがカラフルでキュートな「EPE」素材のヨガポールです。カバーはファスナー付きで取り外し可能ですが、ファスナー部分が身体に当たらないよう細部の工夫もされています。長さが98cmで直径が15cmの「ロングタイプ」の他、かまぼこ型の「ハーフタイプ」もあります。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,980円(税込)
4.30(47件)

この商品の特徴

柔らかくて体にフィットしやすい「EVA」素材を使用するヨガポールです。背の高い方も使える長さ98cmのロングタイプです。直径は12.5cmとやや細めなので、小柄な女性やバランスをとるのに慣れていない方にも使いやすいタイプです。芯材を、汗や汚れから守るPVCカバー付きのおすすめ商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

柔らかくて体にフィットしやすい「EVA」素材を使用するヨガポールです。背の高い方も使える長さ98cmのロングタイプです。直径は12.5cmとやや細めなので、小柄な女性やバランスをとるのに慣れていない方にも使いやすいタイプです。芯材を、汗や汚れから守るPVCカバー付きのおすすめ商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,980円(税込)
4.00(30件)

この商品の特徴

おしゃれなデザインが魅力的なヨガポールです。芯材には、強度と粘性が高い「低密度発泡オレフィン」を採用しています。カバーには、通気性と撥水性を併せもつ最高級素材の「PUレザー」を使用しています。耐久性も高いので、ヨガポールの劣化を防いでくれます。ヨガスタジオなどにおしゃれに持ち運びたい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

おしゃれなデザインが魅力的なヨガポールです。芯材には、強度と粘性が高い「低密度発泡オレフィン」を採用しています。カバーには、通気性と撥水性を併せもつ最高級素材の「PUレザー」を使用しています。耐久性も高いので、ヨガポールの劣化を防いでくれます。ヨガスタジオなどにおしゃれに持ち運びたい方におすすめの商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値5,398円(税込)
4.30(191件)

この商品の特徴

ジムに行っても長続きしない方、時間やお金をかけずに体のメンテナンスをやりたい方におすすめのフィットネスアイテムです。寝転ぶだけで、体のバランスがリセットされ正しい姿勢に戻してくれます。リセットポールを使ったエクササイスDVD付なのであらゆるストレッチができます。自宅にいながらフィットネスクラブ以上の体のメンテナンスができてしまう優れものです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ジムに行っても長続きしない方、時間やお金をかけずに体のメンテナンスをやりたい方におすすめのフィットネスアイテムです。寝転ぶだけで、体のバランスがリセットされ正しい姿勢に戻してくれます。リセットポールを使ったエクササイスDVD付なのであらゆるストレッチができます。自宅にいながらフィットネスクラブ以上の体のメンテナンスができてしまう優れものです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ハーフタイプ・ショートタイプのヨガポールおすすめ5選

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値6,480円(税込)
4.57(86件)

この商品の特徴

自宅にいながらジムさながらのストレッチができる体のメンテナンスアイテムです。凝り固まった筋肉をほぐして体をリラックスできます。写真付きの説明書も同梱されているため使い方に迷いません。血行が良くなったり、むくみが取れるといった口コミも多くあります。ケアポールをやるようになってからぐっすりと質の良い睡眠をとることができるという口コミも続々集まっている注目の商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

自宅にいながらジムさながらのストレッチができる体のメンテナンスアイテムです。凝り固まった筋肉をほぐして体をリラックスできます。写真付きの説明書も同梱されているため使い方に迷いません。血行が良くなったり、むくみが取れるといった口コミも多くあります。ケアポールをやるようになってからぐっすりと質の良い睡眠をとることができるという口コミも続々集まっている注目の商品です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値7,344円(税込)
4.40(65件)

この商品の特徴

姿勢を正しくしたい、仕事で凝り固まった背中の筋肉や肩の筋肉をほぐしたいという方におすすめの商品です。スポーツジムにも導入されているストレッチボールです。お値段もお手頃ですしジムに行かずとも自宅でジムさながらのストレッチができてしまいます。お値段もお手頃なのでセルフメンテナンスを行うにはピッタリのアイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

姿勢を正しくしたい、仕事で凝り固まった背中の筋肉や肩の筋肉をほぐしたいという方におすすめの商品です。スポーツジムにも導入されているストレッチボールです。お値段もお手頃ですしジムに行かずとも自宅でジムさながらのストレッチができてしまいます。お値段もお手頃なのでセルフメンテナンスを行うにはピッタリのアイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値3,680円(税込)
4.19(26件)

この商品の特徴

姿勢を正しくしたい、仕事で凝り固まった背中の筋肉や肩の筋肉をほぐしたいという方におすすめの商品です。スポーツジムにも導入されているストレッチボールです。お値段もお手頃ですしジムに行かずとも自宅でジムさながらのストレッチができてしまいます。お値段もお手頃なのでセルフメンテナンスを行うにはピッタリのアイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

姿勢を正しくしたい、仕事で凝り固まった背中の筋肉や肩の筋肉をほぐしたいという方におすすめの商品です。スポーツジムにも導入されているストレッチボールです。お値段もお手頃ですしジムに行かずとも自宅でジムさながらのストレッチができてしまいます。お値段もお手頃なのでセルフメンテナンスを行うにはピッタリのアイテムです。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,180円(税込)
3.60(14件)

この商品の特徴

ストレッチや体幹トレーニングを寝転びながら家庭でも手軽におこなえるヨガポールです。肩こりや運動不足、猫背の姿勢などがきになる方におすすめです。長さ44cm、幅15cmとショートタイプで一般的なヨガポールの約半分以下の長さだから置き場にも困らずどこでもトレーニングできます。耐久性・耐水性があるEPE素材なため、安心して使用できます。丸洗いも可能だから衛生的です。カラーはピンクとパープルの2種類です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ストレッチや体幹トレーニングを寝転びながら家庭でも手軽におこなえるヨガポールです。肩こりや運動不足、猫背の姿勢などがきになる方におすすめです。長さ44cm、幅15cmとショートタイプで一般的なヨガポールの約半分以下の長さだから置き場にも困らずどこでもトレーニングできます。耐久性・耐水性があるEPE素材なため、安心して使用できます。丸洗いも可能だから衛生的です。カラーはピンクとパープルの2種類です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,199円(税込)
4.40(90件)

この商品の特徴

ストレッチやマッサージを寝転びながら家庭でも手軽におこなえるフォームローラーです。普段オフィスなどで座り続けて腰や背中、肩が痛い方や疲れを感じている方におすすめです。使い方の解説書が付いているためすぐに始められます。表面には頑丈で柔軟性のある突起がついており全身を刺激してコリをほぐしていきます。素材は高強度のPVC樹脂プラスチックを使用しているため、丈夫で長持ちします。カラーは8色と豊富です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

ストレッチやマッサージを寝転びながら家庭でも手軽におこなえるフォームローラーです。普段オフィスなどで座り続けて腰や背中、肩が痛い方や疲れを感じている方におすすめです。使い方の解説書が付いているためすぐに始められます。表面には頑丈で柔軟性のある突起がついており全身を刺激してコリをほぐしていきます。素材は高強度のPVC樹脂プラスチックを使用しているため、丈夫で長持ちします。カラーは8色と豊富です。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

ヨガポールのおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー