非常用ライトのおすすめ4選&選び方【スマホ充電可能なタイプも】

非常用ライトのおすすめ4選&選び方【スマホ充電可能なタイプも】

地震や津波などの天災や、突然の停電による非常時に備えておきたいのが「非常用ライト」です。おなじみの懐中電灯の他に、普段はコンセントにさしてお部屋を照らせるタイプや、充電式、ラジオ機能のついたタイプなど、様々な商品があります。サイリューム(サイリウム)を非常用ライトとして用意している人もいるようです。今回は非常用ライトの種類や選び方、おすすめのライトをご紹介します。いつ起こるか分からない災害に備えて、安心した毎日を送りましょう!

非常用ライトの種類

非常用ライトは大きく以下の4つに分けることができます。

懐中電灯(フラッシュライト)

使い方が簡単で、たくさんの商品が発売されています。ただし、懐中電灯は手に持って照らすタイプなので、片手が塞がってしまいます。非常時には少し不便であるといえます。

ヘッドライト

頭につけるタイプのライトで、両手が空きます。自然と自分の向いている方を照らせることもメリットです。頭にきちんと固定できるかや、重すぎないかを確認しておく必要があります。

ランタン

懐中電灯やヘッドライトが一方向しか照らせないのに対し、ランタンは全方位を照らすことができます。フックに引っ掛けるタイプのものもあり、停電時のお部屋の電気代わりになります。

サイリューム(サイリウム)

サイリュームといえば、アイドルのコンサートなどで観客が応援に使っているイメージがありますよね。しかし、サイリュームを非常用のライトとして使うこともできます。特に、折って発光するタイプのものは電池やコンセントが必要なく、いつでも使うことができます。ただし、他のライトに比べて発光力が弱いといえます。

非常用ライトを選ぶポイント

非常用ライトには様々な種類があり、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。以下に非常用ライトを選ぶポイントをまとめてみましたので、購入の際の参考にしてください。

電源

電源は以下の4つに分かれます。それぞれのメリットとデメリットを比較して、自分に合ったものを選びましょう。

電池式

乾電池や充電池を電源とします。他の電源と異なり、電池式は光が強いことが特徴です。ただし、電池のストックが尽きてしまうと使えなくなります。

充電式

普段はコンセントにさして、お部屋や階段の足元を照らします。非常時にはコンセントから抜くだけで使えます。ただ、非常時には電気が得られないことも想定されますので、一度充電が切れてしまうと使えない可能性もあります。

ソーラー式

太陽光を電源とします。電池や充電のコストがかからないので経済的です。ただし、曇りの日や、夜には充電できないので、非常用としては少し不安ですね。

手回し式

ライトについているハンドルを回すことで電気を起こし、光を発生させます。充電や天候を気にせず使うことができます。ただ、ハンドルを手動で回すのが面倒、というデメリットがあります。

機能

非常用ライトには、光を出す以外にも、非常時に役立つ機能が搭載されているものがあります。

ラジオ機能

普段はスマートフォンなどで情報を得ている方も多いと思いますが、災害時にはスマートフォンが使えないこともあります。被害状況や復旧状況などの大切な情報を得るために、ラジオ機能がついているものを選べば安心です。

携帯充電機能

携帯やスマホの充電ができる機能です。自分が使っているスマホが充電機能に対応しているか、購入前に確認しておきましょう。

点滅機能

点滅機能は自分の存在を知らせてくれます。ライトが点滅していれば、何かあったときに、他の人に見つけてもらえる可能性が高くなります。

非常用ライトの主なメーカー

ジェントス

非常用ライト以外にも、デスクライトや作業用ライトを販売しています。フラッシュライトは様々なシリーズを展開しており、きっとお気に入りのライトが見つかります。

パナソニック

パソコン関連商品や、生活家電を主に扱っています。ハイパワーLED、ワイドパワーLED、スタンダードLEDの選べる3種類の明るさを用意しています。

コールマン

アウトドア用品を取り扱っています。機能性だけではなく、デザイン性にこだわった商品がたくさんあります。

非常用ライトのおすすめ4選

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,258円(税込)
4.35(377件)

この商品の特徴

単1形~単4形の電池なら、どれでも使うことができます。非常時は身近にある電化製品から電池を抜き、どれでもライトに電池を入れ替えることで、すぐにライトを使うことができます。焦ってしまう非常時だからこそ、身近なもので対応できるのはうれしいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

単1形~単4形の電池なら、どれでも使うことができます。非常時は身近にある電化製品から電池を抜き、どれでもライトに電池を入れ替えることで、すぐにライトを使うことができます。焦ってしまう非常時だからこそ、身近なもので対応できるのはうれしいですね。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,399円(税込)
3.90(10件)

この商品の特徴

災害時に避難する際、荷物は少しでもコンパクトにしたいものです。Voladorのライトは手のひらに収まるサイズで、使用しないときでもカバンの隅っこに入れておくことができます。高品質LEDを採用しており、強い光を出すことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

災害時に避難する際、荷物は少しでもコンパクトにしたいものです。Voladorのライトは手のひらに収まるサイズで、使用しないときでもカバンの隅っこに入れておくことができます。高品質LEDを採用しており、強い光を出すことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Amazon.co.jp最安値1,680円(税込)
2.80(36件)

この商品の特徴

スマホ充電対応で、iPhoneやAndroidのほぼ全てのスマホを充電することができます。また、ラジオ機能もついている多機能タイプです。手回し発電1分で、照明として30分、ラジオとして7分ほど使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

スマホ充電対応で、iPhoneやAndroidのほぼ全てのスマホを充電することができます。また、ラジオ機能もついている多機能タイプです。手回し発電1分で、照明として30分、ラジオとして7分ほど使うことができます。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

出典:Amazon.co.jp

Yahoo!ショッピング最安値2,827円(税込)
4.31(625件)

この商品の特徴

二つのベルトで、ライトと頭をしっかりと固定します。また、通常で10時間、Lowモードなら30時間も点灯できるため、電池の減りも心配いりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。
表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この商品の特徴

二つのベルトで、ライトと頭をしっかりと固定します。また、通常で10時間、Lowモードなら30時間も点灯できるため、電池の減りも心配いりません。

価格が変わっている可能性があるため、販売サイトでご確認ください。表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

この記事内のおすすめ商品比較表

この記事の修正依頼を送る

関連記事

おすすめキーワード

紹介されているメーカー